閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光のWi-Fiルーターを光BBユニットにするべき理由

ソフトバンク光でWi-Fiルーターを使うなら、光BBユニットを利用しましょう

ソフトバンク光が提供するWi-Fiルーター「光BBユニット」を使うと、IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4という接続方式が利用できるため、他のルーターを使うよりも、回線が混雑する時間帯の通信速度が遅くなりにくいからです。

また、光BBユニットの利用は、ソフトバンクやY!mobileのスマホや携帯電話の月額料金が割引される「おうち割 光セット」の適用条件のひとつになっています。そのため、おうち割 光セットの適用を検討している人は、光BBユニットの利用が必須です。

ただし、光BBユニットは、ソフトバンク光の有料オプションサービスのため、レンタル料がかかります。また、光BBユニットでWi-Fi機能を利用する場合や、光電話を利用する場合には、レンタル料金とは別に料金が必要になるので確認しておきましょう。

この記事では、光BBユニットを利用するメリットやレンタル料の詳細、光BBユニットの接続方法を紹介します。

光BBユニットを利用するメリット

ソフトバンク光で光BBユニットを利用するメリットは以下2つがあります。

【ソフトバンク光で光BBユニットを利用するメリット】
  • インターネット回線が混雑する時間帯の通信速度が落ちにくくなる
  • ソフトバンク系列のスマホ料金が割引される

一方で、おうち割 光セットを利用しない場合は光BBユニットの利用料が高いというデメリットもあります。その対処法は後に解説します。

インターネット回線が混雑する時間帯の通信速度が落ちにくくなる

ソフトバンク光は、「光BBユニット」を利用すると通信速度が落ちにくくなります
ソフトバンク光で光BBユニットを利用すると、「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」を利用できるからです。

「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」とは、ソフトバンク光が採用しているインターネット接続方式の一種です。インターネットに接続する際、回線の混雑しやすい経路を通らずに通信を行うため、通信速度が遅くなりにくいという特徴があります。

一方、光BBユニット以外のWi-Fiルーターを利用した場合は、IPv4 PPPoEという接続方式を利用します。PPPoE方式では、回線が混雑しやすい経路を通らないとインターネットに接続できません。そのため、平日夜や休日など、インターネットの利用者が多い時間帯は、通信が混雑するため、IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4と比べると通信速度が落ちやすくなります。

ソフトバンク光で「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」が利用できるのは、光BBユニットを経由してインターネットに接続した場合のみです。ホームゲートウェイ(N)や市販のWi-Fiルーターのみでは「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」を利用できません。そのため、ソフトバンク光で使うWi-Fiルーターを探している人は、光BBユニットをレンタルしましょう。

光BBユニットを使うとソフトバンク系列のスマホ料金が割引される

ソフトバンクやY!mobileのスマホを持っている人が、光BBユニットをレンタルすると、スマホの利用料金が割引される「おうち割 光セット」が適用されます。「おうち割 光セット」の適用条件に、光BBユニットのレンタルが含まれているからです。

そのため、光BBユニットのレンタル料を、おうち割 光セットの割引で相殺できます
おうち割 光セットの詳細は「SoftBank 光のおうち割 光セットの利用条件と申し込み方法」で解説しているので参考にしてください。

光BBユニットの利用にかかる料金

光BBユニットを利用するには、ソフトバンク光のオプションサービス「光BBユニットレンタル」への申し込みが必要です光BBユニットレンタルの月額利用料は467円(税抜)で、本体を購入することはできません。光BBユニットレンタルは、ソフトバンク光の申し込み時に担当者へ伝えるか、ソフトバンク光の契約後であればMy SoftBankから申し込めます。

ただし、光BBユニットは、レンタルしただけだとWi-Fi機能がオフになっているため、LANケーブルを使う有線接続でしか繋がりません。光BBユニットでWi-Fiを使うには、有料オプションの「Wi-Fiマルチパック」を契約する必要があります

そのため、光BBユニットでWi-Fi接続するには、Wi-Fiマルチパックの使用料の月額990円(税抜)と、光BBユニットのレンタル料の月額467円(税抜)で、月額1,457円(税抜)がかかります。

ソフトバンク・Y!mobileユーザーはオプションパックで光BBユニットが安く使える

光BBユニットの利用料金は、「おうち割 光セット」を適用すると割引されます

おうち割 光セットが適用されると、「光BBユニットレンタル」と「Wi-Fiマルチパック」、「電話サービス」の3つのオプションがセット価格になった、オプションパックを利用できるからです。オプションパックは月額500円(税抜)~1,500円(税抜)で利用できます。月額料金の詳細は下表をご確認ください。

【オプションパックの月額料金】
個別のオプションの月額料金 オプションパックの月額料金
光BBユニットレンタル
(467円)
Wi-Fiマルチパック
(990円)
ホワイト光電話 基本プラン(467円) 500円
ホワイト光電話 基本プランa(990円) 1,000円
ホワイト光電話 だれとでも定額(1,410円) 1,500円
光電話(N)+BBフォン 基本プラン(500円) 500円
光電話(N)+BBフォン スマート基本プラン(1,500円) 1,000円
BBフォン(0円) 1,500円

※上記はすべて税抜表示です。

そのため、通常は光BBユニットとWi-Fiマルチパックを契約すると1,457円かかるところ、おうち割 光セットを適用すると、957円引きの500円(税抜)で利用できます
おうち割 光セットの割引額が少なく、500円だったとしても、実質無料でWi-Fiルーターをレンタルできるということです。

なお、オプションパックはおうち割 光セットを適用する場合のみ利用できるので、ソフトバンクやY!mobileのスマホなど通信機器を契約していない人は、オプションパックを利用できません。

おうち割 光セットの適用条件や申し込み方法は、「SoftBank 光のおうち割 光セットの利用条件と申し込み方法」で解説しているので参考にしてください。

光BBユニットのWi-Fi設定方法

光BBユニットでWi-Fi接続をするには以下の手順で設定しましょう。

【光BBユニットでWi-Fiに接続する方法(パソコンの場合)】
  1. 光BBユニットのレンタルとWi-Fiマルチパックの加入を申し込む
  2. らくらく配線ツールを使って光BBユニットとNTT提供機器を接続する
  3. パソコンの画面右下または右上にあるWi-Fiマークをクリック
  4. ネットワーク一覧からSSIDと同じ名称のアクセスポイントを選択する※
  5. 暗号キー(PSK-AES)を入力する※
  6. 接続完了
【光BBユニットでWi-Fiに接続する方法(スマホの場合)】
  1. 光BBユニットのレンタルとWi-Fiマルチパックの加入を申し込む
  2. らくらく配線ツールを使って光BBユニットとNTT提供機器を接続する
  3. スマホでQRコードを読み込む
  4. 接続完了

らくらく配線ツールとは、NTT提供機器や光BBユニットの配線方法を教えてくれるツールです。設置されているNTT提供機器や利用する電話サービスによって配線方法が変わりますが、らくらく配線ツールでは表示された質問に答えることで自分に合った配線図がわかります

Wi-Fi接続に必要なSSIDと暗号キーは、光BBユニットの側面ラベルに記載されています
また、2018年11月以降、ソフトバンク光では同ラベルにQRコードの記載も始めました。
QRコードを読みとるとSSIDや暗号キーの入力を省略できるので、スマホのWi-Fi設定をする人は、QRコードの利用がおすすめです。

光BBユニットには、「E-WMTA2.1」「E-WMTA2.2」「E-WMTA2.3」の3種類の型番があります。そのうち、「E-WMTA2.3」には、2.4GHzと5GHzの2種類のSSIDが記載されています。

2.4GHzとは、電子レンジなどの家電製品でもよく使われている電波の周波数のことです。同じ周波数の電波を出す製品が多いので通信が混雑しやすいというデメリットがありますが、壁や障害物に強く電波が遠くまで届きやすいというメリットがあります。

一方、5GHzは、2.4GHzに比べて利用する電子機器が少ない周波数です。そのため、2.4GHzよりも電波が繋がりやすく高速通信が可能ですが、障害物を突き抜けにくいので電波が届く範囲が狭くなっています。

ソフトバンク光では、5GHzでの接続を推奨しています。それぞれの周波数のメリットを活かすには、Wi-Fiルーターの近くで作業する場合は5GHz、離れて使う場合は2.4GHzと使い分けて通信しましょう

IPアドレスの固定割当て・ポート転送の設定方法

光BBユニットは、ソフトバンク光の専用ルーターであるため、初期設定のままでもWi-Fiに接続できます。
とはいえ、IPアドレスの固定割当・ポート転送などルーター機能を細かく設定したい人は、以下の手順で、光BBユニットの詳細設定を行いましょう

【光BBユニットの詳細設定の方法】
  1. 光BBユニットとパソコンをLANケーブルで有線接続する
  2. 検索バーに「172.16.255.254」と入力する
  3. ユーザー名とパスワードにそれぞれ「user」と入力してログインする
  4. セットアップメニューの「ルーター機能の設定」から詳細設定を行う

光BBユニットのユーザー名とパスワードは、初期設定だとどちらも「user」です。
セットアップメニューの「ログインパスワード変更」から、新しいパスワードに変更しましょう。
なお、光BBユニットは型番ごとにセットアップメニューが異なるので、以下のソフトバンク公式サイトから確認してください。

【光BBユニットのセットアップメニューの詳細】

ホームゲートウェイを使っていた人はソフトバンク光でもWi-Fi接続できる

転用または事業者変更する人で、NTTのレンタル機器のホームゲートウェイでWi-Fi接続をしていた場合は、ソフトバンク光でもその機器でWi-Fi接続ができます
ソフトバンク光のホームゲートウェイ(N)のレンタル料とWi-Fi機能をONにする「無線LAN(N)」のオプション料は、事業者変更や転用前と同じ料金の合計100円~750円(税抜)に設定されています。
そのため、おうち割 光セットを適用できない人は、ホームゲートウェイを利用すると、光BBユニットを利用するよりも1,357円~707円安くWi-Fiをレンタルできます

ただし、「おうち割 光セット」を利用する場合は光BBユニットでWi-Fi接続できるので、「無線LAN(N)」を解約して光BBユニットを利用したほうが月々の料金が安くなります

また、ソフトバンク光の通信速度が速くなる「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」を利用するには、光BBユニットが必要です。光BBユニットを利用する場合、ホームゲートウェイでWi-Fi接続することができません。ソフトバンク光で「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」を利用しながらWi-Fi接続したい場合は、光BBユニットレンタルとWi-Fiマルチパックを契約するか、光BBユニットをレンタルして市販のWi-Fiルーターを接続しましょう。

おうち割 光セットを利用しなく、通信速度もあまり必要ではない人は、今までどおりホームゲートウェイを利用するのも良いでしょう。ソフトバンク光に乗り換えると、ホームゲートウェイの再設定が必要になります。再設定の方法は以下です。

【ホームゲートウェイ(N)でWi-Fiに接続する方法】
  1. ホームゲートウェイ(N)とパソコンをLANケーブルで接続する
  2. 検索バーに「192.168.1.1」と打ち込む
  3. ユーザー名とパスワードを入力(ユーザー名の初期設定は「user」です。パスワードは乗り換え元の光回線を利用するときに自分で設定しています。)
  4. 接続先名と接続先ユーザ名(S-ID)、認証パスワードを入力
  5. 接続完了

S-IDと認証パスワードは、ソフトバンク光の申し込み後に郵送またはSMSで送信される「ご利用開始のご案内」から確認できます
手元に書類がない人は、My SoftBankからでも確認可能です。確認方法はソフトバンク公式サイトを参考にしてください。

おうち割を利用しない人は光BBユニットと市販のルーターを併用する

おうち割 光セットを利用しない人は、市販のWi-Fiルーターを購入して、光BBユニットと併用すると月々の料金を抑えられます
光BBユニットに市販のWi-Fiルーターを接続すれば、Wi-Fiマルチパック(税抜990円/月)が不要になるため、オプション料が光BBユニット代の月額467円(税抜)のみで済むからです。

市販のWi-Fiルーターは、Amazonや家電量販店などにて5,000円ほどで購入できるため、5か月以上ソフトバンク光を利用するなら、Wi-Fiマルチパックを利用するより市販のWi-Fiルーターを購入するほうが安くWi-Fiを使えます。

なお、「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」を利用するには、市販のWi-Fiルーターは、IPv4 over IPv6通信対応のものを用意してください

市販のルーターでWi-Fiに接続する方法

ソフトバンク光では市販のルーターでもWi-Fi接続が可能です。ルーターのメーカーごとに設定方法は異なりますが、大まかな流れは以下の通りです。

【市販のルーターでWi-Fiに接続する方法(概要)】
  1. NTTの機器や光BBユニットと市販のルーターをLANケーブルで接続する
  2. パソコンの画面右下または右上にあるWi-Fiマークをクリック
  3. 一覧からSSIDと同じ名称のネットワークを選択する
  4. 暗号キー(PSK-AES)を入力する
  5. 接続完了

市販のルーターを使う場合、ソフトバンク光のサポート対象外なので、らくらく配線ツールでは配線方法を確認できません。しかし、光BBユニットと市販のルーターは同じ役割なので、配線方法はほぼ同じです。
そのため、配線方法がわからなくなった人は、ルーターのメーカーの公式サイトだけでなく、ソフトバンク光のらくらく配線ツールも参考にしてください。

なお、市販のルーターの場合、ルーター本体または同梱されている書類にSSIDと暗号キーが記載されています。ルーターごとの詳細設定は、各メーカーの公式サイトをご確認ください。

【大手市販ルーター公式サイト】

Wi-Fiの接続設定は有料で専門スタッフに依頼できる

ソフトバンク光には、インターネットの接続設定を専門スタッフに依頼できる「光セットアップサポート」があります
光セットアップサポートは1回9,000円(税抜)の有料オプションですが、パソコンやスマホだけでなく、地デジチューナーや電話機の各種配線や接続設定までスタッフに依頼できます。

そのため、自分でルーターの配線やWi-Fi接続をするのが難しい人は、光セットアップの申し込みを検討してみましょう。
ただし、光セットアップで設置可能なWi-Fiルーターは光BBユニットのみです。市販のWi-Fiルーターの配線や設定はサービス対象外なので注意しましょう。

光セットアップサポートの詳細はソフトバンク公式サイトをご確認ください。

☆ソフトバンク光の割引キャンペーン情報☆
キャンペーンを詳しく見る

☆ソフトバンク光の割引キャンペーン情報☆
キャンペーンを詳しく見る

ソフトバンク光の窓口

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事