閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光でIPv6接続に対応するプロバイダは?設定方法も解説!

現在、インターネットの通信方式はIPv4とIPv6の2つあり、フレッツ光では通常「IPv4」という方式を用いて通信を行なっています。IPv4を利用した通信では、回線が混雑する原因となる網終端装置を介して通信を行うため通信速度が遅くなる原因となってしまいます。

それに対し、回線が混雑する原因を避けて通信を行えるのがIPv6です。しかしIPv6は利用できるプロバイダが決まっているため、契約しているプロバイダでIPv6を利用できるか確認が必要です。

この記事ではIPv6のメリットや対応するプロバイダ、設定方法について解説します。IPv6を利用する上ならおすすめのプロバイダについても解説します。

IPv6の利用でフレッツ光回線の混雑を回避

一言で言うと「速度が出やすい」のがIPv6です。

IPv6は、フレッツ光で通常使われている「IPv4」よりも使用できるIPアドレスが多い「インターネットプロトコル」です。IPv4では32ビットのIPアドレスが使われていて、約43億個のIPアドレスで同じネットワークを利用できますが、インターネット利用者やネット接続に対応する機器が増えてきた現代では足りない状況です。

IPv6なら128ビットのIPアドレスを利用でき、IPアドレスの数も約3.40×10の38乗と膨大なため、よりたくさんのIPアドレスを使えます。結果として、IPv6方式を利用する場合はIPv4よりもネットワークに余裕があり、通信速度も出やすくなるのです。

フレッツ光の速度が遅いと感じたら、IPv6接続で改善される可能性がある

現在フレッツ光を使っていて速度がイマイチに感じられるなら、契約しているプロバイダがIPv6に対応しているか確認しましょう。対応している場合は、接続をIPv4からIPv6に切り替えることで速度を改善できる可能性が高いです(確率が100%ではないため、断言はできません)。

なおインターネットの通信速度が遅く感じられてこれから改善したい場合は、合わせていくつか確認したい項目があります。

まずフレッツ光の契約プランが、最大1Gbpsか100Mbpsか確認しましょう。最大100Mbps契約では、100Mbps以上の速度は出ません

また、利用しているLANケーブル(使用している場合)、無線LANルーターに接続しているパソコンなどの端末がそれぞれ1Gbpsの通信速度に対応しているかの確認も必要です。契約している回線が最大通信速度1Gbpsでも、使っている他の機器が1Gbpsに対応していなければ高速通信はできません。

機器や契約に問題ないにも関わらず速度が出にくい場合は、IPv6の出番です。今契約しているプロバイダがIPv6に対応するプロバイダならIPv6接続へ切り替えをしてみましょう。IPv6非対応だった場合は対応するプロバイダに乗り換えを検討してみてください。

v6プラスに対応するプロバイダまとめ&注意点

IPv6に対応している主なプロバイダと、利用にあたって申し込みが必要かどうかを表にまとめました。

プロバイダ名 申し込み
OCN 不要
@nifty 必要
BIGLOBE 必要
ぷらら 不要
GMOとくとくBB 不要
WAKWAK 不要:2017年12月1日以降に
[WAKWAK光 with フレッツII] [WAKWAK for マンション/ギガマンション全戸光(利用者向け)]を申し込んだユーザー
必要:上記に当てはまらないユーザー

これらのプロバイダはIPv6に対応しているので、接続設定を切り替えればIPv6での通信が行えます。

v6プラスの利用設定をすればIPv6を使ってインターネットを利用できるようになりますが、いくつか注意点があります。合わせてチェックしてみましょう。

IPv6の利用は、地域によってまだ非対応なこともある

IPv6接続に対応しているプロバイダでも、地域によってはまだ利用できないことがあります。IPv6を利用したい場合は、自分が住んでいるエリアでの対応状況もチェックしておきましょう。

IPv6対応エリアは、フレッツ光の公式サイトより確認できます。

NURO光ならIPv6に通常対応

NURO光であれば、提供された時点でIPv6の利用が可能です。また、提供されるonuには、高速無線規格「IEEE802.11ac」の無線LANが内蔵されています。最大通信速度も2Gbpsとフレッツ光の1Gbpsより早く設定されているため、通信速度を求める方にはおすすめの回線です。

おすすめ窓口最大12万円もお得!!
株式会社Life Bank
下り最大2Gbpsの超高速光通信を実現
個人宅向け商用光ファイバーサービスの中でも、超高速となる下り最大2Gbpsという通信速度を実現。 超高速光通信で、あなたのインターネットライフをより一層楽しい世界へと導きます。 当サイト限定で最大80,000円の高額キャッシュバックに加え、初期工事費実質0円、月額基本料が開始月無料となります。

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

まとめ

IPv6を利用すれば、フレッツ光の光回線で通常のIPv4より快適に通信することができます。

フレッツ光を利用していて通信速度に不満を持っている方は、接続機器や契約を見直しつつIPv6接続を申し込んでみてはどうでしょうか。

地域やプロバイダによってはIPv6に非対応な場合もあるので、非対応だった場合は対応を待ったり、対応するプロバイダ・光コラボにに乗り換えたりすることとなるでしょう。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事