閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

紛らわしい「OCN光 with フレッツ」と「OCN光」の違いって?

OCNの光回線サービスについて調べていると、「OCN光」という言葉と「OCN光 with フレッツ」という言葉が見受けられます。

この記事では、「OCN光」と「OCN光 with フレッツ」の違いや、「OCN光 with フレッツ」から「OCN光」へ転用(※)する方法を解説します。

※転用…フレッツ光を解約して、回線の契約先を光コラボレーション型サービス(※)に変更すること。
※光コラボレーション型サービス…フレッツ光の回線を使用してサービスを提供する、OCN光・ドコモ光・ソフトバンク光などのサービス。

「OCN光」と「OCN光 with フレッツ」の違い

「OCN光」は、フレッツ光の回線をOCNが借り受けてサービスを提供する「光コラボレーション」型サービスの1つです。この「OCN光」のプロバイダはOCNで、「OCN光」サービスの契約者は、回線・プロバイダともにOCN側と契約することになります。

一方、「OCN光 with フレッツ」は、フレッツ光の回線をOCNが借り受けていません。そして、「OCN光 with フレッツ」のプロバイダはOCNです。「OCN光 with フレッツ」のサービスの契約者は、回線をフレッツ光と契約、プロバイダはOCNと契約することになります。

OCN光の方が月額料金が安い

OCN光の月額料金は次のとおりです。
<OCN光の月額料金>

  2年自動更新型 自動更新しない
戸建て(ファミリータイプ) 5,100円 6,200円
集合住宅(マンションタイプ) 3,600円 4,700円

OCN光は、回線速度による料金の変動はなく、料金に東日本と西日本の区別がありません。

「OCN光 with フレッツ」の月額料金は次のとおりです。
<「OCN光 with フレッツ」(東日本)の月額料金>

  1Gbps 下り200Mbps・上り100Gbps
戸建て(ファミリータイプ) 6,100円 5,600円
集合住宅(マンションタイプ) 4,150~4,900円 3,650~4,400円

<「OCN光 with フレッツ」(西日本)の月額料金>

  回線タイプによる料金変動なし
戸建て(ファミリータイプ) 5,400円
集合住宅(マンションタイプ) 3,660~4,760円

「OCN光 with フレッツ」はNTT東日本、西日本で料金が一部変わり、また東日本の場合は回線タイプによっても料金に違いがあります。マンションタイプでは、マンション自体で見込める契約数によっても月額料金が変化します。

また、どのプランと比べてもフレッツ光よりOCN光のほうが月額料金は安くなることがわかります。
フレッツ光から、OCN光へ転用するときに基本的に工事費は不要(※)で、かかるのは事務手数料の3000円のみのため、現在「OCN光 with フレッツ」で契約中の方は、「OCN光」へ転用すると、早くて3か月程度程度で、事務手数料の元を取ることができます。

※OCN光へ転用するときに、転用前の回線速度と違うプランを契約すると、2000円または7600円の工事費がかかります

「OCN光」と「OCN光 with フレッツ」の共通点

「OCN光」と「OCN光 with フレッツ」の速度は同じ

OCN光の光回線は、フレッツ光回線と同じ回線を使っているので、回線速度もフレッツ光の回線タイプに準じています。
回線速度は、フレッツ光ネクストと同じく最大1Gbpsとなっており、厳密には回線タイプによって3通りに分かれます。
・最大1Gbps:ギガスマートタイプ(NTT東)/スーパーハイスピードタイプ隼(NTT西)
・最大200Mbps:ハイスピードタイプ
・最大100Mbps:(ファミリー/マンション)タイプ

転用前のフレッツ光のプランがフレッツ光ネクストではなく、フレッツ光ライトやBフレッツに加入している場合は、別途に工事が必要になります。工事担当者が立ち会わない場合は2,000円、立ち会いが必要な場合7,600円です。

通信量が多い利用者に速度制限がかかる

OCNでは、混雑時に通信量が多い人を対象に速度制限をかけることによって、通信品質を保つ取り組みをしています。
OCNの速度制限は一時的な処置ですが、大容量のデータを頻繁に素早くやりとりしたい方にとって、OCNは向いていない可能性があります。

速度制限のリスクを避けたい方には、auひかりやNURO光といったフレッツ光回線以外の独自回線を利用する光回線が最もおすすめです。

おすすめ窓口最大77,200円大幅還元!
au25 TOP
auスマートバリューでセットにするとスマホ1台につき
最大2,000円を携帯料金から割引
「速い!」「安い!」で人気のauひかり!スマホとのセットで安くなるauスマートバリューの他にも工事費が実質無料のキャンペーンや、乗換えで最大30,000円の違約金が還元!さらに、この人気窓口限定で最大77,200円の大幅還元キャンペーン地デジアンテナの設置工事費が実質無料!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る


おすすめ窓口最大12万円もお得!!
株式会社Life Bank
下り最大2Gbpsの超高速光通信を実現
個人宅向け商用光ファイバーサービスの中でも、超高速となる下り最大2Gbpsという通信速度を実現。 超高速光通信で、あなたのインターネットライフをより一層楽しい世界へと導きます。 当サイト限定で最大80,000円の高額キャッシュバックに加え、初期工事費実質0円、月額基本料が開始月無料となります。

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

訪問サポートが1台まで無料

OCNでは、インターネット接続やルーターの設定などを行う「OCN開通とことんサポート」を初回に限り1台まで無料で提供しています。OCNのサービス全てが対象となるサポートです。

インターネットの接続設定や利用方法に不安がある方にとって心強いサービスですね。

OCN開通とことんサポートの申し込み方法は、OCN光フレッツ、OCN光 withフレッツまたはOCN光の申し込み時に送付される「OCN会員登録証」に同封されている「OCN設定ガイド」で確認できます。

他にも、継続してサポートを受けたい、操作がわからないときのリモートサポートをしてほしい、ウィルス対策をしてほしい、という方向けに「OCNプレミアムサポート」が台数無制限・月額600円で提供されています。

「OCN光 with フレッツ」から「OCN光」へ転用する方法

「OCN光 with フレッツ」から、「OCN光」へ転用するのは、2ステップでできます。
まずはじめに、NTTから「転用承諾番号」という番号を取得します。
その後に、OCN光をWebサイトや電話から申し込むときに、「転用承諾番号」を伝えるだけです。

なお、この「転用承諾番号」は、NTT東日本はこちらのページ、もしくは電話(0120-140202)から取得を申し込めます。
NTT西日本はこちらのページ、もしくは電話(0120-553104)から取得の申し込みができます。

OCN光の申し込みは、こちらのページから可能です。

なお、場合によっては、OCN光以外の光コラボレーションに転用した方が、月額料金が安くなる可能性がありますので、試しに以下の料金シミュレーションをしてみることをおすすめします。

乗り換えなら料金がお得な光コラボレーション!ネット代、携帯代が安くなる!

光コラボレーションがお得なポイント

  • ネット料金月額2,800円~!
  • 携帯代金最大2,000円割引!
  • フレッツ光からの転用なら工事費不要!
  • さらにお得なキャンペーンも!

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事