閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光のプランを変更したい!手続きと注意点、料金変化を解説

フレッツ光のプラン変更は、NTTの公式窓口で行えます。

プラン変更をすると、最大速度と月額料金が変わるほか、場合によってはプロバイダも変更になるので、事前に確認しておくべきでしょう。

ここでは、変更することのできるプランを紹介、またプラン変更の手続き方法や注意点について解説します。

どんなプランに変更できるの?

そもそも、どんなプランへ変更することが出来るのでしょうか?

定額プラン(=月額料金が変わらない)を紹介した後に、2段階プラン(=通信量に応じて月額料金が変動する)を紹介しますね。

戸建て・定額プラン

フレッツ光の定額プランは「光ネクスト」であり、戸建て(ファミリータイプ)と集合住宅(マンションタイプ)で料金が違います。

フレッツ光ネクストファミリータイプの各プランの料金は、以下の通りです。
最大速度1Gbps、200Mbps、100Mbpsでプランが分かれますが、NTT東西とも、月額料金に差はほとんど見られません。

<NTT東日本の戸建て向けプラン>

最大速度 プラン名 月額料金(※2)
1Gbps ギガスマートタイプ(無線LAN付き) 4,600円
ギガラインタイプ(※1) 4,600円
200Mbps ハイスピードタイプ(※1) 4,400円
100Mbps ファミリータイプ(※1) 4.400円

※1.無線LANカードのレンタル料金は月額300円
※2.NTT東日本「にねん割」、およびギガスマートタイプに「ギガ推し!」適用

<NTT西日本の戸建て向けプラン>

最大速度 プラン名 月額料金(※4)
1Gbps スーパーハイスピードタイプ隼(※3) 1・2年目:4,300円
3年目以降:4,110円
200Mbps ハイスピードタイプ(※3)
100Mbps ファミリータイプ(※3)

※3.無線LANカードのレンタル料金は月額100円
※4.NTT西日本「光はじめ割」適用

集合住宅・定額プラン

フレッツ光ネクストマンションタイプの料金システムも、ファミリータイプとほとんど変わりません。

ここでは、プラン1(物件内で8戸以上の契約が見込める場合)の月額料金を記載します。

※4契約以上(ミニ)は、プラン1の料金に600円(NTT東日本)、700円(西日本)を加え、16契約以上(プラン2)では、400円(東西同じ)を引いてください。

<NTT東日本の集合住宅向けプラン>

最大速度 プラン名 月額料金(※2)
1Gbps ギガスマートタイプ(無線LAN付き) 3,350円
ギガラインタイプ(※1) 3,350円
200Mbps ハイスピードタイプ(※1) 3,050円
100Mbps マンションタイプ(※1) 3,050円

※1.無線LANカードのレンタル料金は月額300円
※2.NTT東日本「にねん割」、およびギガスマートタイプに「ギガ推し!」適用

<NTT西日本の集合住宅向けプラン>

最大速度 プラン名 月額料金(※4)
1Gbps スーパーハイスピードタイプ隼(※3) 1・2年目:3,250円
3年目以降:3,080円
200Mbps ハイスピードタイプ(※3)
100Mbps マンションタイプ(※3)

※3.無線LANカードのレンタル料金は月額100円
※4.NTT西日本「光はじめ割」適用

なお、マンションの配線方式には「VDSL方式」「LAN方式」「光配線方式」があります。200Mbps以上のプランは光配線方式のみ対応です。

これらの違いは、マンション共用部分から各部屋までの配線にあります。
電柱からマンション共用部分までは光ケーブルですが、そこからはそれぞれ、電話線、LANケーブル、光ケーブルで配線します。

電話線を用いたVDSL方式がよく見られますが、電話線の性質から、距離や周囲のノイズによって速度が減衰しやすく、最大速度も100Mbpsと比較的低いです。
これに比べ、光配線は減衰が小さく、速くて安定しているという特徴があります。

配線方式を変える場合は、新たにケーブルを引き直す工事が必要になりますので、管理会社や大家さんに相談して、許可を得てください。

2段階定額プラン「光ライト」って?

フレッツ光には、2段階定額プランの「フレッツ光ライト」もあります。
フレッツ光ライトでは、最低料金と最高料金の間で、月の通信量によって料金が変動します。

ただここでは、「フレッツ光ライト」は基本的におすすめしません。
理由は以下の3つです。

・最大速度が100Mbpsと低い
・最高料金に達する通信量が小さい
・通信量最大の場合の料金が、定額プランよりも高い

たとえば、NTT東日本の「フレッツ光ライトファミリータイプ」では、月の通信量1.2GBで最高料金5,700円に到達してしまいます。


出典:NTT東日本「フレッツ光ライト料金」(https://flets.com/light/fm/fee.html

スマホを利用している人ならわかると思いますが、1.2GBなんて、調べ物をしたり動画を見たりしていればすぐに使ってしまう量ですよね。

ですから、ネットをほぼ使わないという人以外は、定額プランの「フレッツ光ネクスト」がおすすめです。

https://hikari.netde-pc.jp/11398.html

フレッツ光プレミアム(NTT西日本)は切り替えが必要

NTT西日本の提供する「フレッツ光プレミアム」は2019年1月31日にサービス提供を終了するため、ネクストかライトに切り替える必要があります。

切り替えには工事が必要ですが、工事費は一部を除いて無料です。

下の画像は、フレッツ光プレミアムからネクスト、ライトの各プランに切り替えた場合の工事費一覧です。


出典:「『フレッツ光』 初期費用(契約料・工事費)等について」(https://flets-w.com/price/initialcost/

プラン変更の手続きと流れ

では、フレッツ光のプラン変更はどのような流れで行うのか見ていきましょう。

(1) 電話またはWebサイトでプラン変更手続き
(2) 利用中のプロバイダが新プラン対応か確認、対応していなければ解約・新規契約
(3) フレッツ光のプラン変更工事
(4) 必要に応じて機器の再設定を行う

それぞれ解説します。

(1)電話またはWebサイトで手続き

フレッツ光のプラン変更は、電話かフレッツ光会員ページ、もしくは専用ページで申し込めます。

・電話(東西共通):0120-116-116(9:00~17:00、年末年始除く)
・NTT東日本「フレッツ光 プラン変更の手続き」(https://flets.com/application/change.html
・NTT西日本「プラン変更のお申し込み」(https://flets-w.com/user/confirm/application/

(2)利用中のプロバイダが新プランに対応しているか確認

プラン変更工事の前に、現在利用しているプロバイダが新プランでも利用できるかどうか確認しましょう。

プロバイダの対応状況は、NTTの公式ページで調べられます。

・東日本(戸建て・光ネクスト):https://flets.com/next/fm/isp.html
・東日本(戸建て・光ライト):https://flets.com/light/fm/isp.html
・東日本(集合住宅・光ネクスト):https://flets.com/next/mn/isp.html
・東日本(集合住宅・光ライト):https://flets.com/light/mn/isp.html
・西日本:https://flets-w.com/service/isp/

変更後のプランにプロバイダが対応していなかった場合、プロバイダを解約し、新規にプロバイダを契約することが必要です。この手続きをしておかないと、プラン変更工事が終わったのにインターネット接続できない、ということになってしまいます。

プロバイダの解約時期によっては、最低利用期間や自動契約更新の違約金がかかることがありますので、契約内容を確認しておきましょう。

解約月の月額料金については、OCNやSo-net、BIGLOBE等、大手プロバイダのほとんどが全額請求となります。この場合、月末の解約にすればOKです。

また新プランに対応していても、場合によってはプロバイダのプランが変更になることもあるので、プロバイダに確認してください。

(3)プラン変更工事(申し込み後約3週間)

プラン変更工事は、窓口の混雑状況や工事内容にもよりますが、申し込みから3週間程度後です。

工事内容によって、立ち会いが必要かや工事料金が変わります。
これについては後述します。

(4)必要に応じて機器を再設定する

プランの変更状況によっては、NTTから新たなモデムやONU等の接続機器が送られてきたり、設定用CD-ROMが送られてきたりすることがあります。

それぞれの設定方法は公式サイトに記載されていますので、確認して設定してください。

・NTT西日本「フレッツ光サービス別サポート情報」(https://flets.com/customer/service/
・NTT西日本「フレッツ光設定ガイド」(https://flets-w.com/user/support/next/

プラン変更の工事費用は4パターン

工事費別に、フレッツ光のプラン変更パターンをまとめました(NTT東西共通、ライト⇔ネクストで変更する場合も同様)。

工事費 ファミリープランから マンションプランから
18,000円 なし ・ファミリープラン
15,000円 ・マンションプラン(光配線・VDSL) ・VDSL方式
・光配線方式
7,600円 ・マンションプラン(LAN)
・ギガスマート(NTT東日本)
・LAN方式
・ギガスマート(NTT東日本)
2,000円 ・上記以外

工事費2,000円の場合を除き、工事には立ち会いが必要です。

工事費2,000円の場合はNTT局内で、切り替え工事を行います。

フレッツ光のプラン変更で違約金は発生するの?

フレッツ光のプラン変更では、違約金は発生しません。

適用していた割引も、そのまま引き継がれるので安心してプラン変更しましょう。

しかし、割引対象でないプランに変更すると、割引は自動的に外れます(「にねん割」「光はじめ割」の対象にならないフレッツ光ライトへ、あるいは「ギガ推し!」対象のギガスマートプランからの他プランへ変更、等)。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事