閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光電話のサービス・料金・申込方法を解説

ドコモ光電話は、ドコモ光のオプションの1つで、インターネット回線を利用した固定電話サービスです。
NTTの加入電話(アナログ電話)よりも月額料金や通話料が安いので、現在固定電話を利用している人にはおすすめです。しかし、固定電話を利用していない人は、ドコモ光電話を契約するメリットはありません。

そこで、固定電話を利用している人や、これから利用する人に向けて、ドコモ光電話のサービス内容や申込方法について解説します。

ドコモ光電話の特徴

ドコモ光電話は、NTTの加入電話と比較して、料金が安く通話品質が高いという特徴があります。ドコモ光電話では、最大通信速度が1Gbps(1秒間に1ギガ)の光回線を利用して通話するからです。NTTの加入電話は、アナログの電話線を利用しているため、電車やバスの運賃のように、通話先と距離があるほど通話料が高くなります。

一方、ドコモ光電話は、インターネットを使って通信するため、日本国内であれば距離は関係ありません。よって、ドコモ光の通話料は、全国一律3分8円に設定されています。

また、固定電話サービスでは、通信速度が速いほど、音声データが劣化しにくくなります。そのため、光回線を利用したドコモ光電話は、NTTの加入電話よりも高い通話品質を維持できるのです。

NTTの加入電話と同じ電話番号が利用できる

東京都の「03」など、市外局番から始まる電話番号を利用している人は、ドコモ光電話に乗り換えても、同じ電話番号が利用できます。

さらに、自宅に設置済みの電話機が利用できるので、ドコモ光電話を使うために、新しく電話機を購入する必要はありません。電話機が対応していれば、ドコモ光電話に乗り換えても、FAXの送受信ができます。

ただし、「050」から始まる電話番号など、他社光回線の光電話で発行した電話番号は、ドコモ光では利用できません。
他社光回線の電話番号を利用している人や、固定電話を新たに使い始める人は、ドコモ光電話に申し込むと050から始まる新規の電話番号が発行されるので、覚えておきましょう。

ドコモのスマホ・携帯電話のセット割とは関係ない

ドコモ光では、ドコモ光電話に加入しなくても、ドコモのスマホ・携帯電話のセット割引が適用されます。同じ大手通信会社のauひかりやソフトバンク光とは異なり、ドコモ光ではセット割引の条件として、オプションの加入を求めていないからです。

そのため、固定電話を使っておらず、今後も使う予定がない人は、ドコモ光電話を契約する必要はありません。

ドコモ光電話の料金

ドコモ光には、「ドコモ光電話」と「ドコモ光電話バリュー」、2種類の電話プランがあります。加入するプランによって、月額料金、毎月付加される無料通話、無料で利用できるオプションに違いがあります。

なお、ドコモ光電話の通話料はどちらのプランを契約しても変わりません。参考として、NTTの加入電話との比較を載せるので、ドコモ光に乗り換えると通話料がどれだけ節約できるかを確認しましょう。

ドコモ光電話の月額料金

ドコモ光電話は、基本使用料として、契約するプランによって月額500円または1,500円がかかります。

【ドコモ光電話のプラン別サービス概要】
ドコモ光電話 ドコモ光電話バリュー
基本使用料 500円 1,500円
ユニバーサルサービス料(1番号あたり) 2円 2円
無料通話 なし 480円分(180分相当)
無料で利用できるオプション なし 6種類(1,700円分)

どちらのプランでも、ドコモ光で利用する電話番号1つにつき、月額2円のユニバーサルサービス料が別途請求されます。
ユニバーサルサービス料は、すべての電話利用者が負担する公共通信設備の費用で、金額が法律で定められています。(参考:ドコモ「ユニバーサルサービス制度」

なお、ドコモ光電話バリューの無料通話は、固定電話宛の通話料に適用されます。ドコモ光からスマホ・携帯電話宛の通話料は、無料になりません。ただし、当月中に使いきれなかった無料通話は、翌月1カ月だけ繰り越しできます。

そのため、固定電話宛に発信する頻度が高く、ナンバーリクエスト(ナンバーディスプレイ)などのオプションを利用したい人は、ドコモ光電話バリューがおすすめです。

ドコモ光電話のオプション料金

ドコモ光電話のオプションと月額料金は、以下の通りです。

【ドコモ光電話のオプション①(ドコモ光電話バリューは無料で使えるオプション)】
オプション 月額料金 サービス内容
発信者番号表示 400円 電話をかけてきた相手の電話番号が電話機に表示される
ナンバーリクエスト 200円 非通知で電話番号をかけてきた相手に、電話番号を通知してかけるように伝える
迷惑電話ストップサービス 200円 登録した電話番号からの着信を受け付けないようにする
通話中着信 300円 通話中に着信があった場合、通話を保留して第三者と通話ができる
転送でんわ 500円 あらかじめ設定してある電話番号に電話を転送する
着信お知らせメール 100円 着信があったことを、あらかじめ指定してあるパソコンや携帯電話のメールで確認できる
【ドコモ光電話のオプション②(どちらのプランでも追加料金が必須のオプション)】
オプション 月額料金 サービス内容
ダブルチャネル 200円 同じ電話番号で2か所同時に電話の発信と着信ができる
追加番号 100円 最大5つの電話番号を利用できる

「ドコモ光電話バリュー」プランは、月額1,500円で、総額1,700円分のオプションが無料で使えます。
一方、「ドコモ光電話」プランは、月額500円と料金が安いものの、無料で利用できるオプションがありません。そのため、必要に応じてオプションに加入する必要があります。

たとえば、固定電話でよく利用されている「発信者番号表示」「ナンバーリクエスト」「迷惑電話ストップサービス」に加入する場合、オプション料金は月額800円です。ドコモ光電話プランの月額料金と3種類のオプション料金の合計は1,300円であり、ドコモ光バリュープランよりも200円しか安くなりません。

よって、複数のオプションに加入するなら、480円分の無料通話がセットになったドコモ光電話バリュープランを契約すると良いでしょう。

ドコモ光電話の通話料

ドコモ光電話は、NTTの加入電話よりも通話料が安く設定されています。アナログの電話回線ではなく、インターネット回線で通話するため、費用を抑えられるからです。

【固定電話宛の通話料の比較】
通話先 NTTの加入電話 ドコモ光電話
市内 8.5円/3分 一律8円/3分
県内市外 20円~40円/3分
県外 20円~80円/3分
アメリカ合衆国宛 60円(免税)/1分 9円(免税)/1分
【スマホ・携帯電話宛の通話料の比較(NTT東日本エリア)】
通話先 NTTの加入電話 ドコモ光電話
ドコモ 20円/1分 16円/1分
au 30円/1分 17.5円/1分
ソフトバンク 40円/1分 17.5円/1分
【スマホ・携帯電話宛の通話料の比較(NTT西日本エリア)】
NTTの加入電話 ドコモ光電話
ドコモ 17円/1分 16円/1分
au 18円/1分 18円/1分
ソフトバンク 20円/1分 18円/1分
ワイモバイル 17円/1分 16円/1分

市外に電話をかけることが多い人は、NTTの加入電話からドコモ光電話に乗り換えることで、通話料が最大9割安くなります。スマホ・携帯電話宛に電話をかけることが多い人は、1割~2割ほど通話料が安くなるでしょう。

ドコモ光の通話料についてより詳しく知りたい人は、「ドコモ光電話ご利用ガイド_通話料・通信料の詳細について」をご覧ください。

ドコモ光電話の申込方法と工事費

ドコモ光電話は、ドコモ光を契約する際に同時に申し込むほか、ドコモ光の開通後に別途申し込むことができます。ただし、申し込みのタイミングや、番号ポータビリティの有無によって、工事費が変わります。

番号ポータビリティとは、NTTの加入電話で使っている番号をドコモ光電話に引き継ぐ仕組みのことです。番号ポータビリティを利用する場合、ドコモ光に支払う工事費とは別に、手数料2,000円がNTTから請求されます。

それでは、ドコモ光に支払う工事費を確認しましょう。

【ドコモ光と同時申込する場合のドコモ光電話の工事費】
番号ポータビリティあり 番号ポータビリティなし
ドコモ光契約事務手数料 無料 無料
同番移行手数料 2,000円 不要
交換機等工事料(基本機能) 1,000円 1,000円
合計 3,000円 1,000円
【ドコモ光の開通後に申し込む場合のドコモ光電話の工事費】
番号ポータビリティあり 番号ポータビリティなし
ドコモ光契約事務手数料 2,000円 2,000円
基本工事料 派遣工事あり:4,500円
派遣工事なし:1,000円
派遣工事あり:4,500円
派遣工事なし:1,000円
同番移行手数料 2,000円 不要
交換機等工事料(基本機能) 1,000円 1,000円
機器工事料(設置料) 派遣工事あり:1,500円
派遣工事なし:不要
派遣工事あり:1,500円
派遣工事なし:不要
合計(※) 派遣工事あり:11,000円
派遣工事なし:6,000円
派遣工事あり:9,000円
派遣工事なし:4,000円

※ドコモ光電話バリューを契約する人や、ドコモ光電話のオプションを契約する人は、別途1,000円~8,000円ほど工事費が加算されます。(参考:ドコモ光「ドコモ光電話 工事料」

ドコモ光電話は、ドコモ光の開通工事と同時に行うことで、工事費が3,000円~8,000円割引されます。そのため、ドコモ光電話の工事費を抑えるなら、ドコモ光と同時に申し込みましょう。

ドコモ光電話の工事費を実質無料にする方法

ドコモ光およびドコモ光電話に加入する人は、正規代理店のネットナビから申し込みましょう。ネットナビから申し込むと、ドコモ光の基本工事費が無料になり、15,000円~20,000円のキャッシュバックももらえます。


引用:正規代理店ネットナビ

キャッシュバックを受け取れば、ドコモ光だけではなく、ドコモ光電話の工事費も実質無料にできます。ドコモ光の公式サイトでは、現金のキャッシュバックを行っていないため、工事費を節約したい人は、ネットナビで手続きしてください。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ3回線

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事