閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の使い方に困ったら、リモートサポートで問題を解決しよう

「フレッツ光を契約してインターネットが使えるようになったものの、パソコンや周辺機器の設定は難しいことだらけでどうしていいかわからず困ってしまう」そんなパソコン&ネット初心者の方は、リモートサポートを付けてしまいましょう。

フレッツ光で月額500円(税抜)のリモートサポートを契約すれば、追加料金無しでいつでもでわからないことを相談できます。

遠隔サポートの機能を使えば、設定そのものを担当のオペレーターに代行してもらうことも可能です。この記事では、フレッツ光のリモートサポートについて詳しく解説します。

フレッツ光を契約したら、自分でいろいろ設定する必要がある

フレッツ光を契約し、インターネットが開通すればそれでパソコンの設定が全て終了するわけではありません。

例えばプリンターを購入したら使えるようにするためにパソコンへソフトをインストールする必要があり、Wi-Fiルーターを購入したらフレッツ光のONU(光回線を利用するために自宅に設置する機器のこと)に接続して初期設定を行わなければいけません。

メールを使いたい場合はパソコンなどにメールの送受信をするための設定をしなければいけませんし、インターネット自体も同様に初期設定が必要です。

機器を新しく購入したり各種サービスを使い始めたりしたい場合、とくに初心者は説明書や説明サイトを読んでもイマイチ内容・方法がよくわからないことがあるのではないでしょうか。

そんな困った時に活用したいのが、フレッツ光で光回線のオプションとして契約できる「リモートサポート」サービスです。

月額500円(税抜)のリモートサポートを利用すれば、わからないことを聞ける

リモートサポートサービスは月額500円(税抜)で、

●電話サポート
●リモートサポート

これら2種類のサポートを受けられます。どちらも専用ダイヤルへ電話をかけることで利用でき、通話料金は無料です。

電話サポートでは機器やサービスの設定を聞きながら自分で操作をしていくしくみです。

リモートサポートでは、「リモートサポートツール」をインストールすることによりオペレーターがこちらのパソコンの画面を確認しながら指示を的確に伝えられるより便利なサポート方法となっています。

リモートサポートは相手と画面を共有できる関係上、的確・迅速に問題を解決できる可能性は高いでしょう。

月額料金はNTT東日本・西日本で共通している!

フレッツ光のリモートサポートは、NTT東日本エリアと西日本エリアのどちらでも同じ月額500円(税抜)で提供されています。対応時間も、365日年中無休の9時~21時までで共通しています。

将来東日本と西日本を跨いで引っ越しをしたとしても、引き続き引越し後のフレッツ光でリモートサポートを契約して利用できるのでご安心ください。

リモートサポートの申込方法!

リモートサポートは、NTT東日本エリアでは専用フォームから、NTT西日本エリアでは専用フォームに加えて電話でもすぐに申込可能です。

https://flets.com/osa/remote/s_outline.html
https://flets-w.com/opt/remote_support/

それぞれのエリアにおけるリモートサポートの説明サイトに申込み用の項目があるので、そこから申し込みフォームに移動して手続きを行うのが最も手軽な方法と言えるでしょう。

なおフレッツ光の光回線とプロバイダ、そしてキャンペーン特典などがセットになっている「光コラボレーション」(光コラボ)でも、リモートサポートを契約できることがあります。

https://flets.com/collabo/list/

上記のリストにリモートサポートサービスへの対応可否が記載されているので、光コラボを契約予定・契約中の場合は対応しているかどうか確認し、対応していたら各光コラボの窓口より申し込みを行いましょう。

フレッツ光でリモートサポートを契約するメリット

ここからは、フレッツ光でリモートサポートを契約することにより具体的にどんなトラブルを解消できるかを解説します。

様々な設定で困った経験がある方は、リモートサポートを契約して活用しましょう。

無線LAN設定をサポートしてもらえる!!

フレッツ光の光回線は、別途オプションを申し込んだり契約時にWi-Fi機能付きプランを選んでいたりしない限りは有線接続でしかインターネットを利用できません。

スマートフォンやタブレット、ゲーム機など様々な機器でインターネットを使いたい場合は無線LAN機能付きのルーターを購入して使うのが一般的ですが、この設定が難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

リモートサポートなら、ルーターの設定をしっかりサポートしてもらえます。

またスマートフォンやタブレットなど様々な機器をWi-Fiに接続してインターネットを利用可能な状態にする設定まで対応してもらえるので、これらの設定が苦手な人はリモートサポートを活用しましょう。

ただ初期設定を手伝ってもらえるだけでなく、インターネットに繋がらない、Wi-Fiに接続できないなどのトラブル時にも、リモートサポートに問い合わせを行えば問題解決の近道となります。

使い始めだけでなく利用中もサポートの範囲内なので、わからないことがあったら気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

プリンターの設定もリモートサポートで対応可能!

書類や写真の印刷に活用できるプリンターですが、プリンターはただ購入しただけでは使えません。

プリンターを使うためには有線や無線でパソコン等の機器に接続したり、必要時応じてソフトウェア・アプリなどを聞きにインストールしたりする必要があります。

説明書を読んでもよくわからない場合、リモートサポートに問い合わせましょう。初期設定を手伝ってもらえます。

またプリンターが不調で印刷がうまくできないなどのトラブルが起こった際も、同様にリモートサポートで対応してもらえます。プリンターを使っていて困ったときは、リモートサポートに問い合わせましょう。

設定だけでなく、操作方法も聞ける!!

設定方法や機器が壊れた・サービスが利用できないなどのトラブルだけでなく、例えばWordやExcelなどソフトウェアを使うにあたり操作方法がわからないときにもリモートサポートで質問できます。

パソコンを使っていくにあたり何か困ったことがあったら、まずリモートサポートに問い合わせましょう。解決できる可能性は、十分にあります。

リモートサポートは、パソコン以外の設定にも対応してもらえる!

リモートサポートでは、パソコン以外の設定に対応してもらうことも可能です。

●デジタルカメラ
●ゲーム機
●音楽プレーヤー
●スマートフォン
●タブレット
●各種サービスでの動画再生
●フレッツ光メンバーズクラブの登録サポート(NTT東日本)

これらのサービスを使っていてわからないことがあった場合も、リモートサポートへの問い合わせで解決できるしくみです。

何か機器を使っていてわからないことがあった際は、リモートサポートに問い合わせを行えば解決できるかもしれません。気軽に問い合わせを行ってみましょう。

 

必要なくなったらリモートサポートはいつでも解約できる

リモートサポートは追加サービスですので、必要がなくなったら解約はいつでもできます。解約したその月は月額料金500円を日割りして請求されます。

解約を行う際は、NTT東日本の場合は電話のみ、NTT西日本は電話またはWEB上から手続きができます。

いつでも解約はできるものなので、自分だけでのセッティングが不安であればリモートサポートを付けておき、使ってみて意外とサポートに頼らなくても大丈夫だと思ったら、そのタイミングで解約してしまいましょう。

 

まとめ

フレッツ光のリモートサポートでは、パソコンやプリンター、スマートフォンやタブレットなど様々な機器を使っていてわからないことがあった時に質問ができます。

パソコンでは遠隔サポートを使い、画面を共有しながらスムーズに初期設定を行えます。機器の設定や利用が苦手な人は、月額500円(税抜)のリモートサポートを活用しましょう。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事