閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

nifty光の評判ってどうなの?通信速度が遅いって本当?

@nifty光に乗り換えるとプロバイダ料金を抑えられるので、月額料金が安くなるケースがあります。
一方で、安くなる代わりに通信速度が遅いのではないかと不安になる人もいるのではないでしょうか?

実際、@nifty光の通信速度は遅いという口コミや評判も多く見られます

しかし、遅いと感じている人の評判は接続方式に問題があります。無料オプションの新しい接続方式を利用すれば、今よりも速度が遅くなることは無いでしょう。

ここでは、@nifty光の回線速度が遅いと言われる原因と、回線速度の改善方法を紹介します。

@nifty光は光回線なのに遅いとネット上で評判

ネット上で口コミを確認すると、「nifty光の回線速度は遅い」と評判です。

回線速度が遅い理由は、IPv4という従来の接続方式が原因と考えられます。@nifty光の無料オプションである、v6プラスを利用することで速度は改善されるでしょう

IPv6プラス加入で通信速度は速くなる

@nifty光のオプションであるv6プラスに加入すると、回線速度は改善されます。

IPv6(IPoE)接続方式のv6プラスは、回線の混雑を回避する特徴があります。そのため、ネット利用者が多い夜間でも、v6プラスに加入することで回線速度の低下を軽減できるのです。

v6プラスに加入したユーザーの口コミを確認すると、「回線速度が速くなった」という声が多くあります。

v6プラスのオプション加入は無料なので、@niftyの回線を契約する際は加入しましょう。

v6プラスの利用方法

@nifty光でv6プラスを利用するには、Pv6(IPoE)対応ルーターかホームゲートウェイのどちらかが必要です。

@nifty光を3年契約にすると、IPv6対応のWI-FIルーターを最大25ヶ月間無料でレンタルできます。無料期間終了後は、はレンタル料が毎月500円かかります。

「@nifty光電話」に加入すると、月額300円でIPv6対応のホームゲートウェイをレンタルできます。ただし、光電話のオプション価格が500円なので、@nifty光電話とホームゲートウェイのレンタル代を合わせて毎月800円かかります。

そのため、IPv6対応ルーターを無料でレンタルして、v6プラスの速度を実際に経験してみるといいでしょう。無料レンタル期間終了後もIPv6対応のルーターを利用したい場合、レンタル契約をやめてv6対応ルーターを購入すれば、料金負担を抑えられます。

IPv6対応のWi-fiルーターは約5,000円~10,000円で購入できます。すでにIPv6対応のルーターを購入している人なら、@nifty光の契約時にv6プラスのオプション申し込みしするだけでIPv6を利用できます。

auユーザーが@nifty光に乗り換えたら月額料金が安くなったとネット上で評判

ネット上で、「auスマホを利用していて、@nifty光に乗り換えたことで、月額料金が安くなった」という声が多くあります。

とくにauスマホでスマートバリューを併用し、月額料金が下がったという人が多いです。

auスマホを利用している場合、@nifty光を契約することで、スマホとのセット割「スマートバリュー」を利用できます。

スマートバリューとは、auスマホ1台につきスマホの月額料金から毎月最大1,000円割引するサービスです。スマートバリューを利用するには@nifty光と光電話に加入することが条件です。

@nifty光電話は月額料金が500円かかりますが、スマホの台数分割引されるので、家族内にauスマホ利用者が多いほど毎月の通信費が安くなります

月額料金を安くするなら3年契約がおすすめ

@nifty光は、2年契約と3年契約があります。月額料金を安くするなら、おすすめの契約プランは3年です。

【マンションタイプのプラン別月額費用(税抜価格)】

契約プラン 2年契約 3年契約
0~1ヶ月目 0円 0円
2~31ヶ月目 3,980円 3,480円
32ヶ月目~ 3.980円

【ホームタイプのプラン別月額費用(税抜価格)】

契約期間 2年プラン 3年プラン
0~1ヶ月目 0円 0円
2~31ヶ月目 5,200円 4,600円
32ヶ月目~ 5,200円

3年契約をすれば、最初の2ヶ月目~31ヶ月目まで毎月500~600円割引が適用されます。2年契約でも初月は使用料が無料になりますが、契約2ヶ月目より月額料金の割引がありません。@nifty光を3年以上利用するなら、3年契約の方が2年契約よりも、利用料金が15,000円安くなります

さらに、3年契約なら、v6プラス利用に対応したルーターを最大25ヶ月間無料でレンタルできます。26ヶ月目から、v6対応ルーターのレンタル代金が毎月500円発生します。レンタル料を抑えたい場合は、25ヶ月目までレンタルし、その後はv6対応ルーターを購入すると良いでしょう。

フレッツ光から@nifty光へ乗り換えなら工事費不要

初めて自宅に光回線を引く場合、@niftyのホームタイプなら20,000円、マンションタイプなら17,000円の工事費がかかります。一方、フレッツ光から@nifty光への乗り換えならば工事費用が発生しません。なぜなら、@nifty光は、フレッツ光の回線を転用して利用するからです。

そのため、フレッツ光から@nifty光へ乗り換える場合は、スムーズに乗り換えができます。

ただし、フレッツ光から転用する際は、転用承諾番号の取得が必要です。フレッツ光の公式サイトで転用承諾番号の取得が可能です。

また、転用取得番号を取得するのには、事前に以下の準備が必要になります。

  • お客さまID、ひかり電話番号もしくは契約者の連絡先電話番号
  • フレッツ光の契約者名
  • フレッツ光の利用場所住所
  • フレッツ光の利用料金の支払い方法

支払い方法は、フレッツ光の請求書かクレジットカード明細か、いずれかが必要です。準備をしておくと転用承諾番号の取得がスムーズになるので、不明なものは転用手続前に確認しておくのをおすすめします。

フレッツ光-光コラボの窓口
キャンペーンを詳しく見る

フレッツ光-光コラボの窓口
キャンペーンを詳しく見る

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事