閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

利便性が高いのはどっち!?フレッツ光とJ:COMを徹底比較

地域密着型のケーブルテレビとして知られているJ:COM。そしてまた、J:COM NETという名前でインターネット回線事業にも参入しています。とは言っても、あまり馴染みのない回線を選択するのも不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

そんな不安を解消するために、北海道・関東・関西・九州地方で契約できるJ:COMとインターネット回線として古くから人気のあるフレッツ光を徹底比較していきます。これから自宅でインターネットに接続しようと考えている人は参考にしてくださいね。

フレッツ光とJ:COMの料金を比較

まずは、インターネット回線を選択する上で核となる料金を確認していきましょう。選ぶ基準点はいくつかありますが、やっぱり家計にダイレクトに影響する料金面は気になるところですよね。ちなみに、フレッツ光に関しては東日本と西日本を分けて表記しています。

初期費用

分類 フレッツ光
(東日本)
フレッツ光
(西日本)
J:COM
契約事務手数料 800円 800円 3,000円
回線工事費 18,000円 18,000円 6,000円
合計 18,800円 18,800円 9,000円

インターネット回線を申し込むために最低限支払わなければいけない初期費用が契約事務手数料と回線工事費です。J:COMでは工事費用が6,000円となっていますが、WEBからの申し込み限定で1,000円割引されるキャンペーンも実施しています。ただし、解約時に撤去費用として2,000円が請求されますので、注意が必要です。

月額利用料

<戸建てタイプ>

分類 フレッツ光
(東日本)
フレッツ光
(西日本)
J:COM
月額利用料 4,600円 4,300円 5,505円
プロバイダー利用料 500~1,200円 500~1,200円 0円
合計 5,000~5,700円 4,800~5,500円 5,505円

<マンションタイプ>

分類 フレッツ光
(東日本)
フレッツ光
(西日本)
J:COM
月額利用料 2,950円 2,250円 5,505円
プロバイダー利用料 500~950円 500~950円 0円
合計 2,450~3,900円 2,750~3,200円 5,505円

ちなみに上記料金は特定のプランで表示しています。フレッツ光東日本は「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー」、西日本は「スーパーハイスピードタイプ 隼」、J:COMは「360Mコース」でそれぞれ比較しています。

まずJ:COMの月額利用料にはプロバイダー料金も含まれています。そこでお得なのかなと思っても、結局はフレッツ光東日本/西日本と同等の月額料金に落ち着いています。東日本に関してはにねん割を適用させた料金となっています。

一方でマンションタイプに関しては、フレッツ光がJ:COMを圧倒しています。もしもJ:COMの料金を少しでも安く抑えたいと考えているのなら、期間限定で行っているキャンペーン時に申し込むことをおすすめします。

オプション

コンテンツ フレッツ光
(東日本)
フレッツ光
(西日本)
J:COM
ひかり電話 500~3,900円 500~3,900円 1,330円
映像サービス ・フレッツ・テレビ
・U-NEXT
・ひかりTV
・Hulu
・フレッツ・テレビ
・プレミアムTV
・ひかりTV
32~92ch以上
セキュリティ 400円~ 0~380円 0円
安心サポート 0~3,000円 500円 0~500円

インターネット回線を利用する上で、ついでに他のサービスを充実させようと考えている人も多いのではないでしょうか。その代表格とも言えるのがひかり電話ですよね。J:COMにはひかり電話は存在しませんが、「J:COM PHONE」としてサービス提供しています。

具体的な内容としては、ひかり電話と大きな差はなく、電話番号・電話機もそのままで利用することが可能です。またJ:COM PHONE、au携帯電話、auおうち電話のいずれかに加入している相手なら、24時間通話無料で利用することが可能です。

またひかり電話だけでなく、映像サービスの月額料金がフレッツ光よりも割高に感じているしまう人も少なくないでしょう。確かに単体で申し込むと高くなってしまいますが、J:COMではお得なパックを用意しているので、全体の料金を安く抑えることもできます。

他にもフレッツ光とJ:COMではセキュリティサービスや安心サポートサービスを用意しています。特に安心サポートではインターネット初心者でも安心して利用できるように、初期設定代行などを提供しています。

フレッツ光とJ:COMの通信速度を比較

インターネット回線を契約する上で、次に重要視したいポイントが通信速度です。どれだけ月額料金が安くても、サクサク動かないとストレスが溜まっていく一方ですよね。特に自宅でインターネットを使った仕事などをしている人などは、慎重に選んでいきましょう。

公式で発表している数値は目安でしかない

各インターネット回線の公式サイトで「下り最大〇〇Gps」のような言葉を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。とは言っても、このほとんどがベストエフォート型です。簡単に説明すると「最大限の努力した理論値」ということになります。

つまり、公式サイトで発表している数値は目安でしかありません。また通信速度には契約しているプロバイダーや有線で繋ぐためのファイバーケーブルなども大きく影響してきます。しかしながら、たとえ理論値であっても、これが高いことに越したことはありません。

フレッツ光の通信速度は最大1Gbpsでプロバイダーが選べる

フレッツ光が公式で発表している通信速度(ベストエフォート型)は下り最大1Gbpsです。この数値は現在世の中に出回っているインターネット回線の中でも上位に入ります。実際に利用している人の口コミなどを確認しても、パフォーマンスの高さを窺い知ることができます。また、好きなプロバイダーを選択できるのも大きなメリットでしょう。

J:COMの通信速度は最大320Mbpsでプロバイダーは選べない

一方で、J:COMを利用する最大のデメリットは通信速度の遅さです。公式サイトでも下り最大320Mbpsとなっています。この理由としては、フレッツ光のように光ファイバーを使用していないことが挙げられます。またJ:COMでは一括契約となっているため、自分の好みのプロバイダーを契約することができません。

フレッツ光とJ:COMのキャンペーンを比較

できるだけ月額料金を抑えたい!そう思っていても、各社の利用料金ってそこまで大きな差はが無いのが現状です。そこで重要視したいのがキャンペーンです。これらを上手に活用しながら、コスパの良いインターネットライフを実現させましょう。

フレッツ光のキャンペーンはほぼ皆無

実のところを言うと、フレッツ光の公式サイトではキャンペーンを実施していないのが現状です。数年前まではキャッシュバックなどを積極的に採用していたのですが、ここ最近はそういった情報も聞かなくなりました。ただし、まったく無いというわけではありません。フレッツ光を販売している一部の代理店では独自のキャンペーンを実施している場合もあります。

J:COMでキャンペーンを豊富に実施

一方でJ:COMなら、フレッツ光と違ってさまざまなキャンペーンを随時開催中です。少し高いかなと思っていた工事費が無料になるだけでなく、キャッシュバックとして最大30,000円を受け取ることも可能です。ただし、それぞれのキャンペーンには対象エリアや対象プランが決められていますので、事前に確認しておきましょう。

まとめ

フレッツ光とJ:COMが提供しているインターネット回線をさまざまな視点から比較をしました。料金面では大きな差はありませんでしたが、初期費用のことを考えるとJ:COMに軍配が上がります。ただし、J:COMは光回線ではないことからも、通信速度が遅くなってしまう傾向にあるため、慎重に選ぶことをおすすめします。

おすすめ窓口にねん割で月額料金最大700円割引!
フレッツ光東日本トップページ
さらにギガ推しキャンペーンで30ヶ月割引き!
1Gbpsの高速インターネット!
サポート体制万全!
ひかり電話・フレッツテレビ等オプションサービス充実!
キャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る


おすすめ窓口光もっと2割で月額最大1,790円割引!
フレッツ光西日本トップページ
フレッツあっと割でさらに月額料金が割引!
1Gbpsの高速インターネット!
サポート体制万全!
ひかり電話・フレッツテレビ等オプションサービス充実!
キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事