閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

「auひかり」と「NURO光」のエリア・速度・料金を比較

auひかりとNURO光はどちらもスマホとのセット割が可能。
ドコモ光やOCN光などのようにフレッツ光回線を使用せず、独自の回線を使用しているため、高速かつ安定していると評判の光回線です。

では、auひかりとNURO光、どちらを契約すべきなのでしょうか?

ここでは、両回線の提供エリアや速度、月額料金や工事費等を項目別で比較していきます。

提供エリアはauひかりが広い

auひかりの提供エリアは、全国にわたっています。

ただし、東海地方と関西地方のみ、戸建てタイプが利用できません。
これは、東海にはコミュファ光、関西にはeo光という、それぞれKDDIが提携している光回線会社があるので、これらと競合してしまわないようにするためです。

また、沖縄県では、沖縄セルラーが提供する「auひかり ちゅら」が提供されています。

一方、NURO光の提供エリアは、関東・東海・関西地方です。

提供可能エリアの詳細は、以下のようになっています。

auひかり NURO光
全国
※東海(岐阜、愛知、静岡、三重)と関西(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、福井)の戸建てを除く
・関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
・東海((岐阜、愛知、静岡、三重)
・関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)

また、建物の構造や条件によるプランの違いは、以下のようになっています。

タイプ auひかり NURO光
戸建て auひかりホーム NURO光
7階建て以下マンション auひかりマンション
※建物にauひかりが引かれていることが必要
NURO光 for マンション
※4契約以上が必要
8階建て以上マンション

各プランの提供可能エリアや導入済み物件は、公式サイトで確認できます。

・auひかりホーム/マンション:https://bb-application.au.kddi.com/auhikari/prefecture
・NURO光:https://www.nuro.jp/apply.html
・NURO光 for マンション:https://nuro.jp/mansion/service/neworder/

速度はNURO光が速い

auひかりとNURO光の最大速度は、以下のようになっています。
Gbpsとは、1秒間に送れる情報量を表す単位です。

光回線 auひかり NURO光
最大速度(下り※) 1Gbps 2Gbps
最大速度(上り※) 1Gbps 1Gbps
プロバイダ @nifty、@T COM(アットティーコム)、AsahiNet、au one net、BIGLOBE、DTI、So-net So-net

※下り速度はダウンロード時の速度、上り速度はアップロード時の速度を指します。

NURO光の速度は下り最大2Gbpsと、auひかりだけでなくフレッツ光や他の光回線(最大1Gbps)と比べても、頭一つ抜けています。

NURO光はなぜ速いのでしょうか? それは、通信局から自宅までの通信規格に「G-PON」という国際標準規格を採用しているからです。

フレッツ光やauひかりで使われているのは、最大速度1Gbpsの「GE-PON」規格ですが、NURO光は最大速度2.4Gbpsに対応した「G-PON」を採用していて、このおかげで最大2Gbpsの回線速度が提供できているのです。

月額料金を比較

戸建てプラン、マンションプランの月額料金は以下の通りです。

  auひかり NURO光
戸建て 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目~:4,900円
4,743円
マンション 光配線方式(最大1Gbps):4,050~5,000円
VDSL、LAN方式(最大100Mbps):3,400~4,100円
1,900~2,500円

戸建てプランの場合は、auひかりよりもNURO光の方が安いですね。

マンションプランでは、NURO光を7階建て以下のマンションに引く場合、「NURO光」と「NURO光 for マンション」の2つの選択肢があり、「NURO光」を引いた場合には、「NURO光」の方が「auひかりマンション」よりも高くなることがあります。
すなわち、マンションの場合の料金比較については、ケースバイケースということです。


出典:NURO光公式「マンションにお住まいの方にふたつのNURO光」(https://www.nuro.jp/formansion/

補足ですが、auひかり、NURO光ともに、マンションプランは物件内の契約戸数が多ければ多いほど料金が安くなります。

「auひかりマンション」は配線方式によって料金が異なる

「auひかりマンション」にはVDSL、LAN配線、光配線の3つの配線方式があり、速度と料金が違います。
(「NURO光 for マンション」は下り速度最大2Gbpsの光配線方式です)

3つの配線方式ともに、電柱から共用スペースまでは光ケーブルが引かれるのは同じです。
しかし共用スペースから自室までは、VDSL配線では電話線、LAN配線はLANケーブル、光配線は光ケーブルが引かれます。
VDSL、LAN配線の場合、最大速度が100Mbpsと下がってしまいます。

つまり、最大1Gbpsの回線をマンションで利用したいなら、利用するauひかりのプランを「マンション ギガ」か「マンションミニ ギガ」のどちらかにする必要があるということです。

「auひかりマンション」の各プランの詳細については、公式ページに記載されています。
・auひかりマンション:ネットサービス(光ファイバー auひかり)(https://www.au.com/internet/auhikari/service/net/mansion/

無線LANや光電話等のオプション月額料金は?

では次に、無線LANや光電話等、主要なオプションサービスの料金を比較してみましょう。

  auひかり NURO光
ホームゲートウェイ(ONU+ルーター) 無料 無料
無線LAN 500円(※)
光電話 500円 関東500円
東海・関西300円
セキュリティサービス プロバイダごとに300~500円 カスペルスキー(ソフト)が5台まで無料※ただし「for マンション」では500円

※「auスマートバリュー」(auスマホとのセット割)に加入していれば無料

NURO光の場合、無線LANが一体になったホームゲートウェイ(光回線の接続機器)とセキュリティサービスがどちらも無料になっているのがポイントです。

auひかりは、各プロバイダによってセキュリティサービスが提供されています。
プロバイダのサービス比較表がauひかりの公式ホームページに掲載されているので、詳しくは以下のサイトで確認してください。
・auひかり「プロバイダサービス一覧」(https://www.au.com/internet/auhikari/beginner/provider/service/

テレビサービスは使える?

各回線で利用できるテレビサービスは、以下のようになっています。

  auひかり NURO光
テレビサービス auひかりテレビサービス ひかりTV for NURO
チャンネル数 43ch
(プラチナセレクトパック)
地デジ・BS+80ch以上
(テレビおすすめプラン)
月額料金 1,980円+機器レンタル500円 1,500円+機器レンタル500円
提供エリア 全国 関東のみ

auひかりテレビサービスはauひかりが導入されていればどこでも利用できますが、地デジ・BSに対応していないのがネックです。

NURO光の場合、地デジ・BSも見られ、ぷららが提供する「ひかりTV」が利用できますが、エリアが関東に限られています。

そのため、提供されていないエリアで地デジを見るには、自分で屋根に地デジ用アンテナを立てたり、壁付アンテナを設置したりすることが必要です。

スマホとのセット割に注目!

auひかりはauスマホと、NURO光はソフトバンクスマホとのセット割が可能です。

  auひかり NURO光
サービス名 auスマートバリュー おうち割 光セット
固定回線の適用条件 auひかり電話に加入 NURO光でんわに加入
対象のモバイル回線 au ソフトバンク
割引額 500~1,000円
(最大2年間934~2,000円割引)
500~1,000円
モバイル回線の数 10台まで

「セット割」とは、固定回線とスマホの定額プランをセットにすると、スマホのパケット代が1台につき500~1,000円安くなる特典です。
固定回線を契約している本人と、その家族10台までのスマホ料金が割引になるので、家族全員が対象のモバイル回線を使っている場合は、月々の通信料金をぐっと節約できます。

最大速度10Gbpsのプランも比較

2018年春から、auひかりとNURO光の両回線が、エリア限定で、なんと最大速度10Gbpsのプランも提供することになりました。
以下に料金プランと提供エリアをまとめました。

プラン名 最大速度 月額料金 提供エリア
auひかりホーム10ギガ 10Gbps 5,680~5,880円 東京、神奈川、埼玉、千葉の一部エリア(戸建て)
auひかりホーム5ギガ 5Gbps 4,900~5,100円
NURO光新プラン(※) 10Gbps 5,743円 関東の一部エリア(戸建て)
6Gbps 5,253円
NURO光 10G 10Gbps 6,480円 東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、奈良の一部エリア(戸建て・5階建て以下マンション

※2018年4月上旬から受付開始

提供エリアは限られていますが、世界最速の回線を体感できます。
オンラインゲームをしたり、大容量の動画をアップロードしたりする人なら、便利に使えるでしょう。

開通工事費は両回線とも無料にできる

開通工事費は、auひかり、NURO光ともに他回線より高めです。
しかし、開通工事費は公式キャンペーンでどちらも無料にできます(分割払いで月額料金に上乗せされる分を差し引き)。

 

auひかり NURO光

開通工事費

戸建て 37,500円(625円×60カ月) 40,000円(1,333円×30カ月)
マンション 30,000円(1,250円×24カ月) 40,000円(1,111円×36カ月)
適用条件 戸建ては光電話オプションが必要 なし

工事完了までにかかる時間は?

auひかりとNURO光はどちらも独自回線なので、申し込みから工事完了までにかかる時間は長めです。

  申し込み~工事完了 工事回数
auひかりホーム 1~2カ月程度 1回
auひかりマンション 2週間~1カ月程度
NURO光 1~2カ月程度 2回
NURO光 for マンション 2カ月半程度

NURO光は宅内工事と屋外工事の2回工事があり、どちらも立ち会いが必要です(戸建ての場合、追加5,000円で同日対応にしてもらうこともできます)。

解約時の違約金や撤去工事費を比較

auひかりやNURO光を申し込む際は、自動更新型契約にして月額料金を抑えている人が多いはずです。
このプランを契約更新月以外に解除する場合の違約金、および回線の撤去工事費用は、以下の通りです。

  auひかり NURO光
違約金 戸建て 3年契約:15,000円
2年契約:9,500円
2年契約:9,500円
マンション 2年契約:7,000円
契約更新月 契約満了月の翌月・翌々月 契約満了月の翌月
撤去工事費 戸建て 28,800円(必須)※ 10,000円(任意)
マンション 10,000円(任意)

※2018年3月1日以降にホームタイプを申し込んだ人

auひかりなら、引っ越しの際に違約金がかからない

引っ越し先でも同じ回線を継続して使いたい場合、auひかりなら違約金がかかりません。

NURO光は移転手続きができない(※専用ダイヤルはあります)ので、引っ越しの場合はいったん解約し、再度契約をすることになります。
そのため違約金を支払う必要が出てきますが、公式のキャッシュバックキャンペーンを使えば、違約金分をチャラにすることができます(次項で解説)。

公式キャッシュバックキャンペーンはNURO光がお得!

公式のキャッシュバックキャンペーンは以下の通りです。

キャンペーン内容 auひかり NURO光
他社違約金還元 最大30,000円 なし
キャッシュバック 10.000円
(+光電話、プロバイダau one net)
35,000円

NURO光は、他社からの乗り換え時の違約金還元はありませんが、オプションなしで35,000円ものキャッシュバックが受けられるのがメリットです。

これを使えば、他社の違約金もNURO光で引っ越しする場合の違約金もどちらも無料にできます。

ほかにもNURO光公式にはPS4やANA、JALマイルのプレゼントキャンペーンがあるので、適宜利用するとよいでしょう。
ただ、キャンペーン内容によって申し込み時のURLが異なっていて、該当のURL以外で申し込むと特典がもらえません。申し込むときは必ず該当するキャンペーンのURLから申し込んでください。


画像:NURO光申し込み画面(https://www.nuro.jp/apply.html

まとめ

auひかりとNURO光、それぞれどんな人におすすめの回線なのでしょうか?

・auひかり…auスマホのユーザー、関東・東海・関西以外で高速・安定な回線を使いたい人
・NURO光…ソフトバンクスマホのユーザー、関東・東海・関西に住んでいる人、月額料金を抑えたい人

もし、両方とも使える地域に住んでいて、スマホとのセット割を考えなくてよいなら、料金・通信速度から考えてNURO光がおすすめです。

関東エリアならnuro光!おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事