閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光の提供エリアを確認する方法

ドコモ光は、全国にサービスを展開している光回線サービスです。ただし、住んでいる地域や建物によってはドコモ光が利用できないことがあります。そのため、ドコモ光の申し込みやドコモ光の移転手続きの前に、住んでいる場所や引越し先でドコモ光が利用できるか確認しておきましょう

この記事では、ドコモ光の提供エリアの検索方法や、提供エリア内であっても利用できない条件について解説します。

ドコモ光1ギガの提供エリアの確認方法

ドコモ光のサービス提供エリアは、NTTが提供している光回線サービス「フレッツ光」の公式サイトで確認できます。ドコモ光は、フレッツ光を利用した光回線サービスのため、提供エリアが同じだからです。

ただし、フレッツ光を提供しているNTTは、東日本と西日本でそれぞれ会社が分かれています。そのため、住んでいる地域によって、ドコモ光の提供エリアを調べる検索サイトが異なるため、確認しておきましょう。

TT東日本/西日本のサービス提供エリア
※1 静岡県熱海市・裾野市の一部エリア、富山県中新川郡立山町の一部エリアはNTT東日本の提供エリア。
※2 長野県木曽郡南木曽町田立の一部エリアはNTT西日本の提供エリア。

住んでいる地域を管轄するNTTがどちらか分かったら、下記のサイトで住所を検索しましょう。検索は、郵便番号から調べられます。

【ドコモ光の提供エリア確認】

NTT東日本エリアに住んでいる人はこちら
NTT西日本エリアに住んでいる人はこちら

なお、上記の提供エリアの検索結果が表示されたページから進むと、フレッツ光の申し込みページに進みます。誤ってフレッツ光を申し込まないよう気を付けてください。

NTT東日本/西日本のドコモ光判定結果の見方

NTTのサイトは、フレッツ光の提供エリアを確認するためにあるので、住所を検索してもドコモ光が使えるかどうかが直接分かるわけではありません

また、NTTのサイトで表示される判定結果は、ドコモ光の提供エリアなのかが分かりにくいため、確認しておきましょう。

【NTT東日本の利用判定結果】

  • ドコモ光を利用できる
    「ご指定の住所はフレッツ光の提供エリアです」
  • ドコモ光が利用できない
    「ご指定の住所には、現在フレッツ光の提供をしておりません。」
  • ドコモ光に連絡しないと分からない
    「ご指定の住所は、詳しい状況確認が必要です。」

【NTT西日本の利用判定結果】

  • ドコモ光を利用できる
    「ご指定の住所はフレッツ光の提供エリアです」
  • ドコモ光が利用できない
    「ご指定の住所では現在フレッツ光をご利用いただくことができません」

NTT東日本で「詳しい状況確認が必要です」と出た場合は、住んでいる建物の設備状況がNTTに登録されていない可能性が高いです。ドコモ光が利用できるかどうかは、ドコモ光に確認しなければわからないため、ドコモ インフォメーションセンターに連絡して確認しましょう

【ドコモ インフォメーションセンター】

ドコモの携帯番号:(局番なし)151(無料)
一般電話:0120-800-000
受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)

ドコモ光の提供エリアは電話でも確認できる

ドコモ光の提供エリアは、ドコモ インフォメーションセンターに電話で問い合わせることでも確認できます。NTTのサイトで検索する方法がよく分からないという人は、連絡してみましょう。

ドコモ インフォメーションセンターは、お昼や夕方など時間帯によって電話が繋がりにくいことがあります。電話の待ち時間を減らすためには、「混雑予想カレンダー」で混雑予想を確認してから、比較的空いている時間を狙って電話することをおすすめします。

また、「ご相談フォーム」を利用すると、電話の待ち時間なくドコモ光のエリアについて相談をすることができます。
ご相談フォームは、専用のフォームから相談内容を受け付け後、後日ドコモ光のオペレーターが都合の良い時間帯に電話をかけてきてくれるサービスです。そのままドコモ光を申し込むことも可能です。

ドコモ光テレビサービスの提供エリアの確認方法

ドコモ光のオプションサービスには、「ドコモ光テレビオプション」と「ひかりTV for docomo」の2種類のテレビサービスがあります。そのうち、ドコモ光テレビオプションは提供エリアが決まっているため、下記の28都道府県の一部地域でないとサービスを利用できません。

【ドコモ光テレビオプションの提供エリア】

NTT東日本エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県、福島県、北海道の各一部
NTT西日本エリア 大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、石川県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県の各一部

※2020年9月時点
上記の提供エリア内でも、設備状況などにより「ドコモ光テレビオプション」が利用できない場合があります。そのため、提供エリアについて、詳しくはNTT東日本/NTT西日本のフレッツ光のサイトで確認する必要があります。ドコモ光テレビオプションの提供エリアは、NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ・テレビ」の提供エリアと同じだからです。
【ドコモ光テレビオプションの提供エリアの詳細確認ページ】
NTT東日本エリアの人はこちら
NTT西日本エリアの人はこちら

なお、ドコモ光でスカパー!を利用したい場合も、ドコモ光テレビオプションの契約が必要なので上記のエリアを確認しましょう。

マンションやアパートでも「戸建てタイプ」になることがある

フレッツ光の検索サイトで「フレッツ光の提供エリアです」と書かれた近くに、「ファミリー」や「ファミリータイプ」と表示があると、マンションやアパートなどの集合住宅でも「戸建てタイプ」でドコモ光を契約することになります。「マンション」と書かれている場合は、マンションタイプを利用できます。

戸建てタイプとマンションタイプでは、月額料金や開通工事費が異なります。
工事費に関しては、ドコモ光を新規契約する場合、ドコモ光公式の工事費無料キャンペーンを利用できれば問題ありません。
しかし、月額料金は、月々1,200円も差があります。

【ドコモ光の月額料金(税抜)】

プラン 戸建てタイプ マンションタイプ
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円

※2年定期契約の場合

マンションタイプになるか、戸建てタイプになるかは、集合住宅の共有スペース内に光回線の設備が既に導入されているか否かで決まります。自分で住居タイプを選択することはできないので、あらかじめ押さえておきましょう。

マンションタイプでは最大速度が100Mbpsの場合がある

検索結果で「マンション」と表示されていても、最大通信速度が1Gbpsでない場合もあるので注意しましょう。
ドコモ光のタイプA・タイプB・単独タイプの料金プランでは、最大通信速度1Gbps、200Mbps、100Mbpsが利用できます。どの通信速度になるかは集合住宅内の配線によるので、選ぶことはできません。
たとえば、電話回線を利用する配線方式だとVDSL方式となり、光配線方式ではないので最大通信速度が100Mbpsとなります。(参考:VDSL方式

下記にプランをまとめたので、検索結果からどの最大通信速度になるか確認しましょう。

【NTT東日本の検索結果】

フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ:下り/上り1Gbps
フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ:下り200Mbps、上り100Mbps
フレッツ 光ネクスト マンションタイプ:下り/上り100Mbps

【NTT西日本の検索結果】

フレッツ光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼:下り/上り1Gbps
フレッツ光ネクストマンション・ハイスピードタイプ:下り200Mbps、上り100Mbps
フレッツ光ネクストマンションタイプ:下り/上り100Mbps

なお、最大通信速度が1Gbpsでも100Mbpsでも、ドコモ光の月額料金や工事費は同じです。

ドコモ光の提供エリア内でも契約できない条件がある

住んでいる建物がアパートやマンションなどの集合住宅だった場合、ドコモ光のサービス提供エリア内でも利用できないことがあります。ドコモ光が使えるかどうかは、エリアだけでなく建物の設備状況にも左右されるからです。

たとえば、住んでいる建物にNTT以外の光回線が既に導入されている場合、ドコモ光が利用できないため、エリア外と判定されることがあります。また、建物の共有部分にNTT回線の引き込み工事がされていない場合も、ドコモ光を利用できません。

この場合には、ネットで検索すると「ご指定の住所は、詳しい状況確認が必要です。詳しくは光コラボレーション事業者様へご確認ください。」と結果が出ます。

住んでいる建物に導入されている回線設備を確認するには、管理会社やドコモ光に確認してみましょう。

地域によっては利用できないプロバイダがある

ドコモ光を契約するときは、プロバイダを一緒に決める必要があります。しかし、プロバイダのなかには、契約できる地域が限定されているところがあるため、利用場所によっては契約できません。契約できる地域が決まっているプロバイダは下記の通りです。

【利用地域が限られるドコモ光プロバイダ】

プロバイダ 利用可能地域
@T com 全国(静岡県以外)
TNC 静岡県のみ
@ちゃんぷるネット 沖縄県のみ

TNCと@ちゃんぷるネットは地域密着型のプロバイダなので、利用地域が限られます。また、@T comが静岡県のみ利用不可な理由は、事業者がTNCと同じ株式会社TOKAIコミュニケーションズだからです。上記以外の21社のドコモ光の提携プロバイダは、すべて全国対応です

ドコモ光を契約する場合は、プロバイダの利用可能地域を確認しておきましょう。

ドコモ光タイプCは対応地域が決まっている

ドコモ光とケーブルテレビを組み合わせて利用する「ドコモ光タイプC」は、ドコモ光の提供エリア内であっても利用できないことがあります。ドコモ光タイプCに対応するケーブルテレビ会社の提供エリアによって、利用できる地域が決まっているからです。

ドコモ光タイプCに対応する地域はこちらで確認できます。

住んでいる建物でドコモ光タイプCが使えない場合は、光回線を利用したプランを契約しましょう。

ドコモ光 10ギガの提供エリア

2020年4月より、最大通信速度10Gbpsの「ドコモ光 10ギガ」が提供開始されました。ドコモ光 10ギガの提供エリアは、下記の一部地域のみです(順次拡大予定)。

【ドコモ光 10ギガの提供エリア(2020年9月時点)】

NTT東日本エリア 東京都大田区・世田谷区・杉並区・練馬区・板橋区・足立区・葛飾区・江戸川区・目黒区・中野区・品川区・北区・江東区・渋谷区・新宿区・文京区・豊島区・墨田区・狛江市・調布市・三鷹市の一部
NTT西日本エリア 大阪府大阪市
愛知県名古屋市

なお、ドコモ光 10ギガは戸建タイプのみの提供です。

ドコモ光 10ギガの詳細は「ドコモ光 10ギガ」を確認しましょう。

ドコモ光 1ギガの申し込みは@niftyがおすすめ

ドコモ光の申し込みは、提携プロバイダである@niftyの公式サイトからがおすすめです。@niftyからドコモ光を申し込むと、キャンペーン特典として、最大キャッシュバック20,000円をもらえるからです。なお、20,000円のキャッシュバックをもらうには、有料オプションの加入が必要ですが、加入しなくても16,000円のキャッシュバックがもらえます。

また、@niftyでドコモ光を申し込むとルーターの無料レンタルサービスセキュリティーサービス1年無料の特典が利用できるので、インターネットにかかる費用を節約することができます。

キャッシュバック含め@niftyの特典については、下記で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

ドコモ光のプロバイダ@niftyはオプション加入なしで18,000円がもらえる

ドコモ光の提供エリア外でも契約できる固定回線

ドコモ光が提供エリア外の場合の対処方法は、フレッツ回線以外の他社回線から代替回線を選択することです。ドコモ光が提供エリア外ということは、NTT回線をつかうフレッツ光や光コラボ(ソフトバンク光やビッグローブ光など)なども利用できないからです。

NTT以外の光回線には、KDDIの「auひかり」や、西日本を対象エリアとする各電力会社の光回線などNTT以外にも数社あります。対応エリアが限られている光回線があるので、対応エリア内か下表で確認してください。

【NTT回線以外の光回線の対応エリア】

対応エリア 光回線
全国(沖縄以外) auひかり
沖縄 auひかりちゅら
北海道
関東:東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城
東海:愛知、静岡、岐阜、三重
関西:大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良
九州:福岡、佐賀
NURO光
東海:愛知、岐阜、三重、静岡、長野 コミュファ光
関西:大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、福井 eo光
中国:鳥取、島根、岡山、広島、山口 MEGA EGG
四国:香川、徳島、愛媛、高知 ピカラ光ねっと
九州:福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島 BBIQ光

auひかりはNTTの次に対応エリアが広い光回線なので、利用できる可能性が高いです。下り最大通信速度が2Gbpsある NURO光も対応エリアが次々と拡大されてきています。

また、光回線が利用できないエリアに住んでいる人は、ドコモ光タイプCやケーブルテレビ回線(CATV)も検討してみましょう。光回線のエリア外でもJ:COMやiTSCOM、地域のケーブル回線などのケーブルテレビ回線が使える可能性もあります。

なお、ドコモの携帯電話やスマホとのセット割引が利用できるのはドコモ光だけです。
auやソフトバンクなどでもスマホと光回線のセット割引があるため、auひかりやNURO光などの他スマホとのセット割引が利く光回線を契約するなら、スマホを乗り換えたほうが安くなる可能性もあります。

光回線が対応エリア外・回線工事ができない場合はモバイル回線を使う

光回線がすべて対応エリア外だったり、インターネット回線の工事ができない建物に住んでいたりする場合は、モバイル回線サービス使いましょう。モバイル回線サービスとは、スマホのように無線でつながるインターネットサービスです。モバイルルーター端末の電源を入れるだけでインターネットが利用できるので、光回線のような開通工事は不要です。

モバイル回線を利用するなら、WiMAX回線を利用するWiMAXがおすすめです。WiMAXは、端末によって、最大通信速度1.2Gbpsあるため、光回線なみに通信速度が速いからです。

また、WiMAXはGMOとくとくBBから申し込むと、ギガ放題の月額利用料金は4,263円(税抜)なのでドコモ光のマンションタイプより約300円高いです。しかし、31,500円のキャッシュバックがもらえます。

WiMAXについては下記の記事で解説しているので参考にしてください。

モバイルWi-Fiで安くインターネットをするならWiMAXがおすすめ


インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事