閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

Wi-Fiルーターを使って無料でインターネット接続する方法

インターネットなしの生活なんて、想像すらできない人も多いのではないでしょうか。知人と連絡をとったり情報収集をしたりするのにも、インターネットは便利ですよね。ですが、通信費に悩んでいる人も多いはず。また、「Wi-Fiルーターだけで、無料でインターネットに接続できないのかな?」と疑問に思ったことのある方もいるのではないでしょうか。

Wi-Fiルーターがあれば無料でインターネット通信が利用できるのか、また、無料でインターネット接続ができる方法にはどのようなものがあるのかを徹底的に解説します!

Wi-Fiルーターだけでインターネットに接続できる?

家電量販店やオンラインショップでは、何百と言う種類のWi-Fiルーターが販売されています。「これさえあれば、無料でインターネットに接続できるのかな?」と、思う人も多いでしょう。ですが、Wi-Fiルーターだけではインターネット通信は行えません。インターネット接続が利用できる環境を準備して初めて、Wi-Fiルーターを活用することができるのです。

Wi-Fiルーターとは?

Wi-Fiルーターとは、インターネットとパソコンの中継器、つまり窓口的な役割を持っていると考えてもらえば問題ありません。Wi-Fiルーターがあれば、無線でインターネットに接続することができます。

インターネットサービスは別契約

Wi-Fiルーターだけを持っていても、インターネット接続を利用することはできません。何故なら、Wi-Fiルーターはあくまでも中継器であり、インターネットサービスの契約を結ぶなどしない限りインターネットは使用できないのです。

Wi-Fiルーターを使って無料でインターネットに接続する方法

上記で述べているように、通常はインターネットサービスを契約していないとインターネットに接続はできません。
しかし、施設側がWi-Fiルーターを設置していれば、無料でインターネット接続ができる場所が有ります!それは、「フリーWi-Fiスポット」です。

フリーWi-Fiスポット

無料でインターネット接続を提供している「フリーWi-Fiスポット」なら、インターネット接続の契約を結んでいなくても、Wi-Fiルーターだけでインターネットに接続することができます。駅やコンビニ、チェーン展開をしているコーヒーショップやファストフード店、デパート、観光地などで「フリーWi-Fiスポット」の表示を見かけたら、店舗に設置されたWi-Fiルーターのアクセスポイントを探してインターネットに接続してみて下さい。フリーWi-Fiを提供しているお店をいくつか紹介します。

・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・スターバックスコーヒー
・タリーズコーヒー
・上島珈琲店
・ドトールコーヒー

IDとパスワードでWi-Fi接続

フリーWi-Fiスポットの中には、インターネットに接続するためにIDとパスワードが必要なこともあります。Wi-Fiに自然に接続されない場合やパスワードを要求する画面が表示される場合は、次の手順でスマートフォン等のインターネット機器を操作してみて下さい。

1.スマートフォンやタブレットの「設定」ページを開きます。
2.「Wi-Fi」を選択し、接続可能なWi-Fi一覧を開きます。
3.店舗名や場所(例えば京都の観光地や駅なら「Kyoto Wi-Fi」などの地名入りのSSIDになっています)から該当しそうなSSIDをタップします。
4.「登録が必要です」というコメントが表示されるときは、ヤフーIDやLINE ID、メールアドレスなどを使って登録します。登録が完了すると、自動的にWi-Fiに接続されます。
5.SSID名の下のパスワードの欄が空欄になっているときは、店員さんにパスワードを尋ねましょう。

※SSIDとは、Wi-Fiを識別するアドレス名です。自動でフリーWi-Fiに接続されない場合は、手動でSSIDを選択し、Wi-Fi接続を完了させて下さい。

WiMAXなら工事不要!どこでもインターネット使い放題!

WiMAXがお得なポイント

  • Webフォームからの購入で初期費用18,857円割引き
  • 月額料金2,726円~
  • 通信制限無し!
  • 違約金保障サービス!

Wi-Fiルーターがなくても無料でインターネットに接続する方法

実は、Wi-Fiルーターがなくても、無料でインターネットに接続する方法が存在します!ただし、そのためにはスマートフォンが必要です。

スマートフォンのテザリング機能を活用する

スマートフォンに「テザリング機能」がついている場合は、無料でインターネットが利用できる空間でなくても、インターネットサービスに接続することができます。「テザリング」とは、スマートフォンをルーター代わりにして使用する機能です。スマートフォンのテザリングには、以下で述べているような3つの方法があります。

Wi-Fi接続でテザリング機能を利用する

スマートフォンをWi-Fiルーター代わりにする方法です。PCや他のスマホやタブレットなど複数の端末をインターネットに接続させることが可能な一方、その場合はスマートフォンのバッテリー消費量が激しくなるというデメリットがあります。

また、スマートフォンのWi-Fiテザリング機能をパスワードを設定せずに開始すると、周囲の人も自分のスマホを経由してインターネット接続が利用できてしまいます。そのため、セキュリティ上の危険に晒されてしまいます。

テザリングを利用するときのセキュリティ対策

情報漏洩やウィルス感染などの脅威からスマートフォンを守るために、テザリングを利用するときは次のことに注意して下さい。

・スマートフォンのテザリング機能では、Wi-Fi接続ができる範囲はそこまで広くありません。コーヒーショップで同じテーブルを共有しているときなど、近くに人がいるときにはテザリング機能を他人に使われないよう、自分にしかわからないパスワードを必ず設定して使いましょう。

・スマートフォンに予めセキュリティソフトを導入しておきましょう。作動性が落ちるからという理由でセキュリティソフトをインストールしていない人もいますが、ウィルス感染したときのリスクやインターネットバンキング等の重要なパスワードが漏えいするリスクを考えると、やはりセキュリティソフトの導入は必須と言えます。

・インターネットバンキングや自動決済できるように設定したインターネット通販などのパスワードが流出すると、個人情報が漏えいするだけでなく金銭的な被害を被る恐れがあります。インターネットバンキングや決済関連の手続きは、テザリングはもちろん、フリーWi-Fiを利用しているときも実施しないようにしてください。

ケーブル接続でテザリング機能を利用する

スマートフォンと他の機器をUSBケーブルで接続することで、他の機器でインターネットサービスを利用することも可能です。有線ですので周囲の人にインターネットサービスが利用されてしまう恐れはありませんし、何よりWi-Fi接続よりはスマートフォンのバッテリー消費量が少ないというメリットがあります。

Bluetooth接続でテザリング機能を利用する

Bluetoothを利用して、インターネットサービスが利用できるスマートフォンとインターネットサービスに登録していない他の機器を接続することもできます。Wi-Fiを利用するよりもスマートフォンのバッテリー消費量が少ないというメリットがあります。

まとめ

フリーWi-Fiスポットを利用することで、無料でインターネットに接続することができます。ただし、これは特定の場所に限定されるので、家庭で自由にインターネット接続を楽しむことはできません。
家庭でWi-Fiを使ってインターネットを楽しみたい場合は、自宅でインターネット接続サービスを契約してWi-Fiルーターをレンタルまたは購入して使うか、モバイルWi-Fiインターネットに契約して、モバイルWi-Fiルーターを自宅で使うか、いずれかの方法になります。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事