閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光のプロバイダ全24社から厳選したおすすめ3社を比較!

ドコモ光では、選んだプロバイダによって、実際にかかる費用や通信速度に違いがあります。
そこで、キャッシュバックの有無と通信速度の速さを基準に、全24社から3社のプロバイダを厳選しました。

3社のプロバイダ(GMOとくとくBB、@nifty、DTI)についても、キャッシュバックの受取条件など独自の基準で比較します。
プロバイダの変更方法も記載するので、これからドコモ光に申し込む人だけでなく、現在契約中の人も参考にしてください。

ドコモ光のプロバイダ選びの基準

ドコモ光のプロバイダ選びの基準は以下の5つあります。

  • キャッシュバック
  • 月額料金の安さ
  • 通信速度
  • 無料Wi-Fiルーターのレンタル&性能
  • 無料セキュリティソフトの有無&性能

まずはドコモ光のプロバイダ24社の比較表をご覧ください。

プロバイダ名 キャッシュバック 月額料金の安いタイプA 通信速度
v6プラス対応
無料
Wi-Fiルーター
無料
セキュリティ
GMOとくとくBB 20,000円
@nifty 20,000円
DTI 20,000円
ぷらら 15,000円
アンドライン ×
ic-net ×
BIGLOBE ×
楽天ブロードバンド ×
ハイホー × ×
ドコモネット × ×
タイガースネット × ×
スピーディア × ×
01光コアラ × × ×
エディオンネット × × × ×
シナプス × × ×
TiKiTiKi × × × ×
BBエキサイト × × ×
@ネスク × × × ×
OCN 15,000円 ×
@TCOM × × ×
TNC × × × ×
AsahiNet × × × ×
WAKWAK × × × × ×
ちゃんぷるネット × × × × ×

総合的に判断すると全ての基準を満たしているのが、GMOとくとくBB、@nifty、DTIである事がわかります。具体的には3社ともキャッシュバック額は、20,000円と最も高く、月額料金や通信速度の面でも満足のできる内容です。

3社とも通信速度が低下しにくいプロバイダ

GMOとくとくBB、@nifty、DTIは、ドコモ光のサービス「v6プラス」に対応したプロバイダです

v6プラスは専門用語でいうと「IPoE IPv4 over IPv6通信」という呼び方をするのですが、、通信速度が最も低下しにくく安定しています。

特徴としてはアクセスが集中する時間帯でも混雑しにくくなっており、インターネットの速度に不満を持っている方でも安心です。

特に3社の中でも「GMOとくとくBB」は、Wi-Fiルーターの性能が優れており、通信速度の面で2倍ぐらい違いがあります。

【無料レンタルできるWi-Fiルーターと通信速度】

プロバイダ 機種 通信速度
ぷらら
  • I-O DATE:WN-PL1167EX01
最大867Mbps
GMOとくとくBB
  • BUFFALO:WSR-2533DHP2
  • NEC:Aterm WG2600HS
  • ELECOM:WRC-2533GST2
いずれも最大1.7Gbps
@nifty
  • ELECOM:WRC-1167GST2H
最大1Gbps
DTI
  • ELECOM:WRC-1167GST2
最大867Mbps

GMOとくとくBBでは、他のプロバイダよりも通信速度(最大通信速度1.7Gbps)のWi-Fiルーターがレンタルできます。
推奨機器であるNEC製のAterm WG2600HSの場合、3階建てまでの戸建住宅や4LDKのマンションほどの広さに対応しており、最大18台までWi-Fiに同時接続が可能なので、一般的な家庭で使用するには十分な性能と言えます。

NEC製のAterm WG2600HSのWi-Fiルーターを購入するとなると、1万円ぐらいはしますが、無料でレンタルできるので導入費用を削減することができます。

ドコモ光で通信速度を重視する人は、GMOとくとくBBに申し込みましょう。

GMOとくとくBBは都道府県別の平均通信速度を公開している

同じプロバイダに契約して同じWi-Fiルーターを使用していても、利用する地域によって、ドコモ光の実際の通信速度が異なります。
地域によってインターネット回線やプロバイダの加入者数が異なり、加入者数が多い地域ほど回線が混雑して通信速度が低下しやすくなるからです。

そこで、GMOとくとくBBは、全国平均に加えて、各都道府県の平均通信速度をWEBで公開しています。
通信速度を重視する人は、GMOとくとくBBの公式サイトで自分の住んでいる地域の平均通信速度を確認してください。

月額料金はタイプAの安いプロバイダにするといい

ドコモ光には、インターネット回線とプロバイダの利用料金がセットになった2種類の料金プランがあります。料金プランによって選べるプロバイダが異なり、タイプBは他のプロバイダよりも月額料金が200円高くなるので、おすすめとは言えません。

【ドコモ光の月額料金(※)】

料金プラン プロバイダ例 マンション 戸建住宅
タイプA GMOとくとくBB、@nifty、DTI 4,000円 5,200円
タイプB OCN 4,200円 5,400円
単独 24社以外 43,00円~ 5,500円~

月額料金が安いからと言って、タイプBよりもタイプAのプロバイダが劣るということはありません。

無料のセキュリティーサービスのあるプロバイダがいい

プロバイダごとのセキュリティサービスを比較してみましょう。

【ドコモ光のセキュリティサービスの比較】

プロバイダ セキュリティサービス 無料期間
GMOとくとくBB マカフィーマルチアクセス 最大12か月間
@nifty 常時安全セキュリティ24 最大12か月間
DTI マカフィーマルチアクセス 最大12か月間

セキュリティソフトは、パソコンやスマホへの不正アクセスやウィルスを防ぐため、インターネットを利用するなら必須のサービスです。

キャッシュバックで選ぶなら金額と適用条件を確認する

キャッシュバックはプロバイダの独自特典であるため、適用条件が各社ごとに異なります。

【ドコモ光のキャッシュバックの適用条件】

プロバイダ 適用条件と金額 受け取り時期
ぷらら 特になし:15,000円 開通月を含む5か月目
GMOとくとくBB 映像配信サービスに加入:10,000円~20,000円
特になし:5,500円
開通月を含む5か月目
@nifty 特になし:15,000円 開通月を含む12か月目
DTI スカパー!に加入:15,000円
特になし:10,000円
開通月を含む7か月目
OCN 特になし:15,000円 開通月を含む3~4か月目

【GMOとくとくBBのキャッシュバック適用条件の詳細】

  • ひかりTV for docomo(2年割)+DAZN for docomo:20,000円
  • ひかりTV for docomo(2年割):18,000円
  • DAZN for docomoまたはスカパー!(月額1,800円以上のプラン):15,000円
  • dTV:10,000円
  • dアニメストア:10,000円
  • ディズニーデラックス:10,000円
  • オプションに加入しない場合:5,500円

ひかりTVなどの映像配信サービスを利用しない人は、キャッシュバックを受け取れるまでの期間が他のプロバイダよりも短いので、ぷららかOCNがおすすめです。
ひかりTV for docomoを利用する人は、キャッシュバック金額が他のプロバイダよりも高いGMOとくとくBBを選択したほうがいいです。

ドコモ光の申し込みが初めてならキャッシュバックの対象です。
現在ドコモ光を利用している人がプロバイダを変更する場合、キャッシュバックは対象外です。

おすすめ窓口最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光トップページ
携帯もインターネットもdocomoにまとめるとお得!
CMでも話題で大人気のドコモ光!携帯とインターネットをセットでdocomoにする「ドコモ光パック」で毎月最大6,000円割引♪今ならこの窓口からの申し込みで最大15,000円キャッシュバックも実施中

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ドコモ光のおすすめプロバイダまとめ

ドコモ光のプロバイダは、ぷららまたはGMOとくとくBBがおすすめです。

【ドコモ光のおすすめプロバイダ】

プロバイダ 向いている人
ぷらら 新規申込で、オプションに加入せずキャッシュバックが欲しい人
GMOとくとくBB ・新規申込で、ひかりTV for docomoに加入する人
・新規申込またはプロバイダ変更で、高性能なWi-Fiルーターをレンタルしたい人

@niftyは、オプションに加入しなければ15,000円のキャッシュバックがもらえません。また、5社の中でキャッシュバックを受け取れるまでの期間が最も長いです。
DTIは、レンタルできるWi-Fiルーターの最大通信速がGMOとくとくBBよりも遅いというデメリットがあります。
OCNは月額料金が高く、他のプロバイダよりも年間2,400円も費用がかさむので長期契約に向きません。

なお、ドコモ光の申し込みは、各プロバイダの公式サイトか、キャンペーンを行っている正規代理店から行いましょう。ドコモ光の公式サイトから申し込んだ場合、プロバイダや代理店の独自サービスであるキャッシュバックが受け取れないので注意してください。

参考:ドコモ光のプロバイダ変更方法

ドコモ光のプロバイダを変更するには、ドコモインフォメーションセンター(電話窓口)またはドコモショップに申し込みましょう。

【ドコモインフォメーションセンター】

  • 営業時間:9時~20時
  • ドコモの携帯電話・スマホから:151
  • 一般電話などから:0120-800-000
  • 通話料:無料

【ドコモ光のプロバイダ変更の流れ】

  1. 電話またはドコモショップでプロバイダの変更を申し込む
  2. 切り替え希望日を伝える
  3. 1週間程度で自宅に書類が届く
  4. 指定日にプロバイダの変更手続きをする

ドコモ光のプロバイダを変更する際、契約者のドコモの携帯電話の番号、ドコモ光の暗証番号(数字4桁)が必要です。また、事務手数料として3,000円かかります。

電話または店舗での申し込みから1週間~2週間後、申込内容の確認書類やプロバイダの変更手続き方法が記載された書類が自宅に送られてくるので、確認しましょう。

自宅でインターネットにアクセスし、書類に従って手続きを行えば、プロバイダの変更が完了します。
なお、変更手続きが完了するまでは、変更前のプロバイダが利用できるので、インターネットが使えない期間はありません。

ただし、プロバイダを変更すると、セキュリティソフトやメールアドレスなど、変更前のプロバイダ独自のサービスが利用できなくなるので、注意しましょう。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事