閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光の光電話の解約方法と解約の注意点

ドコモ光でひかり電話を利用している方ひかり電話を利用している方が、固定電話の維持費そんな時にドコモ光のインターネット回線だけを残したまま、光電話の解約が可能です。この記事では光電話の解約補法を紹介します。

ひかり電話の解約方法

解約する際は、ドコモインフォメーションセンターに電話で解約を申し込むか、ドコモショップで申し込む2つの申し込み方法があります。また、解約を申し込む際は、「ネットワーク暗証番号」と「本人確認書類」を用意しておくとスムーズに手続きが行えます。
解約に際してドコモ光電話やそれに付随するオプションサービスの基本使用料は日割り計算となります。

解約のお問い合わせ先

連絡先 受付時間 必要なもの
ドコモインフォメーションセンター ドコモの携帯電話から 151(無料) 午前9:00~午後8:00(年中無休) ・ネットワーク暗証番号
一般の電話から 0120-800-000
ドコモショップ お近くのドコモショップ 店舗の営業時間内  ・ネットワーク暗証番号
・本人確認書類が必要なケースもあり

解約金、違約金について

ドコモ光で光電話のみを解約した場合、基本的には解約金や違約金は発生しないようになっています。ただし申し込みの際に何らかのキャッシュバックや値引きを受けている場合は、違約金が発生することがあるので窓口で事前に確認しておくことをおすすめします。

解約についての注意点

ドコモ光電話の解約では割引料金が減額されることもなければ、解約の手続きが複雑で面倒ということも ありません。しかし、解約に当たって注意しておかなくてはならないことはあります。ドコモ光電話の解約の際に注意すべきことについてしっかり把握し、スムーズな手続きが行えるようにしておきましょう。

ルーターの準備が必要

ドコモ光電話を利用している(していた)場合、ドコモの方からドコモ光電話対応のルーターが貸し出しされています。また、転用によってドコモ光電話を使用し始めた場合でも、NTT東日本、NTT西日本のから機器をレンタルしています。
この光電話対応端末はルーター機能を兼ね備えた装置ですが、ドコモ光電話を解約すると電話機能だけでなくルーター機能も失われてしまうようになっています。
つまり、ドコモ光電話を解約するとWi-Fi接続ができなくなるということです。事前にルーター機能が使えなくなる旨の説明ドコモ側から受けていれば手を打つこともできますが、基本的にそういった情報がドコモ側から出てくることはありません。そして、実際にインターネット接続ができなくなってパニックになる人が多いのも事実です。ドコモ光電話の解約が行われると、およそ半日から1日以内にインターネットのWi-Fi接続が行えなくなります。
解決方法は、このモデムから有線で直接インターネット接続を行うか、新たにルーターを用意して接続するかです。
どちらの場合もプロバイダー登録などの初期設定が必要です。設定は「コントロールパネル」の「ネットワークとインターネット」の項目にある「新しい接続またはネットワークのセットアップ」で行えます。複数台でインターネット接続を楽しむ人やモデムからの直繋ぎが嫌だという人は、事前にルーターを用意しておくようにしましょう。

アナログ戻しについて

アナログ戻しという言葉に馴染みのない人は多いかもしれませんが、一度転用などでNTTの電話回線からドコモなどの光電話に変えた回線を、またNTTのアナログ回線に戻すことをアナログ戻しといいます。
基本的に光電話を利用している間は、NTTの電話加入権が「休止」になっている状態です。休止にしておくことで光電話を解約した場合でも、再度NTTの電話回線で電話番号を変えることなく利用することができるようになっています。この電話加入権の休止期間は10年までとなっていて、それ以降は随時延長を行うようになっています。
アナログ戻しを行う場合はNTTに連絡し、NTTの権利を復活させてからドコモ光電話の解約手続きを行わなくてはいけません。
電話加入権を失効してしまうと、NTTで電話を利用する際にまた加入権を購入する必要があり、電話番号が変わってしまいます。ドコモ光電話の解約をした後でNTT回線の復活を行おうとしても、電話番号が変わってしまうことがあるので必ずNTTに先に連絡するようにしましょう。

まとめ

ドコモ光電話の解約では、インターネット契約を残したまま電話だけの解約が可能です。方法はいたって簡単で、基本的には解約金などの発生もありません。ただし、いろいろと解約前に知っておかないと、解約後に不都合になることもあります。
ドコモ光電話を解約する際には注意点をしっかりと把握し、事前に解約後の準備を整えたうえで解約手続きを行うようにしましょう。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事