閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光の解約金や繋がりやすくするポイントを解説!

ソフトバンク光をお使いの方の中には、ネットが遅くていらいらしている方もいるでしょう。中には、いつも遅いため解約したいという方もいるかもしれません。

ソフトバンク光の解約は、契約更新月を除いて解約金が必要です。また原因によっては回線を乗り換えても解決しない場合もありますから、解約を考える前に遅い理由を調査することが必要です。

ここではソフトバンク光を解約する時の注意点と、おすすめの乗り換え先を説明します。また繋がらないと思った際のチェックポイントもあわせて紹介します。

ソフトバンク光が繋がりにくい場合、解約は可能か

ソフトバンク光が繋がりにくいことを理由として解約する場合、通常の解約と同じ扱いになります。
ソフトバンク光の解約金がかかるかどうかを、契約更新月・契約更新月以外・契約後8日以内、それぞれの場合について説明していきましょう。

契約成立日とは?

契約更新月・契約更新月以外・契約後8日以内というのは、「契約成立日」に基づいて定められる日数です。
契約成立日は申込み日ではなく、回線の工事や転用が完了した日となります。

契約更新月の場合は解約金無しで解約できる

契約更新月の場合は解約金無しで解約が可能です。
また契約更新月は、契約期間により異なります。

契約期間が2年の場合は、契約成立日の属する月を1ヶ月目として、24ヶ月目の1日から末日までが契約更新月とされています。
例をあげると、契約更新月は以下の通りになります。更新した場合はこの2年後の月となります。
●光回線の工事や転用が4月1日に完了した場合は、2年後の3月1日から31日まで
●光回線の工事や転用が1月31日に完了した場合は、翌年の12月1日から31日まで

一方で契約期間が5年の場合は、契約成立日の属する月を1ヶ月目として、60ヶ月目の末日が属する月が契約更新月となります。更新した場合はこの5年後の月が契約更新月です。

どちらにしても、契約更新月なら解約金無しでの解約が可能です。特に何もしなければ契約は自動更新されますので、解約金を払わずに解約するためには次の契約更新月まで待たなければなりません。

契約更新月以外の場合、解約金が必要

契約更新月以外の場合、解約金が必要となります。
契約期間が2年の場合は9,500円、5年の場合は15,000円の支払いが必要です。

契約成立日を含めて8日以内なら解約金は不要

ソフトバンク光は契約成立日を含めて8日以内なら、書面で初期契約解除の手続きをすることにより解約できます。
この場合解約金は不要ですが、工事費・日割りの利用料・事務手数料は支払わなければなりません。

工事や転用が完了した時点で契約書面を受け取っていない場合に注意

もし回線の工事や転用が完了した時点で契約書面を受け取っていない場合、初期契約解除の手続きができる期間は異なります。
この場合、契約書面を受け取った日を含めて8日以内ならば、解約金無しで契約解除が可能です。

ソフトバンク光から乗り換え後、元に戻すには、利用者自身で手続きが必要

ソフトバンクから他社の光回線へ乗り換えた場合は、注意が必要です。
乗り換えた光回線の契約解除をしても、ソフトバンクが元の光回線に戻してくれるわけではありません。
そのため今まで使っていた光回線に戻すためには、利用者自身で申込み手続きを行う必要があります。

乗り換え先となる光回線の選び方

ソフトバンク光を解約した後に申し込む光回線は、より速く、かつ繋がりやすいものであって欲しいものです。
これを実現するためには、乗り換え先となる光回線の選び方も重要です。

せっかく乗り換えても、また繋がりにくい可能性もある

ソフトバンク光を解約して新しい光回線を申し込んでも、乗り換え先によってはまた繋がりにくいということにもなりかねません。
他社の回線にしたはずなのになぜこのようなことが起きるのか、事前に知っておくことは重要です。繋がりにくくなるリスクを可能な限り防ぐことが、快適な回線を契約する近道です。

光回線には3種類がある

光回線の商品は各社異なるように見えますが、大きく以下の3種類に分けられます。

●NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ光」
●フレッツ光の回線を使った「コラボ光」
●フレッツ光を使わず、独自の光回線を敷設した「独自回線」

仮にフレッツ光回線が原因で繋がらない場合、別のコラボ光回線に契約しても問題の解決になりません。この場合、独自回線への乗り換えだけが解決策となります。
コラボ光を運営する事業者は、NTT東日本やNTT西日本のWebサイトで確認できます。

ソフトバンク光は、フレッツ光回線を使った「コラボ光」商品

ソフトバンク光は、フレッツ光回線を使った「コラボ光」商品です。このため、繋がらないことを理由とした乗り換え先は、独自回線を選ぶことがベストといえるでしょう。

独自回線のauひかりやNURO光を選ぶことがおすすめ

auひかりやNURO光は、フレッツ光の回線を使わない「独自回線」に分類されます。このため、フレッツ光の影響を受けることなく利用できます。
ですので、ソフトバンク光が遅くなる原因がフレッツ光の混雑によるものという場合は、独自回線に切り替えることが最も有効な解決策となります。

最大12万円の高額還元キャンペーン実施中!超高速通信を実現!

NURO光がお得なポイント

  • 最大80,000円高額キャッシュバック
  • 初期工事費が実質0円
  • 月額基本料が開始月無料

乗り換えキャンペーンを使えば、解約金の出費をカバーできる場合もある

事業者によっては乗り換えキャンペーンとして、今まで契約していた光回線の解約金相当額の支払いを受けられる場合もあります。
乗り換えキャンペーンの適用には条件がありますから、乗り換え先事業者のWebサイト等でご確認ください。

繋がらないと思った場合のチェックポイント

ソフトバンク光が繋がらないと思った場合、解約を考える前にチェックしておきたいポイントを解説しましょう。

光回線が遅い時間をチェックしよう

まず、繋がらないといっても24時間遅いのか、特定の時間帯だけ遅いのかをチェックすることが必要です。
これによって、原因を探るヒントになることもあります。

夕方や夜間帯に遅いときは、フレッツ光の利用者が多いことが理由の場合も

同じ作業をしても朝はスピードが出ているのに、夕方や夜間帯になるとつながりにくくなる場合があります。
この場合はプロバイダの混雑や、フレッツ光の利用者が多いために回線が混雑していることが考えられます。

フレッツ光の混雑が原因の場合は、独自回線に乗り換えないと解決に結びつきません。
またプロバイダが原因の場合、通常であればプロバイダを変更する方法もあります。しかし、ソフトバンク光はプロバイダもソフトバンクが提供しています。そのため、光回線も一緒に解約することになります。

いつも遅い場合は、機器の問題の可能性もある

一方いつも遅い場合は、機器の問題という可能性もあります。
この場合は、以下の設定等を確認しましょう。

●光BBユニットの設置場所を、使用しているパソコン等から見通しの良い場所に変更する
●光BBユニットの接続状況を確認。再起動してみる
●LANケーブルで接続の場合は、ケーブルが1000BASE-T対応か確認する
●無線接続の場合は、パソコン等が光BBユニットの電波を正しく受信しているか確認する
●セキュリティソフトが邪魔をしていないか確認する

スピードテストを行うことも一つの方法

ネットの速度が遅いと思った時は、スピードテストを行うことも一つの方法です。

スピードテストは、インターネット上の速度測定サイトやアプリを利用して手軽に行えます。検索サイトやApp Store・Google Playで、「インターネット速度測定」と検索してみましょう。

スピードテストの結果、数十Mbpsといった速度が出る場合があります。この速度は、動画再生も無理なく行える速度です。

スピードテストの結果が問題ない場合、原因は接続先のWebサイトの方と考えられます。そのため、こちら側でいくら回線を替えても効果がありません。従って、接続先のWebサイトに速度改善を依頼することが正しい選択です。

その一方で、1Mbpsを切る速度の場合はYouTube等の動画を見ることも一苦労することになります。この場合は、機器または光回線のどちらかに問題がある可能性が高いですから、調査が必要となります。

まとめ

ここまで、ソフトバンク光の解約方法と解約金の金額、また繋がらない場合のチェック方法について解説してきました。

ソフトバンク光は基本的に2年契約か5年契約ですから、契約更新月に解約しない限り9,500円~15,000円の解約金がかかります。
但し乗り換え先の光回線業者によっては、キャンペーンにより解約金相当の金額を受け取れる場合もあります。また回線が使えるようになった日を含めて8日以内なら、解約金なしで契約を解除できます。

ソフトバンク光はフレッツ光回線を利用したコラボ光商品です。フレッツ光回線の混雑によってネット速度が遅いと考えられる場合には、もし乗り換えるなら独自回線のauひかりやNURO光がおすすめです。

いずれにしても、光回線の乗り換えには費用や時間、手間がかかります。光回線が遅いから解約と考える前に、本当に光回線が遅いのかどうか調査することが必要です。乗り換えは、調査をしてから行っても遅くありません。

おすすめ窓口最大77,200円大幅還元!
株式会社フルコミット
家族みんなの携帯料金が安くなる!
auスマートバリュー
盛りだくさんの月額割引キャンペーンでプロバイダ料金込み2,057円~利用できる!au携帯10回線まで適用できるauスマートバリューは携帯料金からスマホ1台につき最大月額2,000円割引!工事費実質無料のキャンペーンや、乗り換えで違約金の還元も!この人気窓口から最大77,200円の大幅還元キャンペーンを掴み取れ!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

月額がおトク!ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに人気窓口は、申し込みで最大60,000円キャッシュバック中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事