閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

OCN光 with フレッツとOCN光の違いと乗り換えの注意点

「OCN光 with フレッツ」と「OCN光」は、どちらもプロバイダ事業者のOCNが提供するインターネットサービスです。どちらのサービスもNTTの光回線を利用しているため、最大通信速度は同じです。

ただし、2つのサービスはそれぞれ月額料金が異なるため、申し込み前に確認しておきましょう。

当記事では、OCN光 with フレッツとOCN光の違いや、OCN光 with フレッツ光からOCN光に乗り換える方法・注意点を解説します。

OCN光 with フレッツとOCN光の違い

OCN光 with フレッツは、NTTが提供する光回線サービス「フレッツ光」の契約者がOCNとプロバイダの利用契約をし、インターネットに接続するサービスです。そのため、フレッツ光の月額利用料とは別に、OCNのプロバイダ利用料を支払わなければなりません。

一方、OCN光は、インターネット回線とプロバイダの両方をOCNと契約してインターネットに接続する光コラボと呼ばれるサービスです。

光コラボ(光コラボレーション)とは、NTTと提携する事業者がフレッツ光回線を借りて、割引などの自社独自のサービスをセットしにして提供する光回線のことです。
OCN光は、OCN以外のプロバイダを利用することはできませんが、OCN光 with フレッツと比較して月額利用料が安く設定されています。

月額利用料の比較

OCN光 with フレッツとOCN光の料金は、以下のとおりです。

【OCN光 with フレッツの月額利用料(NTT東日本)】
居住形態 フレッツ光利用料 OCN利用料 合計
戸建住宅
(ファミリータイプ)
4,500円~5,700円 1,100円 5,600円~6,800円
集合住宅
(マンションタイプ)
2,750円~4,350円 650円~900円 3,650円~5,000円
【OCN光 with フレッツの月額利用料(NTT西日本)】
居住形態 フレッツ光利用料 OCN利用料 合計
戸建住宅
(ファミリータイプ)
4,300円~5,400円 1,100円 5,400円~6,500円
集合住宅
(マンションタイプ)
2,850円~4,500円 810円 3,660円~5,310円
【OCN光の月額利用料】
居住形態 契約期間 月額利用料
戸建住宅
(ファミリータイプ)
なし 6,200円
2年自動更新 5,100円
集合住宅
(マンションタイプ)
なし 4,700円
2年自動更新 3,600円

※すべて税抜価格

OCN光は、2年自動更新型割引を申し込むことで、OCN光 with フレッツよりも月額利用料が最大1,700円安くなります。

2年自動更新型割引とは、24か月間継続して利用することを条件に、OCN光の月額利用料が1,100円安くなる割引のことです。

フレッツ光は契約内容によって月額利用料が1,000円以上変わることがありますが、2年自動更新型割引が適用された場合、いずれの場合も月額利用料が安いのはOCN光となります。
ただし、2年自動更新型割引に申し込む人は、契約期間中にOCN光を解約すると、違約金として11,000円を支払わなければならないので、覚えておきましょう。

2年自動更新型割引の契約期間

OCN光の2年自動更新型割引の契約期間は、OCN光 with フレッツから乗り換える場合と、OCN光に新規申込する場合とで異なります。

OCN光 with フレッツからOCN光に乗り換える人は、乗り換えの手続きが完了した日の翌月を1か月目として24か月目までが契約期間となります。

OCN光に新規申込する人は、OCN光の利用開始日の翌月を1か月目として24か月目までが契約期間です。

なお、どちらの場合も、25か月目および26か月目に当たる月は、解約時に違約金(1,100円)がかからない契約更新月となります。OCN光から他社サービスに乗り換えたい人は、2年自動更新型割引を利用する場合、契約更新月に解約手続きをすると良いでしょう。

OCN光 with フレッツとOCN光の共通点

OCN光 with フレッツとOCN光は、どちらもNTTフレッツ光の光回線を利用しているため、最大通信速度1Gbpsです。OCNが提供するOCN v6アルファや、OCN光モバイル割も利用できます。

OCN v6アルファとは、プロバイダとしてOCNを利用する光回線で、IPv6(IPoE IPv4 over IPv6)による通信が可能となるオプションサービスのことです。

IPv6とは、インターネットの通信方式の1種で、現在主流の通信方式であるIPv4よりも通信速度が遅くなりにくいという特徴があります。
OCN光 with フレッツとOCN光では、月額500円(税抜)で利用できます。

また、OCN光モバイル割とは、OCNが提供する光回線サービスとOCNモバイルONEとのセット割引のことです。以下の条件を満たすと、OCNモバイルONEの月額利用料が安くなります。

【OCN光モバイル割の利用条件】
割引対象 対象の光回線と同一住所で契約中のOCNモバイルONE
割引額 1回線につき200円/最大5回線まで
対象の光回線 OCN 光 /OCN for ドコモ光/OCN 光 with フレッツ/OCN 光 おまかせプラン with フレッツ/OCN 光 「フレッツ」(OCN 光 「フレッツ」 WiFiアクセスを除く)/OCN 光 おまかせプラン 「フレッツ」/OCN 光 あんしんプラン 「フレッツ」

※すべて税抜価格

OCN光 with フレッツとOCN光でOCNモバイル割の内容に違いはありません。OCN光 with フレッツからOCN光に乗り換えてもセット割が適用されるので、乗り換えを検討しているOCNモバイルONEユーザーの人は、安心してください。

OCN光 with フレッツからOCN光に乗り換える方法

OCN光 with フレッツを利用している人は、転用手続きを行い、OCN光に乗り換えましょう。転用とは、開通済みの光回線の設備をそのままに、フレッツ光からOCN光などの光コラボに乗り換えることです。

OCN光 with フレッツ光からOCN光に転用する場合、OCN光の開通工事は不要であり、工事費はかかりません。また、フレッツ光で2年割などの長期契約割引を申し込んでいても、途中解約ではなく転用となるため、フレッツ光の違約金も不要です。

ただし、OCN光 with フレッツからOCN光に転用するには、NTT東日本またはNTT西日本の専用窓口に連絡して、転用承諾番号を発行する必要があります。転用手続きの流れや注意点は、以下の記事を参考にしてください。

フレッツ光から光コラボに転用する方法と注意点

契約中のプランによっては転用でも工事費がかかることがある

OCN光 with フレッツからOCN光への転用では、回線の種類や最大通信速度の変更を伴う場合、税抜7,600円の工事費がかかります。

OCN光は、フレッツ光のプランのうち、「フレッツ光ネクスト」の回線設備を流用しているサービスです。そのため、OCN光 with フレッツを契約している人でも、「フレッツ光ライト」や「Bフレッツ」など、フレッツ光ネクスト以外のプランを契約している人は、OCN光に転用する際に回線の種類が変更になるので工事費がかかります。

また、フレッツ光ネクストの最大通信速度は1Gbpsですが、「ハイスピードタイプ」のように最大通信速度が1Gbpsとなるタイプを利用している人もいるでしょう。
OCN光に転用する際、最大通信速度を1Gbpsに変更するには工事費がかかります。

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事