閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光の口コミ評判!通信速度と利用料金の実態を解説

ドコモ光は、ドコモのスマホ料金が割引される「ドコモ光セット割」が適用されるため、ドコモユーザーに人気の高い光回線です。

しかし、実際に、ドコモ光の評判を検索してみると、通信速度や利用料金について良い口コミだけでなく、悪い口コミもありました。

悪い口コミの内容確認してみると、申し込み前の確認や申し込み後の設定などで改善できる可能性が高いことが分かりました。しっかりと対策をすれば、ドコモユーザーに最適な光回線になるため、確認していきましょう。

ドコモ光の通信速度に関する評判

ドコモ光の通信速度に関する評判を検索してみたところ、通信速度が速いという口コミが多く見られました。

【ドコモ光の通信速度が速いという口コミ】

ドコモ光の通信速度が速いのは、IPv4 over IPv6という通信方式を採用していることがひとつの理由です。IPv4 over IPv6を採用することで、高速で安定した通信速度でインターネットが利用できます。

IPv4 over IPv6とは、パソコンやスマートフォンでインターネットを利用する際、アクセスが集中する経路を回避してWebサイトに接続する通信方式です。

光回線の通信速度は、平日の夜や土日祝日など、利用者が増える時間帯だとアクセスが集中することで遅くなる傾向があります。しかし、IPv4 over IPv6を利用すれば、利用者の増加による影響を減らせるため、通信速度が安定しやすくなります。

ドコモ光のIPv4 over IPv6については下記の記事で詳しく説明しています。

ドコモ光の通信速度が遅い場合は原因を特定して改善できる可能性がある

ドコモ光の最大通信速度は1Gbpsですが、保証されているわけではありません。通信速度は、利用環境によって変わり、様々な原因で遅くなることがあります。

ドコモ光の通信速度に関する評判を検索すると、通信速度が遅いという口コミもありました。

【ドコモ光の通信速度が遅いという口コミ】

ドコモ光の通信速度が遅くなる原因のひとつにIPv4 over IPv6を利用していないことが考えられます。ドコモ光は、申し込みと同時にプロバイダを選ぶ必要がありますが、プロバイダの中には、IPv4 over IPv6に対応してないところがあるため確認しておきましょう。

2021年3月時点で、IPoE IPv4 over IPv6に対応しているドコモ光のプロバイダは下記の15社です。

【IPoE IPv4 over IPv6に対応しているプロバイダ一覧】

料金プラン プロバイダ名称 IPoE IPv4 over IPv6通信のサービス名称
タイプA ドコモnet(ドコモネット) IPv4 over IPv6機能
plala(ぷらら) ぷららv6エクスプレス
GMOとくとくBB(ジーエムオーとくとくビービー) v6プラス
@nifty(ニフティ) v6プラス
DTI(ディーティーアイ) IPv6(IPoE)接続サービス
BIGLOBE(ビッグローブ) IPv6オプション
andline(アンドライン) IPv6サービス
hi-ho(ハイホー) IPv6_IPoE接続サービス
Tigers-net.com(タイガースネット.コム) v6プラス
スピーディアインターネットサービス IPv6サービス(v6プラス)
IC-NET(アイシーネット) v6プラス
BB.excite(ビービーエキサイト) IPv6 IPoE接続サービス
タイプB OCN(オーシーエヌ) OCN v6アルファ
@T COM v6インターネット接続機能(IPoE)
@ちゃんぷるネット v6プラス

プロバイダによって名称が異なりますが、全てIPoE IPv4 over IPv6を使用しているので、同様の接続方式でインターネットを利用できます。

プロバイダによっては、IPoE IPv4 over IPv6を利用するために別途で申し込みが必要です。プロバイダへ申し込みをせずにインターネットを利用すると、IPoE IPv4 over IPv6で通信ができないため、プロバイダごとのサービス申込方法をドコモ光公式サイトの「ドコモ光対応プロバイダのIPv6対応状況」で確認しておきましょう。

IPv4 over IPv6の確認方法

IPv4 over IPv6の接続確認は、OCN公式サイト「IPoE接続環境確認サイト」で確認できます。Webサイトへアクセス後、「確認開始」のボタンをクリックすれば結果が表示されます。接続環境でIPv4とIPv6が、下記画像のように「IPoE方式」と表示されていれば、IPv4 over IPv6で接続中です。

また、ドコモ光の通信速度が遅くなる原因は、IPv4 over IPv6対応のルーターを利用していない、Wi-Fi環境が悪いなど様々ですが、きちんと対策をすれば改善できる可能性が高いです。

ドコモ光の通信速度が遅くなる原因と改善策については下記の記事を参考にしてください。

ドコモ光の利用料金に関する評判

ドコモ光の利用料金に関する評判を検索すると、高いという口コミと安いという口コミが混在していました。

【ドコモ光の利用料金に関する評判】

ドコモ光の利用料金が、人によって高くなったり安くなったりするのは、「ドコモ光セット割」の適用の有無で決まります。ドコモ光セット割は、ドコモのスマホ料金が割引されるサービスです。ドコモのスマホ1台につき、月額料金から最大1,000円が割引されます。

さらに、ファミリー割引のグループに入っているドコモのスマホも適用されるため、対象の端末が多いほど割引額が多くなります。

一方で、ドコモ光セット割が適用されない場合は、割引がないため、他社光回線のほうが安くなる場合があります。

実際に他社光回線の月額料金を比較してみると下記のようになります。

【ドコモ光と他社光回線の月額料金の比較(※)】

マンション 戸建
auひかり 3,400円 5,100円
ソフトバンク光 3,800円 5,200円
ドコモ光 4,000円 5,200円
BIGLOBE光 3,980円 4,980円
@nifty光 3,980円 5,200円
So-net光 4,480円 5,580円
平均 3,940円 5,210円

※プロバイダ料金込み、最安値の場合。(2019年9月現在)

ドコモ光セット割が適用されない場合、他社光回線の月額料金のほうが100円ほど安くなります。

そのため、ドコモ光をお得に利用するには、ドコモ光セット割の適用が必須です。

ドコモ光と他社光回線の利用料金については、下記の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

ドコモ光セット割の割引額によっては他社光回線のほうがお得になる

ドコモ光セット割の割引額は、スマホや携帯電話で契約している料金プランによって変わります。そのため、ドコモ光セット割の割引額が低い場合は、他社光回線を利用したほうが安くなる場合があるため、ドコモ光を申し込む前に確認が必要です。

【ドコモ光セット割の対象プランと割引額(スマホの場合)】

プラン名 割引額(月額)
5Gギガホ 1,000円
ギガホ
5Gギガライト
/ ギガライト
ステップ4(~7GB)
ステップ3(~5GB)
5Gギガライト
/ ギガライト
ステップ2(~3GB)
500円

表を確認すると、5Gギガライト / ギガライトのステップ2(~3GB)を契約している場合、ドコモ光セット割の割引額が、スマホ1台につき500円です。

そのため、マンションに住んでいる人は、ドコモ光(月額4,000円)で500円を割引されるよりも、auひかり(月額3,400円)を利用した方が安くなります。

ドコモユーザーがドコモ光を申し込めば最安で利用できるとは限らないため、申し込み前に他社光回線と比較しておきましょう。

光回線の利用料金の比較については下記の記事を参考にしてください。

ドコモ光は代理店から申し込むとキャッシュバックをもらえる

ドコモ光の申し込み先は、ドコモショップや家電量販店、Webの代理店やドコモ公式サイトなど複数ありますが、キャッシュバックを多くもらうなら、販売代理店のネットナビWeb申し込みしましょう
ネットナビでは、独自のキャッシュバックキャンペーンにより、有料オプションの加入不要最短翌月末現金キャッシュバック15,000円がもらえるからです。新規契約・事業者変更・転用のどの場合でも15,000円がもらえます。さらに、モバイルWi-Fiルーターの無料レンタルをしているので、ドコモ光の申し込みから開通までの間でも、インターネットを使えます。

また、ドコモ光公式キャンペーンも併用できるので、dポイント最大20,000ptがもらえる「dポイントプレゼント特典」を適用可能です。もらえるポイント数は、契約形態と住居タイプによって変わります。※dポイントプレゼント特典を適用するには、2年定期契約で契約する必要があります

【dポイントプレゼント特典でもらえるdポイント数】

契約形態 もらえるdポイント数
新規契約 戸建て:20,000pt
マンション:15,000pt
事業者変更・転用 2,000pt

新規契約の場合は、戸建てタイプ・マンションタイプのどちらを契約するかでもらえるポイント数が異なりますが、事業者変更と転用の場合はどちらの住居タイプでも特典は2,000ptです。

ただし、ネットナビのキャッシュバックキャンペーンを適用するには、下記の条件をすべて満たす必要があります

※ネットナビのキャッシュバックキャンペーンの適用条件
  • 申込後、工事完了翌月末日までに、キャッシュバック申請の手続きをする。
  • ネットナビのWebページからドコモ光を申込む。
  • 申込受付のとき、担当オペレーターにキャッシュバック希望の旨を申告する。
  • 申し込んだサービスを特典受け取りまで継続利用する。

ネットナビでキャッシュバックをもらうには、Web申込後にネットナビから来る確認の電話で「キャッシュバックが欲しい」という旨を伝える必要があります。
また、ドコモ光の開通工事が完了した翌月末までに、下記のキャッシュバックの手続きをしなければいけないので忘れないよう気を付けましょう。

【ネットナビのキャッシュバック申請の手続き方法】

  1. 申込後にネットナビからキャッシュバック申請情報のメールが1通届く。
  2. メールに記載のキャッシュバックの申請サイトのURLにアクセスし、メールに記載のお客様IDや振込口座情報などを登録する。
  3. メールに記載のキャッシュバックの申請書(PDF)のURLにアクセスし、キャッシュバック申込書(pdf)をダウンロード・印刷する。
  4. 工事完了翌月末日までに、工事完了受領書もしくは開通後に届く契約申込書と、キャッシュバック申請書を株式会社ネットナビまで郵送する。

販売代理店ネットナビの申し込みはこちらから

おすすめ窓口最大20,000円キャッシュバック!
  • 最大20,000円キャッシュバック
  • dポイント最大5,000pt還元
  • ドコモ光パックで携帯料金から毎月割引

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ネット回線「ドコモ光」口コミ評判 投稿フォーム

    あなたの声を聞かせてください。
    投稿いただいた内容は、コンテンツ作成に役立たせていただきます。
    インターネット回線の利用環境を記載の上、満足度やメリット・デメリットなど感じていることを自由にご記入ください。















    関連記事