閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の住所変更の方法と注意点

フレッツ光を利用中に引っ越しで住所が変更になる場合、引っ越し前後でNTT東西の提供エリアをまたぐかどうかで手続きの方法が変わります。また、プロバイダやひかりTVなど、フレッツ光とは別に手続きが必要なものもあるので、忘れないようにしましょう。

引っ越すときに必要なフレッツ光の手続き

フレッツ光を提供しているNTT東日本とNTT西日本は、それぞれサービス提供エリアが決まっています。そのため、引っ越し先がどちらのサービス提供エリアになるかによって、次の通り手続きの方法が異なります

【フレッツ光の引っ越し手続き方法】
  • NTT東日本または西日本の各提供エリア内での引っ越し:移転手続き(契約中のサービスを移転先でも継続利用)
  • エリアをまたぐ引っ越し:契約中のサービスを解約し、移転先で新規契約

NTT東日本または西日本の各提供エリア内での引っ越しの場合は、「移転手続き」をすることで引き続きサービスを利用できます

一方、NTT東日本エリアから西日本エリア(もしくはその逆)への引っ越しでエリアをまたぐ場合は、利用中のサービスを引っ越し先で継続して利用することができません。この場合は、利用中のサービスを解約して引っ越し先では新規にフレッツ光を契約することになります。

なお、NTT東日本・西日本それぞれのサービス提供エリアは次の通りです。

  • NTT東日本のサービス提供地域
    北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県
  • NTT西日本のサービス提供地域
    富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

NTT東西の各提供エリア内での引っ越しの場合の手続き方法

NTT東西それぞれの提供エリア内での引っ越しの場合の移転手続きは、NTT東西の公式サイトまたは電話窓口で受け付けています

【公式サイト】
■電話窓口(NTT東西共通)
電話番号:0120-116116
受付時間:9:00~17:00(年末年始を除き土日・休日も営業)

なお、手続き完了から移転先での利用開始までは2~4週間程度かかります。移転先の設備状況や工事内容によってはさらに時間がかかるおそれもあります。ですから、引っ越しが決まったら、できれば4週間以上の余裕をもって手続きするようにしましょう

移転手続きに必要な情報

フレッツ光の移転手続きに必要な情報は以下の通りです。

【移転手続きに必要な情報】
  • ひかり電話の電話番号(またはフレッツ・アクセスサービスのお客さまID)
  • 契約の名義人名
  • 移転先の住所
  • 移転先の建物の種類(戸建て、集合住宅など)
  • 引っ越し予定日
  • 工事希望日

お客さまIDは「開通のご案内」や「請求書」に記載されています。必要な情報をすぐに出せるとその分手続きが早く完了するので、あらかじめ用意をしたうえで手続きを進めましょう

エリアをまたぐ引っ越しの場合の手続き方法

NTT東日本エリアから西日本エリア(もしくはその逆)へ引っ越しする場合、①現在のフレッツ光契約を解約する②引っ越し先で新規にフレッツ光を契約するという流れになります。

フレッツ光の解約手続きは電話でしか受け付けていませんエリア外への引っ越しが決まったら、以下の電話窓口へ連絡しましょう

■電話窓口(NTT東西共通)
電話番号:0120-116116
受付時間:9:00~17:00(年末年始を除き土日・休日も営業)

なお、「エリア外へ引っ越しする」ということを伝えれば引っ越し先の窓口へ取り次いでもらえるので、新規契約の手続きも含めて一度の電話で完了できます

エリアをまたぐ引っ越し手続きに必要な情報

エリアをまたいで引っ越す場合の手続きに必要な情報は以下の通りです。

【手続きに必要な情報】
  • ひかり電話の電話番号(またはフレッツ・アクセスサービスのお客さまID)
  • 契約の名義人名
  • 引っ越し先の住所
  • 引っ越し先の建物の種類(戸建て、集合住宅など)
  • 引っ越し予定日
  • 工事希望日

解約の連絡をする際に引っ越し先での新規契約についても対応してもらえるので、特に引っ越し先の住所や引っ越し予定日、工事希望日を忘れずに用意しておきましょう

引っ越しにともなう手続き時の注意点

引っ越しにともなって移転や解約などの手続きを行うときには、以下の点に注意しましょう。

【引っ越しにともなう手続き時の注意点】
  • プロバイダに登録している住所の変更も必要
  • ひかりTVは住所変更手続きが別途必要
  • 引っ越し先の工事費がかかる
  • 契約中プランの解約金が発生する場合がある

注意点の確認を怠ると、引っ越し先で必要なサービスが使えなくなったり想定外の費用がかかったりするおそれがあります。移転手続きをする前に上記の点を必ず確認しておきましょう。

プロバイダに登録している住所の変更が必要

引っ越しの際は、フレッツ光の手続きとは別にプロバイダの住所変更手続きが必要になります

手続きは、登録している住所・電話番号を新しい住所・電話番号に変更することで完了です。各プロバイダ公式サイトのマイページなどで手続きできます。

なお、登録住所を変更すると、プロバイダからの郵送物が新しい住所に届いてしまう可能性があります。そのため、手続きのタイミングとしては引っ越しの数日前~引っ越し直後が良いでしょう。

手続き前にプロバイダの利用可否を確認しましょう

住所変更の手続きをする前に、「引っ越し先が契約中のプロバイダがサービス提供地域内か」「契約中のプランを引っ越し先でも利用できるか」の2点を確認しておきましょう

引っ越し先が、契約中のプロバイダのサービス提供エリア外だった場合、そのまま引っ越すとインターネットが使えなくなってしまいます。また、「サービス提供はしているが、一部プランだけ利用できないエリアがある」という場合もあります。こうした場合は、引っ越し先では別のプロバイダやプランを契約しなければなりません。

引っ越し先でも今のプロバイダサービスが利用できるかを前もって確認しておけば、もしプロバイダやプランの変更が必要だった場合に早めに対応ができます

ひかりTVは引っ越し手続きが別途必要

オプションサービスのひかりTVも、フレッツ光の移転手続きとは別に住所変更などの対応が必要です

引っ越しにともなう手続きとして必須なのは住所変更だけですが、契約内容によっては支払い方法の変更やチューナーの再設定が必要な場合があります。詳細は、ひかりTV公式サイトの「引越しをする場合、どのような手続きが必要ですか?」をご確認ください。

引っ越し先の工事費がかかる

フレッツ光を利用中に引っ越す場合、引っ越し先の工事のために工事費が必要になります。工事費の金額は「NTT東西それぞれの提供エリア内での移転」なのか、「エリアをまたぐ引っ越し」なのかで変わります。

NTT東西の各提供エリア内での移転の場合

NTT東西それぞれの提供エリア内での引っ越しの場合、引っ越し前後の契約タイプによって移転工事費の金額が変わります

たとえば引っ越し前後で同じ契約タイプを利用する場合の移転工事費は下の表の通りです。

【移転工事費】※NTT東西の各提供エリア内で引っ越し・契約タイプが変わらない場合
住居区分 移転前後の契約タイプ 移転工事費
※フレッツ光ネクスト・フレッツ光ライトは「移転工事費割引」適用後の金額
戸建て フレッツ光クロス ・屋内配線の工程あり:18,000円
・屋内配線の工程なし:7,600円
フレッツ光ネクスト各タイプ ・屋内配線の工程あり:9,000円
・屋内配線の工程なし:6,500円
フレッツ光ライトプラス ・屋内配線の工程あり:18,000円
・屋内配線の工程なし:7,600円
フレッツ光ライトファミリータイプ ・屋内配線の工程あり:9,000円
・屋内配線の工程なし:6,500円
集合住宅 フレッツ光ネクスト各タイプ ・屋内配線の工程あり:7,500円
・屋内配線の工程なし:6,500円
フレッツ光ライトマンションタイプ ・屋内配線の工程あり:7,500円
・屋内配線の工程なし:6,500円

NTT東日本または西日本の各提供エリア内の引っ越しで、移転先でフレッツ光ネクストかフレッツ光ライトの各タイプを利用する場合は、「移転工事費割引」が適用されます移転工事費割引が適用される申込期限は2020年9月30日までですが、延長されることもあります。 NTT東日本または西日本の各提供エリア内での引っ越しが決まったら、一度フレッツ光公式サイトの以下ページで移転工事費を確認してみましょう

エリアをまたぐ引っ越しの場合

エリアをまたぐ引っ越しの場合は新規契約扱いになるため移転工事費割引は受けられません。そのため、通常の新規契約時と同じく以下の工事費がかかります。

【各契約タイプの工事費】
住居区分 契約タイプ 工事費
戸建て フレッツ光クロス
フレッツ光ネクスト各タイプ
フレッツ光ライトプラス
フレッツ光ライトファミリータイプ
18,000円
集合住宅 フレッツ光ネクスト(ひかり配線方式・VDSL方式) 15,000円
フレッツ光ネクスト(LAN方式) 7,600円
フレッツ光ライトマンションタイプ 15,000円

エリアをまたぐ引っ越しの場合、移転工事費割引は受けられませんが、新規契約のキャンペーンが実施されていれば適用できる可能性があります。キャンペーンで工事費が割引されることもあるので、契約前にNTT東西の公式サイトでキャンペーン情報を確認しましょう

契約中プランの解約金が発生する場合がある

「にねん割」や「光はじめ割」など契約期間が決まっている割引サービスを利用している場合、引っ越しにともなって解約金が発生する場合があります

NTT東西それぞれの提供エリア内での移転の場合

NTT東西それぞれの提供エリア内での移転で解約金が発生する可能性があるのは、契約中の割引サービスを移転先で利用しない場合です。たとえば、「フレッツ光ネクストをにねん割で契約していて引っ越し先もフレッツ光ネクストの提供エリア内だが、インターネットの利用量が少ないため、にねん割対象外のフレッツ光ライトに変更する」といったパターンが考えられます。

ただし、「契約中の割引サービスを適用できる契約タイプが移転先で利用できないために、やむを得ず適用対象外のタイプに変更し、割引サービスの利用もやめる」という場合には、解約金が免除されます。

エリアをまたぐ引っ越しの場合

エリアをまたぐ引っ越しの場合は、フレッツ光を一度解約することになるため基本的には解約金がかかりますただし、解約金が免除される方法が2つあります。

一つは、フレッツ光の解約申し込み時の電話で、引っ越し先でのフレッツ光新規契約まで完了させる方法です。解約の申し込みと同時に引っ越し先の新規契約の申し込みができれば、解約金は発生しません。ですので、引っ越し先でもフレッツ光を利用することが決まっているならば、解約と合わせて新規契約を済ませてしまいましょう

もう一つは、転居届などエリア外への転居が証明できる書類を、引っ越し後にNTTへ送付する方法です。この方法をとれば、フレッツ光の解約と新規契約が同時にできなくても解約金が免除されます。ただし、書類の送付には期限があります。期限までに書類を送付できなければ解約金が請求されるので、忘れずに書類を送りましょう。送付期限は、解約申し込み時の電話で確認できます。

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事