閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

auひかりが対応エリア外でもスマートバリューが使える光回線4社を紹介!

スマホのキャリア「au」でおなじみのKDDIが運営する光回線「auひかり」。独自の回線を使用していることから混雑が少なく、通信速度が安定していると評判の光回線です。auスマホユーザーがauひかりを利用すると、月々のスマホ代が割引される「auスマートバリュー」が適用されるので、月額料金を抑えられます。
auひかりの場合、一部対応していないエリアや未対応のマンションがあるため、公式サイトで郵便番号を入力して対応エリアかどうかを調べる必要があります。
もしauひかりの非対応エリアだったとしても、BIGLOBE光やSo-net光などの光コラボ事業者や、地域限定の光回線を利用すればauスマートバリューが適用されます。この記事では、auひかりのエリアの確認方法と、エリア外でもauスマートバリューが使えるおすすめ光回線業者4社をご紹介します。

まずは、auひかりの対応エリアの確認しよう

auひかりの利用可能エリアは、auひかり公式サイトにて確認できます。郵便番号と「戸建て」「マンション」の情報を入力すると、auひかりを利用可能な賃貸物件、またはホームタイプが使用できるかが表示されます。
住んでいる地域やマンションがauひかりに対応しているか分からない方は、まずこちらの公式サイトから確認してみましょう。

auひかりの対応エリア内なら、エリア確認画面からそのまま申し込める

自宅がauひかりの対応エリアだった場合は、検索結果画面からそのままwebで申し込みが行えます。Webで申し込みを行う場合は、回線速度やプロバイダ、各種オプションサービスを選択したあと、個人情報などを入力すれば申し込みが完了します
なお、web代理店では、申し込みを行うと乗り換え特典としてキャッシュバックを受けられるキャンペーンを行っています。auひかりのキャンペーン情報や代理店の選び方については、詳しくはコチラを参考にしてください。

auひかりが導入されていないマンションでも、3階建て以下の建物ならホームタイプで契約できる!

エリア確認画面で、住んでいる賃貸住宅が対応物件一覧に表示されていない場合は、その建物にはauひかりが導入されていません。auひかりが導入されていないマンションでも、3階建て以下の建物ならホームタイプの契約を行うことができます。建物そのものが4階建て以上だと契約できないので、注意してください。なお、ホームタイプの契約を行う際には、オーナーや管理会社の許可をまず取ることが必要です。

また、ホームタイプをマンションで個人利用する場合、月額料金や工事費用などは戸建て住宅のものが適用されるようになるので、auひかりが導入されているマンションより割高になってしまいます。
例えば、最大通信速度1Gbpsのプランで2年間契約した場合、auのマンションタイプでは工事費・プロバイダ料金を含めて総額11万円程度に対し、戸建てプランでは総額17万円程度かかります。このように、2年間で6万円ほど戸建てプランの方が割高になります。

賃貸住宅の場合、引越しの際にインターネット回線の撤去工事を求められることもあるので、その点も契約前にオーナーや管理会社に確認するのをおすすめします。

auひかりのエリア外でも、「auスマートバリュー」を適用できる光回線がある

auひかりの対象外エリアでもSo-net光やBIGLOBE光、ケーブルテレビなどのインターネット会社のインターネット回線に申し込むとauスマートバリューが適用され、auスマホとセットでの割引を受けることができます。
また、関西や東海などのエリアではauひかりは利用できませんが、代わりにeo光やコミュファ光がauひかりと業務提携を行っています。eo光やコミュファ光の提供している光回線はauひかりと同系列の光回線なため、auひかり同様に安定した通信速度で利用することができます。もちろん、eo光やコミュファ光を利用してもauスマートバリューの対象です。以下では、auひかりの対応エリア外で、auスマートバリューが使える光回線をご紹介します。

auスマートバリューが使える光コラボ①So-net 光

So-net 光はフレッツ光のインターネット回線を利用している光コラボ事業者なので、フレッツ光からSo-net 光への転用の際には、工事費等は不要です。auスマートバリューが適用されるので、So-net光の詳しい情報について知りたい方はコチラを参考にしてください。

auスマートバリューが使える光コラボ②BIGLOBE光

BIGLOBE光は、プロバイダのビッグローブが提供しているインターネット回線です。BIGLOBE光も、フレッツ光と同じ回線を使用している光コラボ事業者のため、フレッツ光からの転用の際には工事不要で利用することができます。なお、「フレッツ光+BIGLOBE」で契約している人は、ビッグローブ光に転用(※)すると、通信に使用する設備はそのままで月額料金が最大920円安くなります。

岐阜県・愛知県・静岡県・三重県に住んでいる人は、コミュファ光がおすすめ

コミュファ光は、中部テレコミュニケーションが提供している光回線です。インターネット月額利用料金が戸建てプランは3,940円~、マンションプランは3,980円~と、価格が抑えられているのが特徴です。中部テレコミュニケーションはKDDIと業務提携しており、コミュファ光でもauスマートバリューが適用されます。コミュファ光の詳細情報やキャンペーンについて解説している記事がありますので、是非参考にしてください。

関西圏に住んでいる人は、通信速度の速いeo光がおすすめ

eo(イオ)光は、関西電力グループのケイ・オプティコムが展開する光回線です。

また、提供エリアは関西(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀、福井)のみです。

そんなeo光もauのスマートバリューが使える光回線のひとつ。eo光についての比較記事がありますので、参考にしてください。

まとめ

この記事では、auひかりの非対応エリアだったとしても、BIGLOBE光やSo-net光などの光コラボ事業者や、地域限定の光回線であるコミュファ光やeo光を利用すればauスマートバリューが適用されることをご紹介しました。auひかりの対応エリアかどうか分からない方は、最初にauひかりのエリア確認を行うところから始めましょう。

auひかりの窓口

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

関連記事