閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光ライト・ライトプラスがおすすめな人は?料金と特徴を徹底解説!

NTTのフレッツ光サービスには、月額定額制の「光ネクスト」と毎月の通信量によって料金が変わる「光ライト」「光ライトプラス」があります。

光ライトと光ライトプラスは、光回線を低料金で使えるプランですが、毎月の通信量によってはフレッツ光の利用料金が他のプランよりも高額になるので注意が必要です。インターネットはそこまで使わない方にはおすすめです。

そこで今回は、料金や通信速度を比較した上で、光ライトと光ライトプラスがおすすめな人について解説しましょう。あわせてご紹介する光ネクストから切り替える際の注意点は、チェック必須ですよ。

「フレッツ光 ライト」の料金プランの仕組み

フレッツ光ライトとフレッツ光ライトプラスは、利用したインターネットの通信量に応じて月額料金が変わる2段階定額制サービスが特徴の料金プランです。フレッツ光ライトは、通信量320MBまでが基本料金に含まれています。

たとえば、NTT西日本のファミリータイプの場合は、通信量は月に320MB→680MB→1,320MBが基準となり、月額料金が変わります。まんがいち毎月の通信量が基本使用量をオーバーしても、一定の上限金額が定められているため、利用料金が増え続けることはありません。

NTT東日本が提供するフレッツ光ライトプラスは、従量課金区間を拡大し3,000MBまでの通信量が基本料金に含まれる料金プランです。月額料金は高くなりますが、フレッツ光ライトでは物足りない方におすすめです。

ちなみに3,000MBの通信量の目安は、動画の場合は月に16時間、ホームページ閲覧の場合は月に約2,000ページです。

「フレッツ光 ライト」の料金プランを比較

フレッツ光ライトの月額料金は、NTT東日本と西日本で異なります。

NTT東日本エリア

フレッツ光ライトと光ライトプラス(ファミリータイプのみ)には、最低料金時と最高料金時の通信量もあわせて記載しています。なお、すべてのプランに「フレッツ光メンバーズクラブポイント」の割引分、さらに光ネクストの料金には2年自動更新契約プランである2年割を適用しています。

  • ファミリータイプ
  • ライト ライトプラス ネクスト
    最大速度 100Mbps 100Mbps 1Gbps
    最低料金 200MB以下で2,700円 3.0GB以下で3,700円 4,600円
    従量課金 10MBあたり30円 100MBあたり24円 4,600円
    最高料金 1.2GB以上で5,800円 10GB以上で5,400円 4,600円
  • マンションタイプ
  • ライト ネクスト
    最大速度 100Mbps 1Gbps
    最低料金 200MB以下で1,900円 2,950~3,950円(※)
    従量課金 10MBあたり30円 2,950~3,950円(※)
    最高料金 970MB以上で4,300円 2,950~3,950円(※)

    ※物件内の契約戸数によって異なる

NTT西日本エリア

NTT西日本エリアの場合は、フレッツ光ライトのみの提供です。フレッツ光ライトの料金には、契約時から2年間の継続利用を条件とした「フレッツ光・あっと割引」を適用しています(2年経過後も割引は継続)。光ネクストには、2年自動契約更新プランである「光はじめ割」を適用しています。

  • ファミリータイプ
  • ライト ネクスト
    最大速度 100Mbps 1Gbps
    最低料金 320MB以下で2,800円 4,300円
    従量課金 10MBあたり28円 4,300円
    最高料金 1.32GB以上で5,600円 4,300円
  • マンションタイプ
  • ライト ネクスト
    最大速度 100Mbps 1Gbps
    最低料金 320MB以下で2,200円 2,850~3,950円(※)
    従量課金 10MBあたり28円 2,850~3,950円(※)
    最高料金 1.32GB以上で4,400円 2,850~3,950円(※)

    ※物件内の契約戸数によって異なる

以上のように、フレッツ光ライトは最低料金と最高料金の間で月額料金が上下するため、上限である最高金額は、通信量無制限の光ネクストより高額になります。最大通信速度も、フレッツ光ライトの100Mbpsに対して、光ネクストは快適なインターネットを楽しめる1Gbpsです。

フレッツ光ライトは、あまりインターネットを使わない方にはおすすめですが、毎日のように利用する場合は、月額定額制で最大通信速が1Gbpsの光ネクストの導入を検討する価値があるといえます。

フレッツ光ライトの提供エリアとプランを変更する場合にかかる費用と工事費

フレッツ光ライトの申し込みは、初期費用と工事費が必要です。ここでは、フレッツ光ライトの工事費などの初期費用を含めた手続き方法を解説しましょう。フレッツ光ライトを開通するには、新規開通するケースと光ネクストまたはライト、ライトプラスから切り替えるタイプ変更の2つの方法があります。

光ライト、光ライトプラスの提供エリアは光ネクストと同じ

光ライトや光ライトプラスの提供エリアは、光ネクストの提供エリアとほぼ同じです。ひかりライトの提供エリアに関する詳細な情報は、NTTの公式サイトや公式窓口で確認することができます。

【NTT公式サイト:フレッツ光ライト提供エリア】
NTT東日本|フレッツ光ライト提供エリア
NTT東日本|フレッツ光ライトプラス提供エリア
NTT西日本|フレッツ光ライト提供エリア

【電話による直接の問い合わせ窓口】
NTTフレッツ光窓口:0120-116116(東西共通、年末年始以外の毎日9:00~17:00)

フレッツ光ライトの新規開通時の工事費はフレッツ光ネクストと同じ

フレッツ光ライトの新規工事費や申し込み方法は、フレッツ光ネクストと全く同じです。お引越し先で開通する場合でも同様となります。

フレッツ光ライトを新規契約する場合の工事費と初期費用は、NTT東日本・西日本共通で以下の通りです。

ファミリータイプ マンションタイプ
契約事務手数料 800円 800円
屋外・宅内工事 18,000円 15,000円
自宅の回線設備を一部利用 7,600円 7,600円
NTT局内工事・業者派遣なし 2,000円 2,000円

フレッツ光の詳しい工事内容については、以下のページで解説していますので参考にしてみてください。

関連記事フレッツ光の新規加入時の工事内容や工事時間を確認しよう!

申し込みから開通までの期間は約2~4週間程度、工事(屋外・宅外あわせて1時間程度)には立ち合いが必要で、工事完了すればインターネット回線を利用できます。

開通の申し込みは、NTT東日本・西日本の公式サイトか、フレッツ光窓口(0120-116116)に直接電話すると受け付けてもらえます。

【NTT公式:フレッツ光ライト申し込みサイト】
NTT東日本|「フレッツ光ライト」新規申し込みフォーム
NTT東日本|「フレッツ光ライトプラス」新規申し込みフォーム
NTT西日本|「フレッツ光ライト」新規申し込みフォーム

NTT東日本では、戸建てプランの光ライトファミリータイプを対象に「もっとライトに!」キャンペーンを提供しています。新規開通時の工事費が半額または無料、さらには月額料金が500円割引されるお得なキャンペーンです。「もっとライトに!」キャンペーンの詳細は、以下のサイトで確認してみてください。

参考:NTT東日本|フレッツ 光ライト もっとライトに!割引

引越し先でフレッツ光ライトを継続利用する場合の初期費用

引越しする場合は、移転先にフレッツ光を新規開設する工事が必要です。引っ越し先でもフレッツ光を継続して利用することで、工事費用が割引となります。ただし、TT同一エリア内で引越しするか、エリアをまたぐかによって工事費の割引額が異なるので注意が必要です。

  • エリアをまたぐ引越し:新規契約と同じ工事費+事務手数料3,000円
  • 同一エリア内への引越し:NTT東日本エリアでは契約タイプを問わず工事費18,000円の場合は9,000円、7,600円の場合は6,500円に割引
    NTT西日本エリアでは、ファミリータイプ9,000円、マンションタイプ7,500円

同一エリア内への引越しの割引は、引っ越しと同時に光ネクストから光ライト、光ライトから光ネクストへタイプを変更する場合でも適用されます。

NTT東日本「フレッツ光の移転申込
NTT西日本「お引越しのお手続き

他の回線タイプからフレッツ光ライト、ライトプラスへ切り替え

他の回線タイプから、フレッツ光ライト、ライトプラスへプラン変更する場合に必要な料金をみていきましょう。

タイプ変更する場合の窓口は、新規開通と同様にフレッツ光公式サイトまたはフレッツ光窓口(0120-116116)で対応してくれます。

NTT東日本公式サイト「フレッツ光乗り換えのポイント(サービス変更)
NTT西日本公式サイト「プラン変更のお申し込み

他回線タイプから、フレッツ光ライトと、ライトプラスへ変更する場合の料金は以下の通りです。光ネクストにプラン変更する料金もあわせてチェックしてくださいね。

  • NTT東日本エリア
  • 変更前 変更後 ファミリータイプ マンションタイプ
    ネクスト ライト 0円(※1) 0円(※1)
    ライトプラス ライト 0円(※1)
    ネクスト ライトプラス 2,000円
    ライト ライトプラス 2,000円
    ライト ネクスト 2,000円(※2) 2,000円(※2)
    ライトプラス ネクスト 2,000円(※2)

    ※1:1回限り。2回目以降は業者派遣なし工事2,000円等の工事費がかかる
    ※2:光ネクスト「ギガスマート」(無料Wi-Fi付きプラン)への切り替えは7,600円

  • NTT西日本エリア
  • 変更前 変更後 ファミリータイプ マンションタイプ
    ネクスト ライト 2,000円 2,000円(※1)
    ライト ネクスト 2,000円 2,000円(※2)

    ※1:変更前が「光配線」方式の場合。変更前が「VDSL」方式(電話線を用いた配線)または「LAN配線」方式(LANケーブルを用いた配線)の場合、15,000円がかかる
    ※2:変更後が光配線方式の場合。VDSL方式では15,000円、LAN配線方式では7,600円の工事費が必要

回線タイプのみを変更する場合は、NTT局内の切替工事(工事費2,000円)のみで、立ち合い工事は不要になります。ただし、変更前や変更後の光ネクストのプランによっては、派遣が必要になるケースもあり2,000円より高額になることもあるようです。

また、立ち合い工事が不要の無派遣工事の場合、光ネクストで無料レンタルしていたホームゲートウェイなどを返却しなければなりません。NTTから送付されてくる返却キットの案内に従って梱包し、郵便局やコンビニから返送すればOKです。

フレッツ光ライトは、代理店サイトからの申し込みがおすすめ!

フレッツ光ライトは、NTT東日本または西日本のフレッツ光公式サイトの他に、フレッツ光代理店サイトから申し込めます。フレッツ光代理店サイトでは、他の光回線と比較しながら希望にあわせた最適な契約プランを選べます。気になる方は以下のフレッツ光案内窓口を是非チェックしてみてください。

おすすめ窓口にねん割で月額料金最大700円割引!
フレッツ光東日本トップページ
さらにギガ推しキャンペーンで30ヶ月割引き!
1Gbpsの高速インターネット!
サポート体制万全!
ひかり電話・フレッツテレビ等オプションサービス充実!
キャンペーン併用で月額料金1,000円以上割引き!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る


おすすめ窓口光もっと2割で月額最大1,790円割引!
フレッツ光西日本トップページ
フレッツあっと割でさらに月額料金が割引!
1Gbpsの高速インターネット!
サポート体制万全!
ひかり電話・フレッツテレビ等オプションサービス充実!
キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ライト/ネクストで利用できるプロバイダが違う

光ネクストとフレッツ光ライトやライトプラスで利用できる対応プロバイダには違いがあります。特に、光ネクストから光ライトやライトプラスにプラン変更する際には、利用中のプロバイダがフレッツ光ライトに対応しているか注意が必要です。

フレッツ光ライト、ライトプラスに対応しているプロバイダは、以下のページで確認することができます。

NTT東日本公式サイト「フレッツ光ライト(戸建)」対応プロバイダ
NTT東日本公式サイト「フレッツ光ライト(集合住宅)」対応プロバイダ
NTT東日本公式サイト「フレッツ光ライトプラス」対応プロバイダ
NTT西日本公式サイト「フレッツ光ライト」対応プロバイダ

ひかり電話、フレッツ・テレビは通信料がかからない

フレッツ光ライトの最大の特徴は、ひかり電話とフレッツ・テレビの通信料が必要ないことです。フレッツ光ライトの通信量の課金対象となるのは、インターネットのデータ容量が基準であり、ひかり電話とフレッツ・テレビとは通信方法が全く異なります。したがって、フレッツ光ライトの月額利用料金には含まれないのです。

インターネットの利用が少なく、電話やテレビを中心とする方にとって、フレッツ光ライトはおすすめの光回線といえますね。なお、ひかり電話やフレッツ・テレビの利用には、プロバイダは不要なため、インターネットを全く利用しない場合はプロバイダを解約することもできます。ただし、プロバイダで設定されている最低利用期間と解約による違約金には注意が必要です。

まとめ

格安の月額料金で利用できるフレッツ光ライトとライトプラスの特徴についてご紹介しました。利用した通信量に応じて月額料金が変わるフレッツ光ライトとライトプラスは、普段あまりインターネット利用しない方におすすめの契約プランといえますね。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事

    記事はありませんでした