閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光の提供エリアは?-テレビサービスのエリアも合わせて解説

高速のインターネットを楽しむため「ソフトバンク光」を申し込みたい、スマホがソフトバンクなのでセット割を使って通信費を抑えたい…、など様々な理由でソフトバンク光の契約を検討している人も多いと思います。

そんな時まず気になるのが、「自分の住むエリアがそもそも提供エリアなのかどうか」なのではないでしょうか。

そこで今回は、「ソフトバンク光」の提供エリアの確認方法と、合わせて契約することの多い光回線を利用したテレビ視聴サービスの提供エリアについて紹介していきます。

ソフトバンク光の提供エリアは?

「ソフトバンク光」は、「光コラボ」と呼ばれる光回線の1つ。光コラボとは、NTT東日本・西日本の「フレッツ光」の提供を受けた各会社が、光回線とプロバイダサービス、さらにはその会社独自のサービスをセットにして私たちに提供する仕組みです。

従って、「ソフトバンク光」で利用している回線はフレッツ光と同じであり、ソフトバンク光の提供エリアも、現在フレッツ光の主流になっている定額制の「フレッツ光ネクスト」と同じになっています。

ですので、自分の住んでいるエリアがソフトバンク光の提供エリアかどうか調べたい場合は、下記のNTTホームページから確認ができます。

■NTT東日本のエリアにお住まいの方はコチラから
■NTT西日本のエリアにお住まいの方はコチラから

いずれも郵便番号などから確認ができます。

ちなみに、同じように携帯電話会社系の「auひかり」は、光コラボではなくKDDIが提供する独自の回線を利用したサービス。従って、「auひかり」の提供エリアはフレッツ光や光コラボのドコモ光、ソフトバンク光の提供エリアとは異なっているので注意してください。

「ソフトバンク光テレビ」の提供エリアは?

「ソフトバンク光テレビ」とは、光回線を使って地デジやBSが観られるサービスです。

・月額660円と割安感がある
・アンテナが不要
・高圧電線や高層ビルの影響を受けない
・強風や落雷など悪天候の影響を受けない

などのメリットから、利用を検討する人も多いですね。

それでは、「ソフトバンク光テレビ」の提供エリアはどのようになっているのでしょうか。
答えは、NTTの提供する「フレッツ・テレビ」と同エリアです。光回線自体がフレッツ光のものを利用しているので、当然と言えば当然です。

「ソフトバンク光テレビ」および「フレッツ・テレビ」のサービスは日本全国で利用できるわけではありません。2018年3月現在、下記の地域がサービス提供エリアとなっています。

エリア 都道府県
東日本エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部地域
西日本エリア 大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、愛媛県、福岡県、佐賀県の各一部地域

上記の表を見ていただいてわかる通り、東日本エリアの場合、関東圏+一部の地域のみでしか利用することができません。東北地方の多くの県がエリア外であるほか、東京都・神奈川県以外の場合は、提供エリアは市街地に限られています。

また、東日本エリアでは、マンションの場合、「光配線方式」で回線を引いている場合にしか利用できず、西日本エリアの場合は戸建てでしか利用できません。

最大60,000円キャッシュバック!
おうち割でスマホが毎月2,000円割引

ソフトバンク光がお得なポイント

  • 最大60,000円キャッシュバック
  • 乗り換え時の違約金が実質無料
  • ソフトバンクのスマホとセットで毎月2,000円割引

もう1つのテレビサービス「ひかりTV」の提供エリアは?

実は、光回線を用いたテレビ視聴サービスはもう1つあり、こちらは「ひかりTV」と呼ばれています。ひかりTVはNTTぷららが運営するフレッツ光向けの映像配信サービスですが、ソフトバンク光の場合も利用できます。

「ひかりTV」の地デジ提供エリアは下記の通りとなっています。

エリア 都道府県
東日本エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、宮城県、北海道(札幌エリア)
西日本エリア 大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、静岡県、石川県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県

前述の「ソフトバンク光テレビ」と比べ、東日本エリアの提供地域が多少多くなり、西日本エリアの提供地域が少なくなっている印象ですね。ただし上記の都道府県であっても一部提供エリア外となるので、詳しくはコチラで確認してください。

ひかりTVの大きな特徴として、最新の海外ドラマや映画、子供も大人も楽しめるアニメ、旬のエンタメ、ワールドワイドなスポーツ、ニュースなど全80ch以上を全チャンネルHD画質(ハイビジョン)で楽しめることが挙げられます。月額料金は2,500円~3,500円となりますが、地デジ・BS以外にも多彩なチャンネルが楽しめることを考えると検討の余地があるのではないでしょうか。工事費などの初期費用がかからないのもメリットと言えるでしょう。

最大60,000円キャッシュバック!
おうち割でスマホが毎月2,000円割引

ソフトバンク光がお得なポイント

  • 最大60,000円キャッシュバック
  • 乗り換え時の違約金が実質無料
  • ソフトバンクのスマホとセットで毎月2,000円割引

まとめ

「ソフトバンク光」の提供エリアは、NTTの提供する「フレッツ光」のエリアと同じです。

月額660円で地デジとBSが楽しめる「フレッツ光テレビ」の提供エリアはNTTの「フレッツ・テレビ」と同じですが、東京・大阪などの大都市圏以外では提供エリアに注意が必要です。

光回線を用いたもう1つのテレビ視聴サービスとして「ひかりTV」があります。豊富なチャンネル数が魅力ですが、こちらも提供エリアについては確認が必要です。

月額がおトク!ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに人気窓口は、申し込みで最大60,000円キャッシュバック中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る

関連記事