閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

NURO光の評判を徹底調査

NURO光は、「下りの最大通信速度2Gbps」という通信速度の速さを売りにしていて、比較サイトでもおすすめ回線として挙げられることが多い回線です。しかし、公式サイトや広告ではメリットばかり強調されるため、通信速度は本当に速いのか?実際利用料金はかかるのか?など、不安や疑問も多いですよね。

そこで、NURO光の契約を検討している人や実際に使っている人の評判はどうなのか調査しました。特に口コミ投稿が多く見られた「提供エリア」「通信速度」「利用料金」「開通工事」「サポート対応」「通信機器」の6つの観点について、それぞれ解説していきます。

提供エリアの評判:提供エリアが狭いので契約できない場合がある

NURO光は、2013年4月にサービスが始まったばかりのインターネット接続サービスのため、サービス提供エリアがまだ狭いという問題があります。口コミにも、「NURO光を契約したいがサービス提供エリア外のためできない」という投稿が見受けられました。

NURO光のサービス提供エリアはNURO光の公式サイトにて確認できるので、契約を検討する前にエリア内かどうか調べてみましょう。利用するプランによってエリア確認ページが分かれていますが、まずは一番広範囲をカバーしている「NURO光 G2/G2 V」のエリアから確認してみてください。

NURO光各プランのサービス提供エリアについてはこちらの記事で解説しています。

NURO光の提供エリア確認方法とエリア外の場合のおすすめ回線

提供エリアは順次拡大中

NURO光は順次サービス提供エリアを拡大しているため、時間の経過とともに自宅がサービス提供エリア内になる可能性もあります

「今はエリア外だけど今後NURO光が使えるようになったら使いたい」という方は、「NURO光 ご利用希望登録」で連絡先を登録しておくと良いでしょう。連絡先を登録するとNURO光の提供が開始されたときに案内をもらえるので、NURO光のサービス提供エリアをわざわざ自分で調べる必要がなくなります。

通信速度の評判:実測値でも速い

NURO光の通信速度に関しては、「他社回線からNURO光に乗り換えて通信速度が速くなった」という方や、体感だけでなく実測値も速いことを確認している方が多く見られました

NURO光で高速通信が実現できる要因としては、主に3点挙げられます。

1点目は、NURO光が採用している「G-PON」という通信規格です。NURO光以外の光回線で採用されている通信規格は「GE-PON」と呼ばれ、下り通信速度が最大1Gbpsです。対して「G-PON」の下り通信速度は最大2Gbpsと、「GE-PON」の2倍の速度が出ます。

2点目は、NURO光が他社と回線を共有せず独自回線を利用していることです。そのため、回線の混雑による通信速度の低下が起きにくいと言えます。

3点目は、高速通信に対応したホームゲートウェイを貸し出していることです。回線速度がどんなに速くても、ホームゲートウェイの性能が足りなければ、パソコンやスマホなどでインターネットを利用するときの通信速度は遅くなります。NURO光では回線速度に対応したホームゲートウェイをレンタルできるので、インターネットを利用するときの速度も遅くなりにくいです。

口コミの評判と3点の要因を踏まえるとNURO光では他社よりも高速な通信が期待できるため、通信速度の速さを重視する方にはNURO光は適した回線だと言えます。

機器のスペックや回線の状況によって速度が落ちることもある

通信速度についての評判は比較的良いNURO光ですが、場合によっては通信速度が遅いこともあるようです。NURO光はあくまでもベストエフォート型のサービスであり、常に高速通信が保証されているわけではない、ということは理解しておきましょう。


通信速度が遅くなる原因としては、回線障害や通信機器の故障、回線利用者の増加などが考えられます。なお、NURO光からレンタルしている通信機器が原因で速度が遅くなっている場合は、サポートデスクに相談すると機器を交換してもらえるかもしれません。実際に、機器の交換によって通信速度が改善したという方もいました。

NURO光契約後に通信速度が遅いと感じたら、一度サポートデスクに問い合わせてみると良いでしょう。

NURO光の通信速度についてはこちらの記事でも詳しく解説していますので、参考にしてください。

NURO光の通信速度に関する評判と注意点

料金の評判:基本料金が安い

利用料金については、他社からNURO光に乗り換えたことで安くなったという口コミも複数見られました。

実際にNURO光と他社光回線の月額料金を同等のサービス内容の料金プランで比較すると、NURO光は特に戸建てタイプが他社より安い料金で利用できることが分かります。

【NURO光と他社光回線の料金比較】
※最大通信速度1Gbps(NURO光は2Gbps)で2~3年の自動更新割引適用後の料金
※同条件で複数のプランがある場合は基本料金が一番安いプランで比較
光回線 戸建てタイプの月額料金(税抜) マンションタイプの月額料金(税抜)
NURO光 4,743円
※NURO光 G2 V
4,743円
※NURO光 G2 V
フレッツ光(東日本) 4,700円(+プロバイダ料金500円~)
※フレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプ
3,150円
※フレッツ光ネクストギガマンション・スマートタイプ プラン2
ドコモ光 5,200円
※ドコモ光 1ギガ タイプA
4,000円
※ドコモ光 1ギガ タイプA
ソフトバンク光 5,200円
※2年自動更新プラン
4,900円
※2年自動更新プラン
auひかり 5,600円
※auひかり 1ギガ ずっとギガ得プラン
4,550円
※auひかり マンション ギガ

また、集合住宅でも、NURO光の設備導入済のマンションのみ契約できる「NURO光 for マンション」を契約した場合は月額1,900~2,500円 (税抜・マンション内の契約者数によって変動)と、他社より1,000~2,000円ほど安いです。

さらに、NURO光は公式でキャンペーンが実施されています。キャンペーンを利用して契約すると、割引やキャッシュバックが受けられてよりお得に利用できます。ですから、戸建てやNURO光 for マンションを契約できるマンションにお住まいで、インターネットの利用料金を安くしたい方には、NURO光はおすすめです。

NURO光の利用料金についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

NURO光の利用料金を「戸建て」と「マンション」に分けて解説

解約費用が高額になる場合がある

NURO光は比較的利用料金が安い回線ですが、解約時に費用がかかる場合があるので注意が必要です。

NURO光では契約するプランによって契約期間が設定されており、期間内に解約すると契約解除料9,500円が請求されます。また、基本工事費の分割払いが終わっていない場合はその残債も一括で支払うことになります。基本工事費の残債はプランと解約時期によりますが、最大で40,000円または60,000円です。

NURO光ではこのように解約時に高額な費用がかかるおそれがあるので、契約する際はプランの注意事項を必ず確認しておきましょう。

工事の評判:工事完了までに時間がかかる

NURO光に関する口コミで特に目立つのが、開通工事の遅さに関するものです。NURO光の契約を申し込んでから工事実施まで3か月~半年かかっている方が何人もいました。

NURO光では開通工事が宅内と屋外の2回に分けて実施され、それぞれに日程調整が必要です。特に屋外工事は回線工事を担当するNTTの業者との調整が発生するため、工事日が決まるまでに時間がかかる傾向があります。NURO光を使いたい場合は、できるだけ早めに契約を申し込んだ方が良いでしょう。

なお、NURO光では工事前の事前調査を行っておらず、実際に工事ができるかどうかは工事当日に担当者が現地を見るまで分かりません。そのため、ようやく工事当日を迎えたものの建物や設備の問題で工事が延期になったり、NURO光の契約自体がキャンセルになったりした方もいるようです。

このように、NURO光は申し込みができたとしても確実に希望通りに開通できるとは言い切れません。すぐに光回線を使いたい方はNURO光を契約するのは避けたほうが良いでしょう

申し込みが混んでいない地域や戸建住宅ではすぐに開通できる場合もある

口コミによると、都市部以外の地域などNURO光の申し込みが比較的混んでいない場所では、申し込みから開通までそれほど時間がかからない場合もあるようです。

また、戸建て住宅でNURO光を契約する場合は追加費用5,000円を支払うことで、宅内工事と屋外工事を同日にまとめられます。2つの工事を同日にすることで日程調整が1回で完結するため、申し込みから1か月程度で開通できている方が多いです。

戸建て住宅でNURO光を出来るだけ早く使いたいという方は、宅内・屋外工事の同日対応 を利用すると良いでしょう。

サポート対応の評判:サポートが丁寧とは言い難い

NURO光についての悪い評判として、サポート対応が良くないという口コミも目立ちました

光回線の需要増加にともなって問い合わせが増えていることは予想されますが、それを考慮しても対応が遅い、丁寧とは言えない対応をされた、といった口コミが多く見られました。

一方、対応の良さを評価するような口コミはほとんど見られず、サポート対応に対する利用者の不満がうかがえます。ですから、サポート対応の良さを重視したい方はNURO光を契約するのは避けた方が良いでしょう

比較的つながりやすいのはチャットサポート

NURO光は、電話窓口以外にもメールやチャットサポートで問い合わせが可能です。どの窓口も混雑していてつながりにくいですが、すぐにつながったという口コミも見られたのはチャットサポートでした

サポートデスクへの電話がなかなかつながらない場合は、チャットサポートでの問い合わせも試してみましょう。ただし、チャットサポートで対応できる問い合わせ範囲は限られています。チャットサポートの対応範囲はSo-net公式サイトの「サポート範囲について」をご確認ください。

通信機器の評判:ONU(ホームゲートウェイ)の機種が選べない

NURO光ではONU(ホームゲートウェイタイプ)が無料で貸し出されますが、5種類ある機種のうちどの機種を使うかを事前に指定することができません。新しい無線LAN規格であるIEEE 802.11acに対応している機種は2つしかないため、対応外の機種が設置された方からは不満の声が挙がっていました。

口コミにもあるように、NURO光開通後にサポートデスクに連絡すればONUを無償で交換してもらえます。しかし、事前に機種を指定できず交換の手間がかかるという点は、利用者の満足度を下げる要因となっているようです。

NURO光から貸し出されるONUのスペックについてはNURO光公式サイト「ご提供する機器に関して」で確認できるので、性能が気になる方は契約前にチェックしておきましょう。

★☆NURO光の割引キャンペーン情報☆★
キャンペーンを詳しく見る

★☆NURO光の割引キャンペーン情報☆★
キャンペーンを詳しく見る

NURO光おすすめ窓口

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事