閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光の契約手順を新規契約・事業者変更・転用ごとに解説

ドコモ光は、ドコモのスマホとセットにすることで割引が受けられるインターネット回線です。ドコモユーザーが契約することで、毎月の通信費を抑えることができます。
ただし、ドコモ光を契約するには、契約プランの確認やプロバイダを選ぶなど確認しておくべき内容があります。よく確認しないまま契約をすると、月額料金が高くなることがあるため注意が必要です。

本記事では、ドコモ光の契約申し込みから利用開始までの流れを解説します。

ドコモ光のサービス提供エリア内か確認する

ドコモ光を契約する前に、提供エリアを確認しておきましょう。ドコモ光は全国展開のサービスですが、住んでいる地域や建物によっては設備が導入されておらず、ドコモ光が利用できないことがあるからです。

ドコモ光はNTTのフレッツ光の回線設備を間借りしている光回線サービスのため、NTTフレッツ光の公式サイトで提供エリアを確認できます。

フレッツ光のエリア検索は、東日本と西日本とでサイトが異なるため、提供エリアの区分は下表で確認してください。

【フレッツ光の提供エリア】
NTT東日本エリア 北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、新潟、長野、群馬、栃木、茨木、千葉、埼玉、山梨、東京、神奈川
NTT西日本エリア 富山、岐阜、愛知、静岡、石川、福井、滋賀、三重、京都、奈良、和歌山、大阪、兵庫、鳥取、岡山、島根、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、大分、宮崎、熊本、鹿児島、佐賀、長崎、沖縄

ドコモ光を契約する住所がどちらの区分かわかったら、下記のサイトで検索しましょう。郵便番号で検索できます。

【フレッツ光のエリア検索サイト】

東日本に住んでいる人はこちら
西日本に住んでいる人はこちら

エリア検索の判定結果

フレッツ光のエリア検索では、提供エリアだけでなく、契約可能なプランもわかります

フレッツ光のエリア検索の判定結果で「マンション」と表示されたら、マンションタイプになります。「ファミリー」が表示された場合は、戸建てタイプが契約できます。ただし、「詳しい状況確認が必要」の表示が出た場合は、フレッツ光のサイトでは判断できないため、ドコモ光の相談フォームへ問い合わせが必要です。

なお、ドコモ光の契約プランは、建物の種類と一致するとは限りません。マンションやアパートなどの集合住宅であっても、建物の設備状況によって戸建てタイプになることもあります。

マンションタイプと戸建てタイプでは、月額料金や工事料が異なるため、どちらのタイプになるかよく確認しておきましょう。

ドコモ光の料金プラン

ドコモ光の月額料金は、戸建てタイプとマンションタイプで下記のように設定されています

【ドコモ光の月額料金】
タイプ タイプA タイプB
戸建て 5,200円(2年契約)
6,700円(契約期間なし)
5,400円(2年契約)
6,900円(契約期間なし)
マンション 4,000円(2年契約)
5,000円(契約期間なし)
4,200円(2年契約)
5,200円(契約期間なし)

※価格はすべて税抜き表示です。

ドコモ光は、契約する際にプロバイダを選べるという特徴があります。プロバイダは24社あり、選択するプロバイダによってタイプAとタイプBに分かれています。タイプごとに異なる料金が設定されており、タイプAの月額料金はタイプBよりも200円安く設定されています。

タイプAとタイプBのプロバイダのサービスの品質は同等なので、プロバイダにこだわりがなければ、タイプAのプロバイダを選択した方が利用料金を抑えられます

ただし、タイプAのプロバイダの中でもWi-Fiルーターの無料レンタルや、キャッシュバックの有無など特徴が異なります。プロバイダは、ドコモ光の契約後に変更できますが、契約時にしか受け取れない特典もあります。プロバイダごとの特徴の比較は、下記の記事をご覧ください。

ドコモ光のGMOとくとくBBは5つの基準を満たした理想のプロバイダ

2年定期契約で契約すると解約費がかかる

2年定期契約で契約すると契約更新月(契約満了月の当月・翌月・翌々月の3か月間)以外に解約した場合、下記の契約解除料がかかります

【ドコモ光の解約費】
タイプ 契約解除料
戸建て 13,000円(税抜)
マンション 8,000円(税抜)

「2年定期契約」は契約解除料がかかりますが、いつ解約しても解除料がかからない「定期契約なし」と比較して、月額料金が1,000円~1,500円安いです。そのため、9か月以上ドコモ光を利用するなら、解除料を支払ったとしても2年定期契約で契約したほうがトータルの支払い料金が安くなります。

なお、ドコモ光には、プロバイダ料金を含まない「単独タイプ」や提携ケーブルテレビ回線を利用する「ドコモ光 タイプC」、戸建て専用2段階定額制の「ドコモ光ミニ」などのプランもあります。詳しくは「ドコモ光の利用料金について解説」で解説しています。

ドコモ光の初期費用

新規契約の場合、ドコモ光の初期費用は、契約事務手数料3,000円(税抜)と以下の回線工事費がかかります

【タイプごとの新規工事料】
タイプ 新規工事料
戸建て 18,000円(税抜)
マンション 15,000円(税抜)

上記は、宅内での工事を行う派遣工事の場合の金額です。
屋内配線が既に導入されており、新たに設置しない場合の工事料は7,600円(税抜)となります。
また、賃貸住宅で前の住人が光回線を使っていて、自宅内に光コンセントが設置されている場合は、「無派遣工事」となり工事料が2,000円(税抜)です。
なお、開通工事は、土日休日に行う場合やドコモ光電話などのオプションサービスを契約すると、追加工事料がかかります

フレッツ光からの「転用」や光コラボからの「事業者変更」の場合は、既存の回線設備をそのまま流用するため、初期費用は契約事務手数料の3,000円(税抜)のみです

ドコモ光の契約形態「新規契約」「事業者変更」「転用」の見分け方

ドコモ光の契約申し込みは、利用中のインターネット回線によって、「新規契約」「事業者変更」「転用」の3パターンの契約形態にわかれます。下表にて、どの契約形態になるか確認しましょう。

【利用中のインターネット回線別のソフトバンク光の契約形態】
契約形態 契約中のインターネット回線
新規契約 ・auひかり
・NURO光
・電力系会社の光回線(eo光、コミュファ光、MEGA EGG、Pikara光、BBIQ)
・J:COMなど、ケーブルテレビ回線
・ADSL
・固定回線の契約なし
・WiMAXやどんなときもWiFiなどのモバイル回線
転用 ・フレッツ光
事業者変更 ・光コラボ
(ソフトバンク光やビッグローブ光、OCN光などのフレッツ光の回線設備を利用する事業者)

契約形態ごとに契約手順が異なるので、それぞれ紹介します。

新規契約の契約手続きの流れ

初めてインターネット回線を契約する人や、フレッツ光や光コラボ以外のインターネット回線から乗り換える人などは、ドコモ光を新規契約で手続きします

【ドコモ光を新規契約する流れ】
  1. ドコモ光に申し込む
  2. 電話にてドコモ光の開通工事日(利用開始日)を決める
  3. 乗り換え前の回線に解約申込をする(インターネット回線を乗り換える場合)
  4. ドコモ光とプロバイダから「開通のご案内」などが届く
  5. 開通工事をして、ドコモ光が開通する(無派遣工事の場合は、ドコモ光の利用開始日に、NTTから届く機器を自分でセッティングすれば開通します)

ドコモ光は、工事日確定から利用開始するまでに、約2週間かかります。プロバイダからの案内の書類が申し込みから1週間~10日後、ドコモからの案内の書類が工事日の約1週間前に郵送されてくるからです。
また、開通工事日の予約は先着順のため、希望日が埋まっていると開通するまで約2か月かかることもあります。そのため、希望日がある場合はドコモ光をはやく申し込み、工事日を確定させましょう。

また、光コラボ以外の他社インターネット回線から乗り換える人は、ドコモ光を契約しても乗り換え元の回線は自動解約されません。そのため、乗り換え前の回線を解約することを忘れないようにしましょう。

事業者変更の契約手続きの流れ

ドコモ光以外の光コラボを契約中の人は、事業者変更として申し込むとドコモ光に乗り換えられます。事業者変更は、申し込んでからドコモ光の利用開始日までに約2週間かかります。プロバイダからの案内の書類が申し込みから1週間~10日後、ドコモからの案内の書類が工事日の約1週間前に郵送されてくるからです。

【ドコモ光に事業者変更する流れ】
  1. 乗り換え元の回線から「事業者変更承諾番号」を発行してもらう
  2. ドコモ光に「事業者変更」として申し込む
  3. 電話にてドコモ光の利用開始日を決める
  4. ドコモ光とプロバイダから「開通のご案内」などが届く
  5. 利用開始日になったら、ドコモ光が自動で開通する(乗り換え元の光コラボは自動解約されます)
  6. Wi-Fiルーターの接続設定をしなおす(プロバイダを変更した場合)
  7. 乗り換え元の回線からレンタルしていたものを返却する

事業者変更をする場合、ドコモ光に申し込むときに下記が必要になります。乗り換え元の回線の契約情報をドコモ光に引き継ぐためです。

【事業者変更の手続きに必要なもの】
  • 事業者変更承諾番号
  • ご契約中の事業者での契約名義(NTT東日本エリアに住んでいる場合のみ)
  • ご契約ID(CAFからはじまるID)(NTT西日本エリアに住んでいる場合のみ)

事業者変更承諾番号を発行するには、乗り換え元の回線に問い合わせてください。事業者変更承諾番号の発行には、回線によって異なりますが3,000円ほどの手数料がかかります。
また、事業者変更承諾番号は有効期限が15日間と定められています。事業者変更承諾番号の再発行は可能ですが、都度手数料がかかるので、発行したらすぐにドコモ光に申し込みましょう。

ご契約IDは乗り換え元の回線を契約時に送付された「ご利用開始のご案内」や、契約情報を確認・変更できる会員専用サイトなどから確認できます。

乗り換え元の回線やプロバイダからWi-Fiルーターなどをレンタルしている場合、ドコモ光が開通したら返却するのを忘れないでください。回線やプロバイダによりますが、期限までに返却しないと、違約金が発生する場合があります。

なお、事業者変更の場合は、光回線の設備をドコモ光で流用するため、回線工事は行われません。

Wi-Fiルーターの接続設定をしなおす

事業者変更と同時にプロバイダを変更する場合、インターネットのユーザーIDやパスワードが変わるので、切り替え日にWi-Fiルーターの接続設定をしなおす必要があります
プロバイダを変更しない場合は、切り替え日に機器の再起動をするだけでインターネットがつながります。

Wi-Fiルーターの設定方法は下記を参考にしてください。

ドコモ光のインターネット設定は簡単!機器の接続や設定方法を確認

転用の契約手続きの流れ

フレッツ光を利用している人は、転用として手続きすると、工事不要でドコモ光に乗り換えられます。転用は、申し込んでからドコモ光の利用開始日までに約2週間かかります。プロバイダからの案内の書類が申し込みから1週間~10日後、ドコモからの案内の書類が工事日の約1週間前に郵送されてくるからです。

【ドコモ光に転用する流れ】
  1. フレッツ光から「転用承諾番号」を発行してもらう
  2. ドコモ光に「転用」として申し込む
  3. 電話にてドコモ光の利用開始日を決める
  4. プロバイダに解約申し込みをする
  5. ドコモ光とプロバイダから「開通のご案内」などが届く
  6. 利用開始日になったら、ドコモ光が開通する
  7. Wi-Fiルーターの接続設定をしなおす(プロバイダを変更した場合)
  8. プロバイダからレンタルしていたものを返却する

フレッツ光から転用する場合、ドコモ光に申し込むときに「転用承諾番号」が必要です。フレッツ光の契約情報をドコモ光に引き継ぐためです。
転用承諾番号は、以下の電話窓口もしくはWEBにて発行できます。フレッツ光は東日本エリアと西日本エリアで運営会社が違うため、窓口もそれぞれ異なります。契約中のエリアの窓口から手続きしてください。

【転用承諾番号の発行窓口】
NTT東日本エリア NTT西日本エリア
【電話窓口】
電話番号:0120-140-202
受付時間:午前9時~午後5時(土日祝可)
【WEB窓口】
受付ページ:「光コラボレーション(転用)のお手続き」
受付時間:午前8時30分~午後10時
【電話窓口】
電話番号:0120-553-104
受付時間:午前9時~午後5時(土日祝可)
【WEB窓口】
受付ページ:「転用承諾番号」のお受け取り(お申し込み)
受付時間:午前7時から翌日午前1時まで

転用承諾番号は有効期限が15日間と定められています。転用承諾番号の再発行は可能ですが、有効期限が切れないうちにドコモ光に申し込みましょう。なお、転用承諾番号の発行・再発行に料金はかかりません。

Wi-Fiルーターの接続設定をしなおす

転用と同時にプロバイダを変更する場合、インターネットのユーザーIDなどが変わるので、切り替え日にWi-Fiルーターの接続設定をしなおす必要があります。プロバイダを変更しない場合は、切り替え日に機器の再起動をするだけでインターネットがつながります。

Wi-Fiルーターの設定方法は下記を参考にしてください。

ドコモ光のインターネット設定は簡単!機器の接続や設定方法を確認

契約中のプロバイダに解約申し込みをする

転用承諾番号を発行すると、ドコモ光が利用開始した時点でフレッツ光は自動解約されます。しかし、プロバイダはフレッツ光とは別契約のため自動解約されません。ドコモ光の利用開始日が決まったら、自分でプロバイダに解約申し込みをしましょう。

プロバイダの解約日をソフトバンク光の利用開始日の前日にすると、インターネットが使えない期間がなく、ソフトバンク光に乗り換えることができます。

なお、プロバイダからWi-Fiルーターなどをレンタルしていた場合、解約後に返却するのを忘れないでください。期限までに返却しないと、違約金が発生する場合があります。

Wi-Fiルーターのレンタルをプロバイダに申し込む

Wi-Fiルーターを持っていない人は、プロバイダからWi-Fiルーターをレンタルしましょう。ドコモ光のほとんどのプロバイダでは無料でWi-Fiルーター(無線LANルーター)をレンタルできます。Wi-Fiルーターがないと、無線で接続することができないため、スマホなどの有線接続機能のない機器をドコモ光につなぐことができません。

Wi-Fiルーターのレンタルサービスを行っているプロバイダや、レンタルの申し込み方法は下記で解説しています。Wi-Fiルーターを持っていない人は確認しておきましょう。

ドコモ光ではWi-Fiルーターが無料でレンタルできる

インターネットの設定ができない場合は設定サポートを申し込む

ドコモ光の開通後に行うWi-Fiルーターの設置や接続設定などに自信のない人は、訪問サポートを活用しましょう。訪問サポートを利用すれば、専門スタッフがインターネットに接続するまでの設定を代わりに行ってくれます
ドコモ光の一部のプロバイダでは、訪問サポートが初回無料の特典があります。
訪問サポートについても、以下で無料特典のあるプロバイダをまとめているので参考にしてください。

ドコモ光ではWi-Fiルーターが無料でレンタルできる

「ドコモ光セット割」を適用するにはドコモ光のペア回線を設定する

ドコモのケータイ料金が割引される「ドコモ光セット割」を適用させたり、契約特典のdポイントをもらったりするためには、ドコモ光にペア回線を設定する必要があります
ペア回線とは、ドコモ光と紐づけているドコモのケータイ回線のことです。

ペア回線を設定するには、ドコモ光の申し込み内容確認の電話のときに、ペア回線にしたいドコモのケータイ電話番号を伝えましょう
ただし、ペア回線は、ドコモ光とドコモのケータイ電話番号が同一名義である必要があります。料金プランによってペア回線に設定できないものもありますが、通話プランならほとんどのプランが適用可能です。
ペア回線については「ドコモ光のペア回線の設定条件と申込方法」で詳しく解説しているので、参考にしてください。

ドコモ光は代理店から申し込むとキャッシュバックをもらえる

ドコモ光の申し込み先は、ドコモショップや家電量販店、Webの代理店やドコモ公式サイトなど複数ありますが、キャッシュバックを多くもらうなら、販売代理店のネットナビWeb申し込みしましょう
ネットナビでは、独自のキャッシュバックキャンペーンにより、有料オプションの加入不要最短翌月末現金キャッシュバック15,000円がもらえるからです。新規契約・事業者変更・転用のどの場合でも15,000円がもらえます。さらに、モバイルWi-Fiルーターの無料レンタルをしているので、ドコモ光の申し込みから開通までの間でも、インターネットを使えます。

また、ドコモ光公式キャンペーンも併用できるので、dポイント最大20,000ptがもらえる「dポイントプレゼント特典」を適用可能です。もらえるポイント数は、契約形態と住居タイプによって変わります。※dポイントプレゼント特典を適用するには、2年定期契約で契約する必要があります

【dポイントプレゼント特典でもらえるdポイント数】
契約形態 もらえるdポイント数
新規契約 戸建て:20,000pt
マンション:15,000pt
事業者変更・転用 2,000pt

新規契約の場合は、戸建てタイプ・マンションタイプのどちらを契約するかでもらえるポイント数が異なりますが、事業者変更と転用の場合はどちらの住居タイプでも特典は2,000ptです。

ただし、ネットナビのキャッシュバックキャンペーンを適用するには、下記の条件をすべて満たす必要があります

※ネットナビのキャッシュバックキャンペーンの適用条件
  • 申込後、工事完了翌月末日までに、キャッシュバック申請の手続きをする。
  • ネットナビのWebページからドコモ光を申込む。
  • 申込受付のとき、担当オペレーターにキャッシュバック希望の旨を申告する。
  • 申し込んだサービスを特典受け取りまで継続利用する。

ネットナビでキャッシュバックをもらうには、Web申込後にネットナビから来る確認の電話で「キャッシュバックが欲しい」という旨を伝える必要があります。
また、ドコモ光の開通工事が完了した翌月末までに、下記のキャッシュバックの手続きをしなければいけないので忘れないよう気を付けましょう。

【ネットナビのキャッシュバック申請の手続き方法】
  1. 申込後にネットナビからキャッシュバック申請情報のメールが1通届く。
  2. メールに記載のキャッシュバックの申請サイトのURLにアクセスし、メールに記載のお客様IDや振込口座情報などを登録する。
  3. メールに記載のキャッシュバックの申請書(PDF)のURLにアクセスし、キャッシュバック申込書(pdf)をダウンロード・印刷する。
  4. 工事完了翌月末日までに、工事完了受領書もしくは開通後に届く契約申込書と、キャッシュバック申請書を株式会社ネットナビまで郵送する。

販売代理店ネットナビの申し込みはこちらから

ドコモの電話番号がない場合、ドコモ光はドコモショップのみで契約できる

ドコモのケータイ電話番号があってもペア回線を設定しない場合や、ドコモのケータイ番号を持っていない場合は、ドコモショップでしかドコモ光を申し込めません。ドコモ光を契約するには、契約者の本人確認が必要だからです。
本人確認と支払い方法の設定のため、ペア回線を設定しない場合のドコモ光の申し込み手続きでは、以下の持ち物が必要です。

【ペア回線を設定しない場合に必要な持ち物】
  • 本人確認書類1点(運転免許証、健康保健証、住民基本台帳カード(顔写真があるもの)、在留カードまたは外国人登録証明書)※コピー不可
  • クレジットカードもしくはキャッシュカード(どちらも本人名義)

支払い方法は、クレジットカード払いか口座振替から選べるので、指定したい支払い方法に応じて持ち物を持っていきましょう。

また、家族や法定代理人であれば、契約者本人でなくても委任状があれば手続きが可能です。
契約者の家族が手続きする場合は、上記の持ち物に加え、下記の持ち物が必要です。

【代理人が手続きする場合に必要な持ち物(家族の場合)】
  • 委任状
  • 契約者のご家族の本人確認書類(運転免許証や健康保健証など)
  • 家族であることが確認できる書類(戸籍謄本、「マイナンバー」の印字がない住民票など)

ペア回線を設定しない場合のドコモ光の契約手続きの詳細は、ドコモ公式サイトから確認できます。
ペア回線を設定しない場合にドコモ光を契約するには、持ち物を用意して、ドコモショップへ行きましょう。
ドコモショップで手続きするには、「来店予約」が必要です。来店予約は、翌日から60日後の間で予約が取れます。

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事