閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

1ヶ月前には申し込みを!auひかり工事の流れと費用を安く抑える方法を解説

auひかりの工事には立ち合いが必要で、問い合わせから工事日確定までに2~3週間ほどかかります。そのため、希望の日時よりも前もって工事の申し込みをしなければなりません。

工事費は戸建ての場合37,500円、マンションの場合30,000円を分割で支払いますが、キャンペーンを適用することで実質無料にすることができます。
この記事では、auひかりの開通工事の流れのほか、工事費用を安く抑える方法をご紹介します。

開通工事の流れ・内容

申し込み前に「ONUの設置場所決定」と「大家さんへの連絡」を済ませよう

KDDIとの手続き以外でしておくべきことは、ONUの設置場所を決めておくと、大家さんへの連絡です。

ONUを一度設置すると移動するのが難しいため、あらかじめ設置場所を決めておきましょう。配線事例に関しては、こちらのページをご覧ください。

また、開通工事にあたっては、壁に穴を開ける可能性があります。工事前に管理会社やオーナーの許可を取り、後からトラブルにならないようにしましょう。

工事は1ヶ月以上余裕をもって申し込むのがおすすめ!提供エリアの確認は早めに

工事の申し込みから工事日が決定するまでには2~3週間、工事が完了するまでにかかる期間は約1カ月です。工事は基本的に立ち合いとなるため、KDDIに前もって連絡しておくとスケジュール調整がしやすくなります。

また、auひかりの提供エリア外の場合は申し込めません。本格的な検討を始める前に、まずは公式サイトの提供エリア確認ページでauひかりが使えるかどうかを調べてみてください。

開通工事ですべきことは「申し込み」と「立ち合い」、「宅内機器の接続」だけ

開通工事に関して行うことは、KDDIに申し込みをするだけでほぼ完了します。あとは、工事日当日に立ち合いし、工事完了後に宅内機器を接続するだけです。
《auひかり 工事の流れ》

Step① KDDIとプロバイダに申し込み

↓(通常2~3日。プロバイダによっては1週間から10日ほどかかる。)

Step② KDDI側の受付が完了

↓(2~3週間)

Step③ 回線工事日と新しい電話番号に関する連絡が来る

Step④ 宅内機器が届く(おおむね工事の3日前までに届きます)

Step⑤ 光回線工事当日の立ち合い

Step⑥ 宅内機器の接続をする

参考:https://www.au.com/internet/auhikari_1g/flow/

申し込みの方法には、電話問い合わせフォームがあります。電話の場合はつながりにくいことが多いため、混雑予想カレンダーで混みあっていない時間帯にかけるか、事前にweb上で電話サポート予約をしておくとスムーズです。

電話でのお問い合わせ

■KDDIお客さまセンター

一般電話から:0077-777(通話料無料)

※上記番号がご利用になれない場合:0120-22-0077

※オペレーター対応時間:9:00~20:00

立ち合いの日程は午前もしくは午後で調整

KDDIから工事日程は午前 (9:00~12:00) もしくは午後 (13:00~17:00)で調整となります。工事日程の候補を出す場合の参考にしてください。土日は工事の予約が多く入るので、平日の日中に立ち会えない方は、使い始めたい時期から最低1ヶ月以上は余裕をもって申し込むのをおすすめします。

なお、土日祝日の工事の場合は、別途3,000円がかかります。

宅内機器の接続が不安な場合は「かけつけ設定サポート」の利用を

宅内機器の接続方法は説明書に記載がありますが、不安な方はかけつけ設定サポートを利用すると良いでしょう。かけつけ設定サポートは、KDDIの専門スタッフが自宅に来て、宅内機器の接続をしてくれる有料サービスです。
ちなみに、料金設定は、有線の設定で初回2,000円(2回目以降・フレッツ光コース6,800円)、宅内機器全般の設定をする場合は初回4,700円(2回目以降・フレッツ光コース9,500円)です。

住居タイプ・プランによる工事内容の違い

工事内容は、マンションや戸建てといった住居タイプや選択するプランによって異なりますが、大まかな工事内容については、以下の表にまとめました。
マンションタイプVのみ、立会い不要で利用し始めることができます。それに対して、他のプランでは、工事の立会いがあると理解してください。

プラン 工事内容 立ち合いの有無
マンションミニギガ 工事担当者が宅内まで光回線の引き込みを行います。その後、ONUを設定し、作業は1~2時間で完了します。 有り
マンションEタイプ(イーサ方式) マンションの共有部分まで光ファイバーを引き込みます。マンション棟内は既設のイーサネットによるLANを使用してインターネットに繋ぎます。 有り
マンションギガタイプ・Fタイプ 各宅内にONUとホームゲートウェイの取り付けを行います。必要に応じて、マンション共有部に光ファイバー引き込み工事や集合設備の設置を行います。 有り
マンションタイプV タイプV(VDSL配線方式)の場合は、既設の電話回線を利用してLANを構築するため立会いは必要ありません。 無し
戸建て 戸建て(ホームタイプ)の場合には、自宅の最寄りの電柱から、宅内まで光ファイバーの引き込みを行い、光コンセントを設置します。 有り
他社からの乗り換え KDDIから派遣されたスタッフの立ち合いのもと工事が必要となります。 有り

なお、工事内容の詳細など、工事に関する質問は下記の問い合わせ総合窓口から確認するようにしましょう。

電話でのお問い合わせ

■KDDIお客さまセンター

一般電話から:0077-777(通話料無料)

※上記番号がご利用になれない場合:0120-22-0077

※オペレーター対応時間:9:00~20:00

工事費を乗り換えキャンペーンで実質無料にする方法

工事費はマンションの場合30,000円、戸建ての場合37,500円を分割で支払います。ただし、auの公式乗り換えキャンペーンのほか、代理店のキャッシュバックキャンペーンなどを利用することで、工事費を実質無料にできます。以下では、その方法についてご紹介しましょう。

auひかり公式キャンペーン!電話加入で、工事費が実質無料に

auひかり電話と、auひかり電話オプションに同時申し込みをすることで工事費が実質無料になります。auひかり電話は月々の基本料金が500円、電話オプションの月額料金は500円(※auひかり ホームでホームゲートウェイBL1000HWをご利用の場合は690円/月)です。

工事費が実質無料になるのは、マンションの場合は24ヶ月、一戸建ての場合は60ヶ月間継続した場合です。これより早く解約してしまった場合は、残りの工事費は支払わなければなりません。
auひかり電話の利用を検討している方は、コチラを参考にしてください。

代理店のキャンペーンを利用して工事費を実質無料に

Web代理店を通じて申し込みをした場合、代理店が独自で行っているキャンペーンを適用することができます。キャンペーンの特典としてはキャッシュバックやゲーム機など、各社違いがありますが、キャッシュバックの場合は他社からの乗り換え時にかかった違約金や、工事費用の補填に使うことができます。

良い代理店を選ぶポイントは、キャッシュバックなどの特典を受け取るまでの手続きが煩雑でないかどうか。煩雑な手続きの例としては、特典をもらうための手続きの時期が数カ月先になってしまったり、提出しなければいけない書類が多かったりということが挙げられます。

たとえキャッシュバックの金額が低くても、口座振込などの確実に特典を受け取れる仕組みを採用している会社を選ぶようにしましょう。auひかりのおすすめ代理店情報は、こちらの記事を参考にしてください。

auひかりの工事に関する注意点

工事前ならキャンセルが可能

工事を申し込んだ後に、もっと待遇の良い代理店を見つけてしまった場合にも、工事前であれば無料でキャンセルが可能です。工事申し込み時にキャッシュバックの内容についてしっかりと確認することはもちろんですが、工事前に気づいた場合は各代理店に問い合わせをしてキャンセルできることを知っておきましょう。

ホームタイプの場合は解約時に引込設備の撤去工事費として28,800円がかかる

2018年3月1日以降にauひかりホーム、または高速サービス(10ギガ・5ギガ)を申し込んだ場合、解約時に引込設備の撤去工事をKDDIが行い、その際の撤去工事費として28,800円がかかります。これは更新月などに関わらず必ずかかる料金です。

ソフトバンク光が実施しているあんしん乗り換えキャンペーンなど、他社に乗り換える際にキャンペーンを適用することでこの撤去工事費も実質無料にできます。乗り換えを検討している場合には早めにキャンペーン情報を確認しましょう。

また、光コンセントの撤去工事にも10,000円かかりますが、こちらは残しておいても問題はありません。マンションなどの賃貸物件に住んでいる場合で、元通りにしなくてはいけない場合のみ、撤去工事を申し込むようにしてください。

まとめ:提供エリア確認は早めに!キャンペーン適用で工事費を抑えよう

auひかりの工事は申し込みから2~3週間かかるので、提供エリア確認と申し込みはできるだけ早く進めるようにしましょう。工事の際には部屋に穴を開ける可能性もあるので、賃貸物件の場合は、申し込み前に大家さんに確認をとっておくとトラブルを防げます。
また、工事には立ち合いが必要です。工事日程は午前 (9:00~12:00) もしくは午後 (13:00~17:00)のいずれかで調整となり、作業時間自体はどのプランでも1~2時間自体で完了します。土日祝日に工事を行うと、3,000円追加料金がかかるので注意しましょう。

工事費用は、戸建ての場合37,500円、マンションの場合30,000円を分割で支払いますが、キャンペーンを適用することで実質無料にすることも可能です。キャンペーンの種類には月額利用料金が割引になる「auひかり公式キャンペーン」のほか、代理店が独自で提供しているキャッシュバックキャンぺーンなども適用できます。
代理店の中には、高額なキャッシュバックをうたいながら、手続きが煩雑で受け取れる可能性が低い代理店もあります。工事を申し込む前に気づけるのがベストですが、工事前であれば無料でキャンセルすることも可能です。
auひかりの導入はスタートダッシュが肝心。導入を検討し始めてからは申し込みまでは、できるだけ早く動くようにしましょう。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事