閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光とドコモ光の違いと転用の注意点を解説

ドコモ光は、光コラボの1種であり、フレッツ光から転用すると工事費がかかりません。
光コラボとは、NTTと提携する事業者がフレッツ光の回線設備を借りて、自社のサービスとセットにした光回線のことです。そして、フレッツ光から光コラボに乗り換えることを転用といいます。

ドコモ光に転用すると、フレッツ光よりも月額料金が安くなることがあります。さらに、ドコモのスマホ・携帯電話とのセット割引があるため、ドコモユーザーはフレッツ光からドコモ光に転用するべきと言えるでしょう。

ただし、ドコモ光に転用することで月額料金が高くなることや、フレッツ光で契約中のプロバイダから違約金を請求されることがある、というデメリットがあります。

そこで、転用を検討中の人に向けて、フレッツ光とドコモ光の違い、転用の注意点を解説していきます。

フレッツ光とドコモ光の違い

フレッツ光とドコモ光には、以下のような違いがあります。

【フレッツ光とドコモ光のサービスの比較】
フレッツ光 ドコモ光
提供元 NTT東日本・NTT西日本 NTTドコモ
月額料金(※1) 戸建住宅:4,300円~5,000円
集合住宅:2,850円~3,720円
戸建住宅:5,200円~5,400円
集合住宅:4,000円~4200円
プロバイダ利用料 月額500円~1,200円 月額料金に含まれる
Wi-Fiルーターのレンタル料金 月額750円(※2) 無料
スマホとのセット割引 なし あり(ドコモ)
ポイントサービス NTT東日本:フレッツ光メンバーズポイント
NTT西日本エリア:CLUB NTT-Westポイント
dポイント

※1:記載の料金は、2年契約時の割引が適用された金額です。
※2:一部のプランは、月額料金にWi-Fiルーターのレンタル料金が含まれています。

フレッツ光とドコモ光は、NTTが提供する光回線の設備を利用しているため、どちらも最大通信速度1Gbpsでインターネットが利用できます。

ただし、2つの光回線サービスは提供元が異なるため、各種料金などサービス内容が異なります。それでは、フレッツ光とドコモ光の違いを確認していきましょう、

ドコモ光へ転用すると月額料金が安くなることがある

フレッツ光からドコモ光へ転用すると、月額料金が安くなることがあります。

フレッツ光は月額料金とは別にプロバイダ利用料の支払いが必要ですが、ドコモ光の月額料金にはプロバイダ利用料が含まれているからです。

たとえば、戸建て住宅でフレッツ光を利用した場合、フレッツ光の月額料金4,300円~5,000円とは別に、プロバイダ利用料が毎月500円~1,200円かかります。

そのため、戸建て住宅でフレッツ光を利用するのにかかる月額料金は、プロバイダ料金と合計すると4,800円~6,200円です。ドコモ光の戸建て住宅向けプランは月額料金5,200円~5,400円なので、フレッツ光とプロバイダ料金の合計が5,200円を超えている人は、ドコモ光に乗り換えたほうが月額料金を抑えられます。

また、集合住宅でフレッツ光を利用していて、フレッツ光とプロバイダの月額料金の合計が3,500円を超えている場合は、ドコモ光に転用するとインターネットにかかる料金が安くなります。

ドコモ光は無料でWi-Fiルーターがレンタルできる

ドコモ光は、対象のプロバイダから無料でWi-Fiルーターをレンタルできます。Wi-Fiルーターは、スマホやパソコンをインターネットに無線接続するために必要ですが、購入する場合は5,000円~10,000円ほどの費用がかかります。

しかし、ドコモ光ではWi-Fiルーターが無料レンタルできるため、インターネットを利用するのにかかる初期費用を抑えられます。

一方、フレッツ光でもWi-Fiルーターをレンタルできますが月額750円の有料サービスです。「ギガファミリー」または「ギガマンション・スマートタイプ」は、Wi-Fiルーターがセットになったプランですが、同等の通信速度があるプランよりも月額料金が300円高く設定されています。

そのため、現在フレッツ光を契約中でWi-Fiルーターのレンタル料金を支払っている人は、ドコモ光に転用すると月額料金が安くなります。

なお、ドコモ光のプロバイダについては、以下の記事を参考にしてください。

ドコモ光のGMOとくとくBBは5つの基準を満たした理想のプロバイダ

ドコモ光はドコモのスマホ・携帯電話とのセット割引がある

自身または家族がドコモユーザーである場合、フレッツ光からドコモ光に転用すると、毎月のスマホ・携帯電話の料金が安くなります。
ドコモ光には、ドコモ光セット割といって、対象のプランのスマホ・携帯電話の毎月の料金を割引するサービスがあるからです。フレッツ光には、スマホ・携帯電話とのセット割引はありません。

また、ドコモ光セット割は、ドコモで契約しているプランによって割引額が変わるため、以下の表で確認しましょう。

【ドコモ光のセット割の割引額(ギガプラン)】
料金プラン 割引額
5Gギガホ 1,000円
ギガホ
ギガライト 7GBまで
ギガライト 5GBまで
ギガライト 3GBまで 500円
ギガライト 1GBまで なし
【ドコモ光のセット割の割引額(シェアプラン)】
料金プラン セット割の割引額
ウルトラシェアパック 100 3,500円
ウルトラシェアパック 50 2,900円
ウルトラシェアパック 30 2,500円
ベーシックシェアパック 30GBまで 1,800円
ベーシックシェアパック 15GBまで 1,800円
ベーシックシェアパック 10GBまで 1,200円
ベーシックシェアパック 5GBまで 800円
ウルトラデータLLパック 1,600円
ウルトラデータLパック 1,400円
ベーシックパック 20GBまで 800円
ベーシックパック 5GBまで 800円
ベーシックパック 3GBまで 200円
ベーシックパック 1GBまで 100円

ギガプランの場合、1回線につき月額最大1,000円割引されます。
ドコモ光セット割の対象となるのは、ドコモ光契約者と、両親や配偶者などのファミリー割引の対象となる三親等以内の家族であり、最大20回線までです。

たとえば、自分と配偶者と子どもの3人がギガプランを契約している場合、ドコモ光に転用すると、毎月のスマホ・携帯電話代から月額3,000円が割引されるようになります。

一方、シェアプランの場合、割引対象となるのは代表回線(ドコモ光契約者の回線)のみであり、割引額は月額最大3,500円です。
なお、シェアプランの新規申込受付は2019年に終了しました。そのため、スマホや携帯電話のプランをドコモ光のセット割対象プランに変更したい人は、ギガプランから選択してください。

★☆ドコモ光の割引キャンペーン情報☆★
キャンペーンを詳しく見る

★☆ドコモ光の割引キャンペーン情報☆★
キャンペーンを詳しく見る

ドコモ光に転用するとdポイントが貯まるようになる

フレッツ光のポイントサービスで貯まるポイントはフレッツ光の会員サイト内でしか利用できませんが、ドコモ光では全国で利用できるdポイントが貯まります。

dポイントは、1ポイント1円分として利用可能な電子マネーの1種類あり、ドコモ光の転用申込時に5,000ポイントが進呈されます。
また、ドコモ光の利用料金のうち、各種オプション料金や手数料を除く、基本料金1,000円につき10ポイントが毎月還元されるようになります。(還元率1%)

たとえば、集合住宅の場合、ドコモ光の月額基本料金は4,000円または4,200円なので、毎月40ポイントが貯まるのです。

なお、ドコモが提供する「dカード GOLD」を持っている人は、ドコモ光の月額基本料金1,000円(税別)につき100ポイントが貯まるようになります。(還元率10%)
ドコモ光を利用しているだけで年間4,800円相当のdポイントがもらえるようになるので、これから転用する人は参考にしてください。

ひかり電話やフレッツ・テレビは転用後も利用できる

フレッツ光でひかり電話やフレッツ・テレビを契約している人は、ドコモ光に転用した後も同様のサービスが利用できます。
なお、ドコモ光に転用すると、以下のようにサービスの名称が変わります。

【フレッツ光転用後のサービス】
  • ひかり電話→ドコモ光電話
  • フレッツ・テレビ→ドコモ光テレビオプション

東京都の「03」など、市外局番から始まる電話番号を利用している人は、番号ポータビリティが可能です。番号ポータビリティとは、現在使用中の電話番号を別のサービスに乗り換えても使うことができる制度のことです。
そのため、市外局番から始まる電話番号を利用している人は、ドコモ光に転用するからといって、固定電話の番号が変わることはありません。

また、フレッツ光でフレッツ・テレビを契約中の人は、ドコモ光に転用するとドコモ光テレビオプションが視聴可能になります。ドコモ光テレビオプションはフレッツ・テレビと同じ回線設備を利用するため、開通工事は不要であり、工事費は無料です。
なお、フレッツ・テレビとドコモ光テレビオプションで、月額料金や視聴できる番組などに違いはありません。

ひかりTV for docomoに乗り換えるには別途手続きが必要

フレッツ光でひかりTVを契約している人は、ドコモ光に転用した後もひかりTVが視聴できます。
ただし、ひかりTVからドコモが提供するひかりTV for docomoへの乗り換えは、自動では行われません。ひかりTVとひかりTV for docomoは、月額料金や視聴可能なチャンネルが異なるからです。

ひかりTV for docomoは、ひかりTVのチャンネルだけでなく、「dTV」「dTVch」といったドコモが提供する映像配信サービスのコンテンツが追加料金なしで視聴できます。
そのため、dTVやdTVchを視聴したい人は、ひかりTV for docomoを契約すると良いでしょう。

なお、ひかりTV for docomoにサービスを乗り換えるには、ひかりTVの解約手続きを行ってから、ドコモ光を通じてひかりTV for docomoに新規申込をしてください。

フレッツ光からドコモ光に転用する際の注意点

フレッツ光からドコモ光に転用する際には、以下の点に注意してください。

【転用の注意点】
  • 初期費用がかかる
  • 転用手続きが完了した日によって月額利用料の請求額が異なる
  • フレッツ光で契約中のプロバイダの解約手続きが必要
  • プロバイダの違約金がかかることがある
  • フレッツ光の会員ポイントが失効する

注意点について詳しくは、次の項目で説明していきます。

なお、転用を申し込んでからドコモ光が利用できるようになるまでは、1週間~2週間ほどかかります。転用手続きの流れは、以下の記事を参考にしてください。

ドコモ光の契約手順を新規契約・事業者変更・転用ごとに解説

ドコモ光に初期費用を支払う

フレッツ光からドコモ光に転用する場合、ドコモ光の開通工事費はかかりません。ドコモ光はフレッツ光と同じ光回線を使っているため、設備をそのまま流用できるからです。また、ドコモ光への転用は通常の乗り換えとは異なるため、フレッツ光の違約金も発生しません。

ただし、転用時には、ドコモ光の初期費用として契約事務手数料3,000円がかかります。

契約事務手数料は、ドコモ光に転用した月の翌月(ドコモ光の初回請求時)に、月額利用料と一緒に請求されます。そのため、支払いに特別な手続きは必要ありません。

なお、フレッツ光の工事費(フレッツ光の初期費用)の分割払いが残った状態で転用するとドコモ光から工事費を請求されます。フレッツ光の工事費の支払い義務がなくなるわけではないので、覚えておきましょう。

転用月の月額利用料は日割り計算で請求される

転用手続きが完了した月(転用月)は、フレッツ光とドコモ光の月額料金がそれぞれ日割り計算で請求されます。
たとえば、6月15日に転用手続きが完了した場合、請求される月額利用料は以下の図のようになります。

【解約月の月額料金】


フレッツ光には、6月1日~6月14日までの14日分の月額料金を支払い、ドコモ光には、6月15日~6月30日までの16日分の月額料金を支払います。
転用月は、フレッツ光とドコモ光の両方から1か月分の月額料金が請求されるわけではないのです。
つまり、月の途中で転用する場合でも月額料金が余分にかかることがないため、転用手続きはいつ行っても問題ないと言えるでしょう。

転用にともなうプロバイダの解約で違約金が請求されることがある

フレッツ光でプロバイダの長期契約割引を利用している人は、契約期間内にプロバイダを解約すると違約金が請求されます。違約金はプロバイダによって異なりますが、3,000円~9,500円ほどです。

なお、プロバイダの長期契約割引は、契約満了月(契約終了月)に解約すれば違約金は発生しません。また、フレッツ光からドコモ光への転用後も、同じプロバイダを利用し続ける場合も、プロバイダの違約金がかからないことがあります。
詳しくは、フレッツ光で契約中のプロバイダの公式サイトで情報を確認してください。

フレッツ光の会員ポイントが失効する

ドコモ光に転用するとdポイントが貯まるようになりますが、フレッツ光の会員ポイントはすべて失効します。
フレッツ光の会員ポイントは、フレッツ光の会員サイト上で、1ポイント=1円として、電子マネーやギフトカタログの商品などと交換可能です。

フレッツ光の会員サイトおよび交換可能な商品やサービスは、NTT東日本エリアとNTT西日本エリアで異なります。

【フレッツ光の会員サイト】

NTT東日本「フレッツ光メンバーズクラブ」
NTT西日本「CLUB NTT-West」

NTT東日本エリアの場合、貯まったポイントでフレッツ光の月額利用料を支払うこともできます。
一方、NTT西日本エリアでは、ポイント分を割引として、クレジットカードまたは代金引換を選択することにより、家電製品などの購入も可能です。

ただし、フレッツ光の会員サイトは転用手続きを行うと利用できなくなります。フレッツ光からドコモ光に転用する人は、事前にフレッツ光の会員ポイントを商品やサービスに交換しておきましょう。

ドコモ光は代理店からの申し込みでキャッシュバックがもらえる

フレッツ光からドコモ光に転用する人は、ドコモ光の正規代理店から申し込みましょう。ドコモ光の正規代理店では、dポイント5,000円分がもらえるドコモ光の公式キャンペーンと、キャッシュバックなどの代理店独自のキャンペーンが併用できるからです。

たとえば、ドコモ光を正規代理店ネットナビから申し込みむと最大20,000円がキャッシュバックされます。
キャッシュバックは、オプションとして「ひかりTV for docomo」と「DAZN for docomo」をセットで申し込むと20,000円、「ひかりTV for docomo」をセットで申し込むと18,000円です。
オプションに加入せず転用のみ申し込む場合でも、15,000円がキャッシュバックされます。

なお、ドコモ光の公式サイトでは、キャッシュバックキャンペーンを行っていません。そのため、フレッツ光から転用する人は、ネットナビから申し込んで、公式と代理店独自のキャンペーンを併用すると良いでしょう。

★☆ドコモ光の割引キャンペーン情報☆★
キャンペーンを詳しく見る

★☆ドコモ光の割引キャンペーン情報☆★
キャンペーンを詳しく見る

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事