閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

引っ越し先でドコモ光を使う最短の方法と必要な費用

ドコモ光は、公式サイトから移転手続きをすれば、引っ越し先でも使えます。しかし、手続きを後回しにしてしまうと、開通までに時間かかってしまいます。新居でもインターネットがすぐ使えるように、最短で移転手続きを済ませる方法と、必要な費用を、引っ越し前に確認しましょう。

また、ドコモ光とドコモで契約しているスマホの月額料金が10%還元されるクレジットカードも紹介するので、参考にしてください。

ドコモ光の移転手続きの流れ

引っ越し先でドコモ光を使うには、以下の流れに沿って、移転手続きをしましょう。

【引っ越し先でドコモ光を使うまでの流れ】
  1. 管理会社に回線撤去工事の有無を確認する
  2. 公式サイトから移転手続きを申し込む
  3. ドコモ光から確認の電話がくる
  4. 現住居での回線撤去工事(必要な場合のみ)
  5. 新居での開通工事

現住居での撤去工事や新居での開通工事は、ドコモ光に移転手続きを申し込んだ順に、先着で決まります。申し込みが遅れると工事可能日が埋まってしまい、引っ越し先でドコモ光が使えるようになるまで時間がかかることがあります。

ドコモ光の移転手続きは工事希望日の2か月前からできるので、引っ越し先でインターネットが使えない期間を短くしたい人は、早めに申し込みましょう。

管理会社に回線撤去工事の有無を確認する

賃貸住宅でドコモ光を使っている人は、管理会社に電話して、引っ越し時に光回線の設備を撤去するかを確認してください。ドコモ光では、管理会社や大家などの物件所有者の要望がある場合にのみ、回線撤去工事が必要になるからです。

回線撤去工事の有無が確認できないと、ドコモ光の移転手続きが進められず、引っ越し先での開通工事が延期になることがあります。ドコモ光に移転手続きを申し込んだ後、折返しの電話があるので、オペレーターに回線撤去工事の有無を伝えましょう。

なお、ドコモ光の回線撤去工事は無料です。また、作業は派遣される工事員が行うため、専門知識は必要ありません。ただし、ドコモ光の回線撤去工事には、契約者または管理会社の立ち会いが必須です。管理会社が立ち会う場合は、管理会社名/担当者名/連絡先をドコモ光の移転手続きの際に申告してください。

ちなみに、入居前から光回線の設備がある賃貸住宅では、ドコモ光の回線撤去工事は行われません。移転手続きが完了したら、自宅に設置されたONUやWi-Fiルーターなどの機材を自分で取り外して、新居に持っていきましょう。

移転手続きはWebから申し込む

ドコモ光を引っ越し先で使うには、公式サイトの「お引っ越しフォーム」から移転手続きをしてください。移転手続きは、電話やドコモショップでもできますが、Web窓口は24時間受け付けている上に、5,000円分のdポイントがもらえます。

Webからドコモ光の移転手続きを申し込む際、以下の情報が必要です。

【ドコモ光の移転手続きに必要な情報】
  • ドコモ光の契約者氏名
  • ペア回線の番号(※1)
  • 契約ID(※2)
  • ドコモ光に登録している連絡先電話番号
  • 引っ越し先の住所
  • 引っ越し予定日
  • ドコモ光に登録しているメールアドレス

※1:ドコモ光とセット割引が適用されている携帯電話の番号。
※2:契約IDがわからない人は「ご契約ID(お客さまID)について」をご確認ください。

お引っ越しフォームに必要事項を入力すると、「ドコモ光 引越しWeb手続きセンター」から確認の電話がかかってきます。契約者情報や引っ越し先の住所、工事日を確認し、間違いがなければ移転手続きの申し込みが完了します。

なお、工事日の変更やキャンセルをするときは、工事予定日の2日前の午後8時までに、ドコモ光サービスセンター(0120-766-156)に連絡しましょう。

ドコモ光とプロバイダの会員サイトで住所を更新する

引っ越し先でドコモ光が使えるようになったら、ドコモ光とプロバイダの会員情報を更新しましょう。移転手続きに申し込んだだけでは、ドコモ光やプロバイダに登録している会員情報(本人情報)が更新されないので、住所が引っ越し先に切り替わっていません。

引っ越し後に新しい住所が登録されていないと、Wi-Fiルーターなどのレンタル機器や、サービス内容変更のお知らせなどの重要な書類が届かないおそれがあります。
そのため、ドコモ光の移転手続きが完了したら、ドコモ光やプロバイダの会員情報に新しい住所を登録しましょう。

引っ越し先でドコモ光の電話番号が変わることがある

東京都の「03」や大阪府の「06」など、市外局番から始まるNTTの電話番号をドコモ光電話で使っている人は、引っ越し先で電話番号が変わることがあります。

NTTによると、同一市区町村内であれば、引っ越し先でも同じ電話番号が利用できます。ただし、同一市区町村内であってもNTT内の管轄が異なるときや、他の市区町村に引っ越すときは、電話番号の変更が必要です。

電話番号の変更が必要な場合、引っ越しに伴い、現在使っている電話番号は廃止されます。そのため、引っ越し先でドコモ光電話を利用するには、ドコモ光電話サービスに新規申込をしなければなりません。

なお、「050」など、ドコモ光電話で発行した番号を使っている人は、引っ越し先でも同じ番号が利用できるので安心してください。

ドコモ光を引っ越し先でも使うために必要な費用

ドコモ光を引っ越し先で使うには、工事内容や契約内容に応じて、以下の費用がかかります。

【ドコモ光の移転手続きにかかる費用】
費用 金額
移転手続きの事務手数料 2,000円
移転工事費(引っ越し先での開通工事の費用) 2,000円~18,000円
土日祝日・年末年始に派遣工事を行う際の追加費用 3,000円
ドコモ光電話の工事費 1,000円
ドコモ光電話を新規申込する際の費用 2,000円
ドコモ光電話対応ルーターの設定工事料 1,000円
ドコモ光テレビの工事費 9,500円
ドコモ光電話・ドコモ光テレビの新規申込事務手数料 2,000円

ドコモ光の移転工事費は、引っ越し先の設備状況や、契約内容によって変わります。

なお、ドコモ光の開通工事費を分割払いにしている人は、上記の費用に加えて、残債が請求されます。
たとえば、集合住宅の場合、ドコモ光の初回申込時にかかる開通工事費は、16,500円です。分割24回払いのときの1月あたりの支払額は687円になります。ドコモ光の工事費を14カ月分支払って引っ越す場合、分割10回分の6,870円が請求されるのです。

移転手続きに必要な費用や工事費の残債は、移転工事を行った翌月に、ドコモ光の利用料金と一緒に請求されるので、覚えておきましょう。

ドコモ光の移転工事費

引っ越し先に光コンセントやケーブルテレビ回線の設備がある場合、ドコモ光の移転工事費は2,000円です。ドコモ光を使うために開通工事を行う必要がないので、自宅に工事員が派遣されないからです。

光コンセントとは、自宅にインターネット回線を引き込むために必要な、光ケーブルの差込口のことです。引っ越し先に光コンセントや、ケーブルテレビ回線の設備が導入されているかは、管理会社や大家に確認してください。

一方、ドコモ光を使うための設備がない場合は、契約内容によって移転工事費が変わります。

【タイプA・タイプB・単独タイプ・ドコモ光ミニを契約している人】
マンションタイプ 戸建てタイプ
エリア内での引っ越し※ 7,500円 9,000円
エリアが変わる引っ越し 15,000円 18,000円

※建物の設備状況によっては、マンション・戸建ともに、移転工事費が6,500円で済むことがあります。移転工事費の減額は、工事当日に自宅に工事担当者が派遣されないとわかりません。

【タイプCを契約している人】
マンションタイプ 戸建てタイプ
引っ越し先で同じプロバイダを利用する 7,500円 9,000円
引っ越し先で異なるプロバイダを利用する
引っ越しと同時にタイプA/タイプBに契約を変更する
15,000円 18,000円

ドコモ光のサービスの提供エリアは、NTT東日本エリアとNTT西日本エリアに別れています。NTT東日本とNTT西日本は別会社なので、引っ越しでエリアが変わる場合、新規申込時と同等の工事費がかかります。

なお、タイプCはCATV(ケーブルテレビ)回線であり、それぞれのプロバイダでサービスの提供エリアが異なります。
エリア外に引っ越す場合、現在とは異なるタイプCのプロバイダに乗り換えるか、タイプA/タイプBに契約を変更しなければなりません。

タイプCを契約している人は、移転手続きの申込後、「ドコモ光 引越しWeb手続きセンター」から電話があるので、オペレーターの案内に従ってください。

ドコモ光で契約できるプロバイダと提供エリアは、公式サイトから確認できます。

NTT東日本エリアとNTT西日本エリアの区分

ドコモ光でタイプA/B/単独タイプを契約する人は、引っ越し先の都道府県によって、NTT東日本とNTT西日本のどちらの管轄になるかが変わります。

ドコモ光公式サイトによると、NTTのエリア区分は、以下の通りです。

【ドコモ光のサービス提供エリア(タイプA/B/単独タイプ)】
サービス提供エリア 対象の都道府県
NTT東日本エリア 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県(※1)
NTT西日本エリア 富山県(※2)、石川県、福井県、岐阜県、静岡県(※2)、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

※1:長野県木曽郡南木曽町田立の一部エリアはNTT西日本の提供エリアになります。
※2:静岡県熱海市・裾野市の一部エリア、富山県中新川郡立山町の一部エリアはNTT東日本の提供エリアになります。
引用:ドコモ光「お引越し(移転)のお手続き」

ただし、「ドコモ光 10ギガ」は、上記とサービスの提供エリアが変わります。詳しくは「ドコモ光 10ギガご利用のお客さまへ」をご確認ください。

ドコモ光ユーザーが毎月の通信費を安くする方法

ドコモ光とドコモのスマホをセットで契約している人は、引っ越し後に「dカードゴールド」を発行しましょう。dカードゴールドは、ドコモが発行するクレジットカードであり、ドコモ光とドコモのスマホの月額基本料金や通信料が1,000円につき10%還元されます。

たとえば、夫婦2人でドコモ光1回線、ドコモのスマホを2台契約するとします。dカードゴールドによる特典を利用する場合、毎月以下のdポイントが還元されます。

【dカードゴールドで還元されるポイント】
月額基本料金(※) 還元されるdポイント
ドコモ光・タイプA(マンション) 4,000円 400ポイント
夫のスマホ代 5,000円 500ポイント
妻のスマホ代 5,000円 500ポイント
合計 14,000円 1,400ポイント

※夫婦のスマホ代は目安です。スマホの毎月の請求金額のうち、基本料金と通信料がdポイントの還元対象です。

dカードゴールドは、年会費が1万円かかりますが、家族カードを1枚まで無料で発行できます。夫婦でゴールドカードを持てる上に、年会費を差し引いても毎年6,800円相当のdポイントがもらえるのです。

なお、dポイントは、全国のコンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン)や大手ドラッグストア(マツキヨ)などで支払いに使えます。
ドコモ光とドコモスマホを利用している人は、dカードゴールドを発行して、毎月の通信費で還元されるポイントを有効活用しましょう。

【参考リンク】

クレジットカードを知る:「dカードゴールド」
クレジットカードを知る:「dカード GOLDの年会費は高いのか?元を取る方法とあわせて解説」

インターネットがもっと安くなる!おすすめ3回線

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事