閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光の工事費は無料にできないがキャッシュバックは狙える

ソフトバンク光でインターネットが使えるようになるには、申込後にNTTから派遣される業者による工事が必要です。この工事は、光回線を部屋へ引き込むためのもので、最大24,000円(土日を除く)かかります。

2018年現在、ソフトバンク光ではこの工事費を無料にするキャンペーンがありません。インターネットで検索すると、ソフトバンク光がおこなっていた工事費が無料になるキャンペーンページが検索結果にでてきますが、これは2017年5月7日で終わっています。工事費は無料にできませんが、工事費実質無料のキャンペーンをソフトバンク光の代理店から申し込めば、最大で48,000円のキャッシュバックを受け取れます。

ここからは、無料と実質無料は何が違うのか、代理店のキャンペーンとはどんなものなのか、さらに乗り換えの場合に適用できる違約金負担キャンペーンについて解説します。

ソフトバンク光は乗り換えのキャンペーンが手厚い

最大48,000円のキャッシュバックの内訳は、ソフトバンク光の乗り換え新規でもらえる24,000円と代理店のWebサイトから申し込むことでもらえる24,000円のキャッシュバックを合算した金額です。

ただし、ソフトバンク光が公式でおこなっているキャッシュバックのキャンペーンに関しては、インターネット回線を乗り換える人を対象にしています。フレッツ光から乗り換える(※転用)場合や、いままでインターネット回線を使っておらず、ゼロからインターネットを契約する場合はキャッシュバックを受け取ることはできません。 一方、代理店のWebサイトからの申込みの場合は、ゼロからインターネットを新規契約する場合でも、フレッツ光から転用する場合でも24,000円のキャッシュバックを受け取れます。

※転用…いま使用しているフレッツ光回線の契約先をフレッツ光から光コラボレーション事業者(フレッツ光の回線を使用したサービスを提供する事業者)に切り替えること。

公式キャンペーン:乗り換え時にかかる工事費が最大24,000円キャッシュバック


引用:ソフトバンク公式ホームページ

ソフトバンク光公式の「SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン」は、工事費が発生する場合にのみ使えるキャンペーンです。

例えば開通工事費が24,000円の場合、工事費と同額の24,000円がキャッシュバックされます。開通工事費が9,600円または2,000円の場合、10,000円がキャッシュバックされます。

ソフトバンク光の工事費は、NTTの作業員が実際に設備状況を見た上で決定する工事内容に左右されます。ソフトバンク光の工事費は、24,000円か10,000円か2,000円のいずれかです。

ソフトバンク光の工事費が発生しないケース

ソフトバンク光の工事費がかからないのは、フレッツ光ネクストからソフトバンク光へ転用した場合と、ソフトバンクのADSLを契約中の人のみです。

ソフトバンク光は、フレッツ光ネクストの回線を使用しているサービスのため、転用の場合は工事が不要です。
また、ソフトバンクのADSLを契約中の人は「ADSLをご利用中の方限定 SoftBank 光の回線工事費無料!」というキャンペーンにより工事費がかかりません。

このような、そもそも工事費がかからない場合は、ソフトバンク光公式のキャッシュバックを受け取ることができません。ただし、例え工事費がかからない場合でも、ソフトバンク光の代理店のLifeBankのキャンペーンを使用すれば24,000円のキャッシュバックが受け取れます。

代理店LifeBankからの申込みで、公式より24,000円高額なキャッシュバックが得られる

ソフトバンク光を代理店のLifeBankのWebサイト経由で申し込むと、LifeBank独自の「月額6ヶ月相当還元キャンペーン」という24,000円をキャッシュバックするキャンペーンと、公式のキャンペーンを併用できます。
この「月額6ヶ月相当還元キャンペーン」は、回線のない環境で新規に契約する場合、フレッツ光から転用する場合、他社回線から乗り換えする場合、いずれの場合でも適用させることができます。

ただし、LifeBankのキャンペーンのキャッシュバック受取のためには、代理店サイトで指定している手順通りに申し込みを行う必要があります。その手順を1つでも忘れてしまうと、24,000円のキャッシュバックは得られません。キャッシュバックを得るために必要なことを忘れないように、カレンダーなどにメモをしておくことをおすすめします。

公式キャンペーン:他社への違約金と撤去工事費を最大10万円還元!

他社からソフトバンク光へ乗り換えた時、ソフトバンク光の「あんしん乗り換えキャンペーン」により、他社への違約金と撤去工事費を最大10万円分負担してくれます。なお回線だけでなく、プロバイダの違約金もこのキャンペーンに適用させられます。フレッツ光からソフトバンク光へ転用する時、フレッツ光回線の違約金はかかりませんが、プロバイダの違約金はかかります。その際の違約金も、「あんしん乗り換えキャンペーン」で負担してもらえるのです。

このような他社違約金・撤去工事費を負担するキャッシュバックキャンペーンは、他の光回線事業者でも行われています。例えば、auひかりでは「auスタートサポート」というキャンペーンを行っており、このキャンペーンでは、他社サービスの解約金相当額を最大30,000円還元します。ソフトバンク光のキャンペーンは、auひかりのキャンペーンと比べて7万円ものキャッシュバック金額が高く、光回線事業者の中では最も高額です。そのため、解約時の違約金や撤去工事費が高額で、他社回線の行っている違約金・撤去工事費の負担キャンペーンでは到底補いきれない金額の時に、ソフトバンク光を乗り換え先の選択肢に入れることをおすすめします。

「あんしん乗り換えキャンペーン」の手続きはちょっとだけ複雑

「あんしん乗り換えキャンペーン」の適用条件は次のとおりです。

  1. 申込時に他社回線を使用している
  2. 申し込み180日以内に課金を開始する
  3. 課金開始日を1ヶ月目とした5ヶ月目の末日までに、以下の条件を全て満たす
  4. 他社回線の解約時に発生する違約金を確認きる資料(※契約者氏名と他社のサービス名と金額が記載された請求書など)を、ソフトバンク側に提出する
    • ソフトバンク光のサービスを利用中である
    • 支払い方法として、ソフトバンクまたはワイモバイル携帯合算/クレジットカード/口座振替のいずれかで完了
    • 毎月の利用料金を期日までに入金している

上記の適用条件を満たした時、課金開始日を1ヶ月目とした6ヶ月目の下旬頃に、契約者の住所に普通為替が発送されます。特に、違約金の確認資料の提出は忘れてしまわないように注意しましょう。この確認資料は、郵送もしくはMySoftBankのサイトから提出ができます。

郵送で確認資料を提出する場合は、ソフトバンクショップの店頭で受取・もしくは郵送で送られる「証明書貼付シート」という書類に、氏名・住所・電話番号を記入の上、他社回線の解約時に発生する違約金を確認できる資料を添付後、ソフトバンク側に郵送してください。(なお、この書類の送付先は、書類と同時に手に入る封筒に記載されています)

MySoftBankで確認資料を提出する場合は、MySoftBank にログイン後、「ファイルを選択/カメラを起動」箇所から、違約金を確認できる書類の画像を添付した後に、「書類を送信する」ボタンを押すだけで完了します。

ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに、Web申込で最大70,000円キャッシュバック!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る

関連記事