閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光でOCN利用者がドコモ光へ乗り換えるならプロバイダはOCN

フレッツ光をOCNと組み合わせて契約している人が、ドコモ光に乗り換えるときは、プロバイダをOCNにしたほうが安く利用できます。ドコモ光に乗り換える際、フレッツ光で契約していたOCNの違約金がかからないからです。

また、プロバイダをOCNにすることで、20,000円のキャッシュバックがもらえたり無料でWi-Fiルーターがレンタルできたりと、ドコモ光を安く使うための特典を利用できます。

ここでは、フレッツ光でOCNを利用している人がドコモ光に乗り換える際、OCNを継続して利用することで、他プロバイダに乗り換えるよりもどれくらい安くなるのかを紹介します。

フレッツ光から転用してもOCNの違約金が発生しない

フレッツ光でOCNを契約している人が、ドコモ光へ乗り換えるときにプロバイダをOCNにすれば、OCNの違約金が発生しません。
ドコモ光のプロバイダをOCNにすることで、光回線を乗り換えたとしてもプラン変更で継続利用できるからです。

プラン変更になれば、OCNの解約にはならないので、違約金はかかりません

なお、フレッツ光とOCNからドコモ光に乗り換える際、OCN以外のプロバイダに変更すると、下記の違約金が発生します。

【OCNの解約で発生する違約金の種類と金額】

違約金が発生する条件 違約金(不課税)
OCNの契約から2年以内に解約
(OCN 光 with フレッツ、OCN 光 「フレッツ」など)
5,000円
OCN v6アルファを利用してから2年以内に解約 8,000円
2年割の契約で更新月以外に解約 ファミリー(戸建):2,400円
マンション(集合住宅):1,200円

ドコモ光への乗り換えでプロバイダを変更した場合、違約金が最大15,400円かかります。そのため、インターネットの利用料金を安くする目的でドコモ光に乗り換えても、違約金が発生することで、支払う金額が高くなるおそれがあります。

インターネットの利用料金を安くしたい人は、ドコモ光に乗り換えるときは、プロバイダをOCNにして違約金を抑えましょう。

ドコモ光を2年間利用するとOCNの方が他のプロバイダよりも支払う金額が抑えられる

OCNはタイプBのプロバイダのため、ドコモ光のタイプAのプロバイダより月額料金が200円高いです。

【ドコモ光の料金プランと月額料金(税抜)】

プラン 戸建てタイプ マンションタイプ
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円

※2年定期契約の場合

タイプAとタイプBは料金が違いますが、回線速度が違うなどのサービスの差はありません。そのため、メールアドレスを継続利用したいなどのこだわりがない限り、タイプAのプロバイダを選んだほうが安くドコモ光を利用できます

しかし、プロバイダ変更で発生する違約金の支払いを含めると、月額料金の安いタイプAのプロバイダに乗り換えるよりも、プロバイダをOCNのまま乗り換えた方が、支払う金額の合計が安くなることがあります。

そこで、本当にOCNのまま利用した方がお得なのかを調べるために、違約金・月額料金をあわせた2年間の支出を計算してみました。

【ドコモ光を2年間利用した場合の月額料金と違約金の総額】

利用状況 2年間の合計金額
ドコモ光へ乗り換え後もOCNを継続利用 129,600円
ドコモ光へ乗り替え時にタイプAのプロバイダに変更 140,200円

※戸建&違約金がすべてかかる場合(違約金 合計15,400円)

フレッツ光からドコモ光に乗り換える際、タイプAのプロバイダに変更して違約金を払うよりも、OCNのまま乗り換えたほうが2年間の利用で10,600‬円も安くなります。そのため、ドコモ光を安く利用するには、プロバイダごとの月額利用料金だけでなく、違約金も含めて計算することが大切です。

ドコモ光に乗り換えた後にプロバイダ変更すれば違約金がかからない

ドコモ光の契約中は、事務手数料3,000円(税抜)を支払うことでプロバイダの変更が自由にできます。さらに、プロバイダの契約期間は決まっていないため、変更に伴う違約金はありません。

そのため、ドコモ光への乗り換え時にプロバイダ変更をする場合、一旦OCNで乗り換え、その後プロバイダ変更をすることで、違約金が発生するのを回避することもできます。

※注意
  • ドコモ光に乗り換えてから、利用開始月を含む7ヶ月後までOCNを利用しないと、キャンペーン特典の20,000円キャッシュバックがもらえません。
  • キャッシュバック特典をもらう人は、ドコモ光の利用開始から7か月以上経過したら、プロバイダの乗り換えを行いましょう。

ドコモ光に乗り換えたときに違約金がかかるプランがある

フレッツ光で契約していたOCNのプランによっては、ドコモ光に乗り換えたときに違約金がかかる場合があります

【違約金がかかるフレッツ光のプラン一覧】

  • OCN 光 おまかせプラン with フレッツ
  • OCN 光 おまかせプラン 「フレッツ」
  • OCN 光 あんしんプラン 「フレッツ」

上記のプランは、光回線とオプションサービスがセットになっているプランです。ドコモ光には対応するプランがないため、ドコモ光に乗り換えるときには、上記のプランを解約することになります。

なお、3つのプランには、2年間の契約期間が定められており、途中解約すると3,000円(不課税)の違約金が発生するので対象のプランを契約している人は覚えておきましょう。

ドコモ光でも「OCN光モバイル割」が利用できる

ドコモ光でプロバイダにOCNを利用すると、格安SIMの「OCNモバイルONE」の月額基本料金が毎月200円割引される「OCN光モバイル割」が利用できます

「OCN光モバイル割」を新規で利用するには、ドコモ光とは別途でネット申し込みが必要です。ドコモ光の契約完了後、「OCN光モバイル割」から申し込み手続きをしましょう。

下記の光回線サービスでOCN光モバイル割を利用している場合は、ドコモ光×OCNに乗り換えても、申し込み不要でそのまま割引が継続されます。

【OCN光モバイル割の対象光サービス】

  • OCN 光
  • OCN 光 with フレッツ
  • OCN 光 おまかせプラン 「フレッツ」
  • OCN 光 あんしんプラン 「フレッツ」
  • OCN 光 おまかせプラン with フレッツ
  • OCN 光 「フレッツ」(OCN 光 「フレッツ」 WiFiアクセスを除く)

なお、ドコモ光には、ドコモのスマホの利用料金が毎月500円~1,000円割引される「ドコモ光セット割」もあります。ドコモ光セット割の適用は、別途申し込みは不要です。ドコモ光申込時、担当者にドコモ光と同名義のドコモの携帯電話番号を伝えると、ドコモ光とドコモの携帯電話番号がペア回線に設定されます。

ペア回線がドコモ光セット割の対象プランであれば、自動でセット割引が適用されます。対象プランは「ドコモ光セット割」から確認可能です。

ドコモ光のOCNは「OCN v6アルファ」が無料で利用できる

ドコモ光のプロバイダをOCNにすることで高速通信サービスの「OCN v6アルファ」が月額料金無料、最低利用期間なしで利用できます。「OCN v6アルファ」とは、OCNが提供しているインターネットの通信方式です。他プロバイダが提供している「v6プラス」などと同じ機能のサービスです。OCN v6アルファを利用すると、データが混み合う経路を通らずに通信ができるので、インターネットの利用者が多い時間帯でも通信速度が遅くなりにくいという特徴があります。

OCN v6アルファを利用して、実際に通信速度に満足している口コミが多数あります。

フレッツ光とOCNでは、「OCN v6アルファ」を利用するのに月額500円(税抜)の利用料金がかかり、24か月間の契約期間が定められていました。しかし、ドコモ光では、OCN v6アルファを利用するのに料金がかからず、いつプロバイダを変更しても違約金が発生しません。

OCNのレンタルIPoE対応ルーターがそのまま使える

フレッツ光とOCNでOCN v6アルファを利用していた人は、ドコモ光に乗り換える際の手続きは不要です。利用していたレンタルルーターもそのまま利用できます。再設定なども必要ありません。

一方、ドコモ光に乗り換えた後に初めてOCN v6アルファを利用する人は、申し込みが必要です。申し込みは、ドコモ光申込から約1週間で郵送される「OCN for ドコモ光 開通のご案内」の到着後にWebサイトから行います。

OCN v6アルファに申し込んでから5営業日程度で、永年無料レンタルの無線LAN(Wi-Fi)ルーターが郵送されてきます。届いたルーターをセッティングすれば、速いOCN v6アルファの通信を利用することができます。ルーターの接続設定は、QRコードの読み取りなどで簡単に行えます。
OCN v6アルファは、市販のルーターでは利用できないので覚えておきましょう。

提供サービスのおトクな特典も受けられる

ドコモ光のプロバイダをOCNにすることで、「OCN v6アルファ」以外にも、インターネット設定の訪問サポートやセキュリティサービス1年間無料などのおトクな特典があります。
詳細は下表を参考にしてください。

【その他の提供サービスの特典】

サービス名 特典内容 サービス内容
OCN開通とことんサポート 初回無料 ・ルーターやPCなどのWi-Fi接続、ひかりTV接続など各種設定の自宅への訪問サポート
ホームネットセキュリティ 12ヶ月無料
(月額:税抜200円)
OCNのレンタルルーターに接続すると、以下のセキュリティ対策ができる
・不正通信のブロック:セキュリティソフトをインストールできないテレビなどのloT機器を不正アクセスなどから守る
・保護者設定:不適切なサイトやアプリの閲覧・利用のカテゴリ制限※、インターネット利用時間の制限
総合セキュリティサービス マイセキュア(1ライセンス)12ヶ月無料
(月額:税抜250円)
・ウイルス、偽造サイト、悪質アプリから端末(Android、iOS、Windows、Mac)を守る
・盗難紛失時に、遠隔で端末の初期化やロック、端末の位置を特定できる

【カテゴリ制限の参考画像(Webサイトの場合)】


引用元:NTTコミュニケージョンズ「個人向けサービス

「OCN開通とことんサポート」「総合セキュリティサービス」を利用するには申込が必要です。

「OCN開通とことんサポート」は、OCNへの申込後に郵送されてくる「OCN設定ガイド」を参考に、 「OCN開通とことんサポートのお申し込み詳細」からか、OCN訪問サポートセンターへの電話で申込が可能です。

【OCN訪問サポートセンター】

電話番号:0120-047-860
受付時間:10:00~18:00(年末年始は除く)

「総合セキュリティサービス」は、ドコモ光開通後に「マイセキュア(OCN for ドコモ光用)」から申し込めます。
ホームネットセキュリティは、無料期間の1年間だけOCN v6アルファを申し込むと、自動で付いてきます。
ただし、無料期間を超えても継続してホームネットセキュリティを利用したい場合は、「OCN v6アルファ(OCN for ドコモ光)」別途申込が必要です。

ドコモ光×OCNの申し込みキャンペーン特典

2020年7月時点、OCNの「公式サイト」または「キャンペーンページ記載の電話番号」からドコモ光を申し込むと、OCNの独自キャンペーンで現金キャッシュバック20,000円と、ドコモ光公式キャンペーンでdポイント(期間・用途限定)5,000ptがもらえます

この2つのキャンペーンは、新規契約だけでなく、光コラボの回線事業者からの乗り換え(事業者変更)・フレッツ光からの乗り換え(転用)でも適用されます。

ネットや電話から申し込んだり、公式キャンペーンのdポイントをもらったりするには、ドコモ光と同名義のドコモのケータイ電話番号が必要です。ドコモ光とドコモのケータイの契約内容を紐づける(ペア回線にする)ためです。ペア回線やdポイント特典については「ドコモ光の契約キャンペーンで特典のdポイントをもらう条件」を参考にしてください。

また、ドコモ光を2年定期契約で新規契約する場合は、ドコモ光の工事費が無料になる「ドコモ光新規工事料無料特典」も適用されます
ドコモ光は、通常だと戸建てタイプは18,000円(税抜)、マンションタイプは15,000円(税抜)の工事費がかかります。しかし、工事料無料特典を利用すれば、契約事務手数料の3,000円(税抜)のみでドコモ光を利用開始できます
なお、事業者変更や転用の場合は、最大通信速度の変更などをしない限り、すでに光回線の設備が整っているため開通工事が不要です。

キャッシュバックがもらえるOCNの公式サイトは「キャンペーン(OCN for ドコモ光)」です。

※キャッシュバックをもらうための注意点
  • 申込から6か月以内にドコモ光を開通する
  • ドコモ光開通月の翌月下旬にOCNのメールアドレスに届くメールから、キャッシュバックに必要な情報を登録する(メール配信日から60日以内)

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事