閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光のプロバイダはGMOがおすすめ

ドコモ光はNTTdocomoユーザーにはセット割回線です。そしてドコモ光はプロバイダを選べます。なかでもおすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。

ドコモ光の料金体系

最初にフレッツ光からの乗り換えを考えるなら、フレッツ光とドコモ光の料金の比較を知りたいですよね。当然乗り換えて今より高くなるなら乗り換えを検討する人は少ないでしょう。まずは、料金体系を見ていきます。

月額料金

月額料金はフレッツ光よりも少し安くなるかもしれません。フレッツ光はプロバイダー料金が別途かかります。しかし、ドコモ光はプロバイダー料金込みの料金体系です。

戸建料金 月額料金(税抜) 契約期間
タイプA 5,200円 2年間
6,700円 期間なし
タイプB 5,400円 2年間
6,900円 期間なし

タイプAとタイプBの対応プロバイダはこちらをご覧ください。

ドコモ光対応プロバイダー

GMOとくとくBBはタイプAの対応プロバイダーになるため、月額料金は2年契約なら5,200円とお得になるでしょう。

戸建料金 月額料金(税抜)
フレッツ光  4,600円+プロバイダー料金
ドコモ光 5,200円

 

集合住宅料金 月額料金(税抜) 契約期間
タイプA 4,000円 2年間
5,000円 期間なし
タイプB 4,200円 2年間
5,200円 期間なし

 

集合住宅料金 月額料金(税抜)
フレッツ光ミニ  3,950円+プロバイダー料金
ドコモ光 4,000円

 月額料金はさほどフレッツ光とドコモ光では変わらない結果に。しかし、もしもスマホなどがNTTdocomoを利用しているなら、ドコモ光の方がセット割がついてお得になるでしょう。

 フレッツ光では、マンションタイプの料金は契約数によって変動します。しかし、ドコモ光では契約数に左右されません。契約者数が少なくても、契約できるメリットがあります。

 

工事費用 

ドコモ光の工事費用は、立ち合いが必要になる工事です。ただし、フレッツ光からの乗り換えなら工事は必要ありません。そのため、工事費用は実質無料だと考えてください。ただし、別途契約事務手数料金が3,000円発生することに。

フレッツ光からの乗り換えで工事は発生しませんが、事前に転用承諾番号の取得が必要です。転用承諾番号はNTTに転用の依頼をすることで受け取ることができます。受け取った転用承諾番号をドコモ光に伝えれば転用が可能です。

 

新規でドコモ光を申し込みのユーザーには、工事費無料キャンペーン を実施しています。 

工事料金(税抜) 契約事務手数料(税抜)
戸建 18,000円 3,000円
集合住宅 15,000円 3,000円

 セット割

気になるNTTdocomoとのセット割はどの程度の割引なのでしょうか。NTTdocomoのdポイントクラブのステージがプラチナステージの場合を想定しています。さらにずっとドコモ割で利用年数によって値引きされる可能性があるでしょう。

 

パケットパック(月額)
 ウルトラシェアパック100 -3,500円
ウルトラシェアパック50 -2,900円
ウルトラシェアパック30 -2,500円

 

最大値引きの3,500円のユーザーなら、年額で42,000円もお得になる結果です。

 ドコモ光をGMOで申し込んだ場合のお得なキャンペーン情報

次にGMOとくとくBBでドコモ光を申し込んだ場合のお得なキャンペーンや特典情報を見ていきましょう。

キャッシュバック金額は?

GMOとくとくBBでドコモ光を申し込んだ場合のキャッシュバック金額は2018年7月の時点では最大15,000円です。ただし、適用条件がいくつかあるので注意しましょう。

・ドコモ光の申し込みをGMOとくとくBBのホームページから申し込みすること

・ドコモ光と同時にひかりTV(2年割)を申し込むこと

・GMOとくとくBBが指定する期日と方法でキャッシュバックの受け取り申請をすること

 

ひかりTVを申し込まない場合のキャッシュバック金額は、5,500円です。

 

特典は何がある?

新規でドコモ光を契約するなら、初期工事費用は無料キャンペーン中です。ただし、契約事務手数料の3,000円は発生しますので注意してください。

 

そして前述した高額キャッシュバックもGMOとくとくBBをプロバイダーに選ぶことのメリットになるでしょう。

また、NTTdocomoのdポイントが最大10,000ポイントも付与されます。ただし、新規でドコモ光を申し込んだ場合の特典です。フレッツ光からの乗り換えの場合には、dポイントは、5,000ポイントの付与になりますので、注意しましょう。dポイントは翌翌月に付与されます。

 

GMOとくとくBBのホームページから申し込みを行った場合限定で出張サポートが無料になります。インターネットの接続に自信がない方や、メールアドレスの移行などに不安がある場合には便利に利用できる特典になるでしょう。

 

v6プラス対応のWi-Fiルーターを無料でレンタルしてくれるのもGMOとくとくBBの強みです。通常v6 プラス対応のルーターを購入すると、10,000円以上するもの。そのルーターをドコモ光を契約中はずっと無料で貸し出してくれます。

ドコモ光をGMOとくとくBBで申し込んだ場合のメリット・デメリット

ドコモ光をGMOとくとくBBで申し込むとお得な特典も多く、メリットばかりが目につくかもしれません。しかし、デメリットも存在しますので、申し込み前にはしっかり把握した上で申し込みを行いましょう。

  3つのメリット

 まずはメリットから見ていきましょう。魅力的なメリットが5つもあります。

  1. 高額キャッシュバックがもらえる

GMOとくとくBBでドコモ光を契約するメリットは高額キャッシュバックがもらえる点です。ドコモ光はSoftBank光やauひかりと比較するとキャッシュバック金額が少ない光回線といえます。しかし、GMOとくとくBBで契約することで、ほとんどもらえないはずのキャッシュバックが受け取れるのです。

  1. v6プラス対応プロバイダーだから速度が速い

v6プラス対応のプロバイダーだから混雑しがちなISPの網終端装置を経由しません。そして、旧来のIPv4通信のホームページを利用する場合にでもIPv6に自動変換してくれるため、通信速度にはストレスを感じないことでしょう。v6プラス対応プロバイダーはドコモ光では、選べる25社中でも5社だけです。

もしも、フレッツ光で速度にストレスを感じていたならドコモ光をGMOとくとくBBで契約することのメリットになるでしょう。

  1. v6プラス対応Wi-Fiルーターを無料で貸し出し

 通常高額で販売されるv6プラス対応のWi-Fiルーターを無料でレンタルできることは大きなメリットです。最大契約期間の37ヶ月間フルで契約した場合には、貸し出しされていたWi-Fiルーターは返却しなくても済みます。つまりは、長期間契約すれば、Wi-Fiルーターは自分のものになるということです。

 

ドコモ光の公式特典とGMOとくとくBBどちらの特典ももらえる

 

GMOとくとくBBならプロバイダー特典、ドコモ光の公式特典どちらもフルで適用されます。高額キャッシュバックはもちろん、GMOポイントが付与された上でNTTdocomoのdポイントが新規で10,000ポイント、転用で5,000ポイントが付与されることに。代理店やプロバイダーによっては、プロバイダー特典を受けると公式特典やキャッシュバックが受けられないと謳っているサイトもあります。しかし、そんなことは通常ありませんので、注意して下さい。

GMOポイントが貯まる

 

実は、NTTdocomoのdポイント以外にもGMOポイントが付与されます。ドコモ光をGMOとくとくBBで契約しているだけでも、毎月100Ptが付与されることに。そして付与されたポイントは、1Pt1円換算でプロバイダー料金から値引きされたり、プレゼントと交換できたりするのです。

  4つのデメリット

 では、ドコモ光をGMOとくとくBBで申し込みを行うことのデメリットも見ていきましょう。人によってはデメリットが致命傷になる可能性もありますから、先にしっかり把握しておいてくださいね。

違約金については、プロバイダーには左右されません。ドコモ光を契約する際の注意点です。

 ドコモ光の違約金が比較的に高額

実は違約金が比較的に高額です。ドコモ光はプロバイダー一体型の光回線のため、プロバイダー独自の違約金は発生しません。しかし、キャッシュバックの条件のひかりテレビを契約していた場合には、ひかりテレビの解約違約金が発生することに。注意したいポイントです。

ドコモ光の契約期間中の違約金は戸建で15,000円、集合住宅で8,000円です。加えて、ひかりTVを途中解約することで、10,000円も の違約金が発生してしまいます。当然、ドコモ光と同時にペア回線のドコモのスマホなどを解約した場合にも違約金9,500円 が発生するでしょう。契約更新月以外の解約では総合すると違約金が高額になってしまう可能性があります。

 Wi-Fiルーターの返送が遅れると補償金がかかる

ドコモ光の解約を行い、GMOとくとくBBとの契約が切れる場合には、Wi-Fiルーターを返却しなければいけません。返送は解約月の翌月の20日までです。もしも、なんらかの理由で返送が遅れてしまった場合には、補償金として翌翌月に10,000円を請求されることになります。解約時には注意したいポイントです。

キャッシュバックの受け取りが煩雑

GMOとくとくBBでのキャッシュバックの受け取りは少々煩雑です。申し込みを忘れてしまった場合には、キャッシュバック特典は受けられません。GMOのプロバイダーメールアドレス宛にキャッシュバックの申し込みURLが送付されてきます。そのメールからしかキャッシュバックの申請ができません。通常見ていないメールアドレスの場合には、気がつかない可能性があるでしょう。

また、開通月の翌月末日までに手続きを完了しなければキャッシュバックは受け取れないことに。キャッシュバックを受け取るまでは気がおけない状況です。

  1. Wi-Fiルーターのレンタルには申し込みが必要

お得でぜひ利用したいWi-Fiルーターのレンタルですが、実は、ドコモ光の申し込みだけでは特典が受けられません。別途Wi-Fiルーターの申し込みを行う必要があります。申し込みはGMOとくとくBBの専用サイトBBnaviから行ってください。

 

  1. ドコモ光をGMOで利用した評判は?

では実際のユーザーの評判も気になりますよね。見ていきましょう。

4-1. 回線速度

 

やはりv6プラスで速度に満足している口コミが多くあります。

 

4-2. 料金

 

ドコモユーザーには、料金が安くなってお得という声が目立ちました。

 

 

まとめ

いかがでしたか?ドコモ光ならGMOとくとくBBで申し込みを行うメリットは多くあるといえます。しかし、中にはデメリットが気になるユーザーもいるかもしれません。メリットとデメリットを考えてドコモ光の契約を行いましょう。ドコモユーザーが、フレッツ光から光コラボレーションに乗り換えるならドコモ光がおすすめです。そしてプロバイダーにはGMOとくとくBBがおすすめといえるでしょう。

 

参考:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/

参考:https://flets.com/next_giga/fm/fee.html

参考:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/

参考:https://flets.com/next_giga/mn/fee.html

参考:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/application/kojiryobunkatsu/index.html

参考:https://flets-w.com/collabo/

参考:https://www.nttdocomo.co.jp/campaign_event/hikari_shinkikojiryo/index.html

参考:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/

参考:https://gmobb.jp/service/docomohikari/campaign/?btn_id=menu_cp

参考:https://gmobb.jp/service/docomohikari/campaign/?btn_id=menu_cp

参考:https://xn--54qx9kpt2b.tokyo/about_IPv6_IPoE/v6plus_option_difference.html

参考:https://gmobb.jp/agreement/wifirouter.html

参考:https://gmobb.jp/about/point_exchange.html?btn_id=01top_pnt03

参考:https://flets.hikakunet.jp/3273.html#i-3

参考:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/

参考:https://kakuyasu-sumahogakuen.com/carrier-kaiyaku/6244.html

参考:https://gmobb.jp/service/docomohikari/campaign/?btn_id=menu_cp

参考:https://gmobb.jp/service/docomohikari/bbr/

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事