閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光からドコモ光に転用したい人必見!知っておきたい14の重要知識

普段docomoの携帯を使っている人は、フレッツ光からドコモ光へ転用すると月々の携帯使用料金が割り引かれるというメリットがあります。しかも、転用の場合には工事が不要なので、乗り換えの場合より簡単に契約が移行できます。
しかし、フレッツ光からドコモ光への転用が楽にできるからと言って、なんとなく契約を進めると損をしてしまうことも。数万円分のポイントが抹消されてしまった!!・・・なんて事態は避けたいですよね。フレッツ光からドコモ光への転用で後悔しないために、一度は読んでおいて損は無い知識をまとめました。

 

フレッツ光とドコモ光は何が違うの?

フレッツ光とドコモ光の違いは、端的に言えば、光回線を提供する会社が異なるという点にあります。フレッツ光はNTT東日本、NTT西日本がそれぞれ提供している光回線ですが、光コラボレーション(光コラボ)とは、他社がNTTの光回線を借りて各社の”ブランド”として光回線を販売することを指します。ドコモ光は「NTT docomo」がNTTの回線を借りて(光コラボして)提供している光回線のサービスなので、キャンペーンやプラン内容などは異なるものの、使用している光回線自体に違いはありません。
フレッツ光では、NTTとは別にプロバイダとの契約や料金の支払いが必要ですが、ドコモ光ではプロバイダと光回線をまとめて一つの契約になるので、料金の支払いが一括でできるほか、問い合わせ窓口も一本化されるという違いもあります。光コラボを使用した方が、ユーザーとしては管理や支払いの点でより利便性が高いと言えます。

 

転用って何?

フレッツ光から光コラボに契約を変更すること転用と言います。それに対して、元々使用していた回線業者を解約し、新規で別の回線業者と契約すること乗り換えと言います。

ただし、転用は「フレッツ光から光コラボへ変更する場合」だけに限定されます。もしドコモ光からフレッツ光に変更しようとすると乗り換えの扱いになるので、ドコモ光の解約とフレッツ光の新規契約が必要になります。

フレッツ光とドコモ光、どっちが速い?

フレッツ光の回線を利用しているドコモ光ですが、通信速度に違いはあるのでしょうか。結論から言ってしまえば、通信速度に違いはありません。ドコモ光はフレッツ光と同じNTTの光回線を使っているため、理論上は回線速度や安定性は同じであると言えます。もしドコモ光にして遅くなったと感じる場合には、アクセスしていたサイト自体が重かった等、他の要因を考えた方が良いでしょう。

フレッツ光とドコモ光、どっちが安い?

フレッツ光とドコモ光の利用料金を比較すると、ドコモの携帯ユーザーならば、ドコモ光の方が安くなります。残念ながら、普段ドコモの携帯電話を利用していない方は、あまり転用するメリットはありません。
フレッツ光とドコモ光の月額利用料は大して変わりませんが、ドコモ光の場合は光セット割と呼ばれる携帯電話のプランに応じた割引を受けられます。家族で大容量のシェアパックを契約している場合には、最大で月額利用料が3500円分割引されるなど、割引額が大きくなります。しかし、ひとりで利用している方など、携帯プランによっては月額利用料が500円分しか割引されず、ドコモ光に転用してもメリットが少ない場合も。
光セット割でどのくらいの割引率かを知りたい方は、公式ホームページからシミュレーションするのをお薦めします。
《docomo 公式ホームページ 料金シミュレーション》
もしドコモ光の割引率が高くない方は、NURO光への乗り換えを選択肢に入れると良いでしょう。NURO光はフレッツ光とは別回線のため、回線が混雑せず、安定して高速のインターネット通信を実現しています。さらに、月額料金は戸建て・マンションともにフレッツ光よりも1000円以上安くなるので、お薦めです。ただし、NURO光の提供エリアは関東・関西・東海圏だけに限定されていますし、導入できる建物に条件があります。
NURO光について詳しく知りたい方はコチラの記事を読んでください。

初期費用はいくらかかる?

フレッツ光からドコモ光に転用した場合、工事は必要ありません。なので、通常解約時にかかる工事費を支払うことなくドコモ光に契約を移行することができます。しかし、契約事務手数料の3,000円は必ず支払う必要があります。したがって、初期費用は、契約事務手数料にかかる3,000円だけに抑えられます。

フレッツ光で貯めたポイントはドコモ光でも使える?

結論から言ってしまえば、フレッツ光で貯まったポイントは、ドコモ光で使えません。フレッツ光から光コラボ事業者に転用すると、転用日をもってポイントが抹消されるため、転用日を過ぎるとポイントを商品と交換できなくなります。
NTT東日本でフレッツ光を利用している人は「フレッツ光メンバーズクラブ」、NTT西日本でフレッツ光を利用している人は「CLUB NTT-West」という無料で会員登録できるサービスに参加できます。このサービスに会員登録すると、利用状況に応じてポイントが貯まります。

画像出典: NTT西日本 公式ホームページ
貯まったポイントは様々な商品やサービスと交換できるので、必ず転用日の前日までにポイント交換をするようにしましょう。

解約の手続きは必要?解約金はかかる?

ドコモ光へ移行する際には、自動的にフレッツ光は解約されるので、解約の手続きは不要です。さらに、フレッツ光からドコモ光へと乗り換えようとした場合、フレッツ光の解約金はかかりません。ただし、工事費の分割代金が残っている場合は、ドコモ光に切り替えた後にも工事費を支払う必要があります。初期工事費を一括払いしていない方は、フレッツ光を使用し始めてから31ヶ月以内だと工事費の分割払い中なので、早めに確認するようにしましょう。

転用した月は日割りで料金がかかるの?

フレッツ光からドコモ光に転用した月は、日割りで利用料がかかります。転用日前日まではフレッツ光の料金がかかり、転用を開始した日からはドコモ光の利用料金が日割りでかかります。日割りで計算されるので、いつ転用手続きを行っても損をすることが無いので安心ですね。

 工事は必要?

フレッツ光からドコモ光に切り替えると、大抵の場合工事は不要です。申し込みをして、契約が完了したら、概ね1~2週間程度でフレッツ光からドコモ光への移行が完了します。その際に、自動的にフレッツ光は解約されるので、解約手続きや工事は必要ありません。
ただし、利用環境や申し込み内容によっては、工事が必要な場合があります。例えば、転用と同時に通信速度やプランを変更する場合や、使用している無線LANルーターを変更する場合です。エリアやプランによって工事費は異なるので、工事が必要になりそうな場合は公式ホームページでシミュレーションするのが良いでしょう。
《ドコモ光 公式ホームページ 転用工事料金シミュレーション》

プロバイダの変更は必要?

プロバイダの変更は不要です。ドコモ光があらかじめ用意した「タイプA」19社、「タイプB」6社の中に、元々フレッツ光のときに利用していたプロバイダがあれば変更する必要はありません。(タイプAのU-Pa!はサービス終了につき、申し込めません。)なお、タイプBはタイプAよりも月額200円だけ利用料金が高いという違いがあります。

画像出典:ドコモ 公式ホームページ
ここで注意しておきたいのは、フレッツ光で使用中のプロバイダによっては、別途ドコモ光への乗り換え時に解約金がかかる場合があるということです。プロバイダの違約金は、おおむね3,000円~5,000円程度ですが、気になる方はあらかじめ契約中のプロバイダ会社に違約金について確認すると良いでしょう。

プロバイダを変更したい時はどうする?

プロバイダを変更しなくてもドコモ光は利用できますが、希望する場合はプロバイダを変更できます。ただし、フレッツ光の時に利用していたプロバイダから新しいプロバイダに自動的に移行されないので、ご自身による解約手続きが必要です。転用時に以前のプロバイダを解約しておかないと、プロバイダ料金が二重にかかってしまうので、必ず解約手続きをするようにしましょう。
プロバイダの変更を検討したいけれど、どこのプロバイダと契約しているか忘れてしまった方は、確認くんにアクセスすると、現在インターネットに接続しているIPアドレスなどの情報を確認できます。アクセス後に、「ゲートウェイの名前」に表示されている文字列から、どこのプロバイダを使っているかが判別できます。使用中のプロバイダが分かったら、解約の手続き方法や違約金についてプロバイダ会社に早めに問い合わせて確認しましょう。

ONUの変更は必要?

ONUとは、Optical Network Unitの頭文字をとった言葉で、日本語では「光回線終端装置」と呼ばれます。その名前の通り、光回線でインターネットに接続するために必要な通信機器で、フレッツ光と契約している間はNTTからレンタルしています。本来ならばNTTからの借り物なので、返却する必要がありますが、ドコモ光に転用する人は、返却しないでそのまま利用できます。

画像出典:NTT西日本 公式ホームページ

 

フレッツ光とドコモ光の契約が重なる場合ってある?

フレッツ光とドコモ光の契約が重なることはありません。なぜなら、フレッツ光から転用した場合、フレッツ光の解約手続きをしなくても自動的にドコモ光の契約へと移行するからです。契約が重なっていないか不安な方は、転用開始日の翌日以降に、「フレッツ光メンバーズクラブ」にログインしてみましょう。『変更や解約などにより、お客様のご利用回線が確認できません。』という表示が出れば、フレッツ光を解約し、無事にドコモ光への転用が完了したという証拠です。

転用の手続きってどうやるの?

実際に転用の手続きを進めるには、どのようにしたら良いのでしょうか。転用を行うためには、まず転用承諾番号を得る必要があります。

NTT東日本またはNTT西日本から「転用承諾番号」を受け取る方法は、主に①インターネットで申し込む②電話で申し込む、の2通りがあります。

画像出典:docomo 公式ホームページ
① インターネットで申し込む場合
・NTT東日本で契約している方は、NTT東日本公式ホームページにアクセス。
・NTT西日本で契約している方は、NTT西日本公式ホームページにアクセス。
②電話で申し込む場合
・NTT東日本で契約している方は、NTT東日本 フレッツ受付センター(0120-140-202)に電話をかける。
・NTT西日本で契約している方は、NTT西日本光番号案内センター(0120-553-104)に電話をかける。
なお、取得した転用承諾番号の有効期限は、発行日から15日間です。15日を超えた場合、転用承諾番号は無効となり、新しい転用承諾番号を取得する必要があります。

ドコモ光(光コラボ事業者)へ申し込み

転用承諾番号を得たら、ドコモ光で転用手続きを進めましょう。以下の公式ホームページまたはドコモショップで、申し込み手続きができます。
《ドコモ光 公式ホームページ》
契約について詳しい説明を受けたい方は、ドコモショップの店頭にて直接申し込むのをお薦めします。

まとめ

フレッツ光からドコモ光への転用は、工事費や違約金がかからないので、簡単に契約を移行することができます。docomoの携帯電話を家族でまとめて契約していると、携帯電話に対する月額利用料の割引率が高いので、ドコモ光に転用することをお薦めします。他方、一人でdocomoの携帯電話を契約している方は大きな割引は期待できません。ドコモ光の割引プランは複雑なので、検討している方は一度公式ホームページで料金がシミュレーションを行うようにしましょう。なお、一人でdocomoの携帯電話を利用している方は、フレッツ光より月額利用料が安く、通信速度が速いNURO光に乗り換えることをお薦めします。
また、ドコモ光への転用する場合でも、他の光通信事業者への乗り換える場合でも、フレッツ光を利用している間にポイントが貯まっている可能性があります。必ず公式ホームページでポイント数を確認し、ポイントを商品に交換してから転用・乗り換えるようにしましょう。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事