閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光でテレビを観る方法って?スカパー!やNetfrixについても解説

「今までアンテナを使っていたけれど、天候に左右されない光回線を利用して地デジを観たい」
そんな人も多いはず。

そこで今回は、ソフトバンク光のオプションとして申し込みができるテレビ関連のサービスについて紹介します。

「ソフトバンク光テレビ」「ひかりTV」のほか、数々の有料放送が観られる「スカパー!」やオンラインストリーミングサービスである「Netflix」についてチェックしていきましょう。

光回線を利用したテレビ視聴サービスの特徴

すでにご存知の方も多いと思いますが、アンテナを使わず、光回線を使ってテレビを観ることができます。ソフトバンク光のオプションとして契約できるテレビ視聴サービスとして、現在、「ソフトバンク光テレビ」と「ひかりTV」があります。

どちらも、
・アンテナが不要
・高圧電線や高層ビルの影響を受けない
・強風や落雷など悪天候の影響を受けない

などの理由で利用する人が多いですが、料金や利用できるエリアがそれぞれ異なっています。まずは、それぞれのサービスについて詳しく見ていきましょう。

「ソフトバンク光テレビ」とは

「ソフトバンク光テレビ」とは、光回線を使って地上/BSデジタル放送が受信できるようになるサービス。詳しく説明すると、スカパーJSAT(株)の提供する放送サービス「スカパーJSAT施設利用サービス」と同時契約をすることによって、地上/BSデジタル放送が受信できる、という仕組みになっています。

料金は?

月額利用料金は660円。内訳は、テレビ伝送サービス利用料450円/月、スカパーJSAT施設利用料210円/月となっています。

初期費用としては、「スカパーJSAT施設利用登録料」2,800円と、工事費が16,500円~28,500円かかります。工事をソフトバンク光の回線工事と同時に行う場合は、1,2000円~24,000円と安くなります。また、4台以上のテレビと接続する場合は、1台につき5,000円の追加となります。

提供エリアは?

下記の通りとなっています。

エリア 都道府県
東日本エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部地域
西日本エリア 大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、愛媛県、福岡県、佐賀県の各一部地域

東日本エリアの場合、関東圏+一部の地域のみでしか利用することができません。東北地方の多くの県がエリア外であるほか、東京都・神奈川県以外の場合は、提供エリアは市街地に限られています。

また、東日本エリアでは、マンションの場合、「光配線方式」で回線を引いている場合にしか利用できず、西日本エリアの場合は戸建てでしか利用できません。

「ひかりTV」とは

ひかりTVも、光回線を使ってテレビを受信できるようにするサービス。こちらは、インターネット接続サービスを行っているぷららが提供しています。テレビ視聴サービスはもちろん、映画などが好きな時に見られるビデオサービスのあるプランを選択することも可能です。

料金は?

月額利用料金は、プランにより2,500円~3,500円。さらにチューナーレンタル代として、月額500円がかかります。一見高いようにも思えますが、最新の海外ドラマや映画、アニメ、旬のエンタメ、ワールドワイドなスポーツ、ニュースなど多彩なコンテンツを全チャンネルHD画質(ハイビジョン)で楽しめ、一部のプランでは約70,000本の中から選べるビデオサービスもあることを考えると、コストパフォーマンスとしては妥当とも言えるでしょう。
◆ひかりTVのテレビサービス/ビデオサービスのラインナップはコチラから

月々の基本料金を抑えたいなら、テレビサービスの基本サービス部分のみが視聴できる「基本放送プラン」(月額基本料金1,000円)もあります。
また、「ひかりTV 2ねん割」というキャンペーンを申し込むと、2年契約が条件ですが、利用開始月から2カ月目まで月額料金無料、24カ月目まで1,000円の割引が適用されます。

ソフトバンク光テレビとは異なり、工事費などの初期費用がかからないところもポイントです。ただし、ソフトバンク光テレビでは可能な「複数台のテレビと接続する」ことが難しい、といったデメリットもあります。

提供エリアは?

エリア 都道府県
東日本エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、宮城県、北海道(札幌エリア)
西日本エリア 大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、静岡県、石川県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県

前述の「ソフトバンク光テレビ」と比べ、東日本エリアの提供地域が多少多くなり、西日本エリアの提供地域が少なくなっている印象ですね。ただし上記の都道府県であっても一部提供エリア外となるので、詳しくはコチラで確認してください。

最大60,000円キャッシュバック!
おうち割でスマホが毎月2,000円割引

ソフトバンク光がお得なポイント

  • 最大60,000円キャッシュバック
  • 乗り換え時の違約金が実質無料
  • ソフトバンクのスマホとセットで毎月2,000円割引

ソフトバンク光テレビのエリア内なら「ソフトバンク光+スカパー!」も!

スカパー!とは、多彩なジャンルの番組が楽しめる有料の多チャンネル放送サービスです。ソフトバンク光には、「ソフトバンク光+スカパー!」というオプションもあり、アンテナ不要で多彩な専門チャンネルが手軽に楽しめます。また、チューナーが絶必であるひかりTVとは異なり、「ソフトバンク光+スカパー!」の一部のプランなら、チューナー不要で、1台のリモコンで操作可能なのもうれしいですね。
ただし、「ソフトバンク光+スカパー!」を利用するには「ソフトバンク光テレビ」への加入が必要で、対象がソフトバンク光テレビ提供エリアの戸建てに住んでいる人のみとなります。

料金は?

下記の3つのプランが用意されています。

スカパー!
セレクト5
月額2,223円 45チャンネルの中から、好きな5チャンネルがセレクトできる
スカパー!
新基本パック
月額3,790円 47チャンネルが見放題
スカパー!
光パックHD
月額4,152円 65チャンネルがHD画質で見放題。ベーシックチューナー0円(4月30日迄に手続き完了分まで)

また、5年自動更新プラン(TVセット)を申し込むと、「スカパー!セット割」として、ソフトバンク光の月額料金が200円割引になります。

ひかりTV vs スカパー!

どちらも有料チャンネルだけど、どちらを選んだら良いの?と迷う人もいると思いますが、答えはカンタン!「一番見たいチャンネルがある方を選ぶ」が正解です。
見たい番組は人によって異なるので、単純にどちらを選んだらよい、とは言えないのです。2017年12月現在、MTVやディスカバリーチャンネルなどは、ひかりTVでは観られません。したがって、それらを観たいなら必然的にスカパー!を利用することになります。画質や録画方法など他にも比較のポイントはいくつかありますが、観たいチャンネルが映らないのであればそれらも意味がなくなってしまいます。

 

話題のNetfrix(ネットフリックス)もソフトバンク光で

Netfrixは全世界で利用されている世界最大級のオンラインストリーミング。お気に入りの映画やドラマをパソコン、スマートテレビ、タブレット、スマートフォン、その他インターネットに接続されたデバイスで楽しめるサービスです。

そんなNetfrixも、ソフトバンク光のオプションサービスとして申し込みができます。利用料金は初月1カ月無料。以降月額料金が、HD画質のスタンダードプランで950円、同時視聴は2ストリーミングとなっています。特定の海外ドラマを最速で見たい!というときには、Netfrix,も候補に入れるべき有料サービスですね。

※「Netflix」は、Netflix株式会社が提供するサービスです

まとめ

ソフトバンク光の回線を利用して地デジやBS放送を見るには、「ソフトバンク光テレビ」や「ひかりTV」に申し込みを。各々、料金やエリア、利用できるサービスが異なっているので申し込みに前に確認をしましょう。

有料放送を楽しむには、「ソフトバンク光+スカパー!」もあります。「ひかりTV」と「ソフトバンク光+スカパー!」では、観られるチャンネルが一部異なっているので、申し込む前に“観たい番組がどちらのサービスにあるか”をチェックしましょう。

話題のオンラインストリーミングサービスであるNetfrixも、ソフトバンク光のオプションサービスとして申し込みができます。

月額がおトク!ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに人気窓口は、申し込みで最大60,000円キャッシュバック中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る

関連記事