閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

NURO光の速度をチェック!速度制限がある?実測値は本当に高速?

NURO光は下り最大2Gbpsでの高速通信がウリですが、実測ではいったいどれほど出ているのでしょうか?

また他社回線では、速度制限のために高速通信を活かせないケースもあります。NURO光にも速度制限があるのでは?と、心配かもしれません。

ここでは、NURO光の速度に関する様々な疑問を解消します。

NURO光に速度制限はない

NURO光では、速度制限を気にすることなく下り最大2Gbps・上り最大1Gbpsでの通信を行えます。

例えばOCN光では「回線混雑時に、通信量が特に利用者の通信速度を制御」する速度制限が設定されています。

別の例として、WiMAX2+では、「直近3日間に10GB以上通信した場合、翌日18時~2時に概ね1Mbps」まで速度が制限されます。

しかしNURO光では混雑時・大容量通信時どちらも、速度制限が行われていません。

1日に数十・数百GBなど回線に大きな負担をかける使い方を続けると警告がくる可能性がありますが、ネットサーフィンや動画再生などの一般的な使い方において心配はありません。

NURO光・通信速度の注意点

NURO光には速度制限がありませんが、通信速度に関する注意点が3つあります。

NURO光の通常プランは仕様上「最大2Gbps」の高速通信に対応していますが、速度は環境・使い方で変化するのです。

ここからは、NURO光の通信速度に関する注意点を解説します。

注意!上り速度は最大1Gbps

NURO光の「最大2Gbps」は、下り(ダウンロード)速度です。上り速度は、最大1Gbpsに設定されています。

つまりゲームのダウンロードやネットサーフィン、動画再生などでは最大2Gbpsですが、クラウドストレージへのデータ送信や配信サイトへの動画投稿などは最大1Gbpsです。

アップロード速度を最大1Gbps以上にしたい方は、以下のサービスを検討しましょう。ただしそれぞれ提供エリアは限られます。

NURO光で上下最大10Gbpsや6Gbpsプラン※、NURO光 10Gを契約(対応エリアのみ)
多摩ケーブルネットワーク(上り1.25Gbps)などの他社回線
※2018年10月以降サービス提供開始予定

「下り最大2Gbps」はホームゲートウェイまでの速度

NURO光で謳われている「下り最大2Gbps」は、「ネットワークから宅内に設置するホームゲートウェイ(ONU)まで」です。

ホームゲートウェイと接続した各種機器での最大通信速度は、以下のように設定されています。

有線接続:最大1Gbps
無線接続:最大450Mbps

つまりパソコンやスマートフォンでNURO光の回線を使っていても、1Gbps以上の速度が出ることはないので、注意しましょう。

回線が混雑すると速度が落ちることも

NURO光は、同時にインターネットを使っている人が増えて回線が混雑すると速度が落ちる場合もあります。

高速で通信したいものの速度が遅いと感じた場合は、インターネットを使う時間帯をずらしましょう。

下り最大2Gbpsという超高速通信を実現!さらに最大12万円の高額還元も!!

NURO光がお得なポイント

  • 最大12万円の高額還元キャンペーン
  • 初期工事費が実質0円
  • 月額基本料が開始月無料

NURO光の実測値に関する口コミ評判をチェック!

NURO光の仕様上の最大速度は下り2Gbps・上り1Gbpsですが、大事なのは実測値です。

たとえ仕様上2Gbpsが出たとしても、実測値が1Mbpsだったらユーザーには何の意味もありません。

2018年3月以降の口コミ評判を利用し、NURO光の実測を調査しました。

上記の口コミでは上下それぞれ700Mbpsを超えています。NURO光の有線接続時は最大1Gbpsですが、上り速度はほぼ上限の数値が出ています。

上記の口コミでも、上下それぞれ200Mbpsを超える高速な数値が出ています。

仕様上の最大1Gbpsには満たない状態ですが、動画再生やゲームソフトのダウンロードなどで速度が遅いと感じることはない速さです。

上記の口コミも、上下300Mbpsオーバーの好調な数値です。

SNSを利用しNURO光の実測を調べた結果、上り・下り共に十分高速な値が出ていました。10Mbps以下などの低速で悩まされている声は、見つかりませんでした。

ちなみに「NURO光 遅い」と検索しても複数の口コミが見つかりましたが、いずれも「契約時の回線工事に日数がかかる」という意味合いで、速度のことではありませんでした。

もしも遅いと感じたら、機器の交換を検討する

実測値に関するSNSを見ても、NURO光の通信速度に関しては高評価が多いことがわかりますね。

しかしながら、もしあなたがNURO光を利用していて遅いと感じるなら、それはNURO光の問題ではなく物理的な問題が考えられます

以下に、主な物理的な原因と対処法をまとめました。

原因①LANケーブルが古い⇒NURO公式HPの推奨するCAT5e、CAT6に変更する

原因②LANポートが規格に対応していない
⇒1000BASE-T(ギガビット・イーサネット)が必要。2010年以降発売のパソコンならこのポートが主流になっているので、できれば2010年以降発売のパソコンを使用する

原因③機器の無線LAN規格が古い
⇒無線LAN接続の場合、できれば最新規格IEEE802.11ac(通信速度最大1300Mbps)または、IEEE802.11n(通信速度最大450Mbps)対応の機器を利用する。ちなみに、iPhoneなら6/6Plus以降、パソコンなら2016年以降に発売された製品であればIEEE802.11acに対応

NURO光は新プランで上下最大10Gbpsに対応

NURO光の現行プランは下り最大2Gbps・上り最大1Gbpsですが、2018年春よりさらに速度が上がった新プランが登場しました。2つのプランの対応速度は、以下のとおりです。

NURO光10Gs:上下最大10Gbps
NURO光6Gs:上下最大6Gbps

新プランで提供されるホームゲートウェイでの無線最大速度は、現行プランの「最大450Mbps」から「最大1.7Gbps」に向上しています。

NURO光をより高速で利用したい方は、新プランの利用を検討しましょう。ただし提供は2018年10月以降、サービス開始時点で契約できるのは関東の一部エリアのみです。

まとめ

NURO光には速度制限がありませんが、下り最大2Gbpsはあくまでネットワークからホームゲートウェイまでの通信速度です。

提供されるホームゲートウェイの仕様上の最大速度は、有線接続時に最大1Gbps、無線接続だと最大450Mbpsです。

またNURO光利用者の実測値を調査すると、数百Mbpsの好調な数値が計測されている声が多数見受けられました。

関東エリアならnuro光!おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事

    記事はありませんでした

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事