閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光ライトやライトプラスがおすすめな人を解説!

NTTの「フレッツ光」サービスには、月額定額制の「光ネクスト」と、月の通信量によって料金が変化する「光ライト」「光ライトプラス(※NTT東日本のみ)」があります。

光ライトやライトプラスは、光回線を低料金から使えるプランですが、月の通信量によっては「フレッツ光の料金高っ!」といったことになってしまうので注意です。

ここでは、フレッツ光のライトプラスの料金や速度、ネクストから切り替えるときの注意点、ライトやライトプラスがおすすめの人について解説します。

フレッツ光ライト、ライトプラスの料金と速度

まず、フレッツ光ライトとライトプラスの月額料金と速度を、月額定額制の「光ネクスト」と比較しつつチェックしていきましょう。

フレッツ光の料金設定はNTT東日本と西日本でやや違うため、それぞれ分けてまとめています。

NTT東日本エリア

以下は、NTT東日本エリアの回線タイプ別速度と料金です。

フレッツ光ライト、ライトプラス(ファミリータイプのみ)には最低料金時と最高料金時の通信量もあわせて記載しています。

なお、すべてのプランに「フレッツ光メンバーズクラブポイント」の割引分、さらに光ネクストの料金には2年自動契約更新プランの割引を適用しています。

<ファミリータイプ>

  ライト ライトプラス ネクスト
最大速度 100Mbps 100Mbps 1Gbps
最低料金 200MB以下で2,700円 3.0GB以下で3,700円 4,600円
従量料金 10MBあたり30円 100MBあたり24円
最高料金 1.2GB以上で5,800円 10GB以上で5,400円

<マンションタイプ>

  ライト ネクスト
最大速度 100Mbps 1Gbps
最低料金 200MB以下で1,900円 2,950~3,950円(※)
従量料金 10MBあたり30円
最高料金 970MB以上で4,300円

※物件内の契約戸数によって異なる

NTT西日本エリア

次に、NTT西日本エリアの通信量や速度も見ていきましょう。

なお、フレッツ光ライトの料金には、契約時から2年間の継続利用を条件とした「フレッツ・あっと割引」を適用しています(2年経過後も割引は継続)

また光ネクストには、2年自動契約更新プランである「光はじめ割」を適用します。

<ファミリータイプ>

  ライト ネクスト
最大速度 100Mbps 1Gbps
最低料金 320MB以下で2,800円 4,300円
従量料金 10MBあたり28円
最高料金 1.32GB以上で5,600円

<マンションタイプ>

  ライト ネクスト
最大速度 100Mbps 1Gbps
最低料金 320MB以下で2,200円 2,850~3,950円(※)
従量料金 10MBあたり28円
最高料金 1.32GB以上で4,400円

※物件内の契約戸数によって異なる

このように、フレッツ光ライトは最低料金と最高料金の間で料金が上下し、最高料金の額は通信量無制限の「光ネクスト」より高いです。

なお、最高料金のときの通信量を見てもらうとわかりますが、上限にかかる通信量はそれほど大きくはありません。インターネットで動画やサイトを見る、パソコンやソフトのアップデートをするといった通常の利用でも、すぐ最高料金にかかってしまうでしょう。

そのため、インターネットを使う人には、フレッツ光ライトは基本的におすすめではありません。

光ライトは、ひかり電話やフレッツ・テレビのみ利用の人におすすめ

フレッツ光ライトがおすすめなのは、ネットを使わず、フレッツ光のひかり電話や、フレッツ・テレビだけ利用する人です。
(※ぷららの「ひかりTV」は光ライトでは使えません)

というのも、フレッツ光ライトの通信量の対象は「インターネット利用」であるため、ネットではなく光回線のみ利用するひかり電話やフレッツ・テレビは課金対象にならないのです。

なお、ひかり電話やフレッツ・テレビ利用にはプロバイダ(インターネットアクセス業者)も不要のため、もしまったくネットを使わないのであれば、プロバイダも解約して大丈夫です(プロバイダで設定されている最低利用期間内の解約による違約金には気をつけてください)。

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

フレッツ光ライトの申し込み方法・工事費

では、フレッツ光ライトを開通させるにあたっての料金や手続き方法を見ていきましょう。

光ライトを開通するには、新規開通する/光ネクストから、もしくはライト、ライトプラスから切り替える(タイプ変更)という2つの方法があります。

光ライト、ライトプラスの提供エリアはネクストと同じ

光ネクストからタイプ変更できることからもわかる通り、光ライトやライトプラスの提供エリアは、光ネクストの提供エリアとほぼ同じです。

光ライトの提供エリアは、NTTの公式サイトや公式窓口で確認できます。

NTTフレッツ光窓口:0120-116116(東西共通、年末年始以外の毎日9:00~17:00)
NTT東日本のフレッツ光ライト提供エリア
NTT東日本のフレッツ光ライトプラス提供エリア
NTT西日本のフレッツ光ライト提供エリア

新規開通時の工事費はネクストと同じ

フレッツ光ライトやライトプラスを新規開通する場合、基本工事費や流れは光ネクストとまったく同じです。これは、引っ越し先で開通する場合も同様です。

申し込みから開通までの期間は2~4週間程度、工事(屋外・宅内あわせて1時間程度)には立ち会いが必要で、工事完了すれば回線が利用できます。

開通申し込みは、NTT東日本/西日本の公式サイトか、フレッツ光窓口(0120-116116)で受け付けられています。

・東日本「フレッツ光ライト」新規:https://flets.com/application/light.html
・東日本「フレッツ光ライトプラス」新規:https://flets.com/application/lightplus.html
・西日本「フレッツ光ライト」新規:https://flets-w.com/cart/index.php?etc_data=lit%3D1

・東日本「フレッツ光の移転申込」:https://flets.com/first/kaiyaku/move.html
・西日本「お引越しのお手続き」:https://flets-w.com/user/move/

では、具体的な工事料金を見ていきましょう。

初めてフレッツ光を利用する場合の料金

フレッツ光を新規契約して開通する場合は、NTT東西ともに、以下の工事費と契約事務手数料がかかります。

  ファミリータイプ マンションタイプ
契約事務手数料 800円 800円
屋外・宅内工事 18,000円 15,000円
自宅の回線設備を一部利用 7,600円 7,600円
NTT局内工事・業者派遣なし 2,000円 2,000円

詳しい工事内容については、以下のページで解説していますので見てみてください。
https://hikari.netde-pc.jp/12106.html

なお、NTT東日本で戸建て(光ライト ファミリータイプ)のみに提供されている「もっとライトに!」キャンペーンを使うと、新規開通時の工事費が半額または無料、さらに月額料金が500円引きになります。

・工事費が18,000円の場合→9,000円
・工事費が7,600円または2,000円の場合→無料

「もっとライトに!」対象となるのは、平成30年2月1日から平成30年5月31日までに申し込んだ人です。

引っ越し先で継続利用する場合の料金

引っ越しする場合、NTT東日本/西日本のエリア内で引っ越しするか、エリアをまたぐかによって工事費が異なります。

・エリアをまたぐ引っ越し…新規契約時と同じ工事料金+手数料3,000円

・同一エリア内の引っ越し…NTT東日本では、建物タイプ問わず工事費18,000円の場合→9,000円、7,600円の場合→6,500円
 NTT西日本では、ファミリータイプ9,000円、マンションタイプ7,500円

エリア内引っ越しの割引は、引っ越しと同時にネクストからライト、ライトからネクストなどタイプ変更する場合も適用されます。

他回線タイプからライト、ライトプラスへ切り替え

次に、同一建物内でフレッツ光ライト、ライトプラスへタイプ変更する場合を見ていきます。

タイプ変更する場合の窓口も、新規開通時と同様、公式サイトか電話窓口(0120-116116)です。

・東日本「フレッツ光 乗り換えのポイント(サービス変更)」(https://flets.com/first/norikae/change01.html
・西日本「プラン変更のお申し込み」(https://flets-w.com/user/confirm/application/

以下は、他タイプからライト、ライトプラスへ変更する場合の料金です。
(参考までに、ネクストへ変更する場合もあわせて記載しています)

<NTT東日本>

変更前 変更後 ファミリータイプ マンションタイプ
ネクスト ライト 0円(※1) 0円(※1)
ライトプラス ライト 0円(※1)
ネクスト ライトプラス 2,000円
ライト ライトプラス 2,000円
ライト ネクスト 2,000円(※2) 2,000円(※2)
ライトプラス ネクスト

※1.1回限り。2回目以降は業者派遣なし工事2,000円等の工事費がかかる
※2.光ネクスト「ギガスマート」(無料Wi-Fi付きプラン)への切り替えは7,600円

<NTT西日本>

変更前 変更後 ファミリータイプ マンションタイプ
ネクスト ライト 2,000円 2,000円(※1)
ライト ネクスト 2,000円 2,000円(※2)

※1.変更前が「光配線」方式の場合。変更前が「VDSL」方式(電話線を用いた配線)または「LAN配線」方式(LANケーブルを用いた配線)の場合、15,000円がかかる
※2.変更後が光配線方式の場合。VDSL方式では15,000円、LAN配線方式では7,600円の工事費が必要

回線タイプのみ変更する場合、NTT局内の切り替え工事だけで済み、立ち会い工事は不要(工事費2,000円)になることがほとんどです。
ただ変更前や変更後の光ネクストのプランによっては、業者派遣ありで2,000円よりも高い工事費になることもあるようです。

立ち会いなしの無派遣工事の場合、光ネクストで無料レンタルしていたホームゲートウェイ等の返却キットが送られてくることがあります。その場合は返却キットの案内にしたがって梱包し、郵便局やコンビニから返送すればOKです。

ライト/ネクストで利用できるプロバイダが変わることがある

光ネクストに対応していても、光ライト、ライトプラスには対応していないプロバイダがあるので、回線切り替え(タイプ変更)する際は注意してください。

ライト、ライトプラスで利用できるプロバイダは、以下のページで確認できます。

・東日本「フレッツ光ライト」対応プロバイダ(戸建て):https://flets.com/light/fm/isp_index.html
・東日本「フレッツ光ライト」対応プロバイダ(集合住宅):https://flets.com/light/mn/isp_index.html
・東日本「フレッツ光ライトプラス」対応プロバイダ:https://flets.com/lightplus/isp_index.html
・西日本「フレッツ光ライト」対応プロバイダ:https://flets-w.com/service/isp/

フレッツ光の「プロバイダパック」に入っているような大手プロバイダは、回線タイプに関わりなく利用できることが多いようですが、So-net等の一部プロバイダが、ライトプラスに対応していないといったこともあります。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話、フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事

    記事はありませんでした