閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光とソフトバンク光の違いは何?おすすめはどっち?

ソフトバンク光とフレッツ光の通信速度の理論値は同じ1Gbpsです。これは、ソフトバンク光が、フレッツ光の回線を利用してサービスを提供する光コラボの回線だからです。両者の違いは、料金やキャンペーンに違いがあり、どちらの回線がおすすめかというと、2年間でかかる料金の合計が安いソフトバンク光がおすすめです。
この記事では、ソフトバンク光とフレッツ光を比較し、ソフトバンク光がおすすめの理由を解説します。

ソフトバンク光は開通工事費を実質無料にできる

フレッツ光もソフトバンク光も、自宅に回線を引き込む回線工事が必要です。

フレッツ光の開通工事費は18,000円で、工事費を無料にするキャンペーンはありません。一方ソフトバンク光の工事は最大24,000円とフレッツ光より高く設定されていますが、「SoftBank光乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン」という開通工事費と同額(24,000円)のキャッシュバックを受け取れるキャンペーンを実施していて、このキャッシュバックを工事費に充てることで実質無料にできます。

しかしこのキャンペーンは他社回線から乗り換える際にしか利用できないので注意してください。

代理店からの申し込みで新規申し込みも工事費実質無料

完全新規でソフトバンク光へ申し込む場合は、ライフバンクという代理店が実施している「月額料金を実質割引キャンペーン」というキャンペーンを利用すると、24,000円のキャッシュバックを受け取れるため、工事費を実質無料にできます。

おすすめ窓口最大70,000円キャッシュバック!
株式会社ライフバンク
おうち割で毎月最大
2年間2,000円割引
月額実質2,800円~スタートでき、はじめて光回線を使う方でも安心!光と携帯のセットで割引となる「おうち割」や他社から乗換えの場合は、違約金負担も!この人気窓口は、最大70,000円キャッシュバックも!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

フレッツ光からソフトバンク光への転用は工事費がかからない

フレッツ光から光コラボ回線へ、回線を変更することを転用と言います。光コラボの回線は、フレッツ光の回線を利用してサービスを提供しているので、転用する際は工事をする必要がありません

転用はフレッツ光から、光コラボの回線へのみでき、光コラボの回線からフレッツ光への転用はできません。ソフトバンク光からフレッツ光へ回線を戻す場合は、ソフトバンク光解約後、フレッツ光を再契約することになるので、注意しましょう。

ソフトバンク光の自動加入オプションに注意

ソフトバンク光を悪質な代理店から申し込むと、事前の説明もなく勝手にオプションに加入させられる場合もあるようです。その場合は開通後すぐに解約しないと無料期間終了後オプション料金が請求に上乗せされるので注意してください。オプションの無料期間は時期によって違うようですが、1か月の場合がほとんどです。自動加入させられるオプションで不要なものは以下の通りです。
・BBライフホームドクター 500円
・BBサポートワイドプラス 500円
・BBお掃除&レスキュー月額料金 458円
・BBマルシェby大地を守る会 458円
・BBフォンオプションパック 500円
・とく放題 500円
・Yahoo!基本サービス 300円

これらのオプションは、電話または、WebからMy SoftBankにて解約できます。
コールセンター
TEL0800-111-2009
受付時間10:00~19:00

My SoftBank
My SoftBankを利用するには「S-ID」「パスワード」が必要です。これらの情報は契約時に送られてくる契約者情報という書類に記載されています。
My SoftBankへはこちらからログインできます。

ソフトバンク光のコールセンターは繋がりにくく、営業時間も決まっているため、いつでも申し込みできるMy SoftBankからの解約申請をおすすめします

通信速度は変わらないがソフトバンク光のほうが安い

フレッツ光と、ソフトバンク光の通信速度に大きな違いはありません。これはソフトバンク光がフレッツ光の回線を利用してサービスを提供する光コラボの回線だからです。そのため通信速度の理論値はフレッツ光と同じ1Gbpsです。同じ通信速度ですがソフトバンク光のほうが安く利用できます。

月額料金はソフトバンク光が安い

月額料金はマンションタイプ、戸建てタイプ共に、ソフトバンク光のほうがフレッツ光より安く設定されています。

ソフトバンク光の月額料金にはプロバイダ料金が含まれていて固定ですが、フレッツ光は、プロバイダを個別に契約しなければいけないためフレッツ光の月額料金+プロバイダ料金がかかります。プロバイダ料金は500円~1,000円で戸建てタイプの場合は、どのプロバイダを選んでもソフトバンク光より安くなることはありません。

フレッツ光とソフトバンク光の月額料金表

戸建て マンション
フレッツ光 + プロバイダ料金 4,700円 + プロバイダ料金 ミニ プラン1 プラン2
3,650円 + プロバイダ料金 3,050円 + プロバイダ料金 2,650円 + プロバイダ料金
ソフトバンク光(プロバイダ料含む) 5,200円 3,800円

マンションタイプではフレッツ光のほうが安い場合があります。

フレッツ光のマンションタイプは、契約が見込める戸数に応じてNTTが提供料金を設定します。16戸以上の契約が望めるマンションの場合、プラン2の2,650円で提供される可能性が高く、ソフトバンク光より安く利用できます。

こちらのページで、利用予定マンションでどのタイプが提供されているか確認してみてください。

ソフトバンク光はスマホとのセット割でさらに安くなる

ソフトバンク光は「おうち割光セット」という、ソフトバンクスマホとのセット割引きがあります。この割引はスマホ1台につき最大1,000円の割引が受けられ、ソフトバンク光契約者の家族であれば最大10人まで適用できます。
この割引を適用するには、「光BBユニットレンタル(467円)」「WiFiマルチパック(990円)」「ひかり電話サービス」の利用が必要です。2つのオプションとひかり電話サービスは、おうち割光セット適用に限り、セット料金で利用でき、一番安いプランだと500円で利用できます。
以下の料金表はおうち割を適用した場合の「Wi-Fiマルチパック」と「光BBユニットレンタル」とひかり電話サービスのセット料金です。

サービス名 プラン名 料金
ホワイト光電話 基本プラン 500円
基本プランα 1,000円
だれとでも定額 for 光電話 1,500円
光電話(N)及びBBフォン 基本プラン(N) 500円
スマート基本プラン(N) 1,500円
BBフォン 基本プラン 500円

電話加入権があれば光電話で同じ電話番号を利用できる

現在利用している固定電話回線にNTT電話加入権があれば、光電話サービスへ移行する際は同じ電話番号を利用できます。電話番号を引き継いで利用したい場合、BBフォンでは電話番号の引継ぎをできないので、「ひかり電話(N)」か「ホワイト光電話」を利用しましょう。前者はNTTが提供していて、後者はソフトバンクが提供しているサービスです。通話料金はほとんど同じですが、ホワイトひかり電話は、無料オプションの「ホワイトコール24」に加入するとソフトバンクスマホとの通話が無料になるので、家族でソフトバンクスマホを利用している方におすすめです。

電話加入権の有無はNTTの電話窓口にて確認できます。NTT総合受付窓口:TEL 116
移行の流れとしては、ソフトバンク光の光電話サービスを申し込む際に、電話番号の引継ぎを行いたい旨を伝え契約します。ひかり電話の開通後にNTT電話回線を利用休止にすると移行完了です。

IPv6を利用する場合はフレッツ光のほうが安い

フレッツ光の回線を利用した回線サービスは、利用者が多いため回線が混雑してしまい、通信が安定しません。その場合IPv6を利用すると、回線の混雑する部分を通らないため通信が安定します。IPv6を利用する場合フレッツ光でプロバイダを「GMO」にするとソフトバンク光より安く利用できます。ただしフレッツ光のマンションタイプ、「ミニプラン」に限りソフトバンク光のほうが安く利用できます。以下の表はフレッツ光をGMOプロバイダで利用した場合とソフトバンク光でIPv6を利用する場合の料金比較です。

フレッツ光(GMO) ソフトバンク光
戸建てタイプ 5,391円 5,667円
マンションタイプ 3,641円~4,641円 4,267円

ソフトバンク光でIPv6を利用するには「光BBユニットレンタル(467円)」への加入が必要です。光BBユニットにWi-Fi機能が付いているのですが、利用するには「Wi-Fiマルチパック(990円)」というオプションへ加入しなければ利用できません。
一方フレッツ光はGMOをプロバイダにすれば、IPv6対応無線LANルーターを無料でレンタルできます。その場合の月額料金は戸建て5,391円、マンションタイプ3,641円~4,641円です。本来は購入、または、有料レンタルなどで準備が必要な無線LANルーターを無料で利用できるので、導入費用をかけずにIPv6を利用できます。

実は通信速度、料金どちらをとってもNURO光がおすすめ

フレッツ光とソフトバンク光の比較をしましたが、実は「通信速度」「利用料金」の2つを考慮したうえでおすすめの回線は「NURO光」です。

最大通信速度は2Gbpsでフレッツ光回線より速い

NURO光の最大通信速度は2Gbpsでフレッツ光の1Gbpsに比べ速いうえに、独自の回線を利用しているため回線が混雑するリスクが低いのです。
NURO光ではIPv6に対応したホームゲートウェイを標準提供しているためIPv6の利用に料金がかかりません。また、ソフトバンク光では990円のオプションに加入しなければ利用できないWi-Fi機能もNURO光のホームゲートウェイは標準搭載しています。
ホームゲートウェイに内蔵されている無線LANの規格はほとんどの場合「IEEE802.11ac」という高速無線に対応しています。契約時に提供されたホームゲートウェイの無線LAN企画が「IEEE802.11ac」でなくても、NURO光サポートセンターへ連絡すれば無償で「IEEE802.11ac」対応ホームゲートウェイへ変更できます。

NURO光は利用料金が安い

NURO光は、工事費無料、35,000円キャッシュバックキャンペーンがあるため、回線サービス利用にかかる料金が圧倒的に安いのです。さらにNURO光はソフトバンクスマホとのセット割を適用できるのでソフトバンクスマホを利用している方はさらに安く利用できます。

以下の表は、NURO光、ソフトバンク光、フレッツ光の戸建てタイプを2年間利用した場合の利用料金総額です。フレッツ光と、ソフトバンク光の料金は、IPv6を利用することを想定した場合の料金です。
戸建てタイプ

NURO光 フレッツ光(GMO) ソフトバンク光
スマホセット割なし 81,832円 152,984円 136,008円
スマホセット割適用 69,832円 152,984円 124,800円

マンションタイプ

NURO光 フレッツ光(GMO) ソフトバンク光
スマホセット割なし 81,832円 130,084円 94,200円
スマホセット割適用 69,832円 130,084円 82,200円

マンションタイプもNURO光が一番安く利用できます。NUROひかりはマンションでの契約でも、7階以下の建物であれば、戸建てと同じ料金です。NURO光のマンションプランは「NURO光forマンション」といい、8階以上のマンションでのみ提供されています。このプランの料金はマンションの利用者により変動し、1,900円~2,500円で利用できるので、8階建て以上のマンションプランの方はさらに安く利用できます。

NURO光を一番安く利用できるのは公式サイトのキャンペーンを利用した申し込みですが、こちらの代理店では、NURO光を紹介し、紹介した方が入会した場合1人につき1万円を受け取れるというキャンペーンを実施しているのであわせて確認してみてください。

おすすめ窓口最大12万円もお得!!
株式会社Life Bank
下り最大2Gbpsの超高速光通信を実現
個人宅向け商用光ファイバーサービスの中でも、超高速となる下り最大2Gbpsという通信速度を実現。 超高速光通信で、あなたのインターネットライフをより一層楽しい世界へと導きます。 当サイト限定で最大80,000円の高額キャッシュバックに加え、初期工事費実質0円、月額基本料が開始月無料となります。

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事