閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光のテレビサービスは契約した方がいいのか?

ソフトバンク光のオプションサービスの中には、「ソフトバンク光テレビ」と「ひかりTV」という2つのテレビサービスがあります

2つのテレビサービスは、宅内に引き込んだ光回線の設備を利用してテレビを視聴するオプションサービスです。有線で番組を受信するため、雨や雷など天候によって映像の乱れが起きにくくなり、テレビアンテナよりも安定した映像で視聴できます

ただし、2つのテレビサービスは、視聴できるコンテンツや月額料金、工事の有無などが異なるため、サービスを契約する前に検討しましょう。

ソフトバンク光テレビの特徴

ソフトバンク光テレビは、ソフトバンク光の契約後に宅内へ設置されるONU(光回線終端装置)とテレビを、テレビ線(同軸ケーブル)で接続して番組を視聴するサービスです。視聴するテレビの台数が1台の場合は、ONUとテレビをテレビ線で直接接続しますが、部屋にテレビコンセントがあれば、追加工事で視聴できるテレビの台数を増やせます。

また、ソフトバンク光テレビで視聴できる番組は、地デジやBS放送だけでなく、有料番組を契約することで、4K放送や日本最大の多チャンネルデジタル衛星放送スカパー!も視聴可能です。

ソフトバンク光テレビを利用するための料金

ソフトバンク光テレビの月額料金は、テレビ転送サービス利用料450円とテレビ視聴サービス利用料300円の合計750円(税抜)がかかります。
さらに、初期費用として「スカパーJSAT施設利用登録料」2,800円(税抜)と、視聴するテレビの台数に応じて以下の工事費がかかります。
【ソフトバンク光テレビの工事費】

テレビ台数 基本工事費+テレビ接続工事費
ソフトバンク光と同時にソフトバンク光テレビを申し込んだ場合
(標準工事)
ソフトバンク光とは別にソフトバンク光テレビを申し込んだ場合
(単独工事)
1台 12,000円 16,500円
2~3台 24,000円 28,500円
4台~ 24,000円に加えて、1台追加ごとに5,000円 28,500円に加えて、1台追加ごとに5,000円

※価格はすべて税抜表示です。

ソフトバンク光テレビの工事費は、ソフトバンク光の工事と同時に行ったときよりも、ソフトバンク光の工事後に単独で工事を行ったときのほうが高くなります。まだソフトバンク光を契約していない人は、ソフトバンク光とソフトバンク光テレビは同時に申し込むほうが費用を抑えられます。

また、工事費の支払いは、24回/36回/48回/60回から分割払いが選択できます。分割払いにしても利子などは発生しません。ただし、支払回数の変更ができないので慎重に決めましょう。

※注意
宅内の利用環境によっては、テレビコンセントの位置や端子の形状などの理由により、上表の工事費に加えて「その他追加工事費」がかかる場合があります。

追加料金は一括払いのみです。作業完了後に直接現金で支払う場合があるので、工事日には多めに見積もって現金10,000円程度は用意しておきましょう。
「その他追加工事費」の費用の詳細はソフトバンク公式サイトをご確認ください。

ソフトバンク光テレビの提供エリア

ソフトバンク光テレビは、提供エリアが限られています。エリア外に住んでいる人はサービスを受けることができないので事前に確認しておきましょう。
ソフトバンク光テレビは下記の28都道府県の各一部で利用が可能です。

【ソフトバンク光テレビの提供エリア】
エリア 都道府県
NTT東日本エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県、福島県、北海道の各一部
NTT西日本エリア 大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、石川県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県の各一部

※提供エリア内でも設備状況などにより利用できない場合があります。

ソフトバンク光テレビは、NTT東日本・NTT西日本提供の「フレッツ・テレビ」のサービス卸なので、フレッツ・テレビと提供エリアが同じです。そのため、ソフトバンク光テレビの提供エリアの詳細は、以下のNTTのサイトから確認してください。

【ソフトバンク光テレビの提供エリアの確認サイト】

NTT東日本エリア
NTT西日本エリア

マンションタイプだとソフトバンク光テレビを利用できない場合がある

ソフトバンク光テレビは、提供エリア内であっても、ソフトバンク光の契約プランによって契約できないことがあります

たとえば、東日本エリアでマンションタイプの場合、ソフトバンク光テレビが契約できるのは、「光配線方式」だけです。LAN配線方式やVDSL方式の場合は契約できません。

また、西日本エリアでは、ファミリータイプしかソフトバンク光テレビを利用できないため、マンションタイプを契約している場合は契約できません。

そのため、ソフトバンク光テレビを契約する前には、自宅の利用環境を確認しておきましょう。

スカパー!を契約すると有料番組が視聴できる

ソフトバンク光テレビは、有料オプションとしてスカパー!を追加可能です。また、ソフトバンク光テレビは4K放送に対応しているため、スカパー!の4Kコンテンツを視聴することができます。
スカパー!を利用するには、基本料390円(税抜)と、下記のプランごとの料金がかかります。

【ソフトバンク光テレビで視聴できるスカパー!のプラン】
プラン 月額料金 サービス内容
スカパー!セレクト5 1,800円 48チャンネルの中から、好きな5チャンネルがセレクトできる
スカパー!セレクト10 2,600円 48チャンネルの中から、好きな10チャンネルがセレクトできる
スカパー!基本プラン 3,600円 50チャンネルが見放題
スカパー!光パックHD 3,762円 64チャンネルがHD画質で見放題

※価格はすべて税抜表示です。

ソフトバンク光テレビとスカパー!をセットで契約すると、ソフトバンク光の月額料金から200円割引される「スカパー!セット割」が適用されます。「スカパー!セット割」を適用するには、ソフトバンク光の5年自動更新プラン(テレビセット)の契約とスカパー!で1,833円以上のプラン・セットを2年間以上契約することが条件です。

スカパー!セット割を適用すると、期間の途中で料金の低いプランに変更したり、2年以内に解約したりすると9,500円(税抜)の解除料が発生するため、解約時期に気を付けましょう。

また、スカパー!基本プランはテレビ2台目、3台目は月額料金無料で視聴できます。他のプランで複数台のテレビで視聴する場合は、視聴料の割引サービスがあります。詳しくはスカパー!公式サイトをご確認ください。

スカパー!のプランごとのサービス内容はこちらから確認できます。

ひかりTVの特徴

ひかりTVとは、ひかりTV専用チューナーをテレビに接続することで、テレビが視聴できるサービスです。地上デジタル放送とBSデジタル放送の視聴ができるほか、プランによって有料チャンネルの視聴や映画やアニメなどが視聴できるビデオサービスを利用できます。

また、ソフトバンク光テレビとは異なり、工事不要で利用できます。

なお、ひかりTVは、2段階定額制のソフトバンク光 ファミリー・ライトを契約中の場合は利用できません。

ひかりTVを利用するための料金

ひかりTVを視聴するために必要な費用は、毎月発生する専用チューナーのレンタル料金500円~700円(税抜)※とひかりTVのプランの料金です。ひかりTVで利用できるプラン別の料金は下記のとおりです。※「ひかりTV」チューナー内蔵テレビの場合は、レンタル不要です。

【ひかりTVの契約プラン】
料金プラン 月額料金 サービス内容
お値打ちプラン 3,500円(税抜) 50ch以上のテレビと約26,000本のビデオが見放題
テレビおすすめプラン 2,500円(税抜) 50ch以上のテレビと一部の無料作品がビデオで見放題
ビデオざんまいプラン 2,500円(税抜) 10ch以上のテレビ(宣伝番組)と約26,000本のビデオが見放題
基本放送プラン 1,000円(税抜) 10ch以上のテレビ番組(宣伝番組)が見放題

※ひかりTVのプランはすべてHD画質に対応しています。

シネフィルWOWOWやアニマックス、ディズニー・チャンネルなどがあるベーシックチャンネルを視聴できるのは、お値打ちプランとテレビおすすめプランの2つです。多彩な専門チャンネルを視聴したいひとは、お値打ちプランかテレビおすすめプランを契約しましょう。視聴できるチャンネルやビデオの詳細は、ひかりTV公式サイトをご確認ください。

なお、お値打ちプラン、テレビおすすめプラン、ビデオざんまいプランでは、ひかりTV 2ねん割を適用することができます。ひかりTV 2ねん割とは、ひかりTVを24か月間継続して契約することと引き換えに、下記の特典を受けられるサービスです。

【ひかりTV 2ねん割の特典】
  • 利用開始月から2か月目まで、ひかりTVの月額基本料金が無料
  • 3か月目から24か月目まで、月額基本料金から毎月1,000円(税抜)割引
  • 24か月間毎月550ポイント(チューナーレンタル相当額)のぷららポイントを付与

※25か月目からは通常料金の請求、ぷららポイント付与なしとなります。また、特典の適用は初回のみで、再入会の場合は特典適用外です。

2ねん割の契約中は、契約から24か月以内にひかりTVを解約したり、2ねん割対象外の基本放送プランに変更したりすると、違約金10,000円(税抜)がかかります
しかし、初月と2か月目の月額料金が無料になり、その後も毎月1,000円割引を受けられるので、月額2,500円のプランなら8か月以上利用すれば、違約金がかかってもトータルで支払う金額は2ねん割を適用した場合のほうが安いです。

また、毎月もらえるぷららポイントは、ひかりTVショッピングやひかりTVブックなどで、1ポイント=1円で利用できます。

ひかりTVで4K放送を視聴するには別料金がかかる

ひかりTVで4K放送を視聴するには、4K対応チューナーのレンタルもしくは購入が必要です。ひかりTVの4K対応チューナーは、契約事務手数料1,000円(税抜)と、最新の「ST-4500」だと毎月700円(税抜)のレンタル料金がかかります。また、チューナーを購入する場合、機器代は34,364円(税抜)です。
詳しくは、ひかりTV公式サイトをご確認ください。

ひかりTVの提供エリア

ひかりTVは全国で利用できますが、地デジが視聴できるのは下記20都道府県の各一部です。

【ひかりTVで地デジが視聴可能なエリア】
NTT東日本エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、宮城県、北海道(札幌エリア)の各一部
NTT西日本エリア 大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、静岡県、石川県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県の各一部

※提供エリア内でも設備の都合により利用できない場合があります。

「地上デジタル放送」から、詳しい提供エリアと視聴可能なチャンネルを確認できます。丁目ごとに提供エリア外の地域もあるので、エリア内かどうか契約前に必ず確認してください。

ひかりTVは複数台のテレビで視聴できる

ひかりTVは、ひかりTVの専用チューナーを繋いでいるテレビとは別のテレビに、Amazon Fire TV StickやPIXELA Smart Boxを挿すと、「ひかりTV どこでも LITE」というアプリからひかりTVを視聴できるようになります。また、ブラビア「KDL-24W600A」ならテレビ単体でひかりTVを視聴可能です。
これらの方法でひかりTVを視聴しても、別途利用料はかかりません。かかる費用は、機器の購入費用のみですが、Amazon Fire TV StickやPIXELA Smart Boxは7,000円前後、ブラビア「KDL-24W600A」はAmazonにて23,000円ほどで購入できます。

そのため、複数のテレビでひかりTVを視聴したい場合は、ひかりTVを2つ契約するより、ひかりTV対応の機器を購入したほうが安いです。

また、「ひかりTVどこでも」というスマートフォン・タブレット専用アプリを利用すれば、最大5台までのスマホなど携帯端末で、ひかりTVのコンテンツをどこでも視聴することができます

ソフトバンク光のテレビサービスの申し込み方法

ソフトバンク光のテレビサービスは、以下から申し込めます。

【ソフトバンク光のテレビサービスの申込窓口】
サービス名 申込窓口
ソフトバンク光テレビ 【SoftBank 光 サポートセンター】
0800-111-2009(無料)
受付時間:10:00~19:00(年中無休)
スカパー! 【スカパー!光コラボ受付センター】
0120-701-856(無料)
受付時間:9:00~20:00(年中無休)
ひかりTV My SoftBankのオプションページ

ソフトバンク光を新規契約する場合、ソフトバンク光テレビとひかりTVはWeb代理店にて同時に申し込めます。スカパー!は、ソフトバンク光の申し込み後、自身で上記の窓口で申し込みをする必要があります。おすすめのWeb代理店については「ソフトバンク光の申し込み窓口ごとの特徴を比較」をご確認ください。

すでにソフトバンク光を契約中の場合、ソフトバンク光テレビの工事の立会人が契約者本人であれば、チャットサポートからソフトバンク光テレビを申し込めます。申し込みの受付時間は、オペレーターが対応している10:00~19:00(年中無休)です。

ひかりTVの専用チューナーは別途申し込みが必要

ひかりTVの専用チューナーのレンタルや購入は、ひかりTVの公式サイトにて別途申し込み手続きが必要です。申込受付からチューナーが届くまで、1~2週間ほどかかるので、すぐにひかりTVを利用したいひとは早めに申し込みましょう。
詳細は、「対応チューナー|ご利用ガイド|ひかりTV」をご確認ください。

ソフトバンク光の窓口

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事