閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光は引っ越し先でも利用可能!手続き&注意点完全ガイド

ドコモ光を引っ越し先でも継続して利用できます。しかし、エリアや建物によっては、ドコモ光を継続利用できないこともあります。引っ越し先の利用可否の確認方法と移転手続き、注意点をまとめました。

ドコモ光の引っ越し手続きは4ステップ

ドコモ光の引っ越しは4つのステップで完了します。ただし、移転手続きには工事が必要となりますので、引っ越し日が迫ってから申し込むと、引っ越し先でドコモ光がすぐに利用できない可能性があります。引っ越しが決まったら、なるべく早めにドコモ光に連絡するようにしましょう。

1.引っ越し先がドコモ光対応エリアかチェックする

引っ越し先のエリアや建物がドコモ光に対応していないときは、ドコモ光を利用できません。ドコモ光の提供エリアとNTTの“フレッツ光ネクスト”の提供エリアは同じですので、NTTフレッツ光のエリア確認ページでチェックしてみましょう。

NTT東日本エリア
NTT西日本エリア

2.電話もしくはドコモショップで移転申し込み

ドコモ光の引っ越し手続きは、インターネットの会員ページ(My docomo)ではできません。ドコモ インフォメーションセンターに電話をかけるか、お近くのドコモショップで引っ越し手続きをしてください。電話で移転申請をするときは、音声案内が流れたら7→1→1とプッシュしましょう。不要な案内を飛ばして、スピーディに手続きが進みます。

<ドコモ インフォメーションセンター>
ドコモケータイから:151 年中無休9:00~20:00
その他の電話から:0120-800-000 年中無休9:00~20:00

申し込み前に本人確認の準備をしておこう

引っ越し手続きをするときは、契約者本人かどうかの確認が実施されます。ネットワーク暗証番号か契約ID(お客さまID)が尋ねられますので、契約書類か開通通知書を準備しておきましょう。なお、ドコモケータイを利用している場合は、携帯電話番号でも本人確認ができます。

3.現住所での回線撤去工事

移転手続きを申し込むと、現在の住所での回線撤去工事が実施されます。立ち会いが必要になることもありますので、日程調整しておきましょう。

4.新居での回線工事

転居先での回線工事が必要です。基本的には立ち会いが必要ですが、すでにドコモ光が導入されているマンション等では無派遣工事になることもあります。

ドコモ光の引っ越し費用は高い?

ドコモ光は、引っ越しの際に費用が請求されます。ケースごとの費用を以下にまとめました。

NTT東西のエリアをまたがないときは9,500円か11,000円

NTT東日本エリアからNTT東日本エリアに引っ越す場合、もしくはNTT西日本エリアからNTT西日本エリアに引っ越す場合は、移転手数料は2,000円(税抜き)かかります。その上で、引っ越し先がマンションなら7,500円(税抜き)、戸建てなら9,000円(税抜き)が加算されます。

NTT東西のエリアをまたぐときは新規契約と同様の工事費がかかる

NTT東日本エリアからNTT西日本エリア、もしくはNTT西日本エリアからNTT東日本エリアに引っ越す場合は、ドコモ光に新規契約するときと同様の回線工事費が請求されます。移転手数料2,000円(税抜き)に加えて、引っ越し先がマンションのときは15,000円(税抜き)、戸建て住宅のときは18,000円(税抜き)の工事費がかかります。

配線工事が不要のときと無派遣工事のときは工事費が安くなる

引っ越し先で宅内配線工事が不要のときは、移転手数料2,000円(税抜き)に加えて、7,600円(税抜き)の屋外工事費用が請求されます。また、無派遣工事でドコモ光が利用できるときは、移転手数料2,000円(税抜き)に加えて、無派遣工事費2,000円(税抜き)が請求されます。

ドコモ光のオプションサービスを利用している場合

ドコモ光で、光電話や光テレビのサービスを利用している人もいるでしょう。移転先でもサービスを継続利用する場合は、回線工事費とは別に、光電話と光テレビの工事費がかかることがあります。

ドコモ光電話を移転先で利用するときは電話番号が変わることも

ドコモ光電話やNTTのひかり電話を移転先でも利用するときは、引っ越し先のエリアによっては電話番号が変わることもあります。なお、NTTのひかり電話を移転先でも利用するときは、後日、NTTから確認の電話がかかってきます。

NTT東西をまたがって引っ越すときは工事費がかかる

NTT東西をまたがって引っ越す場合、ドコモ光電話を移転先でも利用するときは、移転事務手数料2,000円(税抜き)と新規契約事務手数料2,000円(税抜き)がかかります。ただし、NTTのひかり電話を利用しているときは、移転に伴い自動的に契約が廃止されてしまいます。

ドコモ光テレビオプションは移転先でも利用できる

ドコモ光テレビオプションを、移転先でも利用することは可能です。ただし、次の2点に注意して下さい。

移転先でドコモ光テレビオプションが利用できないときは廃止

ドコモ光が利用できるエリアであっても、ドコモ光テレビオプションが利用できないことは少なくありません。次のサイトでもチェックできますので、引っ越し先で利用できるのか調べておきましょう。ドコモ光テレビオプションが利用できないエリアに引っ越すときは、テレビオプションの契約は自動的に廃止されます。

NTT東日本エリア
NTT西日本エリア

NTT東西をまたがって移転するときは工事費がかかる

NTT東西にまたがって引っ越しするときは、移転事務手数料2,000円(税抜き)と新規契約事務手数料2,000円(税抜き)の両方が請求されます。

ドコモ光の引っ越し!注意すべき2つのポイント

ドコモ光を引っ越し先でも利用するときは、通常は、移転手数料と回線工事費、そして、NTT東西をまたがって引っ越ししたときの光電話と光テレビの事務手数料のみを支払えばOKです。しかし、次の2つのケースに該当するときは、追加費用が請求されることがあります。

引っ越し先でプロバイダが利用できないときは解約金が発生する

引っ越し先のエリアによっては、現在利用中のプロバイダが利用できないこともあります。その場合はプロバイダを変更手続きが必要になり、プロバイダの違約金が発生します。違約金はプロバイダごとに変わりますので、プロバイダのお客さまサポートセンターに電話をかけて確認して下さい。

レンタル機器の返却が必要になることがある

移転するときに、レンタル機器の交換が必要になることがあります。レンタル機器は指定の期限内に返却しなくてはいけませんが、返却しないままで放置すると機器相当額が請求されます。

ドコモ光の引っ越し費用は節約できる

ドコモ光を引っ越し先でも利用するときは、NTT東西をまたがずに同一プロバイダを利用する場合でも9,500~11,000円(税抜き)かかります。費用を抑えたい人は、次の2点を検討してみて下さい。

他の回線業者への乗り換えを検討しよう

ドコモ光を使い続ける限り、光回線の転居費用がかかってしまいます。いっそのこと、他の回線業者への乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。NURO光のように回線工事無料キャンペーンを実施している業者も少なくありませんので、ドコモ光を使い続けるよりも転居時の費用負担を減らせることもありますよ。

解約金還元サービスやキャッシュバックサービスを利用しよう

ドコモ光他の回線業者に乗り換えるときには、ドコモ光から解約金や工事費などを請求されることがあります。しかし、ソフトバンク光やauひかりのように解約金還元サービスを実施している業者に乗り換えれば、お金をかけずに回線を変えることができます。また、回線業者の正規代理店サイトではキャッシュバックキャンペーンを実施していることもありますので、キャッシュバックを解約金等に補てんするのもおすすめです。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事