閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

「フレッツ光の通信速度が遅い!」と思った時の原因と対策とは?

最大通信速度が1Gbpsのフレッツ光ですが、「通信速度が遅い」という評判もあるようです。
ただ、その原因(=例:通信機器の規格が最大1Gbpsに対応していない)が分かれば、速度を上げるための対処(=例:最大1Gbpsに対応した通信機器に変更する)ができます。
この記事では、フレッツ光の通信速度を遅いと感じるときの【原因・原因の見つけ方・対処方法】を解説します。

大前提:フレッツ光の速度が実際に「1Gbps」出ることはまずない

フレッツ光のサービスは、最大通信速度が1Gbpsです。しかしながら、この「1Gbps」という速度が実際に出ることはまず無いと考えてください。
「最大通信速度1Gbps」とは、「1Gbpsという速度が出るよう最大限の努力をする」ということ(通称:ベストエフォート方式)を示しています。

遅い原因:プラン自体が最大1Gbpsではない

そもそも契約しているプランが、最大1Gbpsのプランではないかもしれません。
フレッツ光には最大100Mbpsのプランや最大200Mbpsのプランもあります。
(例えば、「ファミリー・ハイスピードタイプ」や「ファミリータイプ」などのプランで契約した場合が1Gbpsでは通信できません。)
そのようにプラン自体が1Gbpsではないために、満足のいく速度で通信できていないのかもしれません。

(※住んでいる環境によっては、1Gbpsのプランで契約できない可能性もあります)

対策:より高速なプランへの切り替えを検討しよう

契約しているプランの速度を覚えていない場合、まずは契約中のプランの速度をコールセンターに電話して確認してみましょう。コールセンターの番号(NTT東・西ともに共通)は次の通り。

引用:NTT東日本公式ホームページ

また、もし最大1Gbpsのプランではなかったときは、最大1Gbpsのプランに変更できるかを電話で確認してみましょう。そのまま電話からプランを変更することもできます。
もしくは、サイトからプラン変更をすることもできます。
■NTT東日本のフレッツ光のプラン変更はこちらから
■NTT西日本のフレッツ光のプラン変更はこちらから

遅い原因:回線が混雑している

フレッツ光回線の混雑の影響で、通信速度が遅くなることがあります。
特に「夜に速度が遅くなりがち」という評判は、夜にインターネット利用者が集中したことが原因の可能性が高いです。

回線の混雑が原因で通信速度が遅いのかを確かめるためには、通信速度測定サイトで通信速度を計測して時間帯による速度の差を調べてみましょう。
なお、その際複数のサイトの時間帯による速度差を見ることをおすすめします。なぜなら、1つのサイトだけを確認して時間帯により通信速度に差があっても、そのサイトのサーバーがその時間帯に混雑していただけの可能性があるからです。

RBB SPEED TESTというサイトでは、郵便番号と回線の種類を指定するだけで、簡単に通信速度を調べることができます。

引用:ブロードバンド通信速度測定サイトRBB SPEED TEST

対策:回線自体の見直しがおすすめ

フレッツ光の回線速度自体が遅いようであれば、回線が混雑する時間帯の利用を避けるか、回線自体を変更することで、通信速度を改善できます。

フレッツ光の回線は、利用者が日本一多く、光コラボレーション事業者(=ドコモ光やソフトバンク光、ソネット光など、フレッツ光回線を使用してサービスを提供している回線事業者)も使用しています。利用者数が多い分、混雑しやすい傾向にあるため、フレッツ光や光コラボレーション事業者以外の回線に変更することも検討するのが良いでしょう。

特に、「通信速度が速い回線がいい!」と考える方には、auひかりとNURO光がおすすめです。何故なら両者ともにフレッツ光の回線を使用していない上に、フレッツ光の最大通信速度1Gbpsを大きく超えるプランも用意されているからです。

auひかりは最大1Gbpsのサービスの他にも最大5Gbpsのサービスや最大10Gbpsのサービスを契約できる可能性があります。一方NURO光は、最大2Gbpsのサービスと最大6Gbpsのサービス、最大10Gbpsのサービスが用意されています。

引用:auひかり公式ホームページ

引用:NURO光公式ホームページ

まずは、自分の住所がauひかりやNURO光などの通信回線を契約できるかどうかを調べてみた後に、回線を変更することを検討するのが良いでしょう。

■auひかりのサービス提供エリアはこちらで確認
■NURO光のサービス提供エリアはこちらで確認

遅い原因:通信機器の規格が1Gbpsに対応していない

フレッツ光の契約が最大1Gbpsのプランでも、LANケーブルや無線LANルーターの規格が最大1Gbpsに対応していないと、最大1Gbpsで通信できません。

対策:最大1Gbpsに対応した機器に変更しよう

LANケーブル・無線LANルーターなどの周辺機器は、最大1Gbpsの通信に対応しているものを選ぶようにしましょう。

LANケーブルを選ぶとき、ケーブル表面やパッケージ記載の「カテゴリ(CAT)」の数字を確認しましょう。「CAT5e」以上の場合、最大速度1Gbpsに対応しています。

引用:NTT西日本公式ホームページ

また、ルーターを選ぶときは、パッケージや商品説明に記載の規格を確認しましょう。規格が「11ac」のルーターは、6.9Gbpsまでの通信速度に対応できるルーターのため、最大1Gbpsの速度にも対応できます。

遅い原因:プロバイダがIPv6通信に対応していない

契約中のプロバイダが、IPv6通信に対応していないために、満足の行く速度で通信できていない可能性があります。現在契約中のプロバイダのサイトから、IPv6に対応しているかを確認してみることをおすすめします。

では、そんな「IPv6通信」とは何かを簡単に解説しますね。

IPv6とは、それ以前の「IPv4」と呼ばれるIPアドレスよりも新しいIPアドレスの規格です。IPv6という通信方式に対応しているプロバイダだと、IPv6専用の「IPoE」方式で通信でき、こちらの方式でインターネットに接続した場合、「IPv4」方式での接続よりも混雑が緩和される可能性が高いです。

実際、フレッツ光のプロバイダをIPv6対応のものに変えると速度が上がったという評判は多く見受けられます。


引用:Twitter

IPv6対応のプロバイダへの変更を検討しよう

契約中のプロバイダがIPv6に対応していない場合、IPv6対応のプロバイダに変更することで、通信速度が上がることがあります。
必要に応じてIPv6対応のプロバイダへの変更も検討してみてください。

■NTT東日本のIPv6対応プロバイダは、こちらから確認
■NTT西日本のIPv6対応プロバイダは、こちらから確認

遅い原因:閲覧サイトそのものが混んでいる

閲覧中のサイトそのものの訪問者が多いと、読み込みが遅くなったり、サーバーが落ちることもあります。たとえば、通販サイトでタイムセールが行われているときは、混雑で読み込みに時間がかかることもあります。

時間をおいてからアクセスしなおそう

この場合はサイト側で問題が生じているので、自分で通信速度を上げるための対処をすることは難しいです。時間を置いてからアクセスするのが良いでしょう。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事