閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の月額基本料金の見積もりは?フレッツ光は他社と比べてお得なの?

フレッツ光では様々なサービスが用意されていますが、そのサービスにどれほどの金額がかかるかは気になるところですよね。
また、フレッツ光の様々なサービスの利用料金は他社回線と比べてお得といえるのでしょうか?
本記事ではフレッツ光の月額基本料金や、見積もり方法などを解説します。

通信量無制限で定額!「フレッツ光 ネクスト」の月額料金

まずは、毎月無制限でフレッツ光を使用できる「フレッツ光 ネクスト」の東西別月額料金を紹介します。

  NTT東日本 NTT西日本
ファミリータイプ 5,700円 5,400円
マンションタイプ プラン1 3,750円 3,700円
プラン2 3,350円 3,200円
ミニ 4,350円 4,500円

※上記金額は割引・プロバイダ料金を含みません。

フレッツ光は一戸建て契約の「ファミリータイプ」と集合住宅の「マンションタイプ」に大別されます。そしてマンションタイプでもその集合住宅の規模によって3タイプに分けられます。どのタイプに分類されるかは住まいの状況によって決まります。

<NTT東日本のマンションタイプの分類>
・プラン1・・・集合住宅内で、8契約以上見込める場合
・プラン2・・・集合住宅内で、16契約以上見込める場合
・ミニ・・・集合住宅内で、4契約以上見込める場合

<NTT西日本のマンションタイプの分類>
・プラン1・・・集合住宅内で、8契約以上見込める場合
・プラン2・・・集合住宅内で、16契約以上見込める場合
・ミニ・・・集合住宅内で、6契約以上見込める場合

また、表からもわかるようにNTT西日本のほうがやや割安な料金設定になっています。
表の料金はフレッツ光の回線料金ですが、インターネット利用のために別途でプロバイダ契約が必要になります。プロバイダ料金は選ぶプロバイダ業者によって異なり、概ね800~1,500円程度です。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

使わなかった月は安い!「フレッツ光・ライト」の月額料金

フレッツ光で選べるプランは上記の「フレッツ光 ネクスト」と、従量制のプランである「フレッツ光 ライト」の2種類です。

「フレッツ光 ライト」は通信量を使った分に応じて料金が上がるシステムです。このためインターネットをあまり利用せず、最低額の料金で収まれば月額料金はお得になります。
「フレッツ光 ライト」の月額料金は以下の通り。
●NTT東日本 2,800~5,800円
●NTT西日本 2,300~5,100円

通信量をあまり使わなければ最低額で収まりますが、たくさん使って最高額になると定額プランの「フレッツ光 ネクスト」よりも割高になってしまいます。このため「フレッツ光 ライト」はほとんどインターネットを利用しないライトユーザー向けのプランです。
感覚としては、インターネット利用は週に一日くらいで、1~2時間程度の利用しかしない、程度の使用頻度のユーザーに向いているプランです。必然的に一人暮らし用のプランといえるでしょう。

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

フレッツ光の公式割引内容

フレッツ光は公式に割引特典を実施しており、割引を適用することで料金は上記の表よりも安くなります。割引特典はNTT東日本とNTT西日本でそれぞれ別に行っているため割引額もNTT東西で違います。

NTT東日本が実施している割引は、次の通り。
●ギガ推し!割引(300円割引)
●にねん割(700円割引)
●マンスリーポイント(100円割引)
上記の3つの割引を合算すると1,100円の割引となります。

NTT西日本が実施している割引は、次の通り。
●光もっと×2 割り
「光もっと×2 割り」は契約から2年間、1,100円割引となり、3年目に1,290円割引、そして4~8年目まで1年毎に100円ずつ割引額が増え、最終的に8年目には1,790円の割引になる、という仕組みです。つまり長く契約し続けると年々割引額が大きくなるという、非常にお得感の高い割引内容です。
8年間かけて1,100~1,790円の割引が適用される、と考えればOKでしょう。

割引を適用すると、解約時に解約金が発生します!

フレッツ光は公式割引特典を適用することで他社と比べて同等の価格帯になります。そのため公式割引を適用することはほぼ必須となるのですが、NTT東日本の「にねん割」とNTT西日本の「光もっと×2 割り」を適用すると年単位の契約内容となり、契約更新月以外に解約すると解約金発生する仕組みになっています。

例えば「にねん割」は文字通りで2年契約となり、契約更新月に解約しないと自動更新となります。「光もっと×2 割り」も最初の2年で契約更新、それ以降は3年毎に自動更新となります。こちらも契約更新月に解約しないと解約金が発生します。

●NTT東日本の「にねん割」の解約金
・・・ファミリータイプが9,500円、マンションタイプが1,500円
●NTT西日本の「光もっと×2 割り」の解約金
・・・解約するタイミングによって5,000~30,000円

フレッツ光の解約金についての詳細は、以下のページで紹介しています。ぜひ参考にしてください。
https://hikari.netde-pc.jp/10843.html

フレッツ光は公式割引適用で他社回線と比べても同額程度

フレッツ光は公式割引を適用することで、解約金の縛りが発生してしまいます。しかし割引前の料金は他社と比べても割高です。
他社回線の契約も同様の解約金による縛りはあり、フレッツ光が特別厳しい仕組みになっているわけではありません。

フレッツ光は公式割引の適用で、光回線全体で見てもごく平均的な価格設定となります。
しかしNTT西日本の場合は平均以上に割安で、「光もっと×2 割り」の適用で8年目になると業界全体でも最安値の部類になります。

インターネットと携帯電話の料金をまとめるならフレッツ光以外の契約がおすすめ

日本の携帯電話の3大キャリアといえば「docomo」、「au」、「Softbank」の3社です。この3社はそれぞれ光回線事業も行っています。
●docomo=ドコモ光」
●au=「auひかり」
●Softbank=「ソフトバンク光」

上記の3社で、携帯電話とインターネット契約を同じ運営会社にまとめると携帯電話料金が割引になるサービスがあります。これを一般的に「セット割」と呼びます。
各社が行っているセット割の名称は以下になります。
●ドコモ光 「ドコモ光パック」
●au 「auスマートバリュー」
●Softbank 「スマート値引き」

このような携帯電話と契約をまとめることで料金をお得にする方法は携帯電話キャリアの運営を行っていないフレッツ光にはありません。

もしも家族数人で同居している状態で、家族の大半がインターネット利用と携帯電話を利用している、という状況の場合はフレッツ光よりも携帯電話キャリアの光回線事業社のほうが料金は割安になり、おすすめです。

おすすめ窓口最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光トップページ
携帯もインターネットもdocomoにまとめるとお得!
CMでも話題で大人気のドコモ光!携帯とインターネットをセットでdocomoにする「ドコモ光パック」で毎月最大6,000円割引♪今ならこの窓口からの申し込みで最大15,000円キャッシュバックも実施中

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

まとめ

フレッツ光の料金は公式割引を適用させることで他社回線と同等の価格帯になります。
同じフレッツ光でもNTT西日本のほうが割安であり、特にNTT西日本の公式割引は長期契約で割引額が上がるため、8年契約したときの割引額はかなりお得です。

しかしフレッツ光は携帯電話キャリアとのセット割が利用できません。携帯電話の料金と一緒の割引を狙うのであれば、携帯電話キャリアの提供する光コラボでフレッツの光回線と契約したほうがよいでしょう。家族の携帯電話の契約をすべてまとめることで利用料金はフレッツ光よりもお得になる場合がほとんどです。

フレッツ光の月額料金をよりお得にするには、公式割引を適用させて2年以上の長期利用をするか、光コラボでのセット割プランを適用する、そのどちらかになります。

おすすめ窓口乗換えはお得な光コラボレーション!
フレッツ光-光コラボトップページ
ネット代も携帯代も安くなる!
ネット料金月額2,800円~!
携帯代金最大2,000円割引!
フレッツ光からの転用なら工事費不要!
さらにお得なキャンペーンも!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事