閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

満足の鍵は料金と通信の安定性!ソフトバンク光の現在の評判は?

フレッツ光の回線を使った光コラボ「ソフトバンク光」。

少し前まで、通信速度の不安定さや、思ったほど安くない、など口コミ評判では不満の声も聞かれていましたが、最近はどうなのでしょうか?

ソフトバンク光の最近の口コミや、実際のところはどうなのかを考察しました!

他と比べても料金は高くはない

光コラボであるソフトバンク光は、フレッツ光の光回線とプロバイダをセットにしたサービスです。

ソフトバンク光を利用する場合、「フレッツ光+プロバイダ」で利用するよりも、月額料金は全体的に安く抑えられます。さらにソフトバンクの携帯・スマホユーザーであればセット割を受けることができます。

【ソフトバンク光の基本月額料金】

  マンションタイプ ファミリータイプ ファミリー・ライト
2年自動更新 3,800円 5,200円 3,900~5,600円
5年自動更新 4,700円

ソフトバンク光では、新規でも転用でも上記月額料金です。(新規の場合の開通工事費用はかかります。)他の光コラボでは、新規開通の場合とフレッツ光からの転用で、月額料金が変わることもあります。

また、ファミリータイプには5年契約プランもあり、この場合ファミリータイプとしては後述するSo-net光のファミリー月額に匹敵する安さになります。

月額料金を他の光コラボと比べてみました。

【主な他光コラボとの比較】
(フレッツ光転用・プロバイダ込み・初期費用や工事費用含まない場合で算出)

  マンション月額 ファミリー月額
ソフトバンク光(2年自動更新) 3,800円 5,200円
ドコモ光(2年自動更新) 4,000~4,200円 5,200~5,400円
So-net光(30ヵ月契約) 4,000円 4,800円
OCN光(2年自動更新) 3,600円 5,100円

他社光回線との比較

auひかり 3,800円 5,100円 ※3年自動更新
NURO光 1,900~2,500円/4,743円 4,743円

上記のように主な光コラボサービスを似たような条件での月額を比べると、OCN光には負けるものの、ソフトバンク光の月額は安いほうです。

auひかりやNURO光などの他社の光回線は、利用できるエリアや建物が限られるので一概には比較しにくいところもありますが、価格帯の参考にしてみてください。

光回線は初期費用やオプションで月額が高くなる

月額料金の他に、新規開通なら工事費用がかかり、ホームゲートウェイなどのONU機器のレンタル料金がかかります。さらにひかり電話などのオプション費用や、スマホとのセット割、オプションを付けた上での相殺割引なども発生します。

開通工事費は一括でなければ、月額基本料金に2年や30ヶ月での分割支払いを乗せて支払っていくことになります。月々のレンタル料金も合わせると、基本月額に+1,000円ほどはかかり、当初思っていた月額より高くなってしまうのです。

光コラボの料金体系自体がとても複雑ですので、一概には比べにくいところもありますが、ソフトバンク光の月額料金は、他に比べると比較的シンプルで安いほうなのです。

また、ソフトバンク光そのものの月額料金が安くなるわけではありませんが、ソフトバンクのスマホユーザーでデータ定額プランを利用していればスマホの月額料金が1,000円割引になります。

通信速度は最大速度より安定性がカギ

では、通信速度について考察してみましょう。

ソフトバンク光はフレッツ光の回線をそのまま使っているサービスです。
プランと建物の回線設置状況で利用できるタイプは変わりますが、ギガスピードタイプで最大1Gbps、ハイスピードタイプで最大100~200Mbpsです。

「最大通信速度1Gbpsと聞いたのに遅い!」という口コミを目にすることが多いかもしれませんが、You Tubeなどで動画視聴をするとしても常時速度が30~50Mbps出ていれば不自由なく閲覧できます。100Mbps以上出ていれば、通信速度が遅いと感じることはないはずです。

【ネット通信速度の目安】

1Mbps 文字だけのWebサイト閲覧、メール送受信ができる
10Mbps TwitterなどSNS閲覧・投稿に。携帯の3G接続の通信速度
50Mbps You Tubeなどの動画視聴、アプリゲームのダウンロードに
100Mbps オンラインゲームなどに。スマホの4G LTE接続の通信速度
300Mbps 5GBを超える大きなデータの送受信がスムーズに

こうして見れば、50Mbps以上の速度が常時出ていれば一般的なネットの利用ではほぼ不自由しないことがわかります。

5GBを超えるような大きなデータの送受信を頻繁に行いたい人でなければ、通信速度で重要なのは速度の最大数値より、安定した接続ができていることなのです。

通信速度50~200Mbps出ていれば安定

VDSL方式での接続しかできないことが多いマンションでは、ギガタイプではなくハイスピードタイプを利用することになります。この場合、下り(ダウンロード)の最大で200Mbpsまでしか速度は出ません。しかし、それでも60~100Mbpsは出ている人が多いでしょう。

また、ギガタイプの最大1Gbpsも、あくまでもベストエフォート型の理論上最大出せる数値です。実際は最大でも瞬間的に800Mbps出るか出ないかです。通常100~200Mbps出ていれば安定しているという認識でいたほうがよいでしょう。

ソフトバンク光の評判を考察

ソフトバンク光の口コミを見ていると以下のような評判をよく目にします。
「料金は安いけど通信速度が遅い」
「思ったより安くはないが通信速度はそこそこ」

これらの評判の裏には、先程紹介したような基本月額料金以外にかかってしまうプラスアルファで月額もそこまで安くならなかったり、1Gbpsの超高速を期待していたが、実際の通信速度を測ってみるとそんなに超高速ではなかったり、ということが起きているようです。

「光コラボだから光回線が安い」「1Gbpsの超高速インターネット」これらのキャッチフレーズで期待しすぎてしまうことは否めません。

しかし、ソフトバンク光だから良くなかった、というものではなく今提供されている光回線インターネットのほとんどがこのような状態でもあります。

その点では、比較的安めの金額で、速度もそれなりに安定しているソフトバンク光は、十分選択肢としておすすめできる光コラボです。

ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに、Web申込で最大70,000円キャッシュバック!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事