閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

外出先でも“無料”でWi-Fi!?「フレッツ・スポット」「光ステーション」とは

外出先でも、スマホなどモバイル回線のデータ通信量の上限を気にすることなく、インターネット環境を手に入れられたらありがたいですよね。それを可能にしているのが、現在街なかにたくさんの種類が飛んでいるWi-Fi。今回は、その中の1つ、フレッツ光の「フレッツ・スポット」「光ステーション」について説明していきます。

公共施設などで月額200円から使える「フレッツ・スポット」

外出先でNTT東日本・NTT西日本が提供しているのが、「フレッツ・スポット」と呼ばれるWi-Fiサービス。これは、公衆無線LANサービスの1つで、空港や駅、飲食店、新幹線の中などで導入されています。

フレッツ・スポットの利用には事前の申し込みが必要。フレッツ光回線(フレッツ光ネクスト、フレッツ光ライト、Bフレッツなど)を契約中なら月額追加200円で、契約していない場合は月額900円で利用できます。

ただし、現在は新規申し込みを受け付けていません。すでに契約済みのユーザーのみを対象としたサービスです。

アクセスポイントは、東日本はこちら西日本はこちらから確認できます。

接続手順は、まず各アクセスポイントで「NTT-SPOT」あるいは「0000FLETS-SPOT」というSSIDのネットワークを選びます。立ち上がったサイトで各自が設定したIDとパスワードを入力することでインターネットに接続可能です。
以前は、「フレッツ光WiFi」というスマホ向けの無料アプリを使っても接続できましたが、こちらについても、すでに新規提供は終了されています。

フレッツ・スポットの詳しい利用手順はこちら。

訪問先で無料で使える「光ステーション」

外出先でWi-Fiが使えるとはいえ、「フレッツ・スポット」は月額料金がかかるし、おまけに現在は新規申し込みを受け付けていないじゃないか、と落胆された方もいらっしゃると思います。しかし、ガッカリする必要はありません。フレッツ・スポット未契約の方でも、一定の時間“無料”でWi-Fiが使える「光ステーション」という便利でお得なものがあるんです!

光ステーションとは、店舗や商業施設などに設置された公衆無線LANのアクセスポイント。この回線の提供元もフレッツ・ポイントと同様にNTT東日本とNTT西日本ですが、店舗や商業施設のオーナーが光ステーションを契約することにより、そこを訪れた人が誰でも無料でインターネットに接続できる、という仕組みです。

例えば美容院でのちょっとした待ち時間、スマホなどモバイル回線で動画を視聴すると、それなりの通信量を使用してしまいます。そんなときその美容院が光ステーションを契約していれば、自分のモバイル回線を使用することなく、無料で快適にインターネット環境を手に入れられますね。

この光ステーションですが、初期利用時にはメールアドレスの登録が必要です。SSID「0000FLETS-PORTAL」を選ぶと立ち上がる「フレッツ・ポータル」という画面で、「無料Wi-Fiインターネット」を選びます。あとは指示に従ってメールアドレスを登録してログインするだけ。
ただし、接続時間は1日当り最大15分×2回までなのでご注意を。

光ステーションが利用できる場所は、東日本はこちら西日本はこちらから確認できます。

詳しい利用手順はこちら。

おまけ-フレッツ光を使って、自宅で少しでも安くWi-Fi環境を手に入れるには?

今までは、外出先で、いかにモバイル回線を使わずに、フレッツ光のWi-Fiを利用するかについて話してきましたが、ここからは、自宅でフレッツ光を使って、いかにして少しでも安くWi-Fi環境を手に入れるか、について、Wi-Fiルーター&無線LANカードのレンタルと購入のどちらがお得かを中心に述べていきます。

フレッツ光でWi-Fiルーターをレンタルする場合

フレッツ光を契約すると、受信・送信ともに最大1.3Gbpsに対応した「ホームゲートウェイ」と呼ばれるWi-Fiルーター複合モデムをNTTからレンタルすることができます。このWi-Fiルーターを実際に利用するには、「無線LANカード」というカードがプラスで必要です。このカードもNTTからレンタル可能で、このカードをWi-Fiルーターに差し込むと、Wi-Fiルーターとして機能するようになります。

参照元:
NTT東日本公式サイト
NTT西日本公式サイト

NTT東日本の場合

次の2タイプのどちらかを契約すると、1.3Gbps対応のホームゲートウェイと無線LANカードが無料で貸し出されます。

・フレッツ光ネクスト ギガファミリースマートタイプ(戸建て向け)
・フレッツ光ネクスト ギガマンションスマートタイプ(集合住宅向け)

これ以外のプラン(フレッツ光ネクスト、フレッツ光ネクストハイスピード、フレッツ光ライトなど)を契約した場合もレンタルは可能。ただしお金がかかります。レンタル料金は、ホームゲートウェイと無線LANカード1枚がついて月額750円。無線LANカードを追加する場合は1枚あたり300円です。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

NTT西日本の場合

ホームゲートウェイは2年契約の場合月額250円で、年数契約をしなければ月額450円でレンタルできます。どちらの場合も、無線LANカードのレンタルは別途100円が必要です。

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

安く抑えたいなら自分で購入を

ルーターをレンタルする場合と購入する場合、どちらのほうが安く抑えられるのでしょうか。

フレッツ光で2年間ホームゲートウェイと無線LANカードを有料レンタルした場合、NTT東日本なら18,000円、NTT西日本なら8,400円がかかります。

ルーターは安いもので3,000円台から販売されています。性能に応じて値段は上がりますが、200Mbpsの速度に対応したものなら5,000〜6,000円ほど、レンタル機器と同レベルの1Gbpsに対応したものなら15,000円ほどで購入できます。

2年、3年と継続して光回線を利用する予定であれば、自前で用意したほうが安く抑えられるでしょう。

ただし、数年後には今より速い回線が開発され、新しい規格の無線LANルーターが必要になるかもしれません。また契約中で機器トラブルがあったとき、レンタル機器ならNTTに問い合わせるだけで対応してもらえますが、自前の機器では修理や買い替えなどの手間がかかります。買い替えのリスクや手間を省きたいならレンタルしておくのも悪くありません。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事