閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

auひかりをアパートで契約するために確認しておくべきこと

アパートの場合、auひかりを契約できるかどうかは、建物への設備導入状況によって決まっています。auひかりの設備が導入済の建物であれば、集合住宅向けサービスである「auひかり マンション」を契約できます。

一方、設備が入っていない建物でauひかりを契約すると、月額料金や工事などの面でデメリットが多くなるおそれがあります。そのため、フレッツ光の回線を利用する「光コラボ」の契約を検討しましょう。中でもSo-net光プラスは、auスマートバリューが適用できるうえ、通信料金が安く抑えられて高速通信も無料で利用できます。

本記事では、アパートでauひかりを契約するときの注意点と、auひかりを契約できない場合に光回線を安く使う方法について紹介します。

アパートでの契約可否はauひかり公式サイトで確認できる

au公式サイトの「提供エリア検索」で、アパートにauひかりの設備が入っているか調べられます。

住居タイプで「マンション/アパートなど」を選択し、郵便番号を入力して次に進んでください。検索結果に建物名が表示されれば、auひかりの設備が導入されているため、auひかりの契約が可能です。

建物名が表示されない場合には、auひかりの設備が導入されていません。その場合は、auひかり以外の光回線の契約を検討する必要があるため、本記事の後半でご紹介します。

auひかりをアパートで契約する場合、月額料金と通信速度に注意

auひかりの設備が導入されているアパートの場合、集合住宅向けサービスの「auひかり マンション」を契約できます。auひかり マンションは、建物単位で契約タイプが決まっており、それぞれ月額料金と最大通信速度が異なります。各建物の契約タイプは、提供エリアの検索結果ページで建物名を選択すると表示されるので、自分のアパートの契約タイプを必ず確認しましょう。

契約戸数が少ないと月額料金が割高になる場合がある

auひかり マンション各契約タイプの月額料金は以下の通りです。

【auひかり マンション 各契約タイプの月額料金】
契約タイプ 契約プラン 月額利用料 備考
タイプG お得プラン
(2年契約)
16契約以上のマンション:4,300円
8契約以上のマンション:4,600円
契約更新期間以外に解約すると契約解除代金がかかる。
標準プラン
(契約期間の縛りなし)
16契約以上のマンション:5,400円
8契約以上のマンション:5,700円
いつ解約しても契約解除代金がかからない。
タイプV お得プランA
(2年契約)
16契約以上のマンション:4,300円
8契約以上のマンション:4,600円
オプションのおうちトラブルサポート(※)(月額400円)が無料になる。契約更新期間以外に解約すると契約解除代金がかかる。
標準プラン
(契約期間の縛りなし)
いつ解約しても契約解除代金がかからない。
都市機構 お得プランA
(2年契約)
4,300円 オプションのおうちトラブルサポート(※) (月額400円)が無料になる。契約更新期間以外に解約すると契約解除代金がかかる。
標準プラン
(契約期間の縛りなし)
いつ解約しても契約解除代金がかからない。
都市機構G
(DX-G)
お得プラン
(2年契約)
4,300円 契約更新期間以外に解約すると契約解除代金がかかる。
標準プラン
(契約期間の縛りなし)
5,400円 いつ解約しても契約解除代金がかからない。
タイプE お得プランA
(2年契約)
16契約以上のマンション:3,900円
8契約以上のマンション:4,200円
オプションのおうちトラブルサポート(※)(月額400円)が無料になる。契約更新期間以外に解約すると契約解除代金がかかる。
標準プラン
(契約期間の縛りなし)
いつ解約しても契約解除代金がかからない。
タイプF お得プランA
(2年契約)
4,400円 オプションのおうちトラブルサポート(※)(月額400円)が無料になる。契約更新期間以外に解約すると契約解除代金がかかる。
標準プラン
(契約期間の縛りなし)
いつ解約しても契約解除代金がかからない。
ギガ お得プランA
(2年契約)
4,550円 オプションのおうちトラブルサポート(※)(月額400円)が無料になる。契約更新期間以外に解約すると契約解除代金がかかる。
標準プラン
(契約期間の縛りなし)
いつ解約しても契約解除代金がかからない。
ミニギガ お得プランA
(2年契約)
5,500円 オプションのおうちトラブルサポート(※)(月額400円)が無料になる。契約更新期間以外に解約すると契約解除代金がかかる。
標準プラン
(契約期間の縛りなし)
いつ解約しても契約解除代金がかからない。

タイプG・V・Eは、建物全体のauひかり契約戸数が少ないと月額料金が割高になります。特に小規模なアパートはこれに該当する可能性が高いため、事前に正確な月額料金を確認するようにしましょう。「提供エリア検索」で建物名を選択して「次へ」を押すと、該当する契約タイプは「タイプV 個別型(16契約以上)」といった形で契約戸数が合わせて表示されるため、そこで確認ができます。

プロバイダや代理店のキャンペーンを使うと費用を抑えられる

プロバイダや代理店によっては、独自のキャンペーンによる割引などが受けられる場合があります。そうしたキャンペーンを利用すると、上の表の金額よりも安い月額料金でauひかりを利用できます。auひかりの割引について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

auひかりの契約で適用できる割引の内容と適用条件

契約タイプによって最大通信速度が違う

auひかり マンションの場合、下の表の通り契約タイプごとに最大通信速度が異なります。最大通信速度はあくまで理論上の値なので、実際の通信速度はこの30~60%程度になることが多いです。

【auひかり マンション 各契約タイプの最大通信速度】
契約タイプ 下り速度 上り速度
タイプG 664Mbps 166Mbps
タイプV 100(一部70)Mbps 35(一部30)Mbps
都市機構 デラックス(DX) 100(一部70)Mbps 35(一部30)Mbps
16M(B)ベーシック 16Mbps 16Mbps
16M(R)レンタル 16Mbps 16Mbps
都市機構G デラックス(DX) 100(一部70)Mbps 35(一部30)Mbps
デラックスG(DX-G) 664Mbps 166Mbps
16M(B)ベーシック 16Mbps 16Mbps
16M(R)レンタル 16Mbps 16Mbps
タイプE 100Mbps 100Mbps
タイプF 100Mbps 100Mbps
ギガ 1Gbps 1Gbps
ミニギガ 1Gbps 1Gbps

なお、契約タイプごとの通信速度の違いは、建物に導入されている回線設備の違いによるもので、契約者の希望で変更することはできません。

インターネットの使い方によっては通信速度が足りない場合もある

ネットを契約する際に特に気にしておきたいのが、データを受信(ダウンロード)する「下り」の通信速度です。速度が足りないと、サイトの表示に時間がかかったり、動画がスムーズに見られなかったりします。ネットを快適に利用するために必要な通信速度は、以下のように利用用途によって違います。

【快適に利用できる通信速度(下り)の目安】
  • メール受信・Webサイトの閲覧:1~30Mbps
  • Youtube視聴:HD画質の場合2.5~5Mbps、4K画質の場合20Mbps
  • オンラインゲーム:30Mbps以上

たとえばauひかり マンションの都市機構16Mの場合、最大通信速度が16Mbpsなので、実際の速度は4.8~9.6Mbps程度になります。つまり、「メールやYoutubeは大丈夫そう」「オンラインゲームは難しいな」ということが予想できます。

そのため、auひかりを契約できるアパートであっても、インターネットの使い方によっては、より通信速度が速い回線の契約を検討した方が良い場合もあります。

auひかりが契約できない場合は光コラボの契約を検討しましょう

「提供エリア検索」で建物名が表示されなかった場合、auひかり マンションは契約できません。その場合は、「光コラボ」の契約を検討しましょう。光コラボとは、フレッツ光の回線を使ってプロバイダなどが独自に展開するサービスのことです。フレッツ光の回線はNTTが提供しているので、auひかりの回線よりも普及しています。そのため、auひかりが契約できなくても、光コラボなら契約できる可能性があります。

なお、auひかり マンションが契約できない建物でも、戸建て用の「auひかり ホーム」なら契約できる場合があります。ですが、auひかり ホームは最安で月額5,600円からの契約になります。これは、ほとんどのマンションタイプより1,000円前後高い金額です。また開通時には、光ケーブルの引き込み工事が必要になります。さらに解約時にも引き込んだ光ケーブルの撤去工事が発生するなど、アパートに導入するにはデメリットが多いです。

そのため、auひかり マンションを契約できない場合は、auひかり ホームではなく光コラボを契約した方が費用や手間がかかりません。

auスマートバリューを適用するならSo-net光プラスが安くて速い

光コラボの中には、auスマートバリューが適用できるものがあります。対象の光コラボを契約するとスマホの利用料金が割引になるため、auスマホを使っている人は、auひかりを契約した場合と同じメリットが得られます。特に、料金が安く通信速度も速いのが、So-net光プラスです。

So-net光プラスの月額料金は、各種割引を適用すると工事費込みで2年目まで1980円、3年目以降4480円です。これは、下の表の通り、auスマートバリュー適用対象の光コラボの中では最安レベルです。さらに、4年間継続利用することで、回線工事が必要な場合の工事費(24,000円)が実質無料になります。ですから、So-net光プラスを使うと、初期費用・月額料金ともに安く抑えられます。

【auスマートバリューを適用できる主要な光コラボの料金】

※全国で契約可能な光コラボからピックアップして比較
※各社とも、月額料金はネットの基本料金に電話利用料500円を加えて計算

光コラボ ネット回線を新設する場合の工事費 月額料金
(ネット+電話)
3年目までの平均月額利用料
So-net光プラス
(3年契約)
24,000円
(月500円×48か月の割引で実質無料)
開通月:500円
2~24か月目:2,450円
25か月目~:4,980円
3,240円
ビッグローブ光
(3年契約)
27,000円
(月675円×40か月の割引で実質無料)
4,480円 4,480円
@nifty光
(3年契約)
15,000円 開通月:0円
2~31か月目:3,980円
32か月目~:4,480円
4,050円
@TCOMヒカリ
(2年契約)
15,000円
(月250円×30か月の割引で実質7,500円)
4,300円 4,300円

また、So-net光プラスでは、回線の混雑が少なく通信遅延が発生しにくい「v6プラス」が初期費用・月額料金ともに無料です。契約時に申し込みをすると、v6プラスに対応したWi-Fiルーター(通常月額400円)も永年無料でレンタルできます。そのため、So-net光プラスでは、高速通信を利用するための追加費用が必要ありません。

なお、どの光コラボでも、契約手数料や光電話導入のために必要な工事の費用は、別途必要です。また、契約更新期間以外に解約した場合には解約金(So-net光プラスの場合20,000円)がかかります。

割引対象のスマホが1台の場合はauセット割の方が安くなる場合もある

auスマートバリューを適用するためには、どの光コラボでも月額500円のひかり電話の契約が必要です。そのため、割引対象のスマホが1台しかない場合にはメリットが少なくなる可能性があります。その場合は、auセット割の適用も検討してみましょう。

auセット割は、対象の光コラボとauスマホをセットで利用することで、光コラボの月額料金が割引になるサービスです。auスマートバリューとの大きな違いは、光電話の契約が不要なことです。

【auスマートバリューとauセット割の違い】
割引サービス 適用条件 割引対象 割引額
auスマートバリュー auスマホ+対象の光回線(※)+光電話
※一部ケーブルテレビなどでも適用可能
auひかり契約者とその家族のauスマホの月額料金
(合計10回線まで)
auスマホの料金プランによって異なる(1台当たり最大1,000円)
auセット割 auスマホ+対象の光回線 光コラボの月額料金 auスマホの料金プランによって異なる(最大1,200円)

auセット割であれば、auスマホを使っている人が対象の光コラボでネットを契約するだけで、最大1,200円の割引が受けられます。そのため、「アパートで一人暮らしをしていて光電話を使わない」という場合には、auセット割を使った方が通信料金を安く抑えられることがあります。

So-net光プラスではauセット割は終了していますが、ビッグローブ光DTI光などでは実施されています。各社の公式サイトを確認してみてください。

auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

最大135,500円大幅還元!
この窓口の人気のヒミツは最大73,000円のキャッシュバック!Web代理店で申込む魅力は、公式サイトにはない代理店独自のキャンペーンがあるんです!auひかりは月額は他回線に比べても格安なため、新規でもお乗換えでも人気の高い回線です!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事