閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

引っ越し先でドコモ光を使う最短の方法と必要な費用

ドコモ光は、公式サイトから移転手続きをすると引っ越し先でも使うことができます。ただし、ドコモ光の引っ越しに必要な費用は、引っ越し先の環境によって変わります。また、ドコモ光の引っ越し手続きをするタイミングによっては、開通までに時間かかってしまうため、インターネット環境が整うまでの期間が長くなります。

そのため、引っ越し先でインターネットがすぐ使えるように、最短でドコモ光の移転手続きを済ませる方法と、必要な費用を、引っ越し前に確認しましょう。

ドコモ光を引っ越すときの手順

ドコモ光を引っ越し先で使うには、以下の手順で移転手続きをしましょう。

【引っ越し先でドコモ光を使うまでの流れ】

  1. 管理会社に回線撤去工事の有無を確認する
  2. ドコモ光公式サイトから移転手続きを申し込む
  3. ドコモ光から確認の電話がくる
  4. 現住居での回線撤去工事(必要な場合のみ)
  5. 新居での開通工事

現住居での撤去工事や新居での開通工事は、ドコモ光に移転手続きを申し込んだ順に、先着で決まります。申し込みが遅れると工事可能日が埋まってしまい、引っ越し先でドコモ光が使えるようになるまで時間がかかることがあります。

ドコモ光の移転手続きは工事希望日の2か月前からできるので、引っ越し先でインターネットが使えない期間を短くしたい人は、早めに申し込みましょう。

管理会社に回線撤去工事の有無を確認する

賃貸住宅でドコモ光を使っている人は、管理会社に電話して、引っ越し時に光回線の設備を撤去するかを確認してください。ドコモ光では、管理会社や大家などの物件所有者の要望がある場合にのみ、回線撤去工事が必要になるからです。

回線撤去工事の有無が確認できないと、ドコモ光の移転手続きが進められず、引っ越し先での開通工事が延期になることがあります。ドコモ光に移転手続きを申し込んだ後、折返しの電話があるので、オペレーターに回線撤去工事の有無を伝えましょう。

なお、ドコモ光の回線撤去の工事費用は無料です。また、作業は派遣される工事員が行うため、専門知識は必要ありません。ただし、ドコモ光の回線撤去工事には、契約者または管理会社の立ち会いが必須です。管理会社が立ち会う場合は、管理会社名/担当者名/連絡先をドコモ光の移転手続きの際に申告してください。

ちなみに、入居前から光回線の設備がある賃貸住宅では、ドコモ光の回線撤去工事は行われません。移転手続きが完了したら、自宅に設置されたONUやWi-Fiルーターなどの機材を自分で取り外して、新居に持っていきましょう。

移転手続きはWebから申し込む

ドコモ光を引っ越し先で使うには、公式サイトの「お引越し受付フォーム」から移転申し込みをしてください。移転手続きは、電話やドコモショップでもできますが、Web窓口は24時間受け付けている上に、5,000円分のdポイントがもらえます

Webからドコモ光の移転手続きを申し込む際、以下の情報が必要です。

【ドコモ光の移転手続きに必要な情報】

  • ドコモ光の契約者氏名
  • ペア回線の番号(※1)
  • 契約ID(※2)
  • ドコモ光に登録している連絡先電話番号
  • 引っ越し先の住所
  • 引っ越し予定日
  • ドコモ光に登録しているメールアドレス

※1:ドコモ光とセット割引が適用されている携帯電話の番号。
※2:契約IDがわからない人は「ご契約ID(お客さまID)について」をご確認ください。

お引越し受付フォームに必要事項を入力すると、「ドコモ光 引越しWeb手続きセンター」から確認の電話連絡がきます。契約者情報や引っ越し先の住所、工事日を確認し、間違いがなければ移転手続きの申し込みが完了します。

なお、工事日の変更やキャンセルをするときは、工事予定日の2日前の午後8時までに、ドコモ光サービスセンター(0120-766-156)に連絡しましょう。

ドコモ光とプロバイダの会員サイトで住所を更新する

引っ越し先でドコモ光が使えるようになったら、ドコモ光とプロバイダの会員情報を更新しましょう。移転手続きに申し込んだだけでは、ドコモ光やプロバイダに登録している会員情報(本人情報)が更新されないので、住所が引っ越し先に切り替わっていません。

引っ越し後に新しい住所が登録されていないと、Wi-Fiルーターなどのレンタル機器や、サービス内容変更のお知らせなどの重要な書類が届かないおそれがあります。
そのため、ドコモ光の移転手続きが完了したら、ドコモ光やプロバイダの会員情報に新しい住所を登録しましょう。

引っ越し先でドコモ光の電話番号が変わることがある

東京都の「03」や大阪府の「06」など、市外局番から始まるNTTの加入電話(アナログ回線) やドコモ光電話で発番された番号を使っている人は、引っ越し先で電話番号が変わることがあります。

NTTによると、同一市区町村内であれば、引っ越し先でも同じ電話番号が利用できます。ただし、同一市区町村内であってもNTT内の管轄が異なるときや、他の市区町村に引っ越すときは、電話番号の変更が必要です。

電話番号の変更が必要な場合、引っ越しに伴い、現在使っている電話番号は廃止されます。そのため、引っ越し先でドコモ光電話を利用するには、ドコモ光電話サービスに新規申込をしなければなりません。

なお、「050」など、ドコモ光電話で発行したIP電話の番号を使っている人は、引っ越し先でも同じ番号が利用できるので安心してください。

ドコモ光を引っ越すために必要な費用

ドコモ光を引っ越し先で使うには、工事内容や契約内容に応じて、以下の費用がかかります。

【ドコモ光の移転手続きにかかる費用】

費用 金額
移転事務手数料 2,000円
移転工事料(引っ越し先での開通工事の費用) 2,000円~18,000円
土日祝日・年末年始に派遣工事を行う際の追加費用 3,000円
ドコモ光電話の工事費 1,000円
ドコモ光電話を新規申込する際の費用 2,000円
ドコモ光電話対応ルーターの設定工事料 1,000円
ドコモ光テレビの工事費 9,500円
ドコモ光電話・ドコモ光テレビの新規申込事務手数料 2,000円

ドコモ光の移転工事費は、引っ越し先の設備状況や、契約内容によって変わります。
ドコモ光の移転工事費が18,000円の場合、ドコモ光電話の電話番号が変わる場合、ドコモ光テレビオプションを継続利用する場合、すべて合わさった場合で計算すると、移転費用は最大35,500円となります。

さらに、ドコモ光の開通工事費を分割払いにしている人は、上記の費用に加えて、残債が請求されます。

たとえば、集合住宅の場合、ドコモ光の初回申込時にかかる開通工事費は、16,500円です。分割24回払いのときの1月あたりの支払額は687円になります。ドコモ光の工事費を14カ月分支払って引っ越す場合、分割10回分の6,870円が請求されるのです。

移転手続きに必要な費用や工事費の残債は、移転工事を行った翌月に、ドコモ光の利用料金と一緒に請求されるので、覚えておきましょう。

ドコモ光の移転工事費

ドコモ光の移転工事費は、料金プラン、引っ越し先のエリア、建物の形態の3つの条件によって金額が変わります
引っ越し先のエリアとは、NTT東日本、NTT西日本がそれぞれ管轄するエリアのことです。引っ越し先が同じNTTの管轄内であれば「エリア内での引っ越し」、NTTの管轄をまたぐ引っ越しであれば「エリアが変わる引っ越し」となります。
NTT東西の管轄エリアは、NTT公式サイト「NTT東日本、NTT西日本のサービス提供地域について」で確認してください。

【タイプA・タイプB・単独タイプ・ドコモ光ミニを契約している人】

マンションタイプ 戸建てタイプ
エリア内での引っ越し※ 7,500円 9,000円
エリアが変わる引っ越し 15,000円 18,000円

※建物の設備状況によっては、マンション・戸建ともに、移転工事費が6,500円で済むことがあります。移転工事費の減額は、工事当日に自宅に工事担当者が派遣されないとわかりません。

【タイプCを契約している人】

マンションタイプ 戸建てタイプ
引っ越し先で同じプロバイダを利用する 7,500円 9,000円
引っ越し先で異なるプロバイダを利用する
引っ越しと同時にタイプA/タイプBに契約を変更する
15,000円 18,000円

なお、タイプCはCATV(ケーブルテレビ)回線であり、それぞれのプロバイダでサービスの提供エリアが異なります。
エリア外に引っ越す場合、現在とは異なるタイプCのプロバイダに乗り換えるか、タイプA/タイプBに契約を変更しなければなりません。

タイプCを契約している人は、移転手続きの申込後、「ドコモ光 引越しWeb手続きセンター」から電話があるので、オペレーターの案内に従ってください。

引っ越し先に光回線の設備があれば開通工事が不要になる

引っ越し先に光コンセントやケーブルテレビ回線の設備がある場合、無派遣工事のためドコモ光の移転工事費は2,000円です。ドコモ光を使うために開通工事を行う必要がないので、自宅に工事員が派遣されないからです。利用開始日に、前の住居から持ってきたONUやWi-Fiルーターを自分で接続設定すれば、インターネットがつながります。

光コンセントとは、自宅にインターネット回線を引き込むために必要な、光ケーブルの差込口のことです。引っ越し先に光コンセントや、ケーブルテレビ回線の設備が導入されているかは、管理会社や大家に確認してください。

工事費が高い場合は「解約新規」を検討する

移転工事費が高いと感じる場合、「解約新規」をすると、新規工事料が無料になる特典や代理店のキャッシュバックキャンペーンなどが適用できます。「解約新規」とは、ドコモ光を一旦解約してから、引っ越し先でドコモ光を新規契約しなおすことです。契約新規をすると、新規申込扱いになるため、キャンペーン特典を受け取れます。

ただし、ドコモ光を一旦解約することで、「違約金が発生する」、「ONUやWi-Fiルーターなどレンタル機器を返却が必要」、「ドコモ光電話など利用中のサービスが利用できなくなる」など、さまざまな注意点があります。

そのため、解約新規をする場合は、解約するタイミングを確認してから行いましょう。

引越し先でドコモ光が利用できないときに契約すべきネット回線

ドコモ光は全国展開の光回線サービスですが、各地で未提供エリアもあります。ドコモ光の移転先が提供エリア外だと、引越し先でドコモ光を利用することができません。その場合は、他のインターネット回線事業者への乗り換えを検討しましょう

ドコモ光が使えない場合は、フレッツ光の回線設備を使う光回線も利用できません
そのため、乗り換え先は、auひかりやNURO光、ケーブルテレビ回線などの独自の固定回線や、WiMAXやどんなときもWiFiなどの工事不要のモバイル回線などが挙げられます。

なお、やむなくドコモ光を解約する場合でも、2年定期契約の更新月(契約満了月の当月・翌月・翌々月)以外に解約すると、戸建てタイプは13,000円、マンションタイプは8,000円の解約金がかかります。更新月は、My docomoの「契約内容の確認・変更」から確認できます。

他社インターネット回線には、高額キャッシュバック他社違約金の負担をしてくれるキャンペーンを実施しているところもあります。乗り換え先のキャンペーンを利用して、ドコモ光の解約金をまかないましょう。

以下の記事では、ドコモ光のエリア確認の方法と、ドコモ光が提供エリア外だった場合に利用できる光回線を紹介しているので、参考にしてください。

ドコモ光の提供エリアを確認する方法

フレッツ光-光コラボの窓口
キャンペーンを詳しく見る

フレッツ光-光コラボの窓口
キャンペーンを詳しく見る

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事