閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

NURO光のIPアドレスを解説。固定、それとも変動?IPv6通信には対応してるの?

NURO光のIPアドレスは「変動IPアドレス」であることが特徴。さらに、無料オプションで最新規格の「IPv6」接続に対応しています。

この記事では、NURO光のIPアドレスに関する2つの疑問(固定?変動?・IPv6通信には対応しているか)を解説します。NURO光の導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

NURO光のIPアドレスは固定されていない

NURO光のIPアドレスには、固定ではなく、変動IPアドレスが採用されています。
以下、NURO光のIPアドレスの仕様について解説しますので、参考にしてください。

NURO光は、変動IPアドレス

通常機器を再起動すればIPアドレスが変更されますが、NURO光ではパソコンなどを再起動してもIPアドレスが変更されない場合があります。

他社のサービスと較べてあまり頻繁にIPアドレスが変更されないため、一見するとNURO光は固定IPアドレスだと勘違いしてしまうかもしれません。

しかし、NURO光で採用されているのは、あくまでも変動IPアドレスです。数日チェックして変わっていなかったとしても、その後いつの間にか変更される可能性があります。

固定IPアドレスと変動IPアドレスの違い

パソコンなどの機器をインターネットに接続する時は、プロバイダから「IPアドレス」が付与されます。IPアドレスはいわばその機器の住所で、機器の識別に使われます。

固定IPアドレスのメリットは、外出先でパソコンのブラウザなどからいつでも同じIPアドレスにアクセスし、自宅のパソコン等に用意されているデータを呼び出せることです。

たとえば、自宅のパソコンに保存してある書類が必要になった時、自宅のインターネット回線で固定IPアドレスを利用すれば、外出先のパソコンから自宅のパソコンへアクセスして書類を開くことができます。

固定IPは主に、ビジネス向けに利用されることが多く、家庭であれば子どもの留守番や犬・猫などの動物を飼っている場合、部屋にインターネット経由でWebカメラを設置しておけば、固定IPアドレスにアクセスしていつでも自宅の様子を観察できるようにするなど、家庭用としても利用されるようになっています。

ちなみに、IPアドレスは通常、機器をインターネットから切断後、再接続する度に変更されます(=変動IPアドレス)。しかし「固定IPアドレス」なら、一度ネットワークから切断した後に再度接続し直してもIPアドレスが変更されません。

NURO光の個人プランには固定IPサービスがない

IPアドレスが固定されていれば、外部から自宅のパソコンなどにアクセスしていつでもデータをやり取りできます。

しかし、NURO光のIPアドレスは固定ではない「変動IPアドレス」です。同じIPアドレスにアクセスしようとしても既にIPアドレスが変更されていて、データの参照などができない可能性があります。

他社ではオプションとして固定IPアドレスを契約できるケースもありますが、個人向けのNURO光では提供されていません。個人向けのNURO光で固定IPアドレスを使うことは、不可能です。

どうしても自宅用のインターネットで固定IPアドレスを利用したい場合は、フレッツ光など他社の光回線を契約し、プロバイダでオプション契約するという選択肢もあります。

法人向けサービスでのみ固定IPが利用できる

個人向けのNURO光では固定IPアドレスが提供されていませんが、法人向けの「NURO Biz」では固定IPアドレスを1個標準で使えます。

必要に応じて、固定IPアドレスをオプションで追加することも可能です。個人事業主や法人でNURO光の高速回線と固定IPアドレスを活用したいのであれば、NURO Bizを選ぶとよいでしょう。

NURO光はIPv6に対応している

インターネットのプロバイダには「IPv6」のIPアドレスに対応しているものと非対応のものがありますが、NURO光はIPv6に対応しています。

ここからは、NURO光が対応するIPv6の特徴や使い方を解説します。

IPv6とは?IPv4との違い

インターネットでは長い間、「PPPoE」形式で接続を行うための「IPv4」のIPアドレスが使われていました。しかし、パソコンだけでなくタブレットやゲーム機など、インターネットに接続できる=IPアドレスが付与される機器が増えてきたため、IPv4で使えるIPアドレスはすでに枯渇しかけています。

そこで登場したのが、「IPv6」という新しい規格です。
「IPv6」なら使えるIPアドレスの数が膨大で、まだまだ余裕があります。

また、IPv6のIPアドレスは、IPv6専用の「IPoE」方式で利用することにより混雑が緩和されるため、IPv4での接続に比べてホームページなどの読み込みがスムーズになることも特徴です。

さらに、IPv6方式のIPアドレスなら通信を暗号化できるため、従来のIPv4に較べてセキュリティ面でも優れています。(まだIPv6に対応していないWEBサイトも数多くありますが、今後増えていくでしょう。)

IPアドレスの数の問題についてはピンとこないかもしれませんが、IPv6を利用することで読み込みが速くなったりセキュリティが強化されたりするのは、利用者にとって十分なメリットでしょう。

NURO光はIPv6を無料で使える

NURO光では、IPv4に加えてIPv6接続機能も提供されています。
サービスの利用料は無料で、追加料金が発生することはありません。
加えてNURO光の場合は、事前に利用申し込み手続きも必要なく、すぐに使えます。

IPv6接続は自動で行われる

NURO光では、対応しているホームページを開く際に自動でIPv6接続が適用されます。IPv6非対応のホームページなどへは、自動的にIPv4で接続されます。

他社でIPv6を使う場合は、事前に接続設定やユーザーIDの変更が必要になるケースがありますが、NURO光では設定不要です。今すでにNURO光を利用している人であれば、実は対応しているサイトによってはすでにIPv6で接続されているはずです。

まとめ

NURO光のIPアドレスは固定でなく、変動IPアドレスです。機器を再起動してもIPアドレスが変わらないこともありますが、あくまで変動IPアドレスなので将来的には変更されます。

NURO光はIPv6接続に対応していて、対応しているサイトでは自動的に「IPv6」で接続されます。IPv6非対応のサービスへはIPv4で接続されるので、接続方式を変更するための再設定は必要ありません。

IPv6への自動接続で通信速度が速くなり、セキュリティが強化されるため、ユーザーにとっては十分なメリットがあることを覚えておきましょう。

関東エリアならnuro光!おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事