閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光から光コラボに転用!料金は安くなるのか、速度は遅くなるのか

光回線を利用したインターネット接続サービスでおなじみのフレッツ光。光コラボに転用して乗り換えるとどのようなメリットがあるのか、回線速度に変化があるのか、どんな人におすすめなのかをご紹介していきます。

「光コラボレーション」とは

NTTがフレッツ光の回線を他社に貸し出し、借りた他社がフレッツ光の回線を使って独自のサービスを展開すること。光コラボレーション事業を展開しているのは、携帯・スマホのキャリアやプロバイダ事業を行っている企業が多いです。

主な光コラボレーション事業と料金の比較
(フレッツ光からの転用/ネットのみ契約/特筆なければ2年契約)

フレッツ光 4,350円 5,700円
事業サービス マンション(集合住宅) ファミリー(戸建て)
ソフトバンク光 3,800円 5,200円
ドコモ光 4,000円 5,200円
So-net光 3,500円 4,800円
ビッグローブ光 3,980円(3年プラン) 4,980円(3年プラン)
OCN光 3,600円 5,100円
@スマート光 3,300円 4,300円

また、「auひかり」や「NURO光」は回線がフレッツ光ではなく、KDDIやSo-netが独自に回線を構築しているものですので、光コラボとは別の光回線サービスになります。

転用で料金が必ずしも安くなるとは限らない

フレッツ光の回線をNTTが他社に貸し出し、他社が販売しているのが光コラボのサービスです。各社でフレッツ光そのものより月額料金を下げたり、付加価値を付けたりして販売しているので、全体的に料金は安くなる傾向にあります。すでにフレッツ光で光回線を引いている場合は、新たな回線工事の必要もないので、初期費用も抑えられます。
ただし、回線方式によっては別途工事や、品目変更などの手続きも必要になりますので、自宅の回線方式を確認し、初期費用の見積もりを取っておくことをおすすめします。
また、お得なキャッシュバックを受けられる場合もありますが、適用条件が煩雑であったり、途中解約の違約金が高額だったり、有料オプションサービスを付けさせられることもありますので、プランの詳細をよく確認してください。

転用で乗り換えても回線速度はフレッツ光と同じ

回線の環境で速度に影響がありますが、基本的にフレッツ光の回線をそのまま利用しているのでフレッツ光の下り最大1Gbps/上り最大200Mbpsのままです。速度が落ちたと感じる場合、夜間や休日の時間帯の回線混雑が主な原因となるでしょう。
料金より速度重視で回線契約を変えたい人には、光コラボよりNURO光のような別の回線での新規開通をおすすめします。

光コラボもフレッツ光と根本的な光回線は同じです。

通信速度が遅くなったときの改善方法はフレッツ光と同じ対処法を試してみるといいでしょう。

>関連記事「フレッツ光は速度が遅い?通信環境を改善し、快適にネットを使う方法」

これまでの光回線契約と「光コラボ」の違い

【回線とプロバイダを別々に選んで使用する一般的な回線契約】

メリット:プロバイダを比較的自由に選べる
デメリット:回線とプロバイダの料金が別々なので使用料が高くなりがち

VDSLなどではすでにある電話回線を使い、プロバイダを別で契約してインターネットに接続していましたので、従来ではこの回線契約が一般的でした。

【回線とプロバイダが一体型のサービスが「光コラボレーション」契約】

メリット:回線とプロバイダ料金が一本化されて支払いがシンプル
デメリット:2年更新契約などで更新月以外は変更しづらい

月額料金の一例(フレッツ光+OCN/マンションタイプ)

フレッツ光3,250円+OCN 900円 【回線+プロバイダ】
合計4,150円/月
【光コラボ】
OCN光 3600円/月
※フレッツ光からの転用・2年自動更新型割引適用

光コラボの最大の特徴は、フレッツ光の回線を工事なしでそのまま転用できることです。しかし、一度光コラボに切り替えるとフレッツ光に戻せなくなります。もし以前のフレッツ光にどうしても戻したいときは、一度全て解約し、新規でフレッツ光に申し込まなければいけません。その際には、再び回線工事も行うことになります。転用手続きが簡単だからと安易に切り替えをしてしまうと元に戻せなくなるので、プランは念入りに検討してください。

スマホとのセット割引を活用する

各社の光コラボサービスは、それぞれ独自の割引やサービスを付けて光コラボ商品を販売しています。中でも、スマホキャリアであるソフトバンクやドコモの光コラボは、スマホの料金プランと合わせた割引を行っており、気になっている人も多いのではないでしょうか。

今使っているスマホや携帯のキャリアがソフトバンクやドコモであれば光コラボの「ソフトバンク光」「ドコモ光」に切り替えるとインターネット料金の割引が適用されます。ここでは単身世帯・集合住宅暮らしの場合で2社の割引を例に挙げてみます。

【ソフトバンク光 おうち割一例】

フレッツ光ネクストマンションタイプでソフトバンクのスマホを使っている場合

基本月額3,800円から「おうち割」で月2,000円割引
=インターネット料金1,800円/月+スマホ料金

【ドコモ光 シェア割適用の一例】

フレッツ光ネクストマンションタイプでドコモのスマホを使っている場合

基本月額4000円でシェアパック100を適用
=インターネット料金4,000円+スマホ料金3,000円引/月

この他、代理店によっては限定割引やキャッシュバックを受けられることもあり、時期やプランをよく調べると、大きな割引を適用してもらえる場合もあります。

光コラボへの切り替えがおすすめな人

・すでにフレッツ光の光回線が引いてある
・回線の速さより料金の安さを重視したい
・プランは変えたいが工事や手続きが面倒
・スマホのキャリアがソフトバンクかドコモ
・家族と同居していてスマホのキャリアも一緒

手続きや工事の手間が省ける、家族世帯でスマホとインターネット料金を安く抑えられる、これらのポイントを抑えれば光コラボはとてもメリットがあります。また、引っ越しや、ADSLからの切り替えで新たに光回線を通すなら、スマホとセットの割引ができるプランで最初から光コラボを選ぶのもよいでしょう。

乗り換えなら料金がお得な光コラボレーション!ネット代、携帯代が安くなる!

光コラボレーションがお得なポイント

  • ネット料金月額2,800円~!
  • 携帯代金最大2,000円割引!
  • フレッツ光からの転用なら工事費不要!
  • さらにお得なキャンペーンも!

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事