閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光でIPv6接続に対応するプロバイダは?設定方法もチェック

フレッツ光では通常「NGN IPv4」という方式を用いて通信を行なっていますが、IPv4だと利用者が多いためネットワークが混雑し、速度が出にくくなってしまうことがあります。

一部のプロバイダはそれより速度が出やすい「NGN IPv6」方式で通信できます。IPv6の利用によって、速度を改善できる可能性もあります。

より高速・快適にインターネットを行いたい場合は、フレッツ光をIPv6に対応したプロバイダで利用するのがおすすめです。

この記事ではIPv6のメリットや対応するプロバイダ、設定方法について解説します。現在インターネットを使っていて速度に悩まされている方は、参考にしてみてください。

IPv6は、フレッツ光で高速通信ができるサービス

一言で説明すると「速度が出やすい」のがIPv6ですが、なぜそうなるのかピンとこない方も多いでしょう。

まずはもう少しわかりやすく、IPv6のシステムやメリットを解説します。なぜ速度が速くなりやすいのか、チェックしてみましょう。

膨大なIPアドレスが使えるIPv6は、通常のIPv4より回線に余裕がある

IPv6は、フレッツ光で通常使われている「IPv4」よりも強化されている「インターネットプロトコル」です。

IPv4では32ビットのIPアドレスが使われていて、約43億個のIPアドレスで同じネットワークを利用できます。

43億個もあればネットワークは十分広いように思えるかもしれませんが、インターネット利用者やネット接続に対応する機器が増えてきた現代では足りません。

IPv6なら32ビットより大幅に拡張された128ビットのIPアドレスを利用でき、IPアドレスの数も約3.40×10の38乗と膨大です。

よりたくさんのIPアドレスを使える結果として、IPv6方式を利用する場合はIPv4よりもネットワークに余裕があり、通信速度も出やすくなるのです。

IPアドレスを車、ネットワークを道路に例えるとわかりやすいですね。

道路が1車線だったら車がたくさん通る時間帯に渋滞を起こしやすいですが、2車線や3車線なら通れる車の量が多くなるので渋滞も起こりにくくなります。

フレッツ光の速度が遅いと感じたら、IPv6接続で改善される可能性がある

現在フレッツ光を使っていて速度がイマイチに感じられるなら、契約しているプロバイダがIPv6に対応しているかどうかチェックしてみましょう。

対応していて自宅でIPv6を使える場合は、接続をIPv4からIPv6に切り替えることで速度を改善できる可能性が高いです(確率が100%ではないため、断言はできません)。

なおインターネットの通信速度が遅く感じられてこれから改善したい場合は、合わせていくつか確認したい項目があります。

まずフレッツ光の契約です。最大1Gbpsか100Mbpsか、あるいはそれ以外かを確認しましょう。最大100Mbps契約では、100Mbps以上の速度を出すことはできません。

そして、

●利用しているLANケーブル
●(使用している場合)無線LANルーター
●ネットに接続しているパソコンなどの端末

これらの機器のがそれぞれ対応している通信速度も確認が必要です。契約が最大1Gbpsでも、使っている他の機器が1Gbpsに対応していなければ高速通信はできません。

機器や契約に問題ないにも関わらず速度が出にくい場合は、IPv6の出番です。

今契約しているのがIPv6に対応するプロバイダならIPv6接続へ切り替えを行い、非対応だったら対応するプロバイダに乗り換えてみましょう。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

v6プラスの設定方法を確認

v6プラスとは、フレッツ光におけるIPv6を利用するためのサービスです。IPv6は、v6プラスに対応しているプロバイダで利用設定をしなければ使えません。

続いて、v6プラスの設定方法や接続の確認方法についてチェックしてみましょう。

OCNを例に、v6プラスの設定方法を解説!

今回はプロバイダの中でも大手であるOCNを例に、v6プラスの設定方法を解説します。

v6プラスは、利用にあたって申し込みが必須なプロバイダと不要なプロバイダがあります。OCNの場合、v6プラスの利用申し込みは一切不要です。

OCNでIPv6接続を利用したい場合は、無線LANルーターやパソコンにおけるインターネット接続設定時に入力するユーザー名(認証ID)を変更する必要があります。

通常OCNのユーザー名は「××××××@one.ocn.ne.jp」という形式ですが、これを「××××××@ipv6.ocn.ne.jp」に変更すれば設定は完了です。

OCNなら追加料金なども一切なしで、あっという間にIPv6を利用開始できます。なおOCN以外のプロバイダでも、追加料金や初期費用などがかかることはほとんどありません。

接続確認ツールでつながっているか確認できる

IPv6接続でインターネットに接続できているか確認したい場合は、ネット上にある「IPv6接続確認ツール」でチェックしましょう。

ぷららなど、プロバイダによっては自分から接続確認ツールを提供している場合もあります。その場合は、自分が契約しているプロバイダのツールで確認すると良いでしょう。

ツールでチェックしてみてIPv6接続が行われていなかった場合は、IPv4接続のままです。設定を見直す必要がありますね。

v6プラスに対応するプロバイダまとめ&注意点

IPv6に対応している主なプロバイダと、利用にあたって申し込みが必要かどうかを表にまとめました。

プロバイダ名 申し込み
OCN 不要
@nifty 必要
BIGLOBE 必要
ぷらら 不要
WAKWAK 不要:2017年12月1日以降に
[WAKWAK光 with フレッツII] [WAKWAK for マンション/ギガマンション全戸光(利用者向け)]を申し込んだユーザー
必要:上記に当てはまらないユーザー

これらのプロバイダはIPv6に対応しているので、接続設定を切り替えればIPv6での通信が行えます。

v6プラスの利用設定をすればIPv6を使ってインターネットを利用できるようになりますが、いくつか注意点があります。合わせてチェックしてみましょう。

IPv6の利用は、地域によってまだ非対応なこともある

IPv6接続に対応しているプロバイダでも、地域によってはまだ利用できないことがあります。

例えばOCNの場合、現在東京都ではIPv6接続を利用できます。しかし宮城県や青森県などでは、IPv4しか利用することができません。

OCNではサイトからIPv6への対応状況や今後の提供予定をすぐに確認できます。例えば宮城県なら、2018年5月頃にサービス提供開始予定です。

http://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ipv6/ipoe/area.html

IPv6を利用したい場合は、自分が住んでいるエリアでの対応状況もチェックしておきましょう。

IPv6非対応サイトもある

IPv6は、対応しているサービスでしか利用できません。インターネット上には、まだIPv6接続に対応していないサイトなどもあります。

IPv6に対応しているサービスはどんどん増えてきていますが、自分が利用しているサービスがまだ非対応なこともあるので注意しましょう。

光コラボも、v6プラス対応のものと非対応のものがある

光コラボレーション(光コラボ)はフレッツ光の光回線と特定のプロバイダ、そして特典がセットになっているサービスです。

光コラボの中にも、フレッツ光のプロバイダと同様にIPv6に対応しているものと非対応なものがあります。

今後光コラボを契約する予定、あるいは既に契約中の方は、その光コラボがv6プラスの申し込みによるIPv6での通信に対応しているかどうかチェックしておきましょう。

乗り換えなら料金がお得な光コラボレーション!ネット代、携帯代が安くなる!

光コラボレーションがお得なポイント

  • ネット料金月額2,800円~!
  • 携帯代金最大2,000円割引!
  • フレッツ光からの転用なら工事費不要!
  • さらにお得なキャンペーンも!

まとめ

IPv6を利用すれば、フレッツ光の光回線で通常のIPv4より快適に通信することができます。

フレッツ光を利用していて通信速度に不満を持っている方は、接続機器や契約を見直しつつIPv6接続を申し込んでみてはどうでしょうか。

地域やプロバイダによってはIPv6に非対応な場合もあるので、非対応だった場合は対応を待ったり、対応するプロバイダ・光コラボにに乗り換えたりすることとなるでしょう。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事