閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ADSLも終了へ…!フレッツ光の開通工事費は安くならないの?

フレッツ光をはじめ、光インターネット回線を利用するためには、なにかしらの開通工事が必須になります。

過去にはキャッシュバックや工事費無料キャンペーンが多かったフレッツ光ですが、現在はそういったキャンペーンを行ってない模様。少しでも初期工事費を安くおさえる方法はないか、まとめてみましょう。

フレッツ光では開通工事が必須

光回線でインターネットをつなげるためには、電話回線とは別で開通工事が必要です。開通のための工事費用は、以下の状況によって工事内容や金額が変わってきます。
・フレッツ光の提供エリアかどうか
・戸建てか、マンションか
・回線の新規開設か、回線の再利用か

上記の条件によって工事内容が変わります。工事の内容は大きく分けて2種類です。
・回線の新規開設→屋内工事あり
・回線の再利用→屋内工事なし
新規開設では、屋内の部屋に電信柱などから回線を引き込む工事が必要です。特に戸建ての住宅では、この際に回線を通すために壁に穴を開ける場合もあります。
また、マンションなどで前の居住者が光回線を使っていたとしても、そのまま接続できるわけではありません。新たに回線契約をして回線の再利用のための工事が必要になります。
金額に違いはアリますが、フレッツ光を利用するためには、工事は必須になります。

また、NTT東西のフレッツ光提供エリアであっても、マンションなどの集合住宅によっては、建物自体が光回線を導入していない場合もあります。そうなると光回線自体を通すことが難しくなりますので、事前に大家さんや管理人さんに確認しておきましょう。

フレッツ光の開通初期費用

NTT東日本 +契約料800円 (工事費は月額料金と合わせて30ヶ月分割請求)

建物の種類 光回線の新規開設 光回線の再利用 無派遣工事
ファミリータイプ 18,000円 7,600円 2000円
マンションタイプ 15,000円

NTT西日本 +契約料800円(工事費は一括または月額料金と合わせて30ヶ月分割請求)

建物の種類 光回線の新規開設 無派遣工事
ファミリータイプ 18,000円 2,000円
マンションタイプ 15,000円
マンションタイプ(LAN方式) 7,600円

環境によっては無派遣工事で安く済む

・過去に光回線の利用実績がある建物環境である
・開通工事担当業者の派遣を行わず、契約者自身で回線終端装置を設置する
上記の条件を満たせれば、工事する人を派遣せず(無派遣)自分で設置を行うので工事費は2,000円で済みます。

無派遣工事ではNTTから送られてくるので自分で設置します
・回線終端装置(ONU)またはONU一体型ホームゲートウェイ
・光配線コード
・LANケーブル
・電話線(ひかり電話利用の場合)
・電源アダプタ
光回線を繋いだことのある建物で、接続機器に詳しい人であれば、この方法で初期費用を抑えられます。ただし、接続トラブルが起きても自分で対応する自信がない方や契約してすぐにインターネットを使いたい方は、NTTに工事をお願いするほうが確実です。

新規契約での回線工事費の無料や割引はない

残念ながら、今のところフレッツ光の新規契約で、工事費の割引や無料になるキャンペーンは実施されていません。2015年から始まった「光コラボレーション」事業でNTT東西とも、フレッツ光の光回線を他社に貸し出して販売しており、フレッツ光独自での集客にあまり力を入れていないためです。
フレッツ光の契約で初期費用を抑えたい人には、後述の「光コラボ」サービスでのキャンペーンを活用するか、つい先日発表されたADSLからの移行で受けられる光回線工事の割引を受けるか、そのどちらかをおすすめします。

「光コラボ」のキャンペーンで工事費無料を狙う

フレッツ光の回線を使った「光コラボ」のサービスが始まったばかりの2015年~2016年頃までは各社で開通工事費無料や高額キャッシュバックなど大々的な集客キャンペーンが行われていました。2017年12月現在ではあまり大幅な割引キャンペーンを行っているところはないようですが、その中からフレッツ光の光回線開通工事費を無料、または工事費を補填できるキャッシュバックをおこなっている商品や代理店を紹介します。(2017年12月情報)

光コラボ名 新規開通キャンペーン 内容・適用条件 主な月額料金
@スマート光 @スマート
スタートキャンペーン
新規・転用ともに
工事費無料
ホーム4,300円~
マンション3,300円~
DTI光 最大18,000円
キャッシュバック
開通工事費を
キャッシュバック
ファミリー3,600円~
マンション2,400円~
ぷらら光 35,000円
キャッシュバック
開通後10ヶ月
継続利用で適用
ホーム4,800円~
マンション3,600円~
※いずれも契約手数料0円
楽天コミュニケーションズ光 月額料金最大4ヶ月分無料+12,000円キャッシュバック 工事費15,000~18,000円
→月額料金4ヶ月無料と
キャッシュバックで補填
ファミリー4,800円~
マンション3,800円~

※特記がなければこの他に契約事務手数料がかかります

上記のように、完全に工事費を無料にするキャンペーンはわずかで、あとからキャッシュバックされた金額で工事にかかった費用を補填するものが大半です。また、回線利用料金とプロバイダ料金が一括の金額になった光コラボはフレッツ光+プロバイダ料金より全体的に安くなりますが、それもサービスによってかなり価格に差があります。初期費用を抑えることを考えるあまり、月額料金が高くなって結果的にあまりお得にならなかった、なんて後悔をしないよう、年間で支払う総額などを計算しながら検討してください。

乗り換えなら料金がお得な光コラボレーション!ネット代、携帯代が安くなる!

光コラボレーションがお得なポイント

  • ネット料金月額2,800円~!
  • 携帯代金最大2,000円割引!
  • フレッツ光からの転用なら工事費不要!
  • さらにお得なキャンペーンも!

ADSLからの移行は工事費が無料に

つい先日、2024年に「フレッツ・ADSL」が終了することがNTT東西から発表されました。これによりNTT東日本では、2018年5月31日までの期間限定でADSL・ISDNを使っていた人はフレッツ光へ工事費無料で移行できることになりました。フレッツ以外の一部の他社ADSLでもフレッツ光への移行であれば割引が適用されるそうです。ADSLから光回線へ移行を検討している人はこのタイミングが工事費を無料にできる絶好の機会です。(ただし、NTT西日本は今のところ未定のようです…。)

出典元:NTT東日本「「フレッツ光」への移行に伴う初期工事費などの割引について」
https://flets.com/2018hikariikou/

フレッツ光は開通工事費がかかるものと考えて年間費用を考えよう
ADSLやISDNを利用していた場合を除き、現在のところフレッツ光を新規で開通させるには工事は必須で、工事費も少なからずかかると考えたほうがよいです。無理に工事費用を抑えようとするよりも、初期費用を予算として考えておき、契約をするタイミングでキャンペーンが適用されたらラッキー! くらいのつもりで構えておくと混乱せずに光回線の契約が進められます。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事