閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光の初期設定の方法とインターネット開通までの流れ

ソフトバンク光に申し込んでからインターネットが開通するまでの一連の流れと、その際に気を付けるべき注意点などについて詳しく説明します。今回ご紹介するのは、新規契約でソフトバンク光に申し込み、さらに光BBユニットレンタルまでオプションで付けた場合の一連の流れです。

基本的には、インターネットの開通工事終了後に行う作業は、光BBユニットを繋いでID、パスワードを入力するだけ。なのでとても簡単です。

1.郵送で書類が届く

インターネットや電話でソフトバンク光に申し込みをした後、工事開始前までに下記の2通の書類が届きます。

  • ID、パスワードの記載された「インターネットご利用開始のご案内」
  • オプションなどの契約内容が記載された案内

特に、ID、パスワードは初期設定で必要になるので、「インターネットご利用のご案内」は大切に保管しておきましょう。

2.インターネット接続機器が届く

ソフトバンク光の接続には、NTT提供機器と光BBユニット(オプション)を利用します。NTTから提供される機器は一体型ホームゲートウェイ(N)、単体型ホームゲートウェイ(N)、回線終端装置(ONU)、VDSL装置の4種類があります。


引用:ソフトバンク

これらのNTT提供機器は、どれも光回線で引いた光の通信をデジタル信号に変換するための装置です。これらのどの機器を利用することになるかは、自宅の環境などによって変わります。どの機器を使うかはユーザー側が選択することはありません。

また、NTT提供機器は、新規契約でソフトバンク光を申し込んだ場合、工事業者が持ち込むケースがほとんどです。その他にも、すでに設置済みのものを使う場合や宅配便で事前に発送される場合があります。契約時に確認しておきましょう。

  • 光BBユニットのオプションを契約した場合

光BBユニットは、工事前に宅配で届きます。光BBユニットのほかには電源アダプター、モジュラーケーブル、LANケーブルが揃っています。

3.工事の立ち合い

担当者が訪問し、光回線を部屋に引き込むための工事を行います。この工事には立ち会いが必要です。インターネット接続機器(光BBユニットとNTT提供機器)を用意して待ちましょう。ちなみに、新規契約で立ち合い工事を行う場合、NTT提供機器は業者の方が持ってきてくれることが多いです。(場合によっては、事前に宅配便で配送されます)


引用:ソフトバンク

光回線を家に引き込む作業と、回線終端装置(ONU)などのNTT提供機器の配線や電源までは業者の方が設置作業をしてくれます。

4.インターネット接続機器を接続する

業者の作業が完了したら、光BBユニットの配線を行います。NTTの提供機器(この記事では回線終端装置(ONU))と光BBユニットをLANケーブルでつなぎ、光BBユニットの電源アダプターをコンセントに差し込む作業を行います。

こちらは光BBユニットの配線の様子です。

接続方法に悩んだら、ソフトバンク光の「らくらく配線ツール」から確認できます。使用するインターネット接続機器(光BBネットかNTT提供機器)の種類、利用する電話サービスを選べば、どのように配線すればよいのか教えてくれます。

5.インターネットに接続する

インターネットの接続に必要な機器をセットして電源を入れたら、パソコンのWi-Fiマークをクリック。(Macなら画面右上に、Windowsなら画面右下にあります)IDとパスワードを入力してインターネットに繋ぎます。


IDとパスワードは、郵送で届いた「インターネットご利用開始のご案内」に記載されています。ちなみに、光BBユニットをレンタルしている場合、IPv6高速ハイブリッドが利用できます。

ここで注意してほしいのが、IPv6高速ハイブリッドへの切り替えまでは少し時間がかかり、まず始めはIPv4方式で接続されることです。ソフトバンク光の提供する光BBユニットでは従来の通信方式(IPv4方式)よりも混雑しにくいIPv6高速ハイブリッドが利用できます。IPv6高速ハイブリッドの利用は、事前に申し込んでおく必要があります。電話での申し込みのほか、ソフトバンク公式サイトから手続きできます。

IPv6高速ハイブリッドへ申し込んでおくと、工事完了後、まずはIPv4方式でインターネットに接続されますが、すぐにソフトバンク光からSMSで案内が届きます。


SMSが届いた数時間後に接続方式がIPv6高速ハイブリッドに切り替わるので、その間光BBユニットの電源を切らないように気を付けてください。SMSで注意事項が届くのでこちらを確認しましょう。

接続方式が切り替わったかどうかは、こちらのサイトにアクセスして確かめることができます。


このサイトでIPv6で接続していると表示されるようになったら、通信方式の切り替えは完了です。IPv4方式の時よりも通信が速くなっているはずです。

6.オプションサービスの利用開始

インターネット開通後、申し込んでいたオプションサービスが利用できるようになります。(※一部オプションは工事開始日から利用できないものもあります)

申し込んでいたオプションサービスは、事前に届いた契約内容が記載された書類に記載されているほか、My Softbankからも確認できます。

ちなみに、有料オプションのWi-Fiマルチパック(990円/月)に加入している場合、特別な手順など必要なく、IDとパスワードを入力すれば、すぐにWi-Fiは使えるようになります。


光BBユニットの裏面に、IDとパスワードが記載されたシールが貼られていますのでこちらから確認しましょう。

IDとパスワードはセットアップメニューから変更ができます。 「http://ntt.setup/」 へアクセスするか、検索バーへ「192.168.1.1」と入力するとセットアップメニューが表示されますので、こちらから手続きしましょう。

不要なオプションの解約について

気を付けてほしいのが、ソフトバンク光を契約する際に、キャッシュバックを条件にさまざまなオプションサービスへ加入している方も多いかと思います。もちろん、1カ月以内に解約すればオプション料金はかかりませんが、インターネット開通の確認がとれないうちは、オプションの解約手続きができません。インターネットが開通したら、忘れずに不要なオプションサービスを解約するよう気を付けておくといいでしょう。

「おうち割 光セット」で契約している場合

ソフトバンク光とソフトバンク携帯をセットで契約した場合、月々の携帯料金が1,000円値引きされる「おうち割 光セット」に加入しているケースがほとんどかと思います。

そして「おうち割 光セット」には、3つの必須オプション①光BBユニットレンタル+②Wi-Fiマルチパック+③電話サービス(ホワイト光電話・光電話(N)・ BBフォンのいずれか)が月額500円で付いてきます。このオプションは「おうち割 光セット」に加入している場合は必須オプションで、原則として解約できないので気を付けてください。

7.インターネットに接続できない場合、確認すべきこと

インターネットに接続できなかったら、まずは下記の2つを確認してみましょう。

パソコンの設定を確認する

お使いのOSごとに確認方法が異なります。下記の中から自分のパソコンで使っているOSを選択し、確認してみて下さい。

NTT機器の設定(IPv6パケットフィルタ設定)を確認する

NTT提供機器の機種によっては「IPv6パケットフィルタ設定」の変更が必要です。詳しくはこちらからご確認ください。

この2つを確認してもうまくいかない場合や、わからないことがある場合は、ソフトバンク公式サイトのチャットサポートから相談できます。ソフトバンク公式サイトの画面右下に表示されるので、こちらから問い合わせてみて下さい。

まとめ

以上がソフトバンク光でインターネットに接続するまでの手順です。流れにそって進めていけばインターネットに接続できます。何かわからないところや、うまくいかない点などがありましたら、ソフトバンク公式サイトのチャットサポートなどを利用して進めていきましょう。

注意してほしいのは、契約時に加入したオプションの解約は、インターネットが開通してからできるということです。使わないオプションに契約している場合は、開通後忘れないうちに解約しましょう。

ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに、Web申込で最大70,000円キャッシュバック!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る

関連記事