閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光ネクストって何?ライトとの違いと特長を解説

フレッツ光はNTT東日本とNTT西日本が提供している光回線ですが、「光ネクスト」や「隼」、「プレミアム」など、プランにはいくつか種類があります。

おすすめは、下り速度最大1Gbpsまである「ネクスト ギガ」と「ネクスト ハイスピード」ですが、マンションの設備によって導入できない物件もあります。この記事では、ぞれぞれのサービスにどんな違いがあるのか、他にはどんなプランがあるのか解説します。

フレッツ光の種類は「ネクスト」「ライト」「プレミアム」


(NTT東日本、NTT西日本のホームページをもとに作成)

提供されているフレッツ光は、大きく「ネクスト」「ライト」「プレミアム」と3つのプランに分かれていますが、新規で加入できるのはネクストとライトしかありません。回線の速度は、ライトが下り最大100Mbps、ネクストは下り最大100Mbps~1Gbpsです。後述しますが、ネクストの速度に幅があるのはネクストにも3つ種類があるからです。

プレミアムは旧世代のサービスで、現在は受付を終了しています。同じく「Bフレッツ」も旧世代のサービスで、2017年11月30日でサービスが終了しています。Bフレッツの加入者はフレッツ光ネクストへの移行を案内されています。

あまり使わない人向けの従量課金制「ライト」プラン


出典: NTT東日本ホームページ

フレッツ光「ライト」は通信料に応じて利用料金が課金されるサービスです。最低価格の低い「ライト」と、サービスを利用した量に応じて、請求金額が変化する従量課金区域の広い「ライトプラス」の2種類のプランから選べます。利用料金はライトが2,800~5,800円、ライトプラスが3,800~5,500円です。

ネクストと同じくライトも光回線ですが、通信速度は100Mbpsのみ。かんたんな検索程度しかインターネットを利用しない人、スマートフォンで契約しているパケット量しか使わない人、これからインターネットを始めたい人、ひかり電話を利用するためにインターネットをひきたい人におすすめです。

インターネットで動画コンテンツやクラウドサービスを利用すると、あっという間に1GBを超えてしまうので、日常的にインターネットを使う人にはライトよりネクストがよいでしょう。

フレッツ光ネクストは、速度別に3つのプランに分かれる


※上記はいずれも割引適用後の金額 NTT東日本、NTT西日本のホームページをもとに作成

現在主流のフレッツ光ネクストですが、契約する地域や建物によって利用可能な速度帯域が変わります。その物件で利用できる速度帯域に応じて3つのプランが用意されています。

  • ネクスト(100Mbps)
  • ネクスト ハイスピード(200Mbps)
  • ネクスト ギガ/ネクスト ハイスピード隼(1Gbps)

通信速度最大1Gbpsの「ネクスト ギガ」「ネクスト ハイスピード隼」

通信速度が最も速いのが東日本では「ネクスト ギガ」、西日本では「ネクスト ハイスピード隼」です。これはどちらも定額制で、下り最大1Gbpsの光回線インターネットです。

東日本で利用できる「ネクスト ギガ」は2年間の契約をすることで、戸建ては月額4,600円、マンションタイプなら2,950円から利用することができます(※2年更新の割引契約適用後の金額)。

西日本で利用できる「ネクスト ハイスピード隼」も東日本での「ネクスト ギガ」とほぼ同じスペックのプランです。こちらも2年契約が基本で、戸建てなら3,810円、マンションタイプなら、2,930円から利用できます。

通信速度100~200Mbpsの「ネクスト ハイスピード」

次に速いプランは「ネクスト ハイスピード」です。NTT東日本でもNTT西日本でも提供されているプランですが、戸建てタイプで、東日本だと4,400円、西日本で3,810円となります。マンションタイプなら、東日本で2,650円から、西日本では、配線方式別で1,930円からの月額料金となっています(上図参照)。速度帯域は、上りが最大100Mbps、下りが最大200Mbps。標準品質の動画コンテンツの再生であれば、特に問題なく視聴できます。

通信速度上下100Mbpsの「ネクスト」

「ネクスト」は3つのなかで最も遅いプランで、上りも下りも最大100Mbpsです。料金はネクスト ハイスピードと同じです(上図参照)。ホームページの閲覧や簡単な検索など、インターネットをあまり利用しない人、ひかり電話に加入する人向けのプランといえるでしょう。

おすすめは「ネクスト ギガ」と「ネクスト ハイスピード」

現状では、インターネットを日常的に使う人なら、通信速度100Mbps前後が出ていれば、ネット上のほとんどのコンテンツを閲覧・視聴するには問題ありません。1Gbpsでなければ通信に支障が出るということは、まずないでしょう。

ただし、自宅にいる家族でWi-Fiを使って複数の端末をインターネット接続する人や、PCやゲーム機でオンラインゲームを十分に楽しみたい人にとっては、最大100Mbps〜200Mbpsの回線では、やや物足りなく感じるかもしれません。

最大1Gbpsの環境下では、高画質動画の視聴を長時間行ってもストレスなくダウンロードできます。動画のストリーミング配信でも、ダウンロードしながら同時に再生も可能です。家族みんなが自宅で同時にインターネットを利用するようなときも、極端にスピードが落ちる可能性は低くなります。戸建てプランでは「ネクスト ギガファミリー」が1Gbpsなので、特に理由がなければ、このプランが最適でしょう。

ネクスト ギガはマンションでは利用できない場合も多い

光回線が導入されているマンションでも建物の配線の関係で、光コンセントを使う光配線方式ではなく電話線を利用したVDSL配線方式になっている物件も多く、この場合、光配線方式の「ネクスト ギガ」は利用できません。VDSL配線方式のマンションでは、100〜200Mbpsの「ネクスト ハイスピード」または100Mbpsの「ネクスト」になります。

ネクスト ギガ、ハイスピードでは無線LANルーターやLANケーブルも1Gbpsに対応したものを揃えなければ最大速度を活かせないので、周辺機器を確認しましょう。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000円以上割引き!

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事