閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光で光BBユニットをレンタルするべき理由

光BBユニットを利用するには月額467円(税抜)かかるので、ソフトバンク光に申し込む人のなかには、レンタルするか迷っている人もいますよね。

ソフトバンク光を利用するなら、専用ルーターである光BBユニットのレンタルが必須です。ソフトバンク光では光BBユニットがなければ、インターネットが使い物にならないくらい通信速度が遅いからです。

また、光BBユニットは、ソフトバンク光の固定電話サービスであるBBフォンとホワイト光電話を利用する際にも必要になります。
さらに、毎月のスマホ代が1台につき最大1,000円安くなる「おうち割 光セット」の適用条件の1つでもあるので、ソフトバンク光に申し込む人は光BBユニットをレンタルしましょう。

光BBユニットがないとソフトバンク光では通信速度が遅い

光BBユニットは、既存の接続方式であるIPv4と新しい接続方式であるIPv6を併用できる「IPv6ハイブリッド(IPv6 IPoE+IPv4)」という機能に対応しています。
IPv6でなければ通信速度が出ませんが、ソフトバンク光でIPv6ハイブリット通信を利用するには光BBユニットが必要なので、契約を検討している人は必ずレンタルしましょう。

【実際にソフトバンク光を利用している人の口コミ】

実際にソフトバンク光を利用している人の口コミからもわかるように、IPv4はインターネットが使い物にならないくらい通信速度が遅く、IPv6に切り替わることで通信速度が劇的に改善されます。

なお、インターネットに接続する際、情報の送受信に必要なIPアドレスがすべての機器に付与されますが、IPv4ではIPアドレスが約43億個しか存在しません。現在、インターネットの利用者や1人の利用者が同時に接続する機器が増加したことで、回線が混雑するためにIPv4は通信速度が低下しがちです。

一方、IPv6は約340澗(340兆の1兆倍の1兆倍)ものIPアドレスの割り当てが可能です。
光BBユニットを利用したIPv6高速ハイブリット通信は、IPv4による通信速度が遅い時に、インターネット回線の混雑が少ないIPv6に自動で切り替わることから、高速通信が可能です。

市販のルーターではIPv6ハイブリット通信が利用できないので、ソフトバンク光を利用する人は、光BBユニットを必ずレンタルしましょう。

BBフォンやホワイト光電話の利用に必要

ソフトバンク光の固定電話サービスのうち、BBフォンまたはホワイト光電話に申し込む人は、光BBユニットをレンタルしなければなりません。
BBフォンとホワイト光電話は、ソフトバンク光のインターネット回線を利用した光電話であり、接続には専用ルーターである光BBユニットが必須だからです。

なお、BBフォンやホワイト光電話といった光電話は、アナログ回線を利用した固定電話サービスよりも通話料金を節約できるというメリットがあります。
たとえば、ソフトバンクのスマホや携帯電話宛の通話料が無料になったり、一般電話宛の通話料が全国一律で3分7.99円とNTTよりも低価格になったりします。

これから申し込む人は、「ソフトバンク光の固定電話サービスで電話代を安くする方法を解説」を参考に、光BBユニットのレンタルだけでなく各種固定電話サービスの利用も検討してください。

ソフトバンクユーザーならオプション料金やスマホ代が安くなる

毎月の固定費が500円安くなる「おうち割光セット」という特典が、光BBユニットをレンタルするべき3つ目の理由です。
ただし、割引を受けるには、ソフトバンクでスマホや携帯電話を契約していることが条件であり、auやdocomoのユーザーは特典の対象外なので注意しましょう。

おうち割光セットに加入すると、「光BBユニットのレンタル」「Wi-Fiマルチパック」「光電話」の3種類のオプション(オプションパック)が、月額500円で利用可能です。
さらに、スマホや携帯電話の月額利用料金が1,000円安くなるので、オプションパックに加入して光BBユニットをレンタルすると、毎月500円も固定費が安くなります。

ちなみに、auやdocomoのユーザーは、オプションパックに加入すると毎月1,457円かかり、当然ながらスマホ代の割引は受けられません。

したがって、ソフトバンクユーザーならば、光BBユニットをレンタルし、おうち割光セットを利用しない理由がないと言えるでしょう。

おうち割光セットの対象プランと割引額

光BBユニットのレンタルを含むオプションパックに加入すると、おうち割光セットが適用されて、ソフトバンク光1回線につき最大10台までスマホの月額利用料金が割引されます。

【おうち割光セットの割引対象となるプランと割引額】
プラン(契約内容) 割引額(税抜)
ウルトラギガモンスター+(データ定額50GBプラス)
ミニモンスター(データ定額ミニモンスター)
スマ放題/スマ放題ライト(データ定額50GB・30GB・20GB・5GB)
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
スマ放題 データ定額ミニ 2GB・1GB
スマ放題 データ定額(3Gケータイ)
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

ソフトバンク光の契約者や同居の家族だけでなく、別居の家族もおうち割光セットの割引対象です。

なお、住民票の写しや戸籍謄本の写しなど、ソフトバンク光の契約者との血縁関係や婚姻関係が証明できる公的書類があれば、等親(間柄)に関係なくおうち割光セットの割引を受けられます。
つまり、両親や兄弟姉妹、祖父母だけでなく、伯父や伯母、いとこなども、おうち割光セットによる割引を受けられるのです。

たとえば、家族5人がソフトバンクでスマホや携帯電話を契約している場合、毎月最大で5,000円、年間で6万円も月額利用料金が割引されます。
ソフトバンク光の月額利用料金は最低3,800円なので、オプションパックの月額利用料金500円を加えても、実質無料で光回線が使えて年間9,600円もスマホ代が節約可能です。

ソフトバンクユーザーの家族がいる人は、ソフトバンク光に契約する際、光BBユニットをレンタルしておうち割光セットの割引を申し込みましょう。

光BBユニットの性能は悪くない

月額利用料金を抑えるために市販の安いルーターを使うくらいなら、月額467円・年額5,604円を支払っても光BBユニットをレンタルするべきです。光BBユニットは、ソフトバンク光で最大1Gbpsの通信が可能であり、利用額相応に性能が高いルーターだからです。

市販のルーターはソフトバンク光の利用に最適化されていないため、同等の性能であっても、専用ルーターである光BBユニットと比較して通信速度が遅くなることがあります。

なお、1Gbpsとは、1秒間に1ギガビットのデータを送受信できるという意味です。実際の通信速度はインターネット環境によって異なりますが、理論上はYouTubeの高画質動画約1時間30分に相当する膨大なデータを一瞬でやりとり可能です。

ただし、光BBユニットを利用してソフトバンク光の通信速度が1Gbpsになるのは、有線接続の場合です。
Wi-Fi接続(無線接続)の場合、ソフトバンク光の通信速度は、最大でも866Mbpsであり、インターネット環境によっては通信速度が低下することや接続が不安定になることがあるので覚えておきましょう。

光BBユニットのWi-Fi接続が不安定な時は中継機を使う

光BBユニットは、部屋数が多いマンションや2階建て以上の一軒家の場合、Wi-Fi接続が不安定になるおそれがあります。無線ルーターのWi-Fi電波は壁や障害物を突き抜けにくい性質がありますが、光BBユニットにはビームフォーミング機能が搭載されていないからです。

ビームフォーミング機能とは、ルーターから離れた場所や障害物が多い場所にWi-Fi電波を届けやすくする機能のことです。

ただし、中継機を設置すれば、光BBユニットでもWi-Fi接続が安定しやすくなります。中継器とは、ルーターから出ているWi-Fi電波を中継し受信エリアを拡大するための機器です。

中継機は、2,000円~5,000円程度で購入できるので、1年間使うと月額166円~416円程度の負担で済みます。自宅の広さやWi-Fiの接続台数に応じて適切な中継機を選択しましょう。

なお、中継機は光BBユニット以外のルーターでも併用できるので、ソフトバンク光にこれから申し込む人は、中継機の購入も検討してください。

まとめ

ソフトバンク光を利用する際、光BBユニットをレンタルするべき理由は、以下の通りです。

【市販のルーターよりも光BBユニットを選ぶべき理由】
  • IPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE+IPv4)通信が利用できる
  • 光電話が利用できる
  • 毎月のスマホ代が安くなる
  • ソフトバンク光のルーターとして最適

市販のルーターでは、IPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE+IPv4)通信が利用できないため、通信速度が遅くてインターネットが使い物にならないおそれがあります、

また、光BBユニットをレンタルしなければ、BBフォンやホワイト光電話を利用することができませんし、毎月のスマホ代が安くなるおうち割光セットが適用されません。

さらに、市販のルーターは、ソフトバンク光の利用に最適化されていないので、光BBユニットの性能に劣ることがあります。

そのため、ソフトバンク光に申し込みを検討している人は、専用ルーターである光BBユニットをレンタルしましょう。

ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに、Web申込で最大70,000円キャッシュバック!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る

関連記事